著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の過去形|覚え方や疑問文・否定文の作り方や動詞一覧

のべ490がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英会話で頻繁に使う過去形ですが、正しく使えていますか?

私は生徒さんに日常英会話の上達のコツは「過去形」をシッカリ習得することもその1つと教えています。

というのが、会話のほとんどが「過去形」だからです。

「昨日、あのレストランにいったけど美味しかった。」

「先週の試合どうだった?」

「さっきの電話は誰から?」

など過去形(疑問文を含む)を多く使います。

よってここで過去形をマスターしたら日記を書く癖をつけましょう!その際に是非、『英語で日記は効果的!初心者でもすぐに書ける21つの基本例文』の記事を参考にしてみて下さい。

よってここでは、過去形を網羅してすぐにでもマスターできるように例文も含めてご紹介しますので、是非今後の英語学習に活かしてください。

目次:

1.英語の過去形とは?
2.過去形と現在完了形との違い
3.英語の過去形の覚え方と発音
3-1.規則変化動詞の覚え方
3-2.不規則変化動詞の覚え方
4.過去形の疑問文と否定文
4-1.「be動詞」の過去形の疑問文と否定文
4-2.「一般動詞」の過去形の疑問文と否定文

1.英語の過去形とは?

先ず過去形は英語で「past tense」(発音:パスト・テンス)と言います。

ちなみに現在形は「present tense(プレゼント・テンス)」です。

過去にあった出来事(状態や行動)を伝えるときに使うのが過去形です。基本的に動詞が変形して表現します。後ほど詳しく解説します。

日本語で言うと、「~でした」、「~だった」となります。

2.過去形と現在完了形との違い

過去形とよく比較されるのが「現在完了形」です。

じつはこの現在完了形をピンポイントで表現する日本語はありません。よって、イメージすることが大切です。

英語の現在完了形|過去形との違い・4つの用法や例文と時間軸イメージ』でも解説していますが、過去のある地点から今まで続いている経験や行動などを表すのが現在完了形となります。

下記にある時間軸を参考にするとわかりやすいかと思います。

過去形はある過去の一時点の行動や状態で、現在完了形は過去のある地点から今までの行動や状態となります。

  • I studied English. ※過去のある地点で「英語を勉強しました」が、今はしていない。
  • I have studied English. ※過去のある地点から今まで英語を勉強し継続しています。

また、過去進行形も過去の一点の様子を話しているときに使いますが、より「その時にやっていた(やったという過去形より動作が伝わる)」というイメージが強いです。もちろん過去形でも問題ありません。

  • I studied English.(私は英語を勉強しました)
  • I was studying English.(私は英語を勉強していました)

3.英語の過去形の覚え方と発音

英語の過去形は原形を変化させて表現します。これは現在完了形で使う過去分詞も同様です。

変化の形は大きくわけて2種類あり、ルール通りに変化するのが「規則変化動詞」で、そのルールにあてはまらない例外が「不規則変化動詞」です。

ここから先は、『英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など』でも解説している内容ですがここでもおさらいしましょう!

3-1.規則変化動詞の覚え方

規則変化動詞の場合、基本的に動詞の後ろに「ed」をつけるだけで大丈夫です。

【規則変化動詞の例】

  • open(開ける)→ opened
  • visit(訪れる)→ visited
  • watch(観る)→ watched

この場合、主語の種類は関係ありません。単数でも複数でも、単純に「ed」をつけます。

ただし、規則変化動詞でも、一部例外があります。

そのまま「ed」をつけてしまうと、発音が不自然になってしまうものは、少し語尾を変えます。

過去分詞の規則変化動詞の例外は、下記の4つです。

動詞の語尾が「e」の場合

動詞の原形 +「d」となる。

例:use → used, like → liked, change → changed

動詞の語尾が「子音字+y」の場合

語尾の「y」を「i」に変えて「ed」をつける。

※「母音字+y」の場合はそのまま「ed」をつける

例:study → studied, cry → cried

動詞の語尾が「母音字(1文字)+子音字(1文字)」の場合

語尾の子音字を重ねて「ed」となる。

※母音字が2文字の場合は、そのまま「ed」をつける

例:stop → stopped, plan → planned

動詞の語尾が「c」の場合

動詞の原形 +「ked」となる。

例:panic → panicked, picnic →picnicked

尚、これまでご紹介した上記の例外は、過去形でも同じように変化します。

3-2.不規則変化動詞の覚え方

上記に当てはまらないのが不規則変化動詞となります。

この不規則動詞ですが、原形、過去形、過去分詞を一まとめとして発音しながら覚えるのがベストです。

前述したように過去形と現在完了形(過去分詞)は密室な関係で、英会話では欠かせません。

動詞の過去形だけを知っていると英語学習にはプラスにならないので同時に覚えるようにしましょう!

よく使う不規則変化動詞を一覧にまとめました。

原形
過去形
過去分詞
be動詞(is, are)
was, were
been
bring(持って来る)
brought
brought
buy(買う)
bought
bought
choose(選ぶ)
chose
chosen
come(来る)
came
come
do(する)
did
done
draw(描く)
drew
drawn
drink(飲む)
drank
drunk
drive(運転する)
drove
driven
eat(食べる)
ate
eaten
fall(落ちる)
fell
fallen
find(見つける)
found
found
forget(忘れる)
forgot
forgotten
get(手に入れる)
got
gotten
give(与える)
gave
given
go(行く)
went
gone
have(持つ)
had
had
keep(保つ)
kept
kept
leave(去る)
left
left
lose(失くす)
lost
lost
make(作る)
made
made
mean(意味する)
meant
meant
meet(会う)
met
met
say(言う)
said
said
see(見る)
saw
seen
show(見せる)
showed
shown
sing(歌う)
sang
sung
sit(座る)
sat
sat
sleep(眠る)
slept
slept
speak(話す)
spoke
spoken
stand(立つ)
stood
stood
tell(伝える)
told
told
steal(盗む)
stole
stolen
swim(泳ぐ)
swam
swum
take(持っていく)
took
taken
teach(教える)
taught
taught
think(考える)
thought
thought
understand(理解する)
understood
understood
wake(起きる)
woke
waken
win(勝つ)
won
won
write(書く)
wrote
written
run(走る)
ran
run

不規則変化動詞の場合、過去形と過去分詞が違う形の物も多いですので、その点は注意しながら発音して覚えましょう!

尚、下記の「hit」や「cut」、「put」、「quit」のように、全く変化しない動詞もあります。

  • hit/hit/hit(打つ)
  • cut/cut/cut(切る)
  • put/put/put(置く)
  • quit/quit/quit(やめる)

4.過去形の疑問文と否定文

英会話では肯定文と同じように疑問文と否定文も必要です。

疑問文の作り方は『英語で質問|疑問文の作り方・疑問詞の用法やよく使う10以上の例文』の記事も参考してみて下さい。

4-1.「be動詞」の過去形の疑問文と否定文

be動詞の過去形は主語が何かにより変わりますね。

  • I,it,he,she,名詞など単数(thereも含む) → was
  • you, they, 複数の場合(thereも含む) → were

これを逆さにするだけで疑問文ができます。

  • Was he at home then?(彼はその時家にいましたか?)
  • Were there your friends at the party?(そのパーティーにあなたの友達はいましたか?

否定形はwas, wereの後ろにnotをつけるのみです。また短縮形もできます。

  • He was not at home then.(彼はその時家にいませんでした) ※「He wasn’t at home then.」の短縮形も同様です。
  • There were not my friends at the party.(そのパーティーに私の友達はいませんでした) ※「There weren’t my friends at the party.」でもOKです。

4-2.「一般動詞」の過去形の疑問文と否定文

一般動詞の過去形は主語が単数だろうが複数だろうが変わりません。

これは否定形でも同様です。

  • 疑問文:Did you play baseball yesterday?(昨日、野球をしましたか?) ※「Did」を文頭に付けて動詞は原形になります。
  • 否定文:He did not come on time.(彼は時間通りに来ませんでした) ※「He didn’t come to the party.」の短縮形でも同様です。動詞は原形になります。

まとめ:英語の動詞は基本を押さえるだけ!

ここでご紹介した過去形の変形や使い方を押さえて、あとは実際に使ってみましょう!

冒頭でもお伝えしたように日記を先ず書き始めることからスタートしてもいいでしょう。

中学でも習う基礎的なものですが、会話では重要で絶対に欠かせない動詞ばかりですので、是非『英語の動詞一覧|2種類ある動詞の基本と使い方・活用方法』の記事も参考にしてみて下さい。

英会話に活かしてみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta