著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の形容詞一覧|これで十分!絶対に押さえたい2つの用法

のべ337,433がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
英文法を勉強している様子

英語の形容詞の正しい使い方を知りたくありませんか?

形容詞は英語や英会話の習得には絶対に欠かせない文法の1つです。

一言でいうと、「形容詞とは名詞を修飾する言葉」です。修飾とはある言葉を、限定したり、説明したりすることです。

英語を聞いたり、実際に使うとあちらこちらに出てきます。形容詞を使わずに、英語でコミュニケーションをすることは不可能です。

しかし、形容詞は使い方を理解すると難しくありません。最後には英会話や英語学習に必要な形容詞を厳選して一覧で紹介しています。例文付きなのでそちらも参考にしてみて下さい。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

【目次】

0.英語の形容詞の使い方と副詞との違い
1.形容詞の限定用法(attributive use)
1-1.形容詞を重ねて修飾する
1-2.数詞と形容詞
2.形容詞の叙述用法(predicative use)
2-1.be動詞が必要な形容詞の叙述用法
2-2.be動詞を使わない形容詞の叙述用法
3.どの形容詞をどの用法に使うのか?
3-1.限定的用法のみの形容詞
3-2.叙述用法のみの形容詞
3-3.限定用法と叙述用法で意味が変わる形容詞
4.英語の形容詞の語形
4-1.接尾辞(suffix)がつく形容詞
4-2.形容詞+ly
4-3.語尾で意味が変わる形容詞
5.形容詞以外の単語も形容詞として活用する
5-1.名詞の形容詞的用法
5-2.動詞の形容詞的用法
5-3.形容詞の現在分詞と過去分詞の使い分け
5-4.副詞を形容詞として用いる
6.英会話に役立つ!英語の形容詞一覧(165個)と例文・和訳

0.英語の形容詞の使い方と副詞との違い

英語の形容詞の使い方は2つあります。

名詞の意味を限定する形容詞の使い方と、名詞を説明する形容詞の使い方です。

形容詞をどこに配置するかで意味が変わります。

“形容詞の2つ用法”

  • 名詞の前に配置すると名詞を限定する形容詞となり、これを形容詞の限定用法(attributive use)といいます。
  • 名詞の後に配置すると、名詞を説明する形容詞となり、これを叙述用法(predicative use)といいます。この叙述用法の場合、名詞と形容詞の間に動詞が入ります。

名詞については、『名詞の英語|6つの種類や使い方・形容詞との関係などを解説』の記事を参考にしてみて下さい。

また、形容詞と副詞の違いが分からない!という方も多いです。

形容詞以外で修飾する言葉が副詞となります。詳しくは、『英語の副詞一覧|形容詞との違いや位置がたった5分で分かる』の記事を参考にしてみて下さい。

1.形容詞の限定用法(attributive use)

【形容詞+名詞】で名詞の前に形容詞を配置して、名詞の意味を限定します。

例えば、名詞が「cat(猫)」ならば、形容詞を前に配置することでどんな「cat」を指しているのか限定することができます。

形容詞+名詞(cat)の例は下記となります。

  • white(白い) → a white cat
  • cute (かわいい)  → a cute cat
  • young(若い) → a young cat

このように名詞(cat)の前に形容詞を置くと、どんな名詞の「猫」が限定されます。

1-1.形容詞を重ねて修飾する

名詞の前に形容詞を配置する場合、1つ以上の言葉を重ねて配置することができます。

形容詞を重ねる場合、ただ重ねればいいわけではなく、だいたいの順番が決まっています。

厳密に毎回この順番になるわけではありませんが、この順番に並べると自然な英語に聞こえることが多いです。順番を押さえておきましょう。

下記がその順序となります。

  1. 限定詞(determiner)・・・a, my, this, first
  2. 意見・感想・評価 (opinion)・・・lovely, beautiful
  3. 大きさ(size) ・・・big, small, tall
  4. 新しさ・古さ(age)・・・young, old, new
  5. 形(shape)・・・triangular, square
  6. 色(color)・・・blue, white, yellow, black
  7. 所属(origin)・・・Japanese, European, Buddhist, Christian
  8. 素材(materials)・・・silk, cotton, leather

複数の形容詞を重ねた例文を確認してみましょう。

  1. a beautiful young Spanish woman (一人の美しく若いスペイン人の女性)※限定詞(a)→評価(beautiful)→新しさ(young)→所属(Spanish)→名詞(woman)の順序になっています。
  2. my small white dog (私の小さくて白い犬)※限定詞(my)→大きさ(small)→色(white)→名詞(dog)の順序です。

限定詞の後は、名詞の位置に遠いほうから主観的な単語で、その次に客観的な事実を並べます。本質に近い物、物質的な要素が名詞の近くに配置されるという原則があります。

最後から2番目の所属(国籍や宗教など)はよっぽどのことがない限り、一生変化せず固定されたもので客観的です。そして、最後に配置される素材のシルクや綿、皮などは名詞としても使える物質的な要素がつよい形容詞です。

1-2.数詞と形容詞

数詞とは1とか10とかの数字であり、それらを形容詞として用いる場合はハイフン(-)を使います。

その場合、hourやyearなど時間の経過を表わす単語には通常つく複数形の「s」をつけません。

年齢や年数を表わす場合「year」を用い複数年の場合「years」ですが、これを形容詞的に使用する場合は「s」を除きます。

下記がその例となります。

  • 17-year-old son (17歳の息子)
  • 5-year-contruct (5年契約)

2.形容詞の叙述用法(predicative use)

形容詞の性質を説明する場合は、名詞の後ろ側に形容詞を配置しまが、動詞が必要な場合と不要な場合があります。

動詞と形容詞との関係については、『英語の動詞一覧|2種類ある動詞の基本と使い方・活用方法』でも解説しています。

2-1.be動詞が必要な形容詞の叙述用法

叙述用法の場合、名詞と形容詞の間に動詞が入り、動詞の補語の働きをする言葉になります。

下記が動詞が必要な場合の例文となります。

例文その1.She is beautiful. (彼女は美しいです。)

しかし、叙述的用法では形容詞だけを重ねて使うことができません。限定的用法のようにただ重ねるのではなく、「and」や「but」など接続詞を用います。

例文その2.He is cool and kind. (彼はかっこよくて親切です。)

2-2.be動詞を使わない形容詞の叙述用法

be動詞を使わず、名詞の後に配置して名詞に説明を加えることがあります。

どのような時に、使われるのか3つのパターンを見てみましょう。

2-2-1.形容詞の直前にくる名詞が「something」「somebody」などの場合

そのような場合は、形容詞を後に配置します。

例文:I want to drink something cold. /私は何か冷たい物が飲みたいです。※「cold」が形容詞です。

2-2-2.all, any, every, noから始まる名詞と形容詞の場合

この場合も、形容詞を後に配置します。

例文:There is no room available for tonight. /今夜は可能な部屋はありません。(今夜は全て満室です)※「available」が形容詞です。

2-2-3.形容詞を数量の後ろに付ける場合

数量を表す名詞の後ろに形容詞を付けて大きさ、量、長さを示す場合があります。

例:3.5 centimeters long(長さ3.5センチ)や100 meters high(高さ100メートル)※「long」と「high」が形容詞です。

3.どの形容詞をどの用法に使うのか?

形容詞には限定用法のみに使えるもの、叙述的用法に使えるもの、どちらでも使えるものなどそれぞれ分かれています。

3-1.限定的用法のみの形容詞

限定的な意味に特化した形容詞は限定的用法のみで使われます。

つまり、「形容詞+名詞」の形に限定されている形容詞です。

その中でもいくつかのパターンがありますので、形容詞の例をそれぞれ見てみましょう。

3-1-1.名詞の意味を強める形容詞

下記が口語や文語でも使われる形容詞です。

  • only 「唯一の」
  • mere「ほんの」
  • sheer 「全くの」

3-1-2.「主な」「主要な」と限定する形容詞

下記が主な一例です。

  • main 「主な」
  • chief 「主な」
  • prime 「主要な、第1の」

3-1-3.語尾に-erがつく形容詞

日常会話でも頻繁に使われる形容詞の代表的な例です。

  • elder 「年上の」
  • inner 「内側の」
  • outer 「外側の」
  • former 「前者の」
  • latter 「後者の」
  • upper 「上の」

3-1-4.語尾に-enがつく形容詞

受け身のような形で使われる形容詞です。

  • wooden 「木でできた」
  • woolen 「毛織りの」
  • broken 「壊れた、破れた、砕けた、破産した」

3-1-5.語尾に-lyがついて時間の間隔を表わす形容詞

副詞のようにみえますが、形容詞として使われます。

  • hourly 「1時間ごとの」
  • daily 「毎日の、日刊の」
  • weekly 「毎週の、週刊の」
  • monthly 「月ごとの、月間の」

3-1-6.上記のどれにも当てはまらない限定用法のみの形容詞

  • medical 「医学の、医療の」
  • financial 「財政(上)の、金融の」
  • previous「前の、以前の」

3-2.叙述用法のみの形容詞

状態を説明することに特化している形容詞は叙述用法に用いられ、名詞より後に配置します。

下記が形容詞の例となります。

  • alone 「ひとりで(いる)」
  • afraid 「恐れて(いる)」
  • ashamed 「恥じて(いる)」
  • asleep 「眠って(いる)」
  • awake 「目をさまして(いる)」

例文:She was fast asleep last night. /彼女は昨夜ぐっすり眠っていた。

しかし、「asleep」を限定用法で用いたい場合は「sleeping」を使って、sleeping girl(眠っている女の子)として、形が変わります。

3-3.限定用法と叙述用法で意味が変わる形容詞

限定的用法と叙述的用法の両方で使えるけれど、それぞれ意味が変わってくる形容詞があります。

3-3-1.「certain」の場合

  • 【限定用法】「ある~」「(ある)一定の」 ※例:a certain person → とある人
  • 【叙述用法】「確かだ」「確信して」 ※例:I’m certain ~. → 私は~だと確信している。私は確実に~した。

3-3-2.「present」の場合

  • 【限定用法】「現在の~」「今の~」「当面の」 ※例:my present address → 私の現住所
  • 【叙述用法】「出席して」「居合わせて」 ※例:Many people were present at the ceremony. → 多くの人がセレモニーに出席していた。

ここで紹介した他にも「able」「late」「ill」など、用法によって変化する形容詞がありますが、どの用法に使えるかは、辞書で確認することができます。

限定用法の場合(限定用法)は、「attributive use」の頭文字をとって【A】などと書かれています。叙述的用法のみに使う形容詞は(叙述用法)、「predicative use」の頭文字【P】などのマークが記載されていることが多いです。

4.英語の形容詞の語形

英語の形容詞はsmallやlargeなどのように、元から形容詞の意味を持つ単語と、名詞や動詞に接尾辞をつけて形容詞となるものがあります。

特に、接尾辞がつく形容詞については、形容詞特有の接尾辞があるので、覚えておくと、長文リーディングなどで出てきた時に、名詞や動詞の意味を知っていれば、その形容詞形だと判断することができます。

4-1.接尾辞(suffix)がつく形容詞

名詞に接尾辞をつけることで形容詞となるものが多くあります。

接尾辞
-ive(傾向・性質)
attractive(魅力的な)
-ic/ical/al/ial(性質)
social(社会的な)
-(i)ous(~の多い、~性の)
dangerous(危険な)
-ful(満ちている)
useful(有益な)
-able/ible(能力)
available(可能な)
-(i)an(性質、~人、~の)
American(アメリカの)
-ary(~関する)
temporary (一時的な)
-ed(~されている)
complicated(複雑な)
-en(素材・材質)
golden(金色の)
-ern(方向)
northern(北の)
-ish(性質・状態・属性)
childish(子供じみた)
-less(~ない、~できない)
endless(終わりのない)
-ant/ent(性質・~する人)
ignorant(無知の、無学の)
-like(~らしい、~のような)
childlike(子供のように純粋で)
-ory(性質・場所)
supervisory(管理の、監督の)
-worthy(~に値する)
trustworthy(信頼できる)
-y(状態・性質)
sleepy(眠い)

4-2.形容詞+ly

名詞ではなく、形容詞に「ly」をつけることで形容詞の意味を少し弱めた形容詞になる場合がある。

通常、形容詞に「ly」をつけると副詞になるので要注意です。

4-3.語尾で意味が変わる形容詞

「childish」=「こどもっぽい」と「childlike」=「子供のように純粋な」のように、同じ単語から派生していても、語尾で全く意味が変わる場合もあります。

5.形容詞以外の単語も形容詞として活用する

形容詞以外の言葉でも、使い方によっては形容詞としての役割を果たします。

名詞、動詞、副詞を形容詞として用いる方法をご紹介します。

5-1.名詞の形容詞的用法

名詞を形容詞として使うこともできます。

名詞の前に、形容詞としての役割がある名詞を配置して、名詞を2つ連続させることで前の名詞で後の名詞を限定する形容詞的用法となります。

「名詞」(形容詞の役割)+「名詞」の例は下記となります。

  • chicken soup(チキンスープ)
  • leather shoes(皮靴)
  • customer service(顧客サービス)

例えば、「chicken soup」ではスープを「チキン」という言葉で限定しています。

ここで注意したいのは、全ての名詞が配置によって名詞に変わるわけではなく、形容詞として使えるパターンは限られているということです。

5-2.動詞の形容詞的用法

動詞も形容詞として用いることがあります。

動詞の現在分詞と過去分詞を形容詞として使うことができます。これを「分詞の形容詞的用法」といいます。

5-2-1.現在分詞の用法

 
現在分詞である「動詞のing形」を名詞の前に配置すると「~している○○」(○○の部分は名詞)という名詞を限定する形容詞として使うことができます。

現在分詞の形容詞的用法の例は下記となります。

  • walk + man → walking man(歩いている人)
  • run + dog → running dog(走っている犬)

このように、名詞の前に現在分詞を配置することで名詞を限定して、どのような物(または人)なのかを説明します。

しかし、現在分詞に場所など+αでさらに詳細が加わる場合は、名詞の後に現在分詞と+αの部分を配置します。

現在分詞+αの例は、「a dog running in the park. /公園を走っている犬」などです。

5-2-2.過去分詞の用法

現在分詞と同じように動詞の過去分詞形も形容詞として使うことができます。

受動態(受け身)の過去分詞を名詞の前に配置すると「~された○○」(○○の部分は名詞)という名詞を限定する形容詞として使うことができます。

過去分詞の例は下記となります。

  • cook → cooked(料理された)
  • paint → painted(塗られた)
  • give → given(与えられた)
  • break → broken(壊れた)
  • write → written(書かれた)

過去分詞も現在分詞同様、1語で形容詞として使う場合は名詞の前に配置します。

過去分詞+名詞の例は下記となります。

  • a boiled egg (ゆでられた卵 → ゆで卵)
  • spoken English (話された英語 → 口語英語)
  • a written test (書かれた英語 → 筆記試験)

受動形の過去分詞は「~された」と訳するのが本来の形ですが、形容詞として用いた場合は上記の例のように、意訳する場合が多いです。

また、過去分詞と+αで誰によって「~された」かなどより詳しく書く場合は、現在分詞と同様に名詞の後ろに配置します。

名詞+動詞の過去分詞+αの例は、「the novel written by ○○ (○○によって書かれた小説)」などがあります。

受動態(受け身)については、『英語の「受動態(受け身)」を簡単にマスターする5つの基本』を参考にしてみましょう!

5-3.形容詞の現在分詞と過去分詞の使い分け

「動詞の~ing形」と「過去分詞形」は感情を表わす形容詞として使われることが多いです。

どちらも似た意味に見えるのですが、どちらを使うかによって感情の対象が全く違います。

現在分詞と過去分詞の違いが次です。

  • 「動詞の原形+~ing」→ 感情の原因となる物や人
  • 「動詞の過去分詞形」→ 感情が起きた人、起こされた人

この違いは大きな違いです。

この違いで、英語初心者がよく間違えてしまうのが、「boring」と「bored」です。どちらも「退屈だ」という意味ですが、使い方を間違えると大変です!

それでは問題です。

「私は退屈です」と言いたい場合どちらが正しいでしょうか。

  1. I’m boring.
  2. I’m bored.

正しいのは2の「I’m bored.」です。1は、「私はつまらない人間です。」という意味になってしまいます。

「boring」を使う場合は、何がつまらなくさせたのかその原因となる物や人を表現します。

boringを使った例は、「The TV program is boring. /このテレビ番組はつまらない。」などがあります。

他にも、excitingとexcited、surprisingとsurprisedなどもあります。

よって、現在分詞と過去分詞の使い方は下記となります。

  • 原因を表わすなら「動詞+ing」
  • 人の状態を表わすなら「動詞の過去分詞形」

5-4.副詞を形容詞として用いる

副詞をそのまま形を変えずに形容詞として用いる場合があります。名詞の前に配置します。

副詞(down)使った例は、「the down train → 下り電車」などがあります。

6.英会話に役立つ!英語の形容詞一覧(165個)と例文・和訳

ここでは、英会話やTOEICなど基礎的な形容詞を例文付きで紹介しています。

これからの英語学習にお役立て下さい。

  • good/良い ※例文:A good beginning makes a good ending.(はじめ良ければ終わりよし)英語のことわざです。
  • many/多くの ※例文:There are many parks in this town.(この街には多くの公園があります)
  • big/大きい ※例文:The truck his father owns is very big.(彼の父親が所有しているトラックはとても大きい)
  • high/高い ※例文:My father is suffering from high blood pressure.(私の父や高血圧で苦しんでいます)
  • green/緑の ※例文:I bought a new green car.(私は新しい緑の車を買いました)
  • dark/暗い,黒い ※例文:It is getting dark.(暗くなってきています)
  • large/大きい,広い ※例文:He has a large family.(彼は大家族です)
  • blue/青い ※例文:There is a blue bird on that tree.(あの木に青い鳥います)
  • next/次の,隣の ※例文:I am looking forward to seeing you next time.(次回お会いできるのを楽しみにしています)
  • famous/有名な ※例文:He is famous in this field.(この分野では彼は有名です)
  • sorry/残念な ※例文:I’m sorry for the noise.(音がうるさくてごめんなさい)
  • white/白い ※例文:The white dog came running up to her.(白い犬が走りながら彼女のことろに来ました)
  • nice/すばらしい ※例文:Have a nice day!(よい一日を!)
  • best/一番良い ※例文:This is my best suit.(これは私の一番いいスーツです)
  • all/すべての ※例文:He had all his belongings stolen.(彼は彼の持ち物の全てを盗まれました)
  • glad/うれしい ※例文:I’m glad to meet you.(あなたに会えて嬉しい・光栄です)
  • little/小さい,幼い,ちょっとした ※例文:Jane has a pretty little dog.(ジェーンは可愛い小さな犬を飼っています)
  • young/若い ※例文:The young man had a big case in his hand.(その若い男の子は手に大きなカバンを持っていました)
  • warm/温暖な ※例文:It’s so warm today that students can swim in the pool.(今日はとても暖かいので生徒たちはプールで泳げます)
  • cool/涼しい ※例文:This year’s summer was relatively cool.(今年の夏は比較的涼しかった)
  • hungry/空腹の ※例文:You must be very hungry.(あなたはお腹が空いているに違いない)
  • much/多量の ※例文:I made much effort to realize my dream.(夢をかなえるために沢山の努力をしましhた)
  • rich/金持ちの,豊かな ※例文:She was married to a rich man.(彼女はお金持ちの男性と結婚しました)
  • slow/遅い ※例文:I like slow tempo ballads very much.(私はスローなテンポのバラードがとても好きです)
  • small/小さな ※例文:The girl lost her small earrings.(その少女は小さいイヤリングを失くしました)
  • kind/親切な ※例文:Be kind to others.(他人に優しくしなさい)
  • some/いくつかの ※例文:He took out some coins from the pocket.(彼はポケットからいくつかのコインを取り出しました)
  • tall/背の高い ※例文:There is a very tall tower in the center of the town.(街の中心部にとても高いタワーがあります)
  • short/短い,背が低い ※例文:I read the short stories during the holiday. (休暇中に短いストーリーの本を読みました)
  • able/できる,有能な ※例文:He will be able to attend the conference.(彼は会議に出席できます)
  • easy/やさしい,気楽に ※例文:This book was very easy to understand.(この本はとても簡単に理解できました)
  • old/年をとった,古い ※例文:He took the old book from the shelf.(彼は本棚から古い本を取りました)
  • happy/幸福な,楽しい ※例文:I’m happy to have a friend like you.(あなたのような友達を持てて幸せです)
  • fine/すばらしい,元気な,晴れた ※例文:I’m feeling fine today.(今日は気分がいい)
  • most/ほとんど ※例文:Most people have a cell phone.(ほとんどの方が携帯電話を持っています)
  • black/黒い ※例文:A black cat is crossing the street. (黒い猫が道を横断しています)
  • new/新しい ※例文:I bought a new smartphone last month.(先月、新しいスマホを買いました)
  • junior/年下の,下級の ※例文:He is a junior high school student.(彼は中学生です)
  • poor/貧乏な,かわいそうな,不十分な ※例文:She was spoken to by a poor man.(彼女は貧しい男性から話しかけられた)
  • every/毎~ ※例文:He ate every slice of the pizza.(彼は全てのピザを食べました)
  • careful/注意深い ※例文:Be careful in the street at night.(夜、その通りには注意して下さい)
  • strong/強い,じょうぶな ※例文:My father is very strong.(私の父は丈夫です)
  • hot/暑い ※例文:This year’s summer was too hot.(今年の夏は暑過ぎました)
  • true/ほんとうの ※例文:It is true that he is going to study abroad next year.(来年彼が留学するというのは本当です)
  • cold/冷たい,寒い ※例文:It was remarkably cold this morning.(今朝はとても寒かった)
  • long/長い ※例文:It will take a long time for you to answer the question. (その問題に応えるには長い時間を要するでしょう)
  • busy/忙しい ※例文:I’m so busy this week.(今週はとても忙しいです)
  • red/赤い ※例文:He is longing to own a red sports car.(彼は赤いスポーツカーを持つことを切実に望んでいます)
  • clean/きれいな ※例文:In this town, people have trouble getting clean water.(この街では、きれいな水を入手することが困難です)
  • ill/病気の ※例文:He is ill in bed.(彼は病気で寝込んでいます)
  • sad/悲しい ※例文:I’m very sad to hear the news.(その知らせを聞いて悲しいです)
  • beautiful/美しい ※例文:His big sister is astonishingly beautiful.(彼の姉はびっくりするぐらい美しい)
  • sick/病気で(の) ※例文:The student pretended to be sick.(その生徒は仮病でした)
  • bad/悪い ※例文:The bad weather prevented her from going shopping.(軽い天候のせいで、彼女は買い物に行けませんでした)
  • honest/正直な ※例文:I am always trying to be honest.(私はいつも誠実でいるようにしています)
  • deep/深い ※例文:The well is very deep.(その泉はとても深い)
  • difficult/難しい ※例文:It was very difficult to solve the math problem.(その数学の問題を解くのはとても難しかった)
  • weak/弱い ※例文:He was too weak to move.(彼は弱りすぎていて動けませんでした)
  • rainy/雨降りの ※例文:I really hate rainy weather.(私は雨の日が本当に嫌いです)
  • few/(aをつけ)少数の ※例文:We have to buy a few things before getting back to the car.(私たちは車に帰る前にいくつかのものを買わないといけません)
  • right/正しい,右に ※例文:What is the right answer?(正解な何ですか?)
  • wide/幅が広い ※例文:That bench is wider than this one.(あのベンチはこれより幅が広いです)
  • brown/茶色の ※例文:I’ll take the brown sweater.(茶色のセーターを着ます・買います)
  • other/ほかの ※例文:Close your other eye.(もう片方の目を閉じて下さい)
  • low/低い ※例文:I jumped over the low fence.(低いフェンスを飛び越えました)
  • last/この前の,最後の ※例文:They got married last June in Hawaii.(彼らはこの前の6月にハワイで結婚しました)
  • afraid/恐れて ※例文:My mother has always been afraid of spiders.(私の母やいつもクモを怖がっています)
  • lucky/幸運な ※例文:I was so lucky to win the lottery.(宝くじが当たるとは、とても幸運でした)
  • useful/役に立つ ※例文:He gave me some useful advice.(彼は私に役立つアドバイスをくれました)
  • free/ひまな,自由な ※例文:Do you have free time tomorrow?(あした暇な時間はありますか?)
  • usual/通常の ※例文:I woke up at the usual time.(いつもの時間に目が覚めました)
  • cloudy/曇った ※例文:It’s cloudy and windy today.(今日は曇りで風もあります)
  • strange/奇妙な ※例文:Did you hear the strange noises?(変な音を聞きましたか?)
  • popular/人気のある ※例文:What is the most popular search engine in your country?(あなたの国で一番人気のある検索エンジンは何ですか?)
  • past/過去の ※例文:He knows all the past winners of the championship.(彼はその試合の全ての過去の勝者を知っています)
  • foolish/愚かな ※例文:I have never heard such a foolish idea.(そのような愚かな発想を聞いたことがない)
  • loud/(声の)大きい ※例文:The radio was so loud.(そのラジオの音がとても大きかった)
  • dear/親愛なる ※例文:Jenny is a dear friend of mine.(ジェニーは私の親友です)
  • clever/利口な ※例文:How clever his son is!(彼の息子は何て利口なんだろう!)
  • sure/確信して ※例文:Are you sure that you had your wallet stolen?(財布が取られたと確信していますか・本当ですか?)
  • own/自分の ※例文:My son wants his own room.(私の息子は自分の部屋が欲しい)
  • main/主な ※例文:Our main purpose is to improve this software.(私たちの主な目的はこのソフトをよくすることです)
  • well/健康な、調子が良い ※例文:She is looking very well.(彼女はとても体調がよさそう)
  • great/素晴らしい,広大な ※例文:The show was a great success.(そのショーは素晴らしい成功でした)
  • same/同じ ※例文:We were bored by his same old jokes.(私たちは彼の同じ古い冗談に飽き飽きしていました)
  • angry/怒って ※例文:I was angry because he forgot to bring the document.(彼が書類を持ってくるのを忘れていたいので私は怒りました)
  • enough/十分な ※例文:I have enough time to go to the museum.(その博物館に行くには十分な時間があります)
  • each/おのおのの ※例文:We know each other.(私たちはお互い知っています)
  • different/違った ※例文:Mike and his brother are completely different.(マイクと弟・兄は全く正反対です)
  • special/特別の ※例文:Did you do anything special for New Year’s Day?(正月に何か特別なことをしましたか?)
  • yellow/黄色の ※例文:I’ll take the yellow one.(黄色のものを取ります・買います)
  • important/重要な ※例文:I think the meeting is very important for us.(その打ち合わせは私たちにとってとても重要だと思います)
  • interesting/おもしろい ※例文:The TV program was interesting.(そのテレビ番組はとても面白かった)
  • full/いっぱいの ※例文:The bottle is full of coffee.(そのボトルはコーヒーでいっぱいです)
  • such/そのような ※例文:I’ve never heard such a thing.(私はそのようなことを聞いたことがありません)
  • absent/欠席の ※例文:She has been absent from her work for a week.(彼女は一週間欠席・欠勤です)
  • quiet/静かな ※例文:I like it here, because it is very quiet.(とても静かなのでここが好きです)
  • wonderful/素晴らしい ※例文:We had a wonderful time at the party.(パーティーで素晴らしい時間を過ごしました)
  • bright/明るい ※例文:The moon was bright last night.(昨晩、月がとても明るかった)
  • human/人間の ※例文:I am interested in human history.(私は人類史・歴史に興味があります)
  • ready/用意できている ※例文:Are you ready?(準備はいいですか?)
  • tired/疲れて ※例文:My father looked so tired when he arrived home.(私の父は家に着いた時とても疲れているように見えました)
  • interested/興味のある ※例文:Bob is interested in the football club.(ボブはサッカークラブに興味があります)
  • noisy/騒がしい ※例文:That place is always noisy.(あの場所はいつも騒がしい)
  • fat/太った ※例文:We saw the fat boy.(私たちはその太った少年を見ました)
  • natural/自然の ※例文:A mirage is a natural phenomenon.(蜃気楼は自然現象です)
  • real/本当の ※例文:His real name is Shigeru Takada.(彼の本当の名前はタナカ・シゲルです)
  • personal/個人の ※例文:It is a personal hobby.(それは個人的な趣味です)
  • dumb/口のきけない ※例文:Her sister was dumb.(彼女の姉・妹は口がきけません)愚かな、バカなという口語表現もよく使われます。
  • healthy/健康な ※例文:Mike looks healthy.(マイクは健康のようです)
  • national/国家の,国民の ※例文:It was a national project.(それは国家プロジェクトでした)
  • sleepy/眠い ※例文:I often get sleepy after having lunch.(昼食後はよく眠くなります)
  • lazy/怠け者の ※例文:Tom is so lazy.(トムはとても怠け者です)
  • simple/簡単な,質素な ※例文:The meal that my grandmother makes is always simple.(私のおばあちゃんが作る料理はいつもシンプルです)
  • crazy/気の狂った ※例文:It is a crazy idea.(それは狂った発想です)
  • delicious/おいしい ※例文:I ate a delicious cake made by her.(私は彼女が作った美味しいケーキを食べました)
  • weekly/毎週の ※例文:Bob subscribed to the weekly magazine.(ボブは週刊誌を購買していました)
  • funny/おもしろい、おかしな ※例文:I heard a funny story about him.(私は彼についての面白い話を聞きました)
  • quick/速い ※例文:He is quick on foot.(彼は歩くのが速い)
  • brave/勇敢な ※例文:Everyone praised Bob’s brave actions.(ボブの勇敢な行動をみんな称賛しました)
  • peaceful/平和な ※例文:The peaceful era was coming to an end.(平和な時代が終焉にきていました)
  • raw/生の ※例文:They eat raw fish.(彼らは刺身を食べました)
  • gentle/優しい ※例文:She was gentle with children.(彼女は子供には優しかった)
  • fond/好きで ※例文:She is fond of cats.(彼女は猫好きです)
  • flat/平らな ※例文:The road was flat.(その道は平らでした)
  • blind/目の見えない ※例文:My mother was almost blind.(私の母はほとんど目が見えませんでした)
  • monthly/月刊の、月々の ※例文:She subscribed to this monthly magazine. (彼女は月刊誌を購買していました)
  • cute/かわいい ※例文:She looks very cute.(彼女はとても可愛く見えます)
  • final/最後の ※例文:His final position in the company was the chief editor.(会社での彼の最後の役職は編集長でした)
  • close/接近した ※例文:Our ship is too close to that tanker.(私たちの船はあのタンカーに近すぎます)
  • lost/道に迷った ※例文:Jimmy was lost in the mountain.(ジミーは山で迷子になりました)
  • living/生きている ※例文:He is my only living brother.(彼は生きている唯一の兄・弟です)
  • another/ほかの,もう1つの ※例文:There must be another solution.(もう一つの解決策があるにちがいない)
  • ashamed/恥じて ※例文:She is ashamed of her act.(彼女は自分の行動を恥ずかしがっています)
  • pleased/喜んで ※例文:Jimmy is pleased about the result.(ジミーはその結果に喜んでいます)
  • safe/安全な ※例文:They evacuated to a safe place. (彼らは安全な場所に避難しました)
  • silent/静かな ※例文:My grandfather kept silent when she was talking.(私のおじいちゃんは彼女が話している時は静かにしていました)
  • certain/ある ※例文:Certain sections of the application form haven’t been filled in.(申込書のある場所が埋められていません)
  • tiny/小さな ※例文:She touched the tiny animal.(彼女はその小動物に触れました)
  • pale/青ざめた ※例文:She turned pale after hearing that news.(その知らせを聞いた後、彼女は青ざめました)
  • calm/落ち着いた ※例文:You must keep calm.(落ち着きなさい!)
  • daily/毎日の ※例文:Walking is his daily habit.(ウォーキングは彼の毎日の習慣です)
  • musical/音楽の ※例文:His brother has a musical talent.(彼の兄・弟は音楽の才能があります)
  • excited/興奮した ※例文:I was excited by that game.(私はあの試合に興奮しました)
  • unhappy/不幸な ※例文:She was very unhappy with her marriage.(彼女は結婚に全然幸せではありませんでした)
  • wild/荒々しい,野生の ※例文:Their job is to protect the wild animals.(彼らの仕事は野生の動物を守ることです)
  • merry/陽気な ※例文:Jack is a merry boy.(ジャックは陽気な少年です)
  • snowy/雪の降る ※例文:Tom was looking at the snowy sky.(トムは雪空を見ていました)
  • friendly/好意的な ※例文:I received a friendly letter from him.(彼からの好意的な手紙を受け取りました)
  • modern/現代的な ※例文:We looked at that modern building.(私たちは現代的な建物を見ました)
  • outside/外側の ※例文:Please use the outside stairs.(外の階段をお使いください)
  • lonely/寂しい,ひとりの ※例文:She is living a lonely life.(彼女は一人寂しく生きています)
  • fresh/新鮮な ※例文:There are a lot of fresh vegetables in this shop.(この店には多くの新鮮な野菜があります)
  • either/どちらかの ※例文:You can choose either coffee or tea.(あなたはコーヒーか紅茶のどちらかを選ぶことができます)
  • senior/年上,年長者  ※例文:I am your senior.(私はあなたの先輩です)
  • wrong/間違った,具合が悪い ※例文:There is something wrong with this machine.(この機会の何かがおかしい)
  • holy/神聖な ※例文:This forest is a holy place for the local people.(この森は地元の人たちには神聖な場所です)
  • international/国際的な ※例文:He is familiar with international law.(彼は国際法に詳しい)
  • necessary/必要な ※例文:It is absolutely necessary for you.(それはあなたには絶対に必要なことです)
  • central/中心の ※例文:That building is in the central part of the city.(あの建物は都市の中心部にあります)
  • wet/濡れている ※例文:She wiped the table with a wet tissue.(彼女は濡れているティッシュでテーブルを拭きました)
  • common/共通の ※例文:It is a common problem.(それは共通の問題です)
  • whole/すべての ※例文:The whole crew already got off the ship.(全船員は船を既に降りました)
  • open/開いている ※例文:That window is open.(あの窓は空いています)
  • lovely/かわいらしい ※例文:I met a lovely woman yesterday.(昨日、かわいらしい女性に会いました)

また、これらの形容詞で欠かせないものが比較級と最上級です。

英語の比較級|基本の3つのパターンや比較級一覧・例文など』と『英語の最上級|使い方が分かる!5つのトレーニングや例文』を参考にしてみて下さい。

まとめ:形容詞は用法を押さえれば大丈夫

形容詞は、英語を学ぶ上で欠かせないものですが、2つの用法と配置する位置をしっかり覚えれば形容詞の基本はバッチリです。あまり勉強として深く考えずに、ここでご紹介した例などを参考に、テキストなどの英文を見て形容詞にちょっと注目して下さい。

英語や英会話の上達、またTOEICなどの試験にも役立つとても大切な役割を担っているのが形容詞です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta