著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の現在完了形|過去形との違い・4つの用法や例文と時間軸イメージ

のべ1,047がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の現在完了形の使い方や訳し方を説明できますか?

「have+過去分詞」の現在完了形は、日本語の感覚では理解しにくく多くの英語学習者がつまずいてしまうポイントです。

とはいえ、現在完了形は英語のネイティブたちがよく使う表現で、知らないと日常会話でも困ってしまうことがあります。

疑問文や否定文でよく使う副詞などもセットで覚えると役立ちます。

よってここでは、英語の現在完了形について、わかりやすく解説します。4つの用法と、それぞれの訳し方、時間軸での過去形との違いなども見ていきましょう。

目次:

1.英語の現在完了形とは?
2.現在完了形の4つの用法(使い方)と過去形との違い
2-1.直近に起きた出来事を表す【完了用法】と副詞
2-2.経験したことがあることを表す【経験用法】と副詞
2-3.今まで継続していることを表す【継続用法】と前置詞
2-4.結果として今影響があることを表す【結果用法】
3.疑問文と否定文の時の現在完了形(まとめ)
3-1.現在完了形の疑問文
3-2.現在完了形の否定文
4.現在完了進行形とは?
5.未来・現在・過去・現在完了・過去完了を時間軸で見てみる!

1.英語の現在完了形とは?

現在完了形の基本の形は「have(has)+過去分詞」です。

過去分詞の作り方については『英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など』で詳しく解説しています。「そもそも、過去分詞とは?」という方は、まずはそちらから確認してください。

現在完了形には4つの用法があり、それぞれ訳し方は違いますが、全てに共通するのが、「過去の出来事を現在と結び付けて強調して伝える」という点です。

2.現在完了形の4つの用法(使い方)と過去形との違い

ここからは、現在完了形の4つの用法を詳しく見ていきましょう。

また過去形(過去完了形)との違いも見てみましょう。

2-1.直近に起きた出来事を表す【完了用法】と副詞

現在完了形の最も基本的な用法が、完了用法です。

完了用法の文は、直近に起きたことや、し終えたことを表し、意味は「~し終えた」、「(今)~し終えたところだ」となります。

完了用法の例文を見てみましょう。

【現在完了形の例文】

  • 英語:I have just read the book.
  • 日本語:私はちょうど今、その本を読み終えた。

※「read」は過去分詞形

上記の例文は、今まさに本を読み終えたことを表しています。

同じ文を、過去形にすると次の文になります。

【過去形の例文】

  • 英語:I read the book.
  • 日本語:私は本を読みました。

過去形も完了形の文でも、どちらも過去に「読んだ」ことは同じなのですが、過去形のどこかで読んだけれど、いつ読んだのかは明確ではありません。

完了の文を過去形に変えて言うこともできますが、あえて完了形を使うことで、今まさに読み終えたということを強調することができます。

ちょうど今終わったことを表す完了用法の文では、下記の3つの副詞をよく使います。

  • just(ちょうど今)
  • already(もう、すでに)
  • yet(まだ)

「yet」は、否定文と疑問文だけで使います。「まだ」という意味なので、肯定文では使えないので要注意です。

【現在完了形の否定の例文】

  • 英語:I haven’t read the book yet.
  • 日本語:私はまたその本を読み終えていません。

※基本的には文の最後に「yet」を置きます。強調する場合は否定形の直後「haven’t yet read」などとなります。

2-2.経験したことがあることを表す【経験用法】と副詞

完了形の経験用法は、過去に「~したことがある」という経験を表す表現です。

経験用法の例文を見てみましょう。

【現在完了形の例文】

  • 英語:He has watched the movie.
  • 日本語:彼はその映画を観たことがある。

この文を過去形にすると、下記の文になります。

【過去形の例文】

  • 英語:He watched the movie.
  • 日本語:彼はその映画を観た。

過去形では、単純に「映画を観た」と言っているだけですが、現在完了形の文にすることで、「観た経験がある」という経験を強調することができます。経験は今でも持っているものというイメージになります。

また経験で「~へ行ったことがある」という場合は、「go」ではなく「be動詞」の過去分詞を使います。

下記がニュアンスの違いです。

  • 「go」を使った場合:I have gone to New York. → ニューヨークに行ったがそのまま行ったきりで戻ってきていない
  • 「be動詞」を使った場合:I have been to New York. → ニューヨークに行った経験があり、今は戻ってきている

よって日常会話でよく使うのが、「彼は今ここはもういないよ(どこかに行ったよ)」という場合は、「He’s (He has) gone.」という言い方をします。

継続用法の文では、次の副詞をよく使います。

once・twice・~times

それぞれ、経験の回数を伝える単語です。

「once」は「1回」、「twice」は「2回」で、「~times」は「~回」となりthree timesなど数字とあわせて回数を表します。

ever

「ever」は「これまでに」「今までに」で、今までのどこかの時点で経験したことがあるか、聞く時に使います。

【例文】

  • 英語:Have you ever studied French?
  • 日本語:フランス語を勉強したことがありますか?

「ever」の意味からもわかるように、疑問文だけで使えます。肯定文や否定文では「ever」は使えません。

never

「never」は、「これまで一度も~ない」という否定を表す単語です。

【例文】

  • 英語:I have never played the guitar.
  • 日本語:私はギターを一度も弾いたことがない。

2-3.今まで継続していることを表す【継続用法】と前置詞

完了の継続用法は、過去のある時点から現在までずっと継続していることを表します。訳は「ずっと~している」となります。

【現在完了形の例文】

  • 日本語:I have studied English for 5 years.
  • 英語:私は5年間英語を勉強しています。

上記の例文を過去形(または過去完了形)にするとどうでしょう。

【過去(過去完了形)の例文】

  • 英語:I studied(had studied) English for 5 years.
  • 日本語:私は5年間英語を勉強しました。

過去形にすると、すでに終わったことを表す文になってしまいます。

例文の場合、過去に英語を勉強していたが、今は勉強していないということになります。

継続用法の文では、期間を表す下記の2つの前置詞をよく使います。

for

「for」は、先ほどの例文の「for 5 years(5年間)」などのように、「for」の後に期間を入れて「~の間~している」という意味になります。

since

「since」は「~から(今まで)ずっと」という意味です。

「since 2008(2008年からずっと)」、「since last year(昨年からずっと)」などのように、「since」の後ろには、過去の地点を表す単語が入ります。

この場合、先ほどの「for」のように期間は入らないので要注意です。

または、「since」を接続詞として、「since I was born.(生まれてから)」とする場合もあります。

2-4.結果として今影響があることを表す【結果用法】

4つ目の結果用法は、過去起きたことの結果、影響を今も受けていることを表す表現です。

意味は過去形と同じ「~した」なのですが、現在完了形を使うことで、その結果、起きている影響が今も続いていることを強調しています。

【例文】

  • 英語:I have lost my wallet.
  • 日本語:私は財布を失くしました。※今も見つかっていないイメージ

「財布をなくした」ことをあえて現在完了形で伝えている場合、今もその財布が見つかっていない、つまりその悪影響が今も続いていることを表します。

過去形の「I lost my wallet. (私は財布をなくした。)」を使った場合は、単に過去に「財布をなくした」という事実だけを言っていて、今見つかっているか、今もなくて困っているかには触れていません。

この文の後には、「だから今~だ」という結果として起きたことを続けることが多いです。

結果用法の現在完了形は、イギリス英語で多く使います。

アメリカ英語では、先ほどの例文のように財布をなくして今も困っている場合でも、単に過去形をつかって「I lost my wallet.」ということが多いです。

3.疑問文と否定文の時の現在完了形(まとめ)

用法の説明のところでも、例文を使って説明いますが、現在完了形の疑問や質問の時には「副詞」を使うケースが多いので覚えておきましょう。

3-1.現在完了形の疑問文

例えば、完了を聞く時は「yet」「already」の副詞をよく使います。

下記がその例文です。

  • その1.Have you finished your homework yet?(もう、宿題終わりましたか?)
  • その2.Have you already read the book?(すでにその本を読み終えましたか?) ※カジュアルな言い方では、「already」を最後においてもOKです

また、「~へ行ったことがありますか?」など経験を聞く時は「ever」という副詞をよく使います。

「Have you ever been to Tokyo?」(すでに・今まで東京に行ったことありますか?)などとなります。「ever」は必ず過去分詞の前に置きます。

3-2.現在完了形の否定文

否定文の時の副詞は、「yet」や「never」の副詞を使うことが多いです。

下記がその例文です。

  • その1.I haven’t watched the movie yet.(まだ、その映画は観ていません)
  • その2.I have never been to Kyoto.(まだ京都に行ったことがありません)

4.現在完了進行形とは?

現在完了進行形とは、下記のような英文です。

I have been studying English. ※過去分詞は「been」となります。

この表現もよく使います。「have(has) been+動詞ing」の形です。これが現在完了進行形と言われています。

「have(has)been studying」と進行形になっている点が、「I have studied English.」と違います。

しかし、意味も異なるのでしょうか?

基本的にはどちらも継続を表現しています。これはニュアンス的な違いが大きいです。

現在完了進行形の方が「今もまだ継続している」と強調していると思って下さい。

「I have studied English.」はひょっとしたら、今現在で勉強しなくなるかもしれない、となります。

しかし、これは感覚的なもので大きな違いはありません。

5.未来・現在・過去・現在完了・過去完了を時間軸で見てみる!

過去形との違いではなく、それぞれの時制の違いを下記の図を参考にしてみて下さい。未来形や過去完了形も記載しています。

それぞのれ時間軸なのでイメージ理解しやすいかと思います。

「study(勉強する)」という単語を使って説明しています。

  • 未来形:I will study. → 今は勉強していないが将来する
  • 現在形:I study.(または、I am studying.) → 今現時点で勉強している
  • 過去形:I studied. → 過去のある時点で勉強をしたが、今はしていない(期間は不明)
  • 現在完了形:I have studied. → 過去のある地点から今も(今まで)ずっと継続して勉強している
  • 過去完了形:I had studied. → 過去のある地点から過去のもう一点まで継続して勉強していた

過去完了形は、現在完了形の時間軸がそのままある地点の過去までずれた感じになります。

最後に:日本語にない現在完了形は感覚で捉えることが大切でもある!

試験問題などで「have+過去分詞」の文が出てきたら、まず、ここで紹介した4つのどの用法にあてはまるか見極めましょう。

「since」や「just」など一緒につかう単語も、見分ける時に大切なヒントになります。

「1ヶ月」など期間が文の中にあれば継続用法の可能性が高いですし、「once」などの回数の表現があれば経験用法の可能性が高いです。

現在完了形は日本語でつかみにくい感覚なので、多く問題や例文に触れて、現在完了形の感覚に慣れていきましょう。細かな和訳というより感覚が重要です。

特に英字新聞やニュースなど色々なリーディングをすることがベストです。是非、『英語のリーディング|4つのコツや練習・勉強方法や無料アプリなど』の記事も参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta