著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「天気」の英語|スグに使えて英会話にも役立つ!音声付き

のべ34,736がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「天気」は英語で、「weather」(ウェザー)と表現します。

天気予報は、「weather report」や「weather forecast」と言います。

しかし、その天気予報でも常に出てくる、様々な英語の表現を知りたくはないですか?

晴れの「sunny」や曇りの「cloudy」などは、知っている人もいらっしゃるかと思いますが、更に細かい天気のニュアンスが伝えられないという方は多いのではないでしょうか。

天気の表現を覚えるとちょっとしたスモールトークに使えて、話題に困った時や見知らぬ人と会話する場合にとても便利です。

よってここでは、ネイティブが日常会話でも良く使う、様々な英語の天気に関する表現方法を音声付きでご紹介します。

目次:
1.天気を英語で表現する|単語編
1-1.「基本で使う」天気の英語
1-2.「気温」に関する天気の英語
1-3.「湿度」に関する天気の英語
1-4.「風」に関する天気の英語
1-5.「雨」に関する天気の英語
1-6.「雨」に関する天気の英語
1-7.「その他」の天気の英語
2.天気を英語で表現する|文章編
3.天気を英語で表現する|天気予報編

1.天気を英語で表現する|単語編

先ずは、様々な天気の言い方を覚えましょう。

天気の状態を表現する単語はたくさんあります。微妙なニュアンスを表現できるように、様々な単語を覚えましょう。

1-1.「基本で使う」天気の英語

日本語でも良く使う天気の表現になります。

日本語
英語
音声
晴れ
sunny
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/sunny.mp3
rainy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/rainy.mp3
曇り
cloudy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/cloudy-2.mp3

1-2.「気温」に関する天気の英語

天候だけではなく、気温に関する情報も大事ですね。

日本語
英語
音声
暑い
hot
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/hot.mp3
暖かい
warm
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/warm.mp3
焼けつくような暑さ
scorching
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/scorching.mp3
寒い
cold
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/cold.mp3
肌寒い
chilly
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/chilly.mp3
凍るくらい寒い
freezing
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/freezing.mp3
霜がおりて寒い
frosty
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/frosty.mp3
身を切るような寒さ
nippy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/nippy.mp3

1-3.「湿度」に関する天気の英語

湿度の情報も欠かせない天気の表現の1つですね。

日本語
英語
音声
蒸している
humid
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/humid.mp3
湿気がある
dump
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/dump.mp3
べとべとしている
clammy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/clammy.mp3
蒸し暑い
oppressive
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/oppressive.mp3
高温多湿な
steamy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/steamy.mp3
乾燥している
dry
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/dry.mp3
湿気が無い
arid
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/arid.mp3

1-4.「風」に関する天気の英語

特に外出する時は知りたい情報ですね。

日本語
英語
音声
風が強い
windy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/windy.mp3
暴風の
stormy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/stormy.mp3
そよ風が吹く
breezy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/breezy.mp3
突発的な暴風
blusterous
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/blusterous.mp3
風が穏やかで
balmy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/balmy.mp3
穏やかで風が無い
calm
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/calm.mp3

1-5.「雨」に関する天気の英語

色々な「雨」の表現があります。

日本語
英語
音声
にわか雨
showery
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/showery.mp3
霧雨が降る
drizzly
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/drizzly.mp3
大嵐の
tempestuous
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/tempestuous.mp3
どしゃ降り
downpour
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/downpour.mp3
大洪水
deluge
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/deluge.mp3

1-6.「雨」に関する天気の英語

朝や見通しが悪い時などには役立つ天気の表現です。

日本語
英語
音声
深い霧がかかっている
foggy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/foggy.mp3
霧が立ち込めた
misty
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/misty.mp3

1-7.「その他」の天気の英語

その他にもネイティブが普通に使っている天気の表現があります。

日本語
英語
音声
雪が多い
snowy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/snowy.mp3
快晴・雲ひとつない晴れ
clear
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/clear.mp3
(雨なので)真っ暗
dark
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/dark.mp3
一面が雲で覆われている
overcast
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/overcast.mp3
もやがかかった
hazy
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/hazy.mp3

2.天気を英語で表現する|文章編

ここでは、単語編で紹介した英語の表現を使って、相手に伝えるための文の作り方をご紹介します。

「How is the weather?」(天気はどうですか?)と聞かれた場合に答える表現です。

天気は「It’s ~.」 で表現します。

晴れている場合:

  • 英語:It’s sunny.
  • 和訳:晴れています。

このsunnyの部分を、cloudy、rainy、hot、coldなど様々な天気を表わす単語に置き換えるだけです。

この表現を基本にしてアレンジをしてみましょう。

■今日の天気(現在形)
It’s cloudy today./今日は曇りです。

■昨日の天気(過去形)
It was foggy yesterday./昨日は霧がかっていました。

■明日の天気(未来形)
It’s going to rain tomorrow./明日は雨が降りそうです。ただし、※天気予報ではwillを使います(It will be rain.)

「will」と「be going to」の違いとは?

2つとも同じ未来を表わす表現ですが微妙にニュアンスが違います。

未来の天気を表現する場合天気予報などで「~でしょう」と未来を単純に予測している場合は、「will」を使います。

一方、「be going to」は「~しそうだ」というニュアンスで、分析などをもとにした情報ではなく、主観的にそう思う場合や天気予報で聞いたことを誰かに伝える場合に使います。

■最近の天気
It has been rainy this week./今週はずっと雨です。

■現在の疑問文
Is it hot in New York?/ニューヨークは暑いですか?

■未来の疑問文
Is it going to be snow tomorrow?/明日は雪ですか?

天気の基本的な表現はそれほど難しくありません。基本の文法を押さえればOKです。

3.天気を英語で表現する|天気予報編

ここでは、天気予報に関する単語と、天気予報でも見られる嵐、雪など天気に関する用語(名詞)をご紹介します。

全て覚えなくてもOKです。天気予報を見る時の参考にして下さい。

  • 天気予報/weather forecast(weather report)
  • 気温/temperature
  • 湿度/humidity
  • 風速/wind speed
  • 瞬間最大風速/the maximum instantaneous wind speed
  • 最高気温/high temperature
  • 最低気温/low temperature
  • ヘクトパスカル/hectopascal
  • 降水確率/chance of rain
  • 降水量/precipitation
  • 天気図/weather map(weather chart)
  • 等圧線/isobar
  • 気象注意報/weather advisory
  • 洪水警報/flood warning
  • 大雨洪水警報/heavy rain and flood warning
  • 津波警報/tsunami warning
  • 暴風警報/storm warning
  • 波浪注意報/high-sea warming
  • 気象庁/the Meteorological Agency
  • 気象台/meteorological observatory
  • 気象予報士/certificated weather forecaster
  • 気象衛星/ weather satellite
  • 霧雨/drizzle
  • 小雨/sprinkle
  • 大雨/heavy rain
  • 通り雨/passing shower
  • 夕立/evening shower
  • 暴風雨/rain storm
  • スコール/squall
  • 雷雨/thunderstorm
  • 雷/thunder
  • 嵐/storm
  • 吹雪/snow storm
  • 暴風雪/blizzard
  • みぞれ/sleet
  • ひょう/ hail
  • 霜/frost
  • 強風/gale
  • 突風/gust
  • 竜巻/tornado
  • 台風/typhoon
  • ハリケーン/hurricane
  • 季節風/monsoon
  • 洪水/flood
  • 干ばつ/drought
  • 地震/earthquake
  • 噴火/eruption

まとめ:英語で細かな天気も一緒に相手に伝えてみよう!

日本語にも英語にも様々な天気の表現があります。

天気の表現は基本を押さえておくと様々な場面で便利に使うことができます。まずは、基本の例文を覚えて、会話やメールで天気の話題が使えるようにしましょう。

単語は全て覚えなくてもOKです。ここでご紹介したものを、会話やメールの中で積極的に使ってみてください。そうすれば、誰でも簡単に天気に関する英語はマスター出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万3962人が体験中の無料勉強法
(2017年12月1日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta