著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英文法|効率的に英語の文法力が身に付く練習と4つの勉強法

のべ447,441がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の文法は嫌いだけど、どのようにしたら簡単に効率的に英文法が習得できるのか、その方法をお探しではないでしょうか?

英語の初心者の方、また英語が苦手な社会人の方などと同じように、英語をマスターした方の多くが、英文法が大の苦手な場合が多いです。

しかも、英文法を詳しく解説できない・・・

しかし、英語を習得した方とマスター出来ない方と大きく異なる点は、頭で覚えるのではなく、感覚で英文法を習得している点です。

まさに、ネイティブが習得する感覚で習得したのかどうかということです。私たち日本人も、日本語の文法を頭では決して覚えていません。

でも英語となると文法の専門用語で色々頭を痛めて勉強しながら覚えようとしています。

よって、ここではそのような勉強や覚え方とは決別して、ネイティブが習得する過程と同じような、ゲーム感覚で英文法が効率的に身に付く方法を2つご紹介します。英語初心者の方、英語が苦手な方、時間がない社会人の方でも簡単に実践できる勉強法です。

目次:

1 効率的に英語の文法感覚を自然に身につけるコツ
1-1 英語の文法は勉強しないこと
1-2 本来の文法力で最も重要な要素とは
1-3 文法に「語順(文型)」が重要な理由
1-4 文法の語順感覚を身につける方法
1-5 英文法の分厚い参考書は不要!

2 英文法勉強法|「並べ替え」トレーニングのやり方
2-1 並べ替えトレーニング(練習問題)と例
2-2 1日1英文から始めるのが基礎を作り上げるコツ

3 英文法勉強法|「穴埋め」トレーニングのやり方
3-1 穴埋めトレーニング(練習問題)と例
3-2 穴埋めトレーニングの効果とコツ

4 英文法勉強法|更に英文法力を自然に強化するやり方
4-1 ”かたまり”並べ替えトレーニング(練習問題)と例 - 中級編
4-2 大学生や社会人でTOECの文法を勉強したい場合

5 英文法勉強法|日記を書いて英文法も英会話力も同時に身けるやり方
5-1 3単語だけでも英会話に必要な不規則動詞などが身につく
5-2 身近で自分に必要な英単語も身につく

6 英文法の参考書や問題集の間違った勉強法と注意点
6-1 英文法の用語は一つも覚えなくていい
6-2 英語の文法規則にしがみつかない
6-3 英文法の問題集や参考書はそっくり使わないこと
6-4 英文法の解説は読まないこと
6-5 学校で学んだ英語学習方式は止める
6-6 英語の文法は中学基礎で十分
6-7 英文法のおすすめ参考書を鵜呑みにしないこと
6-8 英語も文法も暗記はしない

1 効率的に英語の文法感覚を自然に身につけるコツ

1-1 英語の文法は勉強しないこと

まず、英語の文法をマスターするのに一番重要なことは、英語ができない日本人がよくやっている英文法の「お勉強」をしないことです。

これが時間を無駄にせずに効率的に英文法を自然と習得する上で一番大事な要素です。

もう既におわかりだと思いますが、文法の参考書や問題集を解いて、解説を読んでというお勉強をしても、本当の文法力も実践で使える英語力も身に付きません。

なぜなら、「英語の文法とは何なのか」と言ったときに、受験英語で習ってきたような勉強法とは180度違うからです。

1-2 本来の文法力で最も重要な要素とは

では、英語の文法で最も重要な要素とは何でしょうか?

それは「語順感覚(文型=単語の並び)」を身につけることです。やれ助動詞だ、やれ疑問詞だ、冠詞やらというようなお勉強をしても頭の中で使いこなせなければ意味がありません。

例えば、学校の先生は何年も生徒に英文法を教えているにもかかわらず、全然英語が喋れませんよね。

「英文法の知識は完璧なのに全然喋れない…」

要は、彼らは文法の語順感覚を身につけないからです。このように英語の文法というのは、知識よりも語順に慣れることの方がよっぽど重要だということです。

1-3 文法に「語順(文型)」が重要な理由

では、なぜ、文法に「語順感覚」が重要なのでしょうか?

その理由は、日本語と英語では文法の語順が全く違うからです。

(1)日本語の文法構造

例えば、

私は みかんを 食べる。
S(主語) + O(目的語) + V(動詞)
S(主語)=「私は」,
O(目的語)=「みかんを」
V(動詞)=「食べる」

になります。これがSOV 型で日本語もそうです。日本語として「私は食べるみかんを」というふうにはあまり言わないと思います。この形に当てはまります。

(2)英語の文法構造

次に、 SVO 型があります。これを英語に置き換えると、

I eat an orange.
S(主語)+V(動詞) +  O(目的語)

S(主語)=「I」
V(動詞)=「eat」
O(目的語)=「an orange」

というSVO型の形になります。つまり、日本語と英語では形が全く違うということです。SOV型にあてはまる世界の言語は他にもあります。

grammer-sov-country

上記のような韓国語、ドイツ語、オランダ語、トルコ語、インド語、イラン語なども、
このSOV型の文法にあてはまります。
そういう方も、英語のようなSVO型の言語習得は難しいと言われます。

grammer-svo-country

上記の国のように、逆に英語と同じ型なら、知っている単語を当てはめていくだけでいいわけです。欧米人が英語習得が早い一つの理由として、この英語と同じSVO型にはめていく言語の国が多いからです。

要するに、“語順が全く違う言語を私たちは覚えようとしている”ということです。

だからこそ、英文法の知識を覚えようとしても無理な話しであって、そもそものその国の語順に慣れる勉強をしていなければ結局英語習得はできないということです。

仮に、私たちが日本語の語順感覚がないとしたら、日本語で会話する時でもイチイチ頭で考えながら、手を動かしながら、紙に図を書きながら話さないと、日本語がスラスラ出てこないかもしれません。

『英語の文法|英文法の基礎はたった1つしかない』の記事で詳しく解説していますが、英文法の習得にはこの語順感覚が最重要なのです。

1-4 文法の語順感覚を身につける方法

では、文法の勉強法として、語順感覚を身につけるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、語順が間違っている英語に触れて、いかに「違和感」を覚えるかです。

これまでS+V+O+C という文法書を片手に、英文を解読していく「受験英語」を繰り返す人が多いのが現実でした。

ですが、実際に話せるようになるためには、英文法の解説を理解するよりも、文法の中身を感覚で捉えることだけに集中することです。

1-5 英文法の分厚い参考書は不要!

私もそうですが、英語を習得した人は、英語を読んだり、聞いたり、話したりするときに英文法は一切頭に浮かんできません。

それでも英語ができるのは、“違和感”を感じることで、この単語の前後にはコレがくる、など感覚だけで覚えているからです。ただ、それだけです。

日本語でも、「て、に、を、は」という日本語文法を自然と感覚と違和感で覚えていますよね。なのに、英語になると、なぜか参考書の解説を読んで「頭」で理解しようと努力してしまっています。

まさに、無駄な努力で非効率的です。しかも短期記憶ですぐに忘れる習得法です。

要は、違和感さえ感じられればいいだけのことです。日本語と同じように自然と効率的にマスターするのがベストな方法なのです。

その勉強法を具体的に次の章からご紹介します。

2 英文法勉強法|「並べ替え」トレーニングのやり方

その方法が並べ替えによる文法勉強法です。この「並べ替え」勉強法は、英文法の参考書や解説を読むことはありません。

実は、英文法マスターとは、誰でも簡単にできて、本来はシンプルなものです。現に、日本語は文法を勉強せずにマスターしているはずです。

2-1 並べ替えトレーニング(練習問題)と例

それでは、その具体的な練習方法をご紹介します。

(1)簡単な英文法の参考書やテキストを用意する

まずは、どの参考書や英文が付いているテキストでもいいので用意します。

(2)和訳付の簡単な英文を選択する

そして、英語と和訳がある簡単な英文を選択します。
例えば、she was very angry because I teased her という文とします。

(3)その英文をバラバラにする

それを、あえて下記のように自分でバラバラにします。
I, her, very, she, because, teased, angry, was

(4)和訳を見た後、バラバラな英文を元に戻す

これを、「私が彼女をからかったので、とても怒っていました」という和訳を見た後に
並べ替えをして下さい。

下記の図がその手順となりますので参考にしてみて下さい。

grammer-svo2

(5)他の英文でも繰り返す

たったこの繰り返しだけで十分です。これで、SOV(日本語の型)から、SVO(英語の型)の感覚に慣れることができます。

2-2 1日1英文から始めるのが基礎を作り上げるコツ

並べ替えトレーニングのために選ぶ英文は何でも構いません。

英文自体の意味は関係ないので、その点は気にしないで下さい。

しかし、初心者の方は最初から長文は避けて、上記の例文のように3単語~10単語以内の英文を選んで下さい。

また、いきなり1日100英文などしても疲れるだけで、非効率的になる場合があります。自分が毎日続けられるペースがベストです。1日1英文だけでも全然構いません。それだけで今までと全く違った英文法の感覚が身についていきます。

また、文法解説の専門家を目指すわけではありませんので並べ替えは答え合わせするだけで十分です。

3 英文法勉強法|「穴埋め」トレーニングのやり方

並べ替えトレーニングに慣れてきた時、また並行しても構わない勉強法が「穴埋め」トレーニングです。

3-1 穴埋めトレーニング(練習問題)と例

学校での英語の試験やTOEICでも出題される英文法問題ですが、実はこれはものすごく役立つものなのです。

空いたところを埋めて英文を完成させるだけで、面白いように大事な英語の文法までも習得できるからです。

並べ替えの延長線だと思って下さい。

並べ替えトレーニング同様に、どのテキストでもいいので、1つ英文を選択して、どれでもいいので1単語、または2単語ほど抜きます。

例えば、I accepted her offer although I hated it. という文章があったとします。まだ、この時点では和訳は見ないでください。

そして、herとalthoughを抜いた文を作ります。

I accepted ( ) offer ( ) I hated it.

そして、和訳の「めちゃくちゃ嫌でしたが、彼女の申し出を受け入れました」を確認して、穴に入る単語を考えます。

下記の図が穴埋めトレーニングの手順ですので参考にしてみて下さい。

grammer-svo3

3-2 穴埋めトレーニングの効果とコツ

実はたったこれだけで、herの所有格、althoughの接続詞を習得しているのと同じなのです。

勉強ではなく、単純に穴を埋めただけです。

これも1日1英文ぐらいから無理なく始めるのが効率的に習得するコツでもあります。

この穴埋めトレーニングを実践するだけで、『TOEICも英会話も楽しくなる中学英語の文法14選』の記事でもあるような、英語で最低限必要とされている文法を簡単に、そして自然とマスターできるようになります。

4 英文法勉強法|更に英文法力を自然に強化するやり方

ここまで基礎的な英文法の勉強法やトレーニング方法をご紹介しました。

その基礎的な方法に慣れてきたら、更にこれまでのトレーニングより多少の負荷をかけた練習をしてみましょう。

ただし、これも文法の解説などは一切求めず、ただ単にゲーム感覚で触れていきましょう。

4-1 ”かたまり”並べ替えトレーニング(練習問題)と例 - 中級編

上記でご紹介した「並べ替え」トレーニングは基礎的な方法です。

全ての単語をバラバラにするという単純な方法でしたが、ここでは英文をある程度のかたまりで並べ替える方法です。

英語を話す時、聞く時、読むとき、また書く時など、ネイティブは単語、単語を1つずつ繋げていません。

ある程度の”かたまり”で話したり、理解しています。

例えば、「前置詞+名詞」を”ひとかたまり”としています。例)in this town、など。

その感覚を身に付ける上でもここでのトレーニングをおすすめしています。

下記にいくつかの例文問題を用意しています。このかたまりの区切りが絶対!というわけではないので、これは感覚で身に付けるようにしていきましょう。

かたまり並べ替え問題1

He is / excited / to start / his new life / in this city.

(1) 語順を意識しながら英文を読んでください。

in this city. / excited / his new life / to start / He is
(彼はこの都市で新たな生活を始めることに興奮している)

(2) 英文の和訳を見た後、バラバラになった英文を元に戻しましょう。

(3)最後は答え合わせをして、正解を確認しましょう。

かたまり並べ替え問題2

She is / bugging me / with her attitude.

(1)語順を意識しながら英文を読んでください。

with her attitude. / bugging me / She is
(彼女の態度が気に障る)

(2)英文の和訳を見た後、バラバラになった英文を元に戻しましょう。

(3)最後は答え合わせをして、正解を確認しましょう。

かたまり並べ替え問題3

Yesterday was / the last day / of work / for this year.

(1)語順を意識しながら英文を読んでください。

the last day / for this year. / of work / Yesterday was
(昨日は仕事納めだった)

(2)英文の和訳を見た後、バラバラになった英文を元に戻しましょう。

(3)最後は答え合わせをして、正解を確認しましょう。

かたまり並べ替え問題4

He asked me / to go out dancing / with him / tomorrow night.

(1)語順を意識しながら英文を読んでください。

tomorrow night. / to go out dancing / He asked me / with him
(彼が明日の夜一緒にダンスに行こうと誘ってきた)

(2)英文の和訳を見た後、バラバラになった英文を元に戻しましょう。

(3)最後は答え合わせをして、正解を確認しましょう。

かたまり並べ替え問題5

She is / my grandma / who always / looks happy.
(1)語順を意識しながら英文を読んでください。

who always / She is / looks happy. / my grandma
(彼女は私の祖母で、いつも幸せそうにしています)

(2)英文の和訳を見た後、バラバラになった英文を元に戻しましょう。

(3)最後は答え合わせをして、正解を確認しましょう。

4-2 大学生や社会人でTOECの文法を勉強したい場合

基礎は身についてきて、TOEICの文法を勉強したい方(大学生や社会人)は、TOEICの問題集を使って並べ替えや穴埋めトレーニングを行いましょう。

TOEICが発行している公式問題集で使われている英文がベストでしょう。TOEICに使われている英単語も自然と身につくので一石二鳥です。

また、TOEICテストの英文法問題となるPart5とPart6の点数アップのコツや勉強法について知りたい方は、その出題パターンのコツを『TOEIC文法|絶対に出る6つのコツと英文法』の記事も併せてご参照ください。

TOEIC点数が伸びなくてお困りの方はコツがわかるはずです。

5 英文法勉強法|日記を書いて英文法も英会話力も同時に身けるやり方

これまでの英文法の身に付け方は、既にどこかで作られた英文を使った「受け身」の方法ですが、ここでは自ら英文を作りだす方法で英文法を身に付ける方法をご紹介します。

それが、「日記を書く」という方法です。

しかし、いきなり1英文が10単語以上や10英文など1日で書く必要はありません。

3単語~5単語を1英文として3英文程度を1日の目安として始めてみて下さい。

英語の日記を書くことが初心者の方は、『英語で日記は効果的!初心者でもすぐに書ける21つの基本例文』の記事を参考にしてみて下さい。

しかし、この日記を書くことで英文法を習得する上でどのような効果があるのでしょうか?

5-1 3単語だけでも英会話に必要な不規則動詞などが身につく

3単語~5単語だけでも、先ず語順感覚が身につきます。

簡単な「I played baseball.」だけでも、「SVO」の文型が当たり前のようになってきます。

また、動詞の「不規則動詞」という文法の1つも必要不可欠になります。

不規則動詞とは、動詞の原形(現在形など)が過去や過去分詞になった時に違う単語になるものをいいます。

例えば、上記の例文の「play」は「played」と「ed」を付ければいいだけなのですが、「see」の過去形は「saw」となるように完全に単語が変形するのが不規則動詞です。

日記では基本的に過去形が中心となりますね。これは日本語でも同様です。また何かを友達などに話す時も過去形が多いはずです。

「昨日行ったレストランよかったよ」
「さっきテレビで見たんだけど・・・」

など、過去形が中心ですね。

英語で、特に日常会話を話す時によく使う動詞が過去形になると「不規則動詞」になるのが多いのです。

例えば下記がその例です。

  • go → went
  • buy → bought
  • get → got
  • wake → woke
  • sit → sat
  • make → made
  • sleep → slept

などなど沢山ありますし、英会話では頻繁にでてきます。

このような不規則動詞も、日記を書くことで語順感覚と同時に習得できるようになるのです。

この不規則動詞の他の例などは、『英会話の上達には欠かせない!2つの簡単な英文法と勉強法』でも紹介しています。

5-2 身近で自分に必要な英単語も身につく

日記を書くことで同時にあなたの日頃の行動や感想や感情など色々な必要な単語が自然と身についていきます。

まったく関係ない英単語を覚えるよりもはるかに効率的ですね。英文法を習得しながら英単語も覚えることが可能となります。

また、海外ドラマなどで使われている英単語の80%は中学レベルだというのをご存知ですか?

これはあなたの日常的な会話でも同様なはずです。

是非、『英語習得と英会話が上達!初心者に必要な285英単語と文法』も参考にして英文法も英単語も一緒にマスターしましょう!

6 英文法の参考書や問題集の間違った勉強法と注意点

ここまで本当の実力を身につけるための英文法の勉強法についてご紹介しました。今後、正しい文法の勉強法を行うためにも、間違った勉強法や注意点を述べておきます。

6-1 英文法の用語は一つも覚えなくていい

文法知識として、過去分詞、受動態、他動詞、何型の英文なんてことは、一つも覚える必要はありません。

言語学者や専門家がそういう分野を学べばいいだけであって、英語をマスターするのには不要です。

日本語の文法なんて全く知らない人でも日本語を自由に喋れるのと同じで英語を使いこなすのにも支障はないということです。

いかに英語を日本語の文法に置き換えようとするかに執着は絶対しない事です。

6-2 英語の文法規則にしがみつかない

英語の文法規則は役に立ちません。文法規則を完全にマスターすることは不可能だからです。

さらに覚えたからと言って、英会話やコミュニケーションにおいて瞬時に感覚的に使いこなすことはできません。

母国語のように自由自在に操れるような本当の英語力とは逆の勉強法となります。

6-3 英文法の問題集や参考書はそっくり使わないこと

上記からもわかるとおり、英文法の問題集や参考書をそっくり使っていては、結局、英語の文法知識ばかりを増やす結果になりかねません。

もちろん、知らないより知っている方が英語の意味理解がしやすいかもしれませんが、ネイティブのような英語感覚にはなれません。

6-4 英文法の解説は読まないこと

文法の参考書や問題集を解いていて、不正解だった場合は、多くの英語学習者はその問題の英文法解説を読んで納得して安心感を得ています。

しかし、英文法とは語順感覚が身につけることが重要なことですから、英文法の解説を読んだところで語順感覚というのは慣れることができません。

6-5 学校で学んだ英語学習方式は止める

私たちが学校で学んだ英語の勉強方式は非効率です。

例えば、英文を理解しようとするとき、まずわからない単語を辞書で引き、主語、動詞、目的語に区分して日本語に訳していきます。一方で母国語の文章を理解しようとするときにそうじゃありません。

英文法でも同じように知識を入れることよりも慣れることが重要になります。だからこそ、「勉強する」という発想は捨てなければなりません。

6-6 英語の文法は中学基礎で十分

学校英語では、最初に暗記からスタートします。アルファベットや単語、基礎文法、中級文法、上級文法といった流れで覚え込んでいきます。

しかし、英語の文法力なんて、『TOEICも英会話も楽しくなる中学英語の文法14選』の記事にあるような、中学レベルで十分です。

実は、実際の英語で使われる文法は中学生で習得するものばかりであって、それ以外は知らなくてもいい文法ばかりだからです。

6-7 英文法のおすすめ参考書を鵜呑みにしないこと

英文法のおすすめ参考書などを英語の先生やプロの教育者、ウェブサイトで見る方も多いかと思います。

ですが、ここで言われる英文法のおすすめ参考書とは、英文法の知識を身につけるためのおすすめ参考書ということです。

英文法をマスターしていく際には、おすすめと言っている意図や目的、ゴールが本当の意味で合致しているかを見定めてください。

6-8 英語も文法も暗記はしない

人間の記憶力には限界があります。

それを無理やり覚え込んでも時間が経てば忘れてしまいます。英語でも文法でもマスターするために暗記ばかりするのは適切な方法ではありません。

学生時代に熱心に覚えた英文やフレーズも使えないことからもわかると思います。

本来の意味での文法や英語運用能力というのは、詰め込むだけではなく、浸透させる時間があり、それによって、脳の中に外国語の言語野がつくられ、頭の中でだんだん体系化されていくということです。

まとめ:英文法の勉強は、「楽しく」繰り返すだけ!

英文法は日本人が苦しむ1つだと言われていますが、実はその習得方法が問題視されています。

義務教育の中で、いきなり三人称単数、過去形、不定詞など難しい英文法用語を教わること自体大きな間違えなのです。

日本語を習得したように、先ずは基礎が重要であり、そしてその他の重要な文法も悩みながら勉強として覚えるのではなく、遊びながら楽しく身に付けていくのが本来の方法であり、言語習得の自然な流れなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta