著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「will」と「be going to」の決定的な4つの違いと例文

のべ652がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英会話ではよく使う、未来を表す助動詞の「will」と「be going to 」ですが、どちらとも動詞の原形がその後に付きます。

しかし、次の違いが分かりますか?

  • I will come to your party tonight.
  • I am going to come to your party tonight.

日本語に訳すとどちらも「今夜、私はあなたのパーディーに行きます。」と、未来を表す表現になります。

なぜ、ネイティブはこの2つを使い分けているのでしょうか?

よって今回は、決定的に違う「will」と「be going to」の使い方とニュアンスなどを、例文を使いながら解説します。『英語の未来形|2つのwillやgoing toの使い方やルールなど』でも簡単に解説していますが、ここでは更に深堀しています。

目次:

1.「will」を使う時
・その場で決定した未来の予定
・過去の経験などから予想
・強い意志を示す場合
・未来進行形と未来完了形の場合
2.「be going to」を使う時
・過去にすでに決定している未来
・根拠がある予想
3.「will」と「be going to」の違い発見クイズ
まとめ:ニュアンスの違いを習得して英会話で活かそう!

1.「will」を使う時

先ずは、日本人の学習者にも馴染みもある「will」から見ていきましょう!

「I will = I’ll」など短縮形で使うことも多いので、その点は留意しておきましょう。

その場で決定した未来の予定

例えば、相手と話していて、「分かった、これから行くね」とその場で決定した場合の未来について語る時に「will」を使います。

これは疑問文や否定文でも同じです。

何故、「will」を使っているのかの理由を確認して下さい。

  • I will come to your party tonight.(今夜あなたのパーティーに行きます)→ 今、あなたのパーティーに行くと決めたから
  • I will call you later.(あとで電話するね)→ 今、あなたに後で電話すると決めたから
  • Will you marry me?(結婚してくれますか?)→ 今、結婚をお願いしていて決めてほしいから
  • He Will not join us.(彼は参加しません)→ 今、彼が参加しないと決めたから

何となくイメージできたでしょうか?

軸足が現時点で、その以降の未来を表す場合は「will」を使います。

過去の経験などから予想

例えば、一番分かりやすい例というと「天気」です。

「It will rain.(雨が降るでしょう)」

これは、雲行きが怪しくなってきて、これまでの経験から雨が降ると予想しているイメージです。

つまり、文頭に「I think(私は思う)」という主観が入っても違和感がないのが「will」の英文です。

  • I think it will rain.(雨が降ると思います)
  • I think he will be OK.(彼は大丈夫だと思います)

見た感じなど、確実な根拠がない場合、軽く未来を表現する場合に「will」を使います。

「It will be fun.(楽しくなるよ)」なども一例です。

強い意志を示す場合

名詞で「意志」を示す言葉は「will」です。「will は助動詞や名詞としても使います。

下記の例文のどちらとも強い意志を相手に伝えています。

  • I will do my best.(ベストを尽くします)
  • I will finish my report by 5 pm.(レポートを5時までに終わらせます)

未来進行形と未来完了形の場合

未来進行形の時に使うのが「will」です。

未来進行形とは、「will be 動詞ing」の形で、一定の動作の継続を強調しているイメージです。

  • We will play soccer tomorrow.(明日、サッカーをします)
  • We will be playing soccer tomorrow.(明日、サッカーをしています)※ある程度の時間サッカーをすることは確実(継続性)

また、未来完了形とは、「will have 過去分詞」で、現在や過去から見て未来で何かしら完了、またはまだ継続しているというイメージです。

  • I will have finished my work by 10.(10時までには自分の仕事は終わっているでしょう) ※未来の10時には終わっている
  • We will have been good friends.(将来もいい友達です)※未来も継続している

この2つの時制の時に使うのが「will」です。

2.「be going to」を使う時

「~に行く」という動詞の進行形ではなく、未来の助動詞として使うので、先ずそこの区別は必要です。

見極めとしては下記の考え方が簡単です。

  • 進行形で~へ行くの「be going to」の場合は、後ろに「school」などの名詞が来ます
  • 未来形の助動詞の「be going to」の後ろは「play」などの動詞の原形が来ます

リスニングでもリーディングでもこの見極めは慣れるしかありません。特に初心者方は徐々に習得する感覚でOKです。

また、「I’m gonna do my homework.」など、口語の短縮形で「gonna(ガナ)」として使うことがとても多いです。

しかし、ここでは正式な「be going to」を使って例文などを説明します。

過去にすでに決定している未来

「will」の時に使った次の例文を読み返しましょう。

「I will come to your party tonight.」

これは、今、あなたのパーティーに行くと決めたので「will」でしたね。

では、これが「I’m going to come to your party tonight.」となったらどうでしょうか?

この場合は、過去にすでに行動を約束した未来(明日あなたのパーティーに行くことを過去に決めていた)なので「be going to」を使っています。

  • I’m going to go to Tokyo next month.(来月、東京へ行きます)→ 過去にすでに東京に行くと決めていたから
  • He’s going to attend the meeting.(彼はその会議に出席します)→ 出席することはすでに過去に決定していた

このように、軸足が過去で、既に決めていた未来を表す場合は「be going to」を使います。

根拠がある予想

「will」の説明の時に、「It will rain.」という英文ありましたね。

それと相対するのが、「It’s going to rain.」です。

何が違うのでしょうか?

「be going to」は、天気予報など何かしらの真実や根拠に基づいた場合に使う助動詞です。

  • The presentation is going to be perfect.(そのプレゼンは完璧になるでしょう)→ 内容や上司の評価などを加味した根拠がある
  • Our economy is going to go up.(私たちの経済は上向くでしょう)→ データや経済学者の予測などを取り入れた未来

もちろん、根拠があるからと未来に必ず起こるこということを確実にするものではありません。気軽に使いましょう。

3.「will」と「be going to」の違い発見クイズ

さて、ここでは「will」と「be going to」の違いをどれくらい理解したかの問題を出したいと思います。

ここで挙げる例文のニュアンスの違いを答えて下さい。

問題1.(来ますか?)

  • Will you come? → 今、相手に聞いている
  • Are you going to come? → 過去に決定したいたけど、あらためて再確認している

問題2.(私は英語を勉強します)

  • I will study English. → 強い意志で「絶対に~する」というイメージ
  • I’m going to Study English. → 強い意志とは違い「~するつもり」という場合に使うのも「be going to」です。

問題3.(大丈夫だよ)

  • It will be OK. → 軽い気持ちでそう思うという表現
  • It is going to OK. → 何かしら根拠があり、大丈夫になる確率が高い

問題4.(明日、3時にゲームをします/しています)

  • I will be playing video games at 3 tomorrow → 3時にはすでに一定時間ゲームをしている(継続性)
  • I’m going to play video games at 3 tomorrow → 3時に開始するイメージ

まとめ:ニュアンスの違いを習得して英会話で活かそう!

いかがでしたでしょうか?

実はこの2つの違いをハッキリ分かっている日本人は多くはありません。

何となく未来のことを言うという感じで使うのではなく、ネイティブのようにニュアンスの違いで使い分けることが大切です。

脱初心者です。

しかし、あまり焦らずに、少しずつでもオンライン英会話や友達などに試すと自然と身に付いていきますの、是非積極的に使ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
sp-cta