著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「台風」の英語|発音や語源・6つの例文とハリケーンとの違いなど

のべ10,839がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「台風」を英語では何と言うのでしょうか?

日本には多くの「台風」が来るので、日本の特徴の1つでもあります。

よって、外国人に伝える時には、発音も的確に表現したいものです。

また、海外の天気のニュースでも耳にする「ハリケーン」や「サイクロン」との違いは何なのでしょうか?

それと、「熱帯低気圧」や「暴風雨」など、「台風」に関連する英語もたくさんあります。

よって今回は、「台風」の英語だけではなく、知って得するその他の英語表現もご紹介するので、英語力UPのきっかけにしてみて下さい。

目次:
1.「台風」の英語|発音・読み方・複数形
2.台風の英語の語源
3.台風とハリケーン・サイクロンとの違いとその英語
3-1.ハリケーンの英語と発音
3-2.サイクロンの英語と発音
3-2.台風・ハリケーン・サイクロンとの違いは?
4.会話でよく使う!台風を使った英語フレーズ例文
5.「台風」と関連する英語表現
まとめ:「台風」以外の風や天気の英語表現も同時に習得しよう!

1.「台風」の英語|発音・読み方・複数形

「台風」を表現する場合には、「typhoon」の英語を使います。

「typhoon」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
タイフーン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/12/typhoon-2.mp3
tɑɪfúːn

発音のポイントは、アクセントの位置と「ph」のところを「f」で発音するところです。「f」の正しい発音については、『Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ』の記事もご参考下さい。

また、「typhoon」は可算名詞なので、複数形は「typhoons」となります。『英語の名詞|可算名詞と不可算名詞の2つを押さえるだけ!』の記事もご参考下さい。

2.台風の英語の語源

台風の名前の語源にはいくつかの説があります。

下記が主な3つの説です。

  • その1.広東語の大きい風の大風(tai fung)から由来した説
  • その2.ギリシャ神話のテュフォン(Typhon)という怪物から由来した説
  • その3.アラビア語での「嵐」を意味する「tufan」から由来した説

ちょっとした知識として押さえておきましょう!

3.台風とハリケーン・サイクロンとの違いとその英語

先ずはハリケーンとサイクロンの英語から見てみましょう!

3-1.ハリケーンの英語と発音

海外でよく聞く「hurricane」ですが、その英語と発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ハリケーン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/03/hurricane.mp3
hˈɚːrəkèɪn

3-2.サイクロンの英語と発音

「cyclone」ですが、その英語と発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サイクロン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/03/cyclone.mp3
sάɪkloʊn

さて、このサイクロン・ハリケーンと台風の違いは何なのでしょうか?

3-2.台風・ハリケーン・サイクロンとの違いは?

この3つの天気の現象の違いは何なのでしょうか?

全て「台風」と表現できるわけではないので注意と使い分けが必要です。

  • 台風(typhoon):北西太平洋および南シナ海で発生する熱帯低気圧
  • ハリケーン(hurricane):北大西洋および北東太平洋で発生する熱帯低気圧
  • サイクロン(cyclone):南太平洋やインド洋で発生する熱帯低気圧

因みに、オーストラリア近辺で発生する熱帯低気圧は「willy-willy」(ウィリー・ウィリー)と言います。

要するに同じ性質なのですが、発生する場所でそれぞれの単語を使い分けるのがポイントです。

4.会話でよく使う!台風を使った英語フレーズ例文

特に日本にいる外国人と話す時に台風での会話フレーズは欠かせないものです。

よく使う表現をいくつかピックアップしましたので是非ご参考下さい。

  • 台風が来る:A typhoon is coming. ※または、下記でも解説している「approaching」でも同様です。
  • 台風が近づいている(接近中):A typhoon is approaching. ※「There is a tyhoon approacing.」でもOKです。
  • 台風が横断している(横断中):A typhoon is passing through.
  • 台風が北上している(北上中):A typhoon is moving northward. ※「moving up」でも同様ですね。
  • 台風は大丈夫ですか?:A typhoon is approaching, but are you OK? ※気遣いのメッセージであればOKです。
  • 台風に気を付けて下さい:Be carefule of a typhoon. ※既に台風の事を話しているのであれば、「Be careful.」や「Stay safe」など一言でも構いません。

5.「台風」と関連する英語表現

天気予報などでよく耳にする表現を英語で何というのか?を紹介しています。

主要な表現は下記となります。

  • 「台風〇〇号」:Typhoon No.〇〇 ※台風1号であれば、「Typhoon No.1」となります。
  • 「台風の目」:the eye of a typhoon
  • 「大型台風」:large typhoon ※「big」や「powerful」という単語でも構いません。「超大型台風」は「super typhoon」などとも言います。
  • 「高気圧」:high pressure ※「high atmospheric pressure」が正式名称ですが、「atmospheric(大気の)」という単語は省略することが多いです。
  • 「低気圧」:low pressure ※「low atmospheric pressure」が正式です。
  • 「熱帯低気圧」:tropical cyclone ※「tropical depression」や「tropical storm」と表現される場合もあります。
  • 「温帯低気圧」:extratropical cyclone ※北側の冷たい風と南からの暖かい風がぶつかって出来るのが温帯低気圧で、いくら発展しても「台風」とは呼べません。
  • 「ヘクトパスカル」:hectopascal ※気圧を表わす単位です。記号では「hpa」となります。
  • 「暴風雨」:rainstrom ※「storm」のみでもOKです。
  • 「暴風圏内」:storm zone ※暴風域でも同様です。
  • 「天気予報」:forecast ※「weather report」や「weather forecast」でも同じ意味です。
  • 「天気図」:weather chart ※「weather map」でも可です。

まとめ:「台風」以外の風や天気の英語表現も同時に習得しよう!

「typhoon」という単語だけを覚えるのではなく、その他の気象表現もマスターすることが大事です。

風の強さの表現などは、『「風」の英語|厳選37個!強さ別・気温別・場所別で表現』の記事で紹介していますので参考にしてみて下さい。

他の気象についても、『「天気」の英語|スグに使えて英会話にも役立つ!音声付き』の記事で紹介してるような天気の英語も同時に覚えるとドンドン英単語力も身に付いてきますよ。

日常生活で頻繁に使う英語ですので、日本にいても、英語で表現する癖を付けるだけで自然と英語力がアップします。役立ててみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta