著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の音読|5つのやり方とコツ・おおすすめ教材や無料アプリなど

のべ31,239がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の学習に、音読を取り入れていますか?

英語の文章を声にだして読むため、他の学習方法より時間がかかり面倒と避けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、音読はとても効果的で、英語の基礎固めをしっかりしたいという方には特におすすめの学習方法です。

ただし、音読は、正しい方法を理解して学習しないと、効果が出ない場合があります。

そこで、ここでは英語の音読について、その効果や、正しい学習方法、気をつけるべき点などを詳しくご紹介します。あわせて、気軽に音読ができる、無料アプリもご紹介します。

目次:

1.英語の音読は効果はある・ない?
1-1.英語の音読とは?
1-2.音読学習が必要な理由
1-3.過去に英語音読の効果が出なかったのはなぜ?

2.英語の音読の5つの効果とメリット
2-1.語順通りに読んでリーディングスピードアップ
2-2.自然に文法学習ができる
2-3.スピーキング力と発音の上達
2-4.リスニング力の向上
2-5.実践で使える単語力アップ

3.一般的な5つの音読のやり方
3-1.スラッシュリーディング法
3-2.リピーティング法
3-3.「Read&Look Up」法
3-4.オーバーラッピング法
3-5.シャドーイング法

4.おすすめの音読学習7つの手順や回数など
・ステップ1:文章を黙読する
・ステップ2:文章で分からい単語を調べる
・ステップ3:文章の音声を5回聞く
・ステップ4:文章を短く区切ってリピーティング×10回
・ステップ5:全体音読×10回
・ステップ6:シャドーイング×5回
・ステップ7:オーバーラッピング×5回

5.音読のやり方や期間:応用編
・応用編その1.スピードアップして音読する
・応用編その2.センテンスごとに暗唱する
・応用編その3.録音して音声を確認する
・応用編その4.音読を誰かに聞いてもらう

6.効果的な英語の音読のコツ
・コツ1.繰り返し音読する
・コツ2. 1日10分~30分程度を目安に
・コツ3.棒読みにならないようにする
・コツ4.意味をイメージしながら読む
・コツ5. 1ヶ月は続けてみよう

7.英語の音読用の教材選びのポイント
7-1.目的にあった教材を選ぶ
7-2.簡単に理解できる教材を選ぶ
7-3.テキストは1冊に絞る

8.英語の音読におすすめの無料アプリ
・PLYGLOTS(ポリグロッツ)
・TED Audio Books
・English Upgrader
・VoiceTube(ボイスチューブ)

1.英語の音読は効果はある・ない?

英語の上達法の1つの「音読」。

しかし、この音読は本当に効果があるのでしょうか?

無駄に時間を費やさないためにもしっかりとその点も押さえておく必要があります。

1-1.英語の音読とは?

音読とは、英語の文章を声に出して読む学習法です。

中学校や高校などの学校の英語の授業で、一度はやったことがある人がほとんどなのではないでしょうか。

音読はとてもよく知られている学習法なのですが、「音読って効果があるの?」と感じている人も少なくないかもしれません。

実は、音読は英語の基礎学習に欠かせない、とても重要な学習方法です。

1-2.音読学習が必要な理由

なぜ、英語学習に音読が欠かせないのでしょうか。

ピアノなど楽器の練習を想像してみてください。

楽譜を読めて、その曲を頭の中で完璧に奏でることができても、実際にピアノを弾いたことがなければ、演奏することはできませんよね。

実際には、楽譜を読みとる力だけでなく、指の動かし方、手の筋力など様々な力が必要だからです。

英語学習もピアノの演奏と同じです。

ピアノの楽譜を読むように、単語や文法を理解して、英文の意味を理解しても、声にだして練習しなければ話せるようにはなりません。

実際に声にだしてみると、思ったように発音できなこともありますし、口の筋肉の使い方が日本語とは違うので、口の形がうまく使えないこともあります。

そこで必要なのが、音読練習の繰り返しです。

ピアニストも、楽譜を見ながら何度も練習をしますが、それと全く同じで、英語も繰り返し、音読練習をすることで英語を話すために必要なりリズムや筋力、抑揚など、いろんな力が身につきます。

1-3.過去に英語音読の効果が出なかったのはなぜ?

音読は英語学習に欠かせない理由をお伝えしました。

しかし、学校でする音読では効果を感じられなかったという方も少なくないでしょう。

なぜでしょうか?

それは、正しい方法で音読学習をしていなかったからです。たったそれだけです。

学校の授業では、時間が限られていて1~2回くらいしか音読しません。

また、意味や正しい発音をしっかり理解せず、何となく読んだだけということも多かったのではないでしょうか。

このような方法では、音読の効果が期待できません。

それどころか、時間と労力の無駄になってしまいます。

英語の音読で効果的に練習するためには、正しい学習方法やコツを知る必要があります。

音読でどんな効果が出るのかを理解して、意識的に音読をすることで、その効果は何倍にもなります。

2.英語の音読の5つの効果とメリット

効果的な音読をするためには、音読でどのような効果やメリットがあるかがも理解する必要があります。

音読学習の主な効果、メリットは5つです。

2-1.語順通りに読んでリーディングスピードアップ

音読を続けると、英語の語順通りに読めるようになり、自然と英語のリーディングスピードがアップします。

英語と日本語は、動詞の位置など語順が違うため、完璧な日本語に訳しながら読もうとすると、英文を前後に返り読みしながら読んでしまいます。

リーディングに時間がかかってしまう大きな原因が、この返り読みです。

音読では、事前に意味を調べて、それをイメージしながら語順通りに読み進めます。その練習を繰り返すと、自然と返り読みが少なくなります。

返り読みをせず、意味をイメージで理解できるようになると、リーディングのスピードがかなり速くなります。

尚、英語のリーディングについては『英語のリーディング|4つのコツや練習・勉強方法や無料アプリなど』で詳しく解説しています。効果的な音読学習をする上でも知っておきたいポイントを紹介していますので、こちらも是非参考にしてください。

2-2.自然に文法学習ができる

音読は、文法力アップのためにもおすすめの学習方法です。

特に、文法の参考書を読んだり、難しい勉強をしたりするのが苦手という方におすすめです。

英語教材を音読していくと、自然と文法が正しい英語の文が記憶に蓄積されていきます。

正しい英文の情報が大量に蓄積されると、英語をアウトプットする時に、感覚的に正しい語順や文法の文を作ることができるようになります。

TOEICなどの英語試験の問題を解く時にも、文法が間違っている文を直感的に選べるようになります。

感覚的なので、詳しい理論がわかるわけではありませんが、この方法は、ネイティブたちが英語を学ぶ方法と同じなので、ナチュラルな英語を話すためにはとても大切な感覚です。

音読をするだけで、『英文法の勉強法|効率的に英語の文法力が身に付く4つの練習とコツ』でも紹介している英文法感覚を身に付けることができます。

2-3.スピーキング力と発音の上達

もちろん、音読はスピーキング力と英語の発音を鍛える学習としても効果的です。

冒頭でご紹介したように、実際に口を使って英文を読むことで、英語の発音やリズム、口の筋肉の使い方などに慣れることができます。

紙とペンだけで覚えた単語は、実際の会話ではとっさに出てこないことも多いですが、音読で話す練習をしているとスムーズに会話で使うことができます。

英語の発音|初心者でもネイティブ並みに話せる矯正練習法』の記事でもおすすめしている練習も同時に行うことで更に効果がでます。是非試してみて下さい!

2-4.リスニング力の向上

英語を話す音読ですが、リスニング力アップの効果もあります。

音読では、正しい発音を知る必要があるので、発音がわからない単語を調べます。発音がわかる単語が増えると、リスニングで聞き取れる英語の幅が広がります。

それに加えて、発音の練習をするために、事前に教材の音声を何度も確認するのですが、普通にリスニング学習をするより、注意深く英語の音声を聞くので聞き流しより高いリスニング効果が期待できます。

さらに自分で読んだ英文も、自然と耳から入ってきて無意識のうちにリスニングトレーニングを重ねることができます。

2-5.実践で使える単語力アップ

音読は、語彙力を高めたい方にもおすすめの学習方法です。

音読では、目で見るだけでなく、口を使って発音し、その音を耳で聞くので、普通の学習方法より五感を使うので、単語などが記憶に残りやすいです。

しかも文章の中で覚えるので、ニュアンスや文章の中での使い方もセットで覚えることができます。

特に英語の単語は、日本語の意味とは微妙なニュアンスが違うものや、様々な意味がある表現も多いので、文章の中で覚えるのが効果的です。

3.一般的な5つの音読のやり方

実際の音読の学習法について見ていきましょう。

ひと口に「音読」といっても、実は様々な音読の学習方法があります。

具体的なおすすめの学習方法をご紹介する前に、一般的によく使われている5つの音読学習方法を確認しましょう。

3-1.スラッシュリーディング法

音読初心者の学習法として、効果的なのがスラッシュリーディング法です。

これから、ご紹介するほかの音読法とあわせて使うこともできます。

スラッシュリーディング法は、英文スクリプトに、意味のかたまりごとに、スラッシュ(/)記号で区切りを書いてから音読する方法です。

【例文】

  • 英語:I played tennis/ with Tom/ on last Sunday.
  • 日本語:私はテニスをした/トムと/先週の日曜日(先週の日曜日、私はトムとテニスをしました。)

上記のように、意味のかたまりごとにスラッシュを入れることで、語順を変えなくても意味を理解しやすくなります。

また、この意味のかたまりを意識することで、自然な位置で区切りを入れて読むことができるようになります。

スラッシュリーディング法は、音読だけでなく黙読などでも幅広く使える学習法です。

3-2.リピーティング法

音読学習の中で、最も基礎的でよく使われるのがリピーティングという学習法です。

リピーティングでは教材のネイティブの音声を聞いて、その音声を真似ながら英文を読みます。

ネイティブの音声を注意深く確認しながら発音することで、正しい発音を身につけることができます。

ディクテーションに近い方法です。

ディクテーションについては、『英語のディクテーション|初心者にも効果が出る7つのコツ』をご参考下さい。

3-3.「Read&Look Up」法

「Read&Look Up」法は、語彙や文法などの、アウトプットに力を入れたい人におすすめの音読学習法です。

「look up」は「見上げる」「目を上げる」などの意味があります。

長文ではなく、一文やフレーズなど短めに区切った英文を、まずはスクリプトを見ながら読みます。その後、一度顔を上げて文を見ずに、先ほど読んだ文を思い出しながら話します。

2回目は覚えた英文を読まなければいけないので、1回目の音読も集中力が必要です。

また、英文の意味や文法がわからないと、覚えることが難しいため英文の理解にも繋がる音読法です。

3-4.オーバーラッピング法

オーバーラッピングも、よく使われる音読法です。

教材の音声を流して、スクリプトを見ながら音声と一緒に英文を読む学習法です。

音声を聞いて英文を見ながら読むだけなので、簡単なようですが、英文を見ながら、教材の音声のスピードにあわせて読むのは、意外と難易度が高く、練習が必要です。

ある程度、英文の意味が理解できていないと、考えながら読むことになるので、英文のスピードについていけなくなってしまいます。

逆に言うと、このオーバーラッピングでスラスラ読めるようなレベルになると、会話でもスムーズに英語が話せるようになります。

3-5.シャドーイング法

シャドーイングも、リピーティングと同じように、音声を聞いて発音します。

リピーティングと違うのは、英語の音声は流したままで、英文のすぐ後で影(shadow)のように発音するという点です。

自分が発音している間にも、英文は流れていくので、かなり集中力が必要な音読法です。

英語のシャドーイング|初心者には効果が出ない2つの原因』でも解説しているように、同時通訳者の訓練方法にも使われるシャド―イングは、リピーティングなど、基本的な学習方法で音読に慣れてきた方向けです。

4.おすすめの音読学習7つの手順や回数など

前章では、一般的によく使う音読学習法を確認しました。

レベルや目的ごとに、自分にあった音読学習方法を取り入れるのがベストですが、何から始めたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、ここではおすすめの音読学習法と、具体的な手順を詳しく解説します。それぞれの音読の回数なども参考にしてみて下さい。

ステップ1:文章を黙読する

音読学習の最初のステップは、黙読です。

音読する文を、事前にゆっくり黙読して、まず意味を把握しましょう。

ステップ2:文章で分からい単語を調べる

黙読をして、意味がわからない単語がでてきたら、調べておきましょう。

音読では、意味がわからない文を、なんとなく読んでも効果が期待できません。

単語やフレーズの意味を調べて、全体の正しい意味を理解しましょう。

スクリプトに日本語訳がついていれば、単語を調べた後に、その日本語訳を読むのもおすすめです。

意味だけでなく正しい発音も、このタイミングでしっかり調べて正しい発音ができるように準備しましょう。

ステップ3:文章の音声を5回聞く

単語の意味や細かい発音を確認したら、ネイティブの音声をCDなどで実際の発音を確認しましょう。

音声は、スクリプトを聞きながら、5回程度聞くのがおすすめです。

1回目は、全体の発音をなんとなく確認する程度で終わってしまいます。

息継ぎのポイントや、リズム、アクセントなど細かいポイントまで確認するためには、リスニングを5回くらい繰り返す必要があります。

音読を効果的にするには準備が大切!
ここまでが、音読の準備段階です。慣れるまでは、この準備に時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、効果的な音読をするためには、本文の意味や正しい発音を理解することがとても大切です。

少し面倒に感じても、ここまでのステップにしっかり時間をかけて、丁寧にやりましょう。

ステップ4:文章を短く区切ってリピーティング×10回

ここからが実際の音読です。

まずは、リピーティングをします。

リピーティングでは、音声を流して、その音声を一度止めて、スクリプトを見ながら音読をします。

最初の段階では、英文を最後まで通して音読することは難しいので、英文を短いパートに区切って音読練習をします。

初心者の方は1文ずつ区切ってゆっくり練習するのがおすすめです。慣れてきたら2~3文や段落ごとなど、少しずつ量を増やして練習しましょう。

全体で、短い文のリピーティング練習を10回繰り返して行います。

大げさに発音してみる!
この段階では、流暢な発音というよりは、「L」と「R」の発音の違いなど、発音の細かいポイントに気を配りながら練習します。

ここで、すこし大げさと思うくらいに、発音するように心がけけると、全体を通して音読した時に正しい発音ができるようになります。

ステップ5:全体音読×10回

細かいパートごとの音読練習をしたら、次は文を最後まで通して音読練習します。

「1回音声を聞く→5回音読を繰り返す」を1セット。

これを2セット繰り返して、合計で10回通して音読します。

ステップ6:シャドーイング×5回

ある程度スムーズに音読ができるようになったら、シャドーイングを5回程度します。

シャドーイングでは音声を流しながら、真似をするように、すぐ後に発音します。

しかし、初心者の方は先ずはステップ5までを繰り返して慣れるのがベターです。

ステップ7:オーバーラッピング×5回

最後の仕上げは、オーバーラッピングです。

英語の音声を流して、その音声にオーバーラップするように同時に発音します。

オーバーラッピングの回数の目安は、5回です。

5.音読のやり方や期間:応用編

基本的な音読に慣れてきたら、応用編にもチャレンジしてみましょう。

応用編その1.スピードアップして音読する

ある程度の回数を音読して慣れたら、スピードアップしてみましょう。

現在の音読にかかる時間を一度計って、そこから目標の時間を決めてその時間内に収まるように早口で音読します。スピードをアップしても、きちんと口は大きく動かして、正しく発音するように心がけます。

早口で音読するためには、英文をしっかり覚えていないとできません。

また、口をきちんと動かして早口で発音するためには英語の発音に口が慣れていないと噛んでしまいます。

あまり、まじめにならずにこれをゲーム感覚で行ってみましょう。

もし、英語を学んでいる仲間がいれば、時間を計って勝負したら楽しみながら練習をすることができます。

スピードアップするのに、英語の早口での練習も効果的です。『有名な英語の早口言葉8選|発音もネイティブ並みに上達!』の練習も参考にしてみて下さい。

応用編その2.センテンスごとに暗唱する

センテンスごとに暗唱して、テキストを見ずに音読します。

暗唱してテキストを見ずに、英語の音とリズムに集中して読む練習です。文を完璧に覚えることが目的ではないので、1文丸ごと覚えることが難しければフレーズでもOKです。

応用編その3.録音して音声を確認する

音読している自分の音声を確認してみるのもおすすめです。

客観的に聞いて、ネイティブの音声と比べて、違うところを修正していくとさらに、キレイな発音に近づけることができます。

応用編その4.音読を誰かに聞いてもらう

英語が得意な人やネイティブの友達がいる人は、音読を誰かに聞いてもらいましょう。

1人の状態で黙々と音読するのと、誰かが目の前にいる状態で音読するのでは、また違った感覚です。実際に会話する時には相手がいるので、相手に聞いてもらうつもりで音読をすると、さらに発音や抑揚が磨かれます。

6.効果的な英語の音読のコツ

音読学習を効果的に行うためのコツを確認しましょう。

コツ1.繰り返し音読する

音読は繰り返しが大切です。

1~2回、軽く音読したくらいでは、発音のポイントも、単語なども記憶に残らず、効果が期待できません。

おすすめの学習方法でも紹介したように、30回程度を目安に音読練習をしましょう。

コツ2. 1日10分~30分程度を目安に

音読学習の時間は、1日10分~30分程度が目安です。

集中して効果的な学習をするためにも、長時間の学習にならないように注意しましょう。

また、週に1度まとめて長時間するよりも、毎日コツコツ繰り返しの学習することがおすすめです。

コツ3.棒読みにならないようにする

棒読みで音読をすると、効果が半減してしまいます。

感情を込めて、抑揚をつけて、ネイティブの発音にできるだけ近づけて読みます。少し大げさかな?と思うくらいが丁度よいです。

練習で、少し大げさに発音することで、普通の会話でもネイティブにも伝わる発音をすることができます。

コツ4.意味をイメージしながら読む

音読では、必ず意味を想像しながら読みます。

意味を想像しながら、意味と音をセットで身体に染み込ませることで、語順通りに英語が理解できるようになる英語脳を鍛えることができます。

コツ5. 1ヶ月は続けてみよう

音読は、特に初心者には効果を感じるまでに時間がかかる学習方法でもあります。

最低でも、1ヶ月~3ヶ月程度の学習期間が必要です。

時間はかかりますが、その分、しっかりとした基礎力が身につく学習方法なので、あせらずじっくりやりましょう。

7.英語の音読用の教材選びのポイント

音読用の教材は、音声とスクリプトが揃っているものを用意します。

日本語の全文訳が載っていると、全体の意味を把握するのに便利です。

7-1.目的にあった教材を選ぶ

教材の内容は、学習の目的にあったものを選びましょう。

TOEICや大学受験など、英語の試験のために音読学習をする場合は、その試験の参考書を教材とした方が効果的です。

英語の基礎をマスターしたい人は、中学校の教科書もおすすめです。

中学校の英語の教科書は、限られた文字数に日常会話に必要な基礎単語とフレーズ、必要な文法が凝縮されています

中学3年生までの教科書をしっかり音読すると、基礎会話が理解できるようになります。

7-2.簡単に理解できる教材を選ぶ

教材のレベルは、普段使っているものより少し簡単なものを選びましょう。

7~8割程度理解できる英文だと、意味をイメージしながら音読ができるので、効果的です。

7-3.テキストは1冊に絞る

音読用のテキストはたくさん用意する必要はありません。

たくさん用意すると、結局どれも中途半端になってしまう可能性が高いです。

参考書を1冊用意したら、その1冊に絞ってしっかりと音読しましょう。

1つの文に1週間かけると、1冊音読するのにも最低でも数カ月はかかる場合がありますが、1冊しっかりやりきると、TOEICなどでもかなり点数が上がるはずです。

8.英語の音読におすすめの無料アプリ

スマホなどで使える無料アプリも、音読の教材としておすすめです。

スマホアプリを使えば、ちょっとしたすきま時間を使って学習することができます。

ここでは、特に音読におすすめの無料アプリをご紹介します。

PLYGLOTS(ポリグロッツ)

90万人以上が利用している、英語ニュースや記事をたくさん配信しているアプリです。

記事の幅が広く、New York Timesなどの世界的なメディアが配信するニュースから、英語学習に関する記事、生活や占いの記事など、興味がある分野を選んで読むことができます。

記事の難易度や、読むのにかかる時間などがわかりやすく表示されていて、レベルや学習時間にあわせて選ぶことができます。

音声機能や、ワンタッチで単語を検索できる機能など、音読に便利な機能もついています。

どのアプリにしようか迷ったらPLYGLOTSがおすすめです。

iPhone版
android版

TED Audio Books

TED Audio Booksは、NHKでも放送しているTEDのプレゼンテーションで英語学習ができるアプリです。

リスニングアプリなのですが、英語のスクリプトだけでなく、日本語訳もついているので音読教材としておすすめです。

世界中の有名人のプレゼンテーションが教材になっていて、興味深い内容が多く、飽きずに英語学習をすることができます。

英語ネイティブじゃないプレゼンターもいますが、その分、様々な英語に触れることができます。

ただし、音声はプレゼンテーションのものを使っていて、英語教材として作られていないので、少し難易度が高めで中級者以上の方におすすめです。

また、科学や医学など、内容によっては単語が難しいものもあります。上級者以外の方は、日常的な話題など、身近な話題を選ぶとよいでしょう。

iPhone版

こちらはiOS専用アプリです。

しかし、Androidの方は「TED ME for TED」というアプリが使えます。

English Upgrader

English Upgraderは、TOEICを運営している一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が公式に提供しているアプリで、TOEIC対策におすすめのアプリです。

リーディング用記事というよりは、プレゼンテーションや営業、会議、メールビジネスシーンで実際に使う英語が多く使われていて、ビジネス英語を勉強している方にもおすすめのアプリです。

完全無料なのですが、英語スクリプトと音声、日本語訳がついていて、重要単語のリストや、リーディング後に使える理解度クイズもついていて、無料教材とは思えない充実した内容です。

パソコン用サイトもあり、スクリプトをダウンロードして印刷することも可能です。

公式サイト(PC版)
iPhone版
android版

VoiceTube(ボイスチューブ)

ボイスチューブは、台湾初の動画で英語が学べる動画サイトで、スマホ用アプリもあります。

英語や日本語字幕が表示されるので、シャドーイング用の教材としておすすめです。

ボイスチューブの最大のおすすめポイントは、動画の種類と数です。

TOEICやTOEFL、IELTSなどの英語の資格試験対策や、CNNやBBCなどの英語ニュース、TEDのスピーチ、ドラマ、音楽など幅広い動画が3万本以上も掲載されているので、興味やレベル、目的にあわせて動画を選んで学習することができます。

辞書機能や単語帳機能、聞き逃したフレーズだけを再生する機能や、自分の声を録音して確認する機能など、英語学習に便利な機能が満載です。

iPhone版
Android版

まとめ:英語の音読は全ての英語力の上達に効果的!

音読は、スピーキング力はもちろんのこと、リーディング力、リスニング力、語彙力など幅広く効果が期待できる学習方法です。

繰り返しが必要で、初めは特に時間がかかりますが、しっかり時間をかけてやることで、どんどん英語力が上がります。

また、特に初心者は短期間では効果が出にくいので、まずは1ヶ月続けることを意識して音読練習をしましょう。

TOEICや英検など、英語の試験対策としても効果的です。点数で伸び悩んでいる人や、基礎レベルから抜け出せないという方も、是非音読トレーニングをしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta