著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

かっこいい英語フレーズや単語!8つの場面で使える一言表現

のべ490,073がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは、日本人があまり使わないけど、ネイティブが実際に使っているかっこいい英語の表現やフレーズを知りたいと思っていませんか?

実は、学校の教室では教えてくれない、そのようなかっこいい英語が多く存在します。

だから、多くの日本人が知らないのもしょうがないのですが、もったいないですね。

たった一言だけで、よりスムーズなネイティブのような会話が実現します。

2~3単語の短文で、覚えるのも簡単なフレーズが中心です。知っているか、いないかだけでも大きな差です。

よって、今すぐ使えて周りをびっくりさせるかっこいい英語フレーズ・単語を厳選してお教えします。使う際のポイントや使えるシチュエーションも例として記載しています。メールやSNSでも気軽に使えるかっこよくて、今すぐ使えるものばかりです。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

1.かっこいい英語フレーズ・単語:「名言やことわざ編」
2.かっこいい英語フレーズ・単語:「挨拶編」
・出会いの挨拶(初めまして)
・出会いの挨拶(2回目以降)
3.かっこいい英語フレーズ・単語:「感謝・お礼編」
・カジュアルな「ありがとう!」のかっこいい英語:略語など
・フォーマルな「ありがとうございます」のかっこいい英語
・「どういたしまして」のかっこいい英語
4.かっこいい英語フレーズ・単語:「恋愛編」
5.かっこいい英語フレーズ・単語:「褒める言葉編」
6.かっこいい英語フレーズ・単語:「略語(短縮形)編」
7.かっこいい英語フレーズ・単語:「熟語編」
8.かっこいい英語フレーズ・単語:「名前編」
9.その他のかっこいい英語フレーズ・単語:30選
・「After you」
・「Bless you」
・「Chill out」
・「Can’t live without〜」
・「Go ahead」
・「Get it」
・「Get a grip」
・「Here and there」
・「Hang in there」
・「I did it」
・「I’ll be right here」
・「It depends」
・「It’s a piece of cake」
・「Just in case」
・「Leave me alone」
・「Make my day」
・「My bad」
・「Never too late」
・「No need to say」
・「No way」
・「No one’s perfect(No one is perfect)」
・「None of your business」
・「So what?」
・「Take it easy」
・「Tell me about it」
・「Time flies」
・「You can say that again」
・「Up to you」
・「Wish me luck」
・「Well done」

1.かっこいい英語フレーズ・単語:「名言やことわざ編」

時間、お金、恋愛、人生など様々な英語の言葉や言い回しが名言・格言、ことわざなどに多く存在します。

誰もが知っている偉人や映画やネイティブがよく使うかっこいいことわざなど男女関係なく、幅広い場面で使えます。

メッセージカード、メール、口頭など色々なシチューエーションで役立てて下さい。また座右の銘にしてもいいでしょう。

因みに私は、長文ではありますが、下記が私の座右の銘です。元NBSバスケットボールプレーヤーのマイケル・ジョーダンのかっこいい名言です。

  • 英語:I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.
  • 和訳:失敗は受け入れることができる(耐えれる)、誰だって何かに失敗している。でも、挑戦しないでいることだけには耐えれない。

しかし、名言にはキャチコピーに使われるような短くてかっこいい表現もあるので、広告やホームページ、タイトルなど作る際にも参考にしてみて下さい。そのような場合は基本的に2~3単語がかっこいいです。

3文字の短文でのかっこいい英語フレーズや言葉、また8、9文字以上などから構成される長文のフレーズまであるので是非参考にしてみて下さい。

2.かっこいい英語フレーズ・単語:「挨拶編」

特にカジュアルな場面の挨拶で使うかっこいい英語フレーズが多くあります。

スラング(俗語)的な言い方やビジネスなどフォーマルな場面で使えるかっこいい英語フレーズとなります。

出会いの挨拶(初めまして)

私たちが学校で覚える挨拶のフレーズは「How do you do?」ですが、特にカジュアルな場面では基本的にネイティブはこのような言い方はほとんどしません。

次のような言い方をします。

  • Nice to meet you. ※カジュアルで3文字で表現できます。
  • It is an honor to meet you. ※直訳は「お会いできて光栄です」となり、ビジネスなどで使えるかっこいいフレーズです。

などです。

「初めまして」の英語|6つの基本フレーズと使い方を習得!』の記事も参考にしてみて下さい。

出会いの挨拶(2回目以降)

2回目以降、仲がいい友達や仕事仲間などで使える表現が次となります。

  • What’s up? ※カジュアルで2文字で表現できます。他にも「How’s it going?」などもあります。
  • Hi, good to see you again. ※フォーマルな場面でも気軽に使える英語フレーズです。

この他にも、英語の挨拶で「お疲れ様」「よろしくお願いします」、別れ際でのさようならと同じような役割の「気を付けて」「久しぶり」「頑張って」「おめでとう」(年末年始などの挨拶)、色んなかっこいい英語フレーズがあります。

下記はそれぞれのかっこいい言い方の一例です。

3.かっこいい英語フレーズ・単語:「感謝・お礼編」

「ありがとう」や「ありがとうございます」という場面も多いですね。

そんな時にしっかりとカジュアルとフォーマルの使い分けをして、「Thank you(very much)」以外のかっこいい英語も使えるようにしましょう。

また、「どういたしまして」と返事をする時もかっかいい言葉を知っておくと役立ちます。

カジュアルな「ありがとう!」のかっこいい英語:略語など

友達同士でネイティブがよく使う「ありがとう」のかっこいい表現は次となります。

  • Thanks. ※「Thank you.」より更にカジュアルでかっこいい言い方です。
  • Thanks a million. ※「Thank you very much.」のスラング的言い方です。「million(ミリオン)」は「100万」という英語です。
  • thx ※「Thanks」の略語となります。メールやチャットなどでよく使われます。
  • フォーマルな「ありがとうございます」のかっこいい英語

    ビジネスなどフォーマルな時には動詞の「appreciate」や形容詞の「grateful」を使えるとかっこいいです。

    • I really appreciate it. ※直訳は「本当に感謝申し上げます」となります。基本的に何かの行為の「it」を使います。
    • I’m gratefule for it. ※これも「appreciate」と同じような意味合いで使います。」のスラング的言い方です。

    他にも「I can’t thank you enough.」などかっこいい表現は多くあるので、『「感謝」の英語表現|困らない!3つの基本とメッセージ集』の記事も参考にしてみて下さい。

    何かの記念日(~周年記念、母の日、クリスマス、誕生日)などに感謝のメッセージを言う・書く時にも役立ちます。

    「どういたしまして」のかっこいい英語

    相手にありがとうと言われて、「どういたしまして」と言いますね。

    一般的に使われる「You’re welcome.」ばかり使ったり、無言にならずにかっこよく返事を返しましょう。

    • You bet. ※「No sweat.」などのかっこいいカジュアルな表現もあります。
    • No worries. ※「Don’t worry」のくだけた言い方になります。

    他にも、「Anytime」やフォーマルな「Not at all.」や「My pleasure.」などのかっこいい英語フレーズもあるので、『英語で「どういたしまして」|返事に困らないための11選』の記事も見てみましょう!

    4.かっこいい英語フレーズ・単語:「恋愛編」

    彼氏・彼女、結婚パートナーなどにメッセージを言ったり、書いて伝えたりする場合にかっこいい英語フレーズの例は下記となります。

    照れずに、ストレートにあなたの気持ちを伝えるのがベストです。

    メッセージの文末に付ける代表的なフレーズは下記です。短文にします。

    • Love you now and forever.:今も、これからもずっと愛しています。
    • Love always.:いつも愛しています。

    また、文中や言葉などで伝えるフレーズは下記を参考にしてみて下さい。少し長文になります。

    • Do you know how much I love you?:あなたのことをどれだけ愛しているかわかる?
    • No matter how much time goes by, I love you.:どんなに時間が経っても(永遠に)、あなたのことを愛している。

    恋愛の言葉は名言や言い回しが数多くあります。『英語で「愛の言葉」を表現しよう!すぐに使える50フレーズ』の記事にてピックアップしているので参考にしましょう。

    5.かっこいい英語フレーズ・単語:「褒める言葉編」

    挨拶の一部でもある「頑張ったね」、「お疲れ様」、「いいね!」など、相手を褒める場合にかっこいい言葉を使えるとネイティブらしくなります。

    下記は2文字の短文で表現できる褒める言葉です。

    • How wonderful!:「How nice!」なども同様です。
    • That’s cool.:「That’s nice.」も同じ意味合いです。
    • Good job!:「よくやったね.お疲れ様」という意味が含まれます。

    上述にある挨拶の参考記事と『「いいね」の英語|1つだけじゃない!様々な表現一覧』も確認してみて下さい。

    6.かっこいい英語フレーズ・単語:「略語(短縮形)編」

    「感謝・お礼編」のところで「thx」の略語を紹介しましたが、他にも多くの略語が英語には存在します。

    特に友達同士などのメールやSNSでのやりとりでは欠かせないものです。

    下記がその一例ですが、ネイティブのように使いこなせるようになるとかっこいいですね。

    • 4:「for」の略です。
    • u:「you」の略です。
    • b/c:「because」の略です。

    頻繁に使うかっこいい略語は、『英語の略語一覧|メールやSNSで今すぐ使える厳選73個』を参考にしましょう。

    7.かっこいい英語フレーズ・単語:「熟語編」

    英語の熟語は使えるとかっこいいものばかりです。

    特に英語の「get」と「make」には多くのかっこいい熟語があります。

    下記がその一例です。

    • get along:仲良くする
    • get over it:乗り越える、忘れる
    • make it up:埋め合わせをする
    • make a big deal:大騒ぎする

    他にも使える熟語は沢山あります。

    英語の「get」の使い方・意味|16の必要熟語や例文集』や『英語の「make」の使い方・意味|18の必要熟語や例文集』を参考にして下さい。

    また、「一期一会(Once in the lifetime chance)」のような4文字熟語もありますが、英語では長文になるケースも多いのでその点は注意しましょう。

    参考として、『「一期一会」の英語|意味と4つのかっこいい関連ことわざ』をご確認ください。

    8.かっこいい英語フレーズ・単語:「名前編」

    日本人にとって英語の名前はかっこよく聞こええるものですが、それには必ず由来があります。

    またフルネームでなくて、ニックネームを使えると更にネイティブらしくなります。

    下記がその一例です。

    • Elizabeth(エリザベス):旧約聖書の登場人物で、ニックネームは「Beth」や「Liza」です。
    • John(ジョン):新約聖書に登場するヨハネで、ニックネームは「Jack」や「Jonny」です。
    • Charles(チャールズ):フランス語の男性名で、ニックネームは「Charlie」や「Chuck」です。
    • Margaret(マーガレット):ギリシャ語の「真珠」の意味でニックネームは「Meg」や「Peg」です。

    男性・女性それぞれの名前やニックネームは、『英語の名前の意味や由来も分かる!|男女別人気20選』にても紹介しています。

    9.その他のかっこいい英語フレーズ・単語:30選

    これまでご紹介したかっこいい英語フレーズや言い回しとは別に、ネイティブたちが頻繁に使う熟語、フレーズをアルファベット順に30個ピックアップしました。

    動画なども参考にして発音もマスターしましょう!

    「After you」

    「After you(アフター・ユー)」は、「お先にどうぞ」という時に使う、かっこよくて丁寧な表現です。


    (動画内容)After youの発音など

    例えば、ドアを開けて先に人を行かせる時などの状況で使います。列に並びそうになってぶつかりそうになっら、是非この言葉をかけてみましょう!

    また、『「お先にどうぞ」の英語|2つのネイティブが使う表現を習得』の記事でもあるように、「Go ahead」や「Ladies first」などで「お先にどうぞ」を表す表現もあります。

    After youのイメージ写真

    「Bless you」

    「Bless you(ブレス・ユー)」は、相手がくしゃみをした時に言う決まり文句のような英語となります。

    直訳では「あなたに幸あれ」です。


    (動画内容)Bless youの発音など

    話し相手がくしゃみをした時に、無言にならずに「Bless you」と言ってあげるとかっこいいですよ!

    また、発音を「Bless」の「s」と「you」の「y」を重ねて、「ブレシュー」とするとよりネイティブらしいです。

    bless youのイメージ写真

    「Chill out」

    「Chill out(チル・アウト)」は、「気楽に」「リラックスして」という時に使う英語の表現です。


    (動画内容)Chill outの発音など

    友人や話し相手が慌てふためいていたり、緊張したりしている場面で使ってみましょう!

    chill outのイメージ写真

    「Can’t live without〜」

    「Can’t live without〜(キャント・リヴ・ウィズアウト)」は、「〜なしでは生きて行けない」という英語の表現です。

    〜のところに、you(あなた)を入れて、Can’t live without you(あなたなしでは生きて行けない)は代表的です。

    恋愛のフレーズの1つでもあります。

    主語のI(私)を省くのがかっこいいですよ。


    (動画内容)Can’t live without〜の発音など

    これと似た表現で、No〜、No lifeというのがあります。〜のところには、趣味などを入れるケースが多いです。例えば、No comedy, No lifeなら、「お笑いなしでは生きていけない」となります。ちょっと気楽な会話の中で使う英語の表現です。

    can't live withoutのイメージ写真

    「Go ahead」

    「Go ahead(ゴー・アヘッド)」は、「お先にどうぞ」「やってみなよ」という場面で多く使われます。

    前者で使う場合は、「After you」と同じ意味合いとなります。


    (動画内容)Go aheadの発音など

    躊躇(ちゅうちょ)している相手の背中を押す時などの声がけで良く使う英語表現です。

    go aheadのイメージ写真

    「Get it」

    「Get it(ゲット・イット)」「理解しました」「了解しました」という時に使います。

    過去形で、Got itと表現しても同様の意味になります。「理解しました」の「I understand it」よりもかっこいいですね。

    また、『「了解しました」の英語|会話やメールでも使える厳選16個』の記事でも詳しく解説しているのでご参考下さい。


    (動画内容)Get itの発音など

    友人などに軽く返事をする感覚でOKです。I(私)を付けて、I get it(I’ve got itやI got it)でも同じです。

    ネイティブの発音は、「Get」の「t」と「it」の「i」を重ねて、「ゲティット」や「ゲリット」となります。

    get itのイメージ写真

    「Get a grip」

    「Get a grip(ゲット・ア・グリップ)」は、「しっかりしなさい」という相手に言う時に使う表現です。

    Grip(取っ手)をGet(つかむ)するというのが、直訳になります。


    (動画内容)Get a gripの発音など

    小さなミスや失敗を連発している相手に対しても使う表現です。ちょっと怒っている意味合いも含まれます。

    get a gripのイメージ写真

    「Here and there」

    「Here and there(ヒアー・アンド・ゼアー)」は、「そこらじゅうに」という表現になります。

    直訳では、ここもあそも、となりイメージがしやすいですね。


    (動画内容)Here and thereの発音など

    コンビニなどの建物がそこらじゅうにある時に良く使います。Manyを使うよりもかっこいい!

    here and thereのイメージ写真

    「Hang in there」

    「Hang in there(ハング・イン・ゼア)」は、「頑張れ」と相手を応援する時に使う表現です。

    Hang inだけでも同様の意味になります。

    このHangですが、色々な前置詞と一緒に表現されます。

    • Hang up - 電話を切る
    • Hang on  - 電話を切らずに待つ
    • Hang out - 外出してぶらぶら遊ぶ

    などが、代表的です。


    (動画内容)Hang in thereの発音など

    苦しんで困っている、一生懸命頑張っている相手に是非使いたいかっこいい表現です。

    「頑張る」や「頑張って」の詳しい表現は、『英語の「頑張る」と「頑張って」を完全マスターする!』でも詳しく解説しています。

    hang in thereのイメージ写真

    「I did it」

    「I did it.(アイ・ディッド・イット)」は、「やったぜ!」など喜びを表現する時に使います。

    You did itとなれば、「あなたやったね!」という意味になります。


    (動画内容)I did itの発音など

    何かを達成したり、試験に合格したりした時など、喜びと一緒に力強く表現してみましょう!

    I did itのイメージ写真

    「I’ll be right here」

    「I’ll be right here.(アイル・ビー・ライト・ヒアー)」は、「いつもあなたのそばにいるよ」と相手を励ます時に使う表現です。

    「I’ll」は「I will」の略です。

    相手が何か挑戦する時、落ち込んでいる時などですね。場所的な表現というより、心の拠り所を示している感じです。


    (動画内容)I’ll be right thereの発音など

    落ち込んでいる彼氏・彼女、または友人などに使うことで、相手も多少は気持ち的に落ち着くはずです。

    I will be right thereのイメージ写真

    「It depends」

    「It depends(イット・ディペンズ)」は、日本語の「ケースバイケースです」と同じ表現です。

    ハッキリしない時などは日本語でも同じように答えますね。onを後ろに付けて、It depends on〜 になると、〜次第、〜に頼るという意味になります。


    (動画内容)It dependsの発音など

    「どうするの?」など質問された時に、パッと返せればかっこいいですね。

    it dependsのイメージ写真

    「It’s a piece of cake」

    「It’s a piece of cake(イッツ・ア・ピース・オブ・ケイク)」は、「朝飯前」「めちゃくちゃ簡単」という時の英語です。

    直訳は、それはケーキの一片となり、very easyと同等の意味を指します。


    (動画内容)It’s a piece of cakeの発音など

    「それ出来る?大丈夫?」など質問された時に、表情も自信満々での返答がベストです。

    ネイティブらいしい発音は、「イッツァ・ピーサケイク」となります。

    it is a piece of cakeのイメージ写真

    「Just in case」

    「Just in case(ジャスト・イン・ケイス)」は、「万が一のために」「念のため」という時に使う表現です。

    Just in case it rains(雨が降った時、念のため)など、その後に文章を付ける場合もあります。


    (動画内容)Just in caseの発音など

    例えば、「何故データをバックアップしているの?」という相手の質問に、Just in caseと切り返せばネイティブそのものです。

    just in caseのイメージ写真

    「Leave me alone」

    「Leave me alone(リーヴ・ミー・アローン)」は、「一人にして」と、構わないで欲しいときに使います。

    そっとして欲しい時や自分一人で考えたい時などの表現です。


    (動画内容)Leave me aloneの発音など

    励ましの言葉さえも聞きたくない時などに、少し落ち込んでいる、怒っている時にネイティブも良く使います。

    leave me aloneのイメージ写真

    「Make my day」

    「Make my day(メイク・マイ・デイ)」は、「楽しい一日」と喜びを表現する時に使います。

    主語を明確にして、過去形で使うケースが多いです。It made my day - 今日一日楽しかった(Itがデートやプレゼントだったりとなります)


    (動画内容)Make my dayの発音など

    You made my dayも相手に感謝の気持ちを伝える時に使います。Thank youよりもかっこいい!

    make my dayのイメージ写真

    「My bad」

    「My bad(マイ・バッド)」は、「私のせい」というお詫びを表現する1つです。

    It’s my fault(私の失敗です)と同じ意味となります。


    (動画内容)My badの発音など

    相手が友人などの時に使うケースが多いです。フォーマルな時にはあまり使わないので注意です。

    my badのイメージ写真

    「Never too late」

    「Never too late(ネヴァー・トゥー・レイト)」は、直訳通り「遅すぎるということは決してない」という場面で使います。

    相手を励ます時などには最高の言葉の1つですね。


    (動画内容)Never too lateの発音など

    落ち込んだり、何かを始めようとして悩んでいる相手に、力を込めて言ってあげると、元気になりますよ!

    never too lateのイメージ写真

    「No need to say」

    「No need to say(ノー・ニード・トゥ・セイ)」は、「言う必要はないが」と、次の表現が後に続きます。

    Needless to sayは、学校など正しい熟語として覚えますが、No need to sayは、口語的だと思って下さい。


    (動画内容)No need to sayの発音など

    No need to say, but・・・と、butを入れてその後に文章をつなげる形が自然です。

    no need to sayのイメージ写真

    「No way」

    「No way(ノー・ウェイ)」は、「絶対嫌だ」「ありえない」という場面で言う表現です。

    • 前者の場面は、相手から何か勧められている時などですね。
    • 後者の場面は、信じられないような話などに対しての感情表現となります。

    「信じられない!」という場合の表現は、他にもるので、『「信じられない」の英語|2つの英単語と7つの会話フレーズ』の記事を参考にしてみましょう!


    (動画内容)No wayの発音など

    首を横に振ったり、嫌な顔や、驚いた顔を同時に使うことでよりネイティブのような表現になります。

    no wayのイメージ写真

    「No one’s perfect(No one is perfect)」

    「No one’s perfect(ノーワンズ・パーフェクト)」は、「誰も完璧じゃない」と直訳どおり、励ます言葉の1つです。

    Nobody’s perfectでも全く同じ意味となり、どちらを使ってもかっこいいです。


    (動画内容)No one’s perfectの発音など

    相手に対しての励ましの言葉です。何かに失敗して悩んでいる相手に使ってみましょう。

    no one is perfectのイメージ写真

    「None of your business」

    「None of your business(ナン・オブ・ヨー・ビジネス)」は、「あなたには関係ない」と怒りを込めた表現です。

    Mind your own business(直訳では、自分の事だけ心配しなさい)という表現と同じ意味です。しつこくアドバイスや話の詳細を知りたがる相手に使います。


    (動画内容)None of your businessの発音など

    怒りを込めた表現ですので、相手に自分が嫌がっていることを表情や声のトーンでも伝えた方がいいですね。

    none of your businessのイメージ写真

    「So what?」

    「So what?(ソー・ワット)」は、「だから何?」という、ムッとした時につかう感情表現です。

    他にも、Who cares? (誰が気にするの?)といった表現も同様に怒りのフレーズの1つとなります。


    (動画内容)So what?の発音など

    別に!という日本語で表現する表情やトーンでOKです。棒読みにならないように注意しましょう。

    so whatのイメージ写真

    「Take it easy」

    「Take it easy(テイク・イット・イージー)」は、「気楽にね」と相手をリラックスさせる時に使う英語表現です。

    何かにチャレンジする相手を何も言わずに見送るより、一言このような言葉をかけてあげればカッコいいですよ。


    (動画内容)Take it easyの発音など

    単純に、「Relax」という1つの単語だけの表現でも同じ意味なのですが、Take it easyの方がかっこいいですよね。

    take it easyのイメージ写真

    「Tell me about it」

    「Tell me about it(テル・ミー・アバウト・イット)」は、「本当だね」「分かるよ」と同意した時に使います。

    直訳すると、「そのことについて、私に話して」となりますが、実は賛同している意味で使われるので注意が必要です。


    (動画内容)Tell me about itの発音など

    相槌(あいづち)を打ちながらがいいですね。I agree(あなたに同意します)より、もっとカジュアルでかっこいい。

    tell me about itのイメージ写真

    「Time flies」

    「Time flies(タイム・フライズ)」は、「時間が経つのは早い」となり、楽しい時間を過ごした後に良く使います。

    Flyを過去形にして、Time flew(タイム・フルー)という場合もありますが、全く同じ意味です。


    (動画内容)Time fliesの発音など

    バーベキューやキャンプなど楽しかった!と締めの一言で使うとまさにネイティブ。

    time fliesのイメージ写真

    「You can say that again」

    「You can say that again(ユー・キャン・セイ・ザット・アゲイン)」は、「ホントにそうだよね」と強い同意を表す時に使います。

    Tell me about itと同じ意味となります。


    (動画内容)You can say that againの発音など

    会話の中で、Tell me about itの1つの表現だけを使わずに、You can say that againと交互に使うのもポイントです。

    you can say that againのイメージ写真

    「Up to you」

    「Up to you(アップ・トゥ・ユー)」は、「あなた次第」という表現です。

    何かご飯を食べたい時など気楽な場面でも使えます。「私はあなたに任せます」とする場合は、I leave it up to youとなります。


    (動画内容)Up to youの発音など

    仕事などフォーマルなシチュエーションでも頻繁に使われている表現の1つです。決断を催促する時にも使います。

    up to youのイメージ写真

    「Wish me luck」

    「Wish me luck(ウィッシュ・ミー・ラック)」は、「幸運を祈ってね」という英語の表現です。

    日本語ではあまり使わない表現ですね。もし、何かしようとしている相手に言われたら、Good luckI keep my fingers crossed for you(動画参照)と返しましょう。


    (動画内容)Wish me luckの発音など

    自分が何かに挑戦する時、またはその話をしている時に話し相手に気軽に言ってみましょう。相手もGood luckなどの表現で返事をしてくれるはずです。

    wish me luckのイメージ写真

    「Well done」

    「Well done(ウェル・ダン)」は、「良くやったね」という褒める表現です。

    ステーキの焼き具合の、Well doneと同じ単語で発音も同様です。


    (動画内容)Well doneの発音など

    年下や年上関係なく、何かを成し遂げた相手に使ってみましょう。「You did it great」も同じ意味となります。

    well doneのイメージ写真

    まとめ:かっこいい英語はさりげなく、バシッと

    ここでご紹介した表現のほとんどが、2〜3単語で構成されています。覚えやすいし、直ぐにでも使えるものばかりです。だから、使わなきゃ損!

    今すぐ実際に使わないとしても、目の前に相手がいて、各シチュエーションをイメージして口ずさんでみることで、簡単なトレーニングができますね。

    それらの表現やフレーズを、あなたがネイティブらしく使う日を想像してみて下さい。

    めちゃくちゃかっこいいですよ。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    cta_teacher_img03

    無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

    ●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
    ●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
    ●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

    あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

    また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

    そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

    本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

    今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

    ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

    これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

    机に30分も座れない・・・
    テストは常に赤点(偏差値40)・・・
    英語とは無縁の人生だった・・・


    そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

    興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

    このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


    今すぐ資料をGETする(無料)

    コメントを残す

    *

    sp-cta
    sp-cta