著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

2つある!感嘆文の作り方|HowやWhatへの書き換え方法と例文

のべ1,974がこの記事を参考にしています!

結論から言うと、日本語の訳し方として「何て~でしょう!(~なことだ!)」などという、驚きや感動の表現をする時に使うのが「感嘆文」です。

因みに、英語では「exclamatory sentence(エクスクラマトリー・センテンス」と言います。

中学英語で習う感嘆文です(一時、中学の学習指導要領から外れていた)が、詳しくは後ほど説明しますが、文頭に「How」か「What」を使って、最後は「!(ビックリマーク・感嘆符)」を使って締めます。

「!(ビックリマーク・感嘆符)」を英語では「エクスクラメーション・マーク (exclamation mark)」と言います。

「?(クエスチョンマーク・疑問符)」で終わる疑問文とは違いますね。読み方も、疑問文のように後ろ上がりではありません。

下記が例文の書き換えです。

  • Howの場合:He can speak English very well.(彼はとても上手に英語が話せます) → How well he speaks English!(彼は何て上手に英語が話せるの!)
  • Whatの場合:This is such a beautiful flower.(これはとても美しい花です) → What a beautiful flower this is!(これは何て美しい花でしょう!)

など。

「How」と「What」にニュアンスの違いはありませんが、その作り方と元の文の形により、それを「How」で感嘆文を作るのか、「What」になるのかが変わります。

英会話でもよく使い、そして中学英語レベルの単語でも簡単に表現できるのでとても便利です。

よってここでは、基本となる感嘆文の作り方(書き方)や読み方などを例文を使いながら分かりやすく解説していきます。テストなどでもよく出る書き換え問題も用意しているのチャンレンジしてみましょう!

目次:

1.英語の感嘆文の作り方(書き方)や使い分け
・Howを使った感嘆文
・Whatを使った感嘆文
・英語の感嘆文の読み方のコツは?
2.例文を使った感嘆文への書き換え方法
・Howの感嘆文への書き換え
・Whatの感嘆文への書き換え
まとめ:感嘆文への書き換え問題

1.英語の感嘆文の作り方(書き方)や使い分け

感嘆文の形の基本は次の通りです。

  • How・・・How + 形容詞/副詞(+主語 + 動詞)!
  • What・・・What + 冠詞 + (形容詞) + 名詞(+主語 + 動詞)! ※名詞が複数形の場合は、冠詞は不要です。

日常会話レベルではどちらの場合も「主語+動詞」は省略することが多いです。

因みに、感嘆文を作る場合の、HowとWhatは文法上、「感嘆詞」となります。疑問詞ではありません。

それぞれの作り方(書き方)を詳しくみていきましょう。

Howを使った感嘆文の例文

「How + 形容詞/副詞(+主語 + 動詞)!」の形の感嘆文は、次の2つの場合で使います。

  1. 元の英文に名詞がなく、形容詞のみの場合
  2. 修飾する品詞が副詞のみの場合 ※この場合も名詞はありません。

それぜぞれの例文を見ていましょう。

  1. How lucky (you are)!/何てラッキーなの! ※「You are very lucky.」が元の文で名詞がなく形容詞のみです。
  2. How fast (he can run)!/彼は何て早く走れるの! ※この場合の「fast」は副詞で、それを修飾する感嘆詞はhowのみです。

何となく分かりますか?

「あっ、言いたい感嘆文の中に名詞がないからhowを使おう!」という感覚で構いません。

Whatを使った感嘆文

howとの逆で、対象に名詞があるなら、「what」が使えると思って下さい。

「What + 冠詞 + (形容詞) + 名詞(+主語 + 動詞)!」の形ですね。

下記がその例文ですが、冠詞がポイントです。

  • What a surprise (it is)!/びっくりした!(直訳:何て驚きなの!) ※冠詞の「a」が入っています。この感嘆文は形容詞がないパターンです。
  • What nice clothes (they are)!/何て素晴らしい服なの! ※名詞が複数形なので、形容詞の前の冠詞は不要です。

対象の名詞が単数であれば「a/an/the」、複数形であれば必要ないというルールがあります。

冠詞の使い方については、『もう悩まない!aとtheや英語の冠詞の使い方やルールを5分で解決』の記事でも確認してみて下さい。

また、スラングで「What the hell!(なんてこった)」という表現もあり、映画や海外ドラマなどでも使われているので知識として覚えておきましょう。

英語の感嘆文の読み方のコツは?

感嘆文は疑問文ではないので、尻上がりの読み方をしません。

日本人は不得意ですが、感情を入れて、びっくりしている、感心している感じが発音で出せればOKで、それがコツの全てです。

下記の例文の音声を確認して、コツを掴んで下さい。多少、誇張したぐらいがちょうどいいです。

2.例文を使った感嘆文への書き換え方法

今までいくつかの例文を見てきましたが、その書き換えをする元の文に「とても」を表現する副詞(so, very, suchなど)が入っているのが基本的な条件です。

また、感嘆文を普通の英文に書き換える時はその副詞が必要となります。

Howの感嘆文への書き換え

元の英文が「He is very cool.(彼はとてもかっこいい)」だったとします。名詞がないので、howですね。

感嘆文に書き換えてみましょう!

「How cool he is!」となり、元の文の「very(とても)」が省略されましたね。

「How very cool!」とはならないので注意して下さい。要するに「very」の代わりが「how」になるわけです。

これとは逆に、感嘆文の「How good it tastes!(何て美味しい味なの!)」を普通の文に書き換えましょう。

「It tastes so good.」となり、「so(とても)」を追加した文になります。「very」でも構いません。

Whatの感嘆文への書き換え

howと同じように、whatの感嘆文の書き換えも見てみましょう。

元の文が、「He is a very smart boy.(彼はとても頭がいい少年です)」と英文があったとします。

名詞(boy)があるので、whatを使えますね。

「What a smart boy!」となり、こちらも「very」を省略しています。

この逆も見てみましょう。

「What a nice looking guy he is!(何てカッコいい男性なの!)」を元の文に戻しましょう。

「He is such a nice looking guy.」となり、「such」を追加した文となります。「a very nice looking guy」としてもOKです。

「such」の場合は、冠詞が後ろにくるので語順に注意して下さい。

まとめ:感嘆文への書き換え問題

いかがでしたでしょうか?

それでは最後に感嘆文への書き換え問題で締めましょう。今までとはちょっと違う形ですが、基本を押さえていれば大丈夫な問題です。

2つの例文でチャレンジしてみましょう。

  1. It’s so nice of you to give me the present.
  2. There is a very big park over there.

答えは下記となります。

  1. How nice of you to give me the present!(そのプレゼントをくれるなんて何てあなたは素晴らしいの!)
  2. What a big park over there!(そこにあるのは何て大きい公園なの!)

複数となりますが、次の形を念頭に置いておけば、簡単に書き換えができます。是非、英会話でも活かしてみて下さい。

  • How・・・How + 形容詞/副詞(+主語 + 動詞)!
  • What・・・What + 冠詞 + (形容詞) + 名詞(+主語 + 動詞)! ※名詞が複数形の場合は、冠詞は不要です。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)