著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など

のべ851がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の過去分詞の使い方や意味など理解していますか。

日本語の感覚では理解しにくい過去分詞は、英語の文法学習でつまずいてしまう人が多いポイントです。

しかし、一度身に付けてしまえば、とても便利で英語力UPにもつながる文法の1つです。

よってここでは「過去分詞とは?」という基本的なことから、過去分詞形の作り方、過去分詞の使い方などについて詳しく解説します。尚、過去形など、英語の動詞の基本については『英語の動詞一覧|2種類ある動詞の基本と使い方・活用方法』で紹介しています。

目次:

1.英語の過去分詞とは何?現在分詞との違い
2.過去分詞は英語で?省略形は?
3.英語の過去分詞の形の例と単語一覧
3-1.規則変化動詞と一部の例外
3-2.不規則変化動詞一覧
4.英語の過去分詞の効率的な覚え方
5.過去分詞の意味と使い方(役割)
5-1.受動態「be動詞+過去分詞」としての使い方
5-2.「have(has/had)+過去分詞」の完了形としての使い方
5-3.名詞を修飾する形容詞的用法としての使い方
5-4.第2文型と第5文型の補語としての使い方

1.英語の過去分詞とは何?現在分詞との違い

過去分詞は、英語の動詞の変化形の1つです。

英語の動詞は原形から、過去形と過去分詞形に変化します。

過去分詞は名前に「過去」とついていて、過去形と同じ形の物も多いのですが、実はその意味は過去とはあまり関係がありません。

「~される」、「~された」などの受け身の文や、haveとセットで完了の文などで使われます。

過去分詞の形や、使い方や意味については、後ほど詳しく解説します。

また現在分詞という英文法用語もありますが、簡単に言うと「ing(進行形:~している)」どを指す英文法です。知識として覚えておくと便利です。

2.過去分詞は英語で?省略形は?

過去分詞は英語で「past participle」(パスト・パーティ̪シプル)です。

「past participle」は覚える必要はありませんが、参考書などでは英語の頭文字をとって「p.p.」と略されることがあるので、略称だけ知っておくと便利です。

3.英語の過去分詞の形の例と単語一覧

動詞の過去分詞形は、動詞を変化させて作ります。

変化の形は大きくわけて2種類あり、ルール通りに変化するのが「規則変化動詞」で、そのルールにあてはまらない例外が「不規則変化動詞」です。

規則変化動詞と不規則変化動詞の変化形を詳しく見ていきましょう。

3-1.規則変化動詞と一部の例外

規則変化動詞の場合、過去分詞形も過去形と同じように、動詞の後ろに「ed」をつけるだけでOKです。

【規則変化動詞の例】

  • open(開ける)→ opened
  • visit(訪れる)→ visited
  • watch(観る)→ watched

この場合、主語の種類は関係ありません。単数でも複数でも、単純に「ed」をつけます。

ただし、規則変化動詞でも、一部例外があります。

そのまま「ed」をつけてしまうと、発音が不自然になってしまうものは、少し語尾を変えます。

過去分詞の規則変化動詞の例外は、下記の4つです。

動詞の語尾が「e」の場合

動詞の原形 +「d」となる。

例:use → used, like → liked, change → changed

動詞の語尾が「子音字+y」の場合

語尾の「y」を「i」に変えて「ed」をつける。

※「母音字+y」の場合はそのまま「ed」をつける

例:study → studied, cry → cried

動詞の語尾が「母音字(1文字)+子音字(1文字)」の場合

語尾の子音字を重ねて「ed」となる。

※母音字が2文字の場合は、そのまま「ed」をつける

例:stop → stopped, plan → planned

動詞の語尾が「c」の場合

動詞の原形 +「ked」となる。

例:panic → panicked, picnic →picnicked

尚、これまでご紹介した上記の例外は、過去形でも同じように変化します。

3-2.不規則変化動詞一覧

上記の規則にあてはまらない変化をする動詞が、不規則変化動詞です。

よく使う不規則変化動詞を一覧にまとめました。

原形
過去形
過去分詞
be動詞(is, are)
was, were
been
bring(持って来る)
brought
brought
buy(買う)
bought
bought
come(来る)
came
come
do(する)
did
done
draw(描く)
drew
drawn
drink(飲む)
drank
drunk
drive(運転する)
drove
driven
eat(食べる)
ate
eaten
fall(落ちる)
fell
fallen
find(見つける)
found
found
forget(忘れる)
forgot
forgotten
get(手に入れる)
got
gotten
give(与える)
gave
given
go(行く)
went
gone
have(持つ)
had
had
keep(保つ)
kept
kept
leave(去る)
left
left
lose(失くす)
lost
lost
mean(意味する)
meant
meant
meet(会う)
met
met
say(言う)
said
said
show(見せる)
showed
shown
sing(歌う)
sang
sung
sit(座る)
sat
sat
sleep(眠る)
slept
slept
speak(話す)
spoke
spoken
stand(立つ)
stood
stood
tell(伝える)
told
told
steal(盗む)
stole
stolen
swim(泳ぐ)
swam
swum
take(持っていく)
took
taken
teach(教える)
taught
taught
think(考える)
thought
thought
understand(理解する)
understood
understood
wake(起きる)
woke
waken
win(勝つ)
won
won
write(書く)
wrote
written
run(走る)
ran
run

不規則変化動詞の場合、過去形と過去分詞が違う形の物も多いです。

尚、下記の「hit」や「cut」のように、全く変化しない動詞もあります。

  • hit/hit/hit(打つ)
  • cut/cut/cut(切る)

4.英語の過去分詞の効率的な覚え方

特に不規則変化動詞は、一覧表でみるとたくさんあるように見えますが、普段使うものは限られているので、原形、過去形、過去分詞形の3つの形をセットで覚えるのが一番効率的です。

私が中学の時に「Go, went, gone」と英語教師が言っていたのが、いまだに印象に残っています。単語の暗記は否定しますが、このようにリズムと一緒に頭に残すことは深い記憶(忘れない長期記憶)に刻まれやすいです。

不規則変化動詞以外の基本は動詞の後ろに「ed」という感じぐらいで覚えておくといいでしょう。

5.過去分詞の意味と使い方(役割)

過去分詞は意味や使い方(役割)がイメージしにくいのではないでしょうか。

実は、使い方によっても意味が変わってきます。

過去分詞を使うのは、主に以下の4つの形です。

  • 「be動詞+過去分詞」で受動態(受け身)
  • 「have(has/had)+過去分詞」の完了形
  • 名詞を修飾する形容詞的用法
  • 第2文型と第5文型の補語

それぞれの使い方や意味について、詳しく見ていきましょう。

5-1.受動態「be動詞+過去分詞」としての使い方

過去分詞で一番よく使うのが、受動態の文です。

受動態の文については『英語の「受動態(受け身)」を簡単にマスターする5つの基本』でさらに詳しく解説しています。

文の作り方や、例文、受動態を使う場面の詳しい解説などもありますので、こちらも是非参考にしてください。

受動態(受け身)とは?

受動態の文は「~される」や「~された」という意味の受け身の形をとる文のことです。

一般的な文はでは、受動態の反対の能動態を使います。

能動態の文では、「A(主語)はBを~した」という意味になり、主語にあたるものが行動をする側になります。

一方、過去分詞でつくる受動態の文では、「BはAに~をされる」となり、行動の対象となる側が主語になります。

例文を確認してみましょう。

  • 能動態:彼はこの本を書いた。
  • 受動態:この本は、彼によって書かれた。

例文では「彼」がA、「この本」がBです。例のように、能動態と受動態では主語と目的語が入れ替わります。

受動態の文の形と例文

受動態の文ではbe動詞と過去分詞をセットで使います。

受動態の文の形:主語+be動詞+過去分詞

【例文】

  • This picture was painted by a famous painter. /この絵は有名な画家によって描かれた。
  • This letter was written by Soseki Natsume. /この手紙は夏目漱石によってかかれた。
  • I was taught English by the teacher. /私はその先生から英語を教わった。

受動態を使うタイミング

受動態は、文としては少し不自然な場合のが多いので、わざわざ受動態を使うのは特別な場面です。

受動態の文を使うのは主に、下記のような場面です。

  • 主語が長くなるのを防ぎたい場合
  • 行為をした人が明確でない場合
  • 話題の主役を変えたくない場合
  • 主語に一般性を持たせたい場合※「一般的に~といわれている」など

5-2.「have(has/had)+過去分詞」の完了形としての使い方

過去分詞は「~したことがある」や「~したところだ」などの完了形の文でも使います。

受動態の文の形:主語+have(has/had)+過去分詞

完了形は、完了、経験、継続、結果の4つの用法があり、それぞれの意味が異なります。

4つの用法の意味と例文は下記となります。

【完了用法】

  • 意味:ちょうど~し終えた
  • 例文:I have just read the book. /私はちょうどその本を読み終えました。

【経験用法】

  • 意味:~したことがある
  • 例文:He have been to Hawaii. /彼はハワイに行ったことがあります。

【継続用法】

  • 意味:ずっと~だ、~し続けている
  • 例文:My parents have lived here for 30 years. /私の両親はここに30年間住んでいる。

【結果用法】

  • 意味:してしまった(結果~)
  • 例文:I have lost my wallet. /財布をなくしました。

※結果用法を使う場合、過去にあったそのことの影響(結果)が続いていることを表します。上記の文に場合、「財布をなくした」結果、困っていたり、お金が無かったりという影響が今も続いていることになります。

現在完了形、過去完了形など、『英語の現在完了形|過去形との違い・4つの用法や例文と時間軸イメージ』の記事も参考にしてみて下さい。

5-3.名詞を修飾する形容詞的用法としての使い方

過去分詞は、名詞を修飾する形容詞のような使い方もできます。

修飾とは、簡単にいうと、名詞に説明を加えたり、意味を補足したりするということです。

過去分詞で名詞を修飾する場合、訳は「~された(名詞)」となります。

過去分詞1語だけで修飾する場合は、名詞の前に置く前置修飾を使います。

【前置修飾の例】

  • a broken car(壊れた車)
  • a fallen leaf (落ち葉)
  • a stolen bag(盗まれたバッグ)

過去分詞を含む2語以上で修飾する場合は、名詞の後ろに置く後置修飾を使います。

【後置修飾の例】

  • This is a picture taken by her. /これは彼女によってとられた写真です。
  • I read the book written in English. /私は英語で書かれた本を読みました。

英語の形容詞一覧|これで十分!絶対に押さえたい2つの用法』でも、過去分詞など形容詞以外の単語を使った修飾について詳しく解説しています。

5-4.第2文型と第5文型の補語としての使い方

過去分詞の使い方はここまで紹介した3つを覚えれば十分ですが、第2文型や第5文型では、過去分詞を補語として使うこともあります。

それぞれの文型と例文を見てみましょう。

第1~第5文型については、英語の文型については『英語の5文型(語順)の見分け方・例文と簡単マスター勉強法』で詳しく解説しています。

文型は英語の基礎なので、「そもそも英語の文型って何?」という方は是非チェックして下さい。

第2文型の形

S(主語)+V(動詞)+C(補語)

過去分詞を使う第2文型の例

  • 英文:He looks excited.
  • 日本語:彼は興奮しているように見える。

※「excited」が過去分詞です。

第5文型の形

S(主語)+V(動詞)+O(目的語)+C(補語)

過去分詞を使う第5文型の例

  • 英語:He kept the door closed.
  • 日本語:彼はドアを閉めたままにした。

※「closed」が過去分詞です。

まとめ:中学で習う過去分詞の重要性と過去形との違い

過去分詞の基本の形は、「動詞+ed」で過去形と同じですが、意味や使い方は過去形と大きく異なります。

受動態や名詞を修飾する用法で使う場合「~される」という受け身になります。

完了形で使う場合、「~し終えた」など、他の意味になることもあります。

過去分詞は中学で習うですが、英語を習得する上では欠かせない大事な英文法の1つです。

しかし、初心者や英語が苦手な方は、まずは過去分詞のイメージとして「~される」という受け身を覚えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta