著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の音読|英語習得に違い出る重要な5つの方法と効果

のべ23,841がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の音読をしてみたいけど、その方法や効果を知りたいと思っていませんか?

英語を話せるようになりたいなら、避けては通れないのが音読です。

どんなに、本をたくさん読んでも、単語を大量に覚えても、それだけでは英語がペラペラに話せるようにはなりません。

実際に文を読み取って、声に出すというステップが必要です。そうすることで、英語を使う能力、英語で表現する能力が身に付きます。

留学など海外生活をせずに、英語をマスターしたい人は、この音読なしには英語のマスターは難でしょう。それくらい音読は大切なトレーニングのひとつです。

ただ音読すれば良いというものではありません。音読の効果を最大限に引き出すためには、「何のために」音読をするのかをしっかり理解して、正しい方法で行う必要があります。今回は、音読について、メリットや正しい音読の方法についてご紹介します。

目次:
1.英語の音読がなぜ大切なのか?
1-1.学校での英語の音読がなぜ効果がなかったのか?
1-2.英語の音読の目的

2.正しい英語を身につけるための音読の方法
2-1.英語の音読の教材選びのポイント
2-2.英語の音読の手順
2-3.英語の音読の注意点
2-4.英語の音読のメリットと具体的な効果とは?
2-5.英語の音読の応用編

1.英語の音読がなぜ大切なのか?

英語の音読は、長文テキストを声に出しながら読むトレーニング方法で、英語を話すためには欠かせないトレーニングです。

なぜ、音読がそれほど大切なトレーニングなのでしょうか。

英語学習を、楽器のピアノの練習に置き換えてみましょう。

piano

楽譜の音符や記号を完璧に理解して、曲のイメージをしっかりと覚えて何回も頭の中でイメージトレーニングをします。机の上にピアノの鍵盤をイメージして指を動かして練習も何度もしとします。

そして、本番が来て「さぁ!弾いてください。」といわれて、あなたはピアノをスラスラ弾けるでしょうか。

それが、できるのはおそらく天才だけでしょう。そこまでの天才であれば、英語学習に苦労していないはずです。

ピアノの練習で一番大切なのは、弾いて実際に音を出してみることですね。

playing piano

弾いてみると、イメージしていたのと違うリズムが出てしまったり、音の強弱がうまく付けられなかったりということが起きます。それを調整しながら、身体に曲を染み込ませます。

また、何度も弾いているうちに指の筋力もついてきて難しい曲も弾けるようになります。

英語学習でもこれと全く同じです。

楽譜を読んで音符や記号、リズムを理解するというのは、長文を読んで、単語やフレーズなど意味を理解して、発音などをイメージする段階です。

ここまでがしっかりできていれば、テストで高得点を取ることは可能ですが、実際の会話となるとスムーズに話せない、聞きとれないということが起きます。

そこで、大切になるのが実際に音を出して練習する音読です。ピアノと同じで、実際に何度も音を出して、出した音を聞いて練習することが、英語をマスターする上で大切です。

ピアノを弾いて練習した時のように、実際に身体を使って話すための筋力、能力が音読によって身に付きます。

ピアノを実際に弾かずに、ピアノをマスターしたと言えないように、実際に声に出して音読をせずに英語をマスターしたとは言えません。

1-1.学校での英語の音読がなぜ効果がなかったのか?

学校で音読を何度も繰り返していたのに、英語が上達しなかったのは、音読の意味や目的を理解せずにただ言われて音読していたからです。

英語を教えられる生徒自身もそうですが、学校の先生も音読の本当の効果や目的をきちんと理解して授業で行っている人は残念ながらとても少ないです。

授業では、生徒に音読させるという昔からのお決まりのパターンがあって、そのパターンをなんとなく続けてしまっているということが多いのではないでしょうか。

どんな学習方法でも同じことが言えますが、その方法で学習する意味、目的をきちんと理解して行わなければ、最良の結果は得られません。特に、「やらされている」と思ってやっている場合は、特に身につかず、時間とエネルギーを無駄に消費してしまいます。

このことからも、わかるように効果的な音読をするために大切なことは音読する意味や目的をきちんと理解した上で、意識して音読トレーニングをすることです。

この意識の部分をしっかり持って、工夫しながら音読トレーニングをすると、単に惰性で音読をした場合の何倍、何十倍もの効果が、比較的短期間で得ることができます。

1-2.英語の音読の目的

「音読は正しい英語を身体に染み込ませる」ことが目的です。

音読は身体をフルに使います。

目で文字を見て、口に出して音読して、耳でその英語を聞き、脳で覚えるため、繰り返し行うことで正しい英語を身体に染み込ませて自然な英語を話す力を養うことができます。

音読で身につける正しい英語は、発音だけではありません。文の構成や、文法、抑揚など話し方を含めて、幅広い意味で正しい英語を繰り返し音読することによって身体で覚えることが音読の目的です。

2.正しい英語を身につけるための音読の方法

正しい英語を効率的に身につけるためには、正しい方法で音読をする必要があります。

まず、大切なのは音読をする教材選びです。

2-1.英語の音読の教材選びのポイント

音読の教材を選ぶにはいくつかポイントがあります。

2-1-1.今のレベルより少しだけ簡単なものを選ぶ

音読をする教材のレベルは少し簡単だと思うレベルの長文を選びましょう。

音読をする時には、意味や文の構造、文法も含めて、完全に理解してから読む必要があります。音だけでなく、意味や文の構造もセットで身体に覚えさせるためです。そのため、今学習しているレベルより少し簡単なものを選ぶのがちょうどよいです。

2-1-2.ネイティブの音声がついている教材を選ぶ

音読を正しい発音でするためにお手本が必要です。必ず、ネイティブが同じテキストを読んでいる音声がついている教材を選びましょう。

この2つにあてはまる教材で、内容は専門的すぎず、偏りがないものを選ぶとよいでしょう。ちょうど良いものが見当たらなければ、NHKラジオの英語講座も活用できます。

2-2.英語の音読の手順

次の手順を基本としてチャレンジしてみて下さい。

手順その1.英文の意味、文の構造を完全に理解する

英文の意味は和訳などで先に理解していて下さい。文法や構造などをしっかり理解していない状態でも音読の練習をスタートします。

分からない単語などを先に調べてもいいでしょう。ただし必須ではありません。

手順その2.ネイティブの音声を聞いて正しい発音を理解する

文を理解したら、次にネイティブが話している音声を聞いて正しい発音方法を理解します。

この時に、発音の音だけでなく、抑揚(リズム)などもしっかり聞きます。ちょうど、カラオケで歌を覚えるような感じで、表現全体をコピーするつもりで聞きましょう。

手順その3.フレーズごとに聞いて真似して音読する

全体の音声を聞いた後に、フレーズごとに区切って音声を聞いて、その後に真似をして音読します。

意味を想像しながら、感情を込めて音読するように心がけてください。これが音読の大切なポイントです。イントネーションなど、発音以外の部分もネイティブに近くなるように心がけます。ある程度スムーズに音読できるようになるまで何度かフレーズごとの音読の練習を繰り返しましょう。

手順その4.全体を通して音読する

慣れたら、全体を通して音読します。

この時も、意味を想像しながら読むことを忘れないように気をつけましょう。スムーズに読めるまで何度も繰り返します。完璧ではなくても、内容をだいたい覚えてしまうくらいまで音読できればベストです。

2-3.英語の音読の注意点

音読をする上で注意したい点がいくつかあります。

注意点その1.棒読みにならないようにする

日本人はどうしても音読をする時に、棒読みになる癖があります。それでは、音読の効果が出ません。感情を込めて、抑揚をつけて、ネイティブの発音にできるだけ近づけて読みます。少し大げさかな?と思うくらいがちょうどよいです。

日本人は感情を込めて大げさに読むことに慣れていないので、初めは恥ずかしく感じるかもしれませんが、練習で恥ずかしがっていては本番で力が発揮できません。恥ずかしがらずにネイティブっぽい発音を楽しみながら音読しましょう。

注意点その2.何度も繰り返して音読する

覚えるくらいに繰り返して同じ文章を読むことが効果的な音読をするためのポイントです。

たくさんの種類の英文を音読するより、数を絞って繰り返して音読します。同じ英文を最低15回は音読します。できれば、30回くらいは繰り返して読むことがオススメです。1日に、全部やってしまわなくても良いです。1週間くらい時間をかけて、ひとつの長文に取り組むくらいがちょうどよいです。

注意点その3.意味をイメージしながら読む

音読の方法のところでもお伝えしましたが、音読の時には必ず意味を想像しながら読みます。

音だけを覚えてしまっては、意味がありません。意味を想像しながら、意味と音をセットで身体に染み込ませることが音読の大切なポイントです。

2-4.英語の音読のメリットと具体的な効果とは?

音読には様々なメリットがあります。音読で得られる具体的な効果をまとめました。

効果その1.正しい発音が身につく

音読をすることで正しい発音が身に付きます。

音読のために正しい発音を理解して、ネイティブの発音を意識的に聞くため正しい発音を覚えることができます。そして、それを口に出して何度も練習することで、英語を話すための顔の筋肉が鍛えられます。

これらを通して、ネイティブに近いキレイな発音で英語を話すことができるようになります。

このことは、英会話をマスターする上でとても大切なことです。実際に海外に言って英語を話してみたら実感すると思うのですが、英語が伝わらないのは間違っているからではなく、正しく発音できていないからということがすごく多いです。

逆に正しく発音できれば、多少文法が間違っていても相手とコミュニケーションを取ることができます。

効果その2.英語脳が使えるようになる

音読をすると英語脳が鍛えられます。

英語の初心者と中・上級者を分けるひとつの壁が、この英語脳ができているかです。英語脳とは、英語で考えて、英語で理解する思考のことです。

「Hello!」と言う時に、わざわざ「こんにちは。を英語で言うと・・・Hello!だ!」と考えて訳して話していますか?

ほとんどの人はそうじゃないはずです。「Hello!」はそのまま、あいさつの言葉として日本語と似た感覚で覚えていると思います。

これが、英語脳の感覚です。

長い文になると、日本語から英語に訳して話し、聞いた英語を日本語に訳して理解してということをすると思いますが、スムーズに英語を話すようになるためには、日本語で考える部分を省いて、全て英語で考える必要があります。

意味を想像しながら、音読を繰り返すことでこの英語脳を使う感覚を徐々に鍛えることができます。

効果その3.長文リーディングのスピードが上がる

音読で長文リーディングの読解スピードを上げることができます。

音読をしていくと、アルファベット1文字ずつを追わずにぱっと見て単語を読み取れるようになります。また、音読せずにリーディングしていると、どうしても英語を日本語に訳しながら読む癖が抜けないものですが、音読をしていると英語の順番のまま意味を理解しながら読む癖がつくので長文を読むスピードがかなり早くなります。

効果その4.文法や文の構造が身につく

音読をしていくと、文法や文の構造を理屈抜きに覚えることができます。重要な文の構造の場合、様々な英文で出てくるので、何度も音読することになり自然とそのリズムが身体に身に付きます。

2-5.英語の音読の応用編

基本的な音読に慣れてきたら、応用編にもチャレンジしてみましょう。

応用編その1.スピードアップして音読する

ある程度の回数を音読して慣れたら、スピードアップしてみましょう。

現在の音読にかかる時間を一度計って、そこから目標の時間を決めてその時間内に収まるように早口で音読します。スピードをアップしても、きちんと口は大きく動かして、正しく発音するように心がけます。

早口で音読するためには、英文をしっかり覚えていないとできません。また、口をきちんと動かして早口で発音するためには英語の発音に口が慣れていないと噛んでしまいます。

あまり、まじめにならずにこれをゲーム感覚で行ってみましょう。もし、英語を学んでいるお友達がいれば、時間を計って勝負したら楽しみながら練習をすることができます。

応用編その2.音声と一緒に音読する

これはあくまで基本が出来てきた場合です。シャドーイングとよばれるものですね。

ネイティブが読んでいる音声にあわせて音読するのも良い練習です。発音や抑揚を真似しながら一緒に読んでみましょう。

応用編その3.センテンスごとに暗唱する

センテンスごとに暗唱して、テキストを見ずに音読します。文を完璧に覚えることが目的ではないので、1文丸ごと覚えることが難しければフレーズでもOKです。暗唱して、テキストを見ずに、英語の音とリズムに集中して読む練習です。

応用編その4.録音して、音声を確認する

音読している自分の音声を確認してみるのも良いです。客観的に聞いて、ネイティブの音声と比べて、違うところを修正していくとさらに、キレイな発音に近づけることができます。

応用編その5.音読を誰かに聞いてもらう

可能であれば、音読を誰かに聞いてもらいましょう。

1人の状態で黙々と音読するのと、誰かが目の前にいる状態で音読するのでは、また違った感覚です。実際に会話する時には相手がいるので、相手に聞いてもらうつもりで音読をすると、さらに発音や抑揚が磨かれます。

まとめ:英語の音読はメリットだらけ!

ここでは、音読の方法やメリットについてご紹介しました。

目的を理解して正しい音読を行うことで英語力をアップすることができます。しかし、音読は今日やってすぐに効果が出るというものではありません。ある程度継続して行うことが大切です。

継続することで、英会話やリーディングのしっかりとした基礎力が身に付きます。毎日、続けることができればベストですが、完璧主義にならずに少しずつでも続けていくことが大切です。

忙しくて音読にあまり時間が取れない方は、30秒~1分弱で読めるものでいいので1日3回程度から始めてみてください。そのかわり、集中して心をこめて読んでみてください。それだけでも効果はあります。

英語学習は、少しでもいいからとにかくやること、そして続けることが上達のコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万3962人が体験中の無料勉強法
(2017年12月1日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta