著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語のディクテーション|初心者にも効果が出る7つのコツ

のべ22,610がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ディクテーションのイメージ

あなたは、英語のディクテーションの効果とその方法を知りたいのではないでしょうか?

英語が上達する方法の1つとして、書籍などでも紹介されているノウハウですが、英語の「シャドーイング」とも比較される方法です。

ディクテーションもシャドーイングも、どちらも「英語のリスニング力をアップする」目的です。

では、どちらが効果があるのか?

ズバリ言いますと、英語の初心者は絶対にディクテーションで、中級者以上がシャドウイングです。

英語のシャドーイング|初心者には効果が出ない2つの原因』の記事でも紹介しているのですが、英語に自信が無い方にはハードルが余りにも高すぎて、しかもあまり意味がありません。

よってここでは、英語の初心者に最適で、効果が出やすいディクテーションの2つの効果とその理由を解説しています。先ずは短い英文でチャレンジしてみて下さい。。

【目次】

1.英語のディクテーションとは?
1-1.ディクテーションの正しいやり方
1-2.「シャドーイング」との違い

2.初心者には効果あり!英語のディクテーションで上達するコツ
コツ1.ディクテーションでの書き方:手書き
コツ2.ディクテーションでスペルや意味は気にしない!
コツ3.ディクテーションで書くスピードも気にしない!
コツ4.ディクテーションの区切りは一文
コツ5.同じ英文を何回も繰り返してディクテーションしない
コツ6.ディクテーションの教材はアメリカ英語
コツ7.ディクテーションに必要な基礎英語を押さえる

3.ディクテーションに使える!おすすめの無料教材
3-1.無料動画・映画・海外ドラマを教材として活用する
3-2.NHK英語講座を教材として活用する

4.更にディクテーションで英語力をつける上達法
4-1.TOEICの問題集を使ったディクテーション
4-2.英字新聞などのニュースサイトを使ったディクテーション
4-3.日本人が苦手な発音のスペルに注意する
4-4.シャドーイングにもチャレンジ!

1.英語のディクテーションとは?

英語のディクテーションとは、シャドーイングと同様に、「リスニング」の力をメインで養うためのトレーニングです。

ディクテーションをしながら聞いているイメージ

1-1.ディクテーションの正しいやり方

ディクテーションの方法は簡単で、音声が流れてきて、一文が終わった後に、書き起こしたり、その一文が何と言ったかを実際に声に出すやり方です。

1-2.「シャドーイング」との違い

シャドーイングと違い、ディクテーションは英文を最後まで聞いてから、書きだします(または、声に出します)。

この「最後まで」というのが、ディクテーションの最大のポイントです。

英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法』の記事でも「数当てトレーニング」という方法を紹介していますが、それと同じ効果です。

また、ディクテーションは、慣れてくれば同時にライティングの癖付けも出来る一石二鳥の方法でもあります。

音声が聞こえて、それを影のようにタイムリーに追いかけながら対応するシャドーイングとは異なります。また難易度が高いのがシャドーイングです。

よって、初級者にはこの「ディクテーション」での勉強法をおすすめしています

2.初心者には効果あり!英語のディクテーションで上達するコツ

ディクテーションは、特に英語初心者の勉強法として向いています。

TOEICのPart1やPart2の短文のリスニングには短期間で効果を発揮します。

しかし、このディクテーションを効果的にするにはコツと注意点があるのでしっかりと押さえておきましょう。

コツ1.ディクテーションでの書き方:手書き

ノートやメモ用紙、それとペンなどを用意します。

実際に音声が流れたて聞いた後に、書き出します。パソコンやスマホなどでタイピングしていては、せっかく頭に残っていた音も忘れてしまう確率が高いので、「手書き」がベストです。

また、実際に声を出して発音する方法よりも、特に初心者は書き出すディクテーションをやりましょう。

コツ2.ディクテーションでスペルや意味は気にしない!

聞いた単語のスペルが分からない、意味も分からないということが多々ありますが、最初は全く気にしないでください。

あくまでリスニングする英語耳を鍛えるもので、スペルを気にしていては、追い付かないし、書ききれません。

よって、カタカナやひらがなでも大丈夫です。

もちろん最初のうちは意味は考えなくて結構です。

コツ3.ディクテーションで書くスピードも気にしない!

どうしても、英語のスピードに合わせて、慌てて書き出しそうになりますが、自分のペースで書き出して下さい。

慣れてくれば、頭の中で記憶した英語を何度でも同じスピードで復唱しながら書き出せるようになってきますが、それには慣れも必要になります。

コツ4.ディクテーションの区切りは一文

ディクテーションをする英文の長さは、基本的に一文で区切って書き出します。

海外ドラマや映画を教材にするのであれば、少し面倒かもしれませんが、一時停止をしながらディクテーションをします。

いくつかの英文がまとまった長文などのディクテーションは避けましょう。

コツ5.同じ英文を何回も繰り返してディクテーションしない

上手くできない時は、同じ箇所のディクテーションをしてしまいがちですが、それは避けて下さい。

英文を記憶するのはいいのですが、丸々暗記になるケースがあるので、上手くディクテーションが出来た、出来ないに関わらず、違う英文をどんどんこなしていきましょう。

コツ6.ディクテーションの教材はアメリカ英語

私たちは義務教育でアメリカ英語に慣れています。

ビジネス英語でも主流はアメリカ英語が一般的です。

イギリス英語は、『イギリス英語とアメリカ英語|文法や発音など4つの違い』の記事でも解説しているように、単語の最後の「R」を発音しない、文法も違う、使われている単語もアメリカ英語とは異なることが多いため、慣れるまではイギリス英語の教材は避けるようにしましょう。

コツ7.ディクテーションに必要な基礎英語を押さえる

全く単語が分からないということでは、ディクテーションをやっていても、面白くなかったり、疲れたりもします。

無理して暗記することはありませんが、通勤・通学中などに、『英語習得と英会話上達に必要!おすすめ285英単語集一覧』にある基礎英語に目を通しておくだけでも、ディクテーションの効率が上がります。

3.ディクテーションに使える!おすすめの無料教材

ディクテーションをする手順の1つに先ず何の教材を使うのかが、継続してディクテーションを楽しみながら上達するにはポイントとなります。

過去に買った参考書に付いているCDの音声なども教材としてはいいのですが、他の動画などもディクテーションの教材として使ってみましょう。

3-1.無料動画・映画・海外ドラマを教材として活用する

フレンズやフルハウスなど自分が好きな海外ドラマや、映画、またYoutubeや無料動画サイトで見ることが出来る色んな動画もいいでしょう。

しかし、『英語勉強を映画で実践|おすすめドラマも活用!3つの手順』でも解説しているように、SFやアクション系の映画などは避けて下さい。

あくまで、フレンズなどの日常英会話が中心の動画が教材として向いています。

3-2.NHK英語講座を教材として活用する

通勤・通学中に気軽にラジオで聞ける講座がベストです。

実際に書き出さなくても、頭の中で復唱する感覚で大丈夫です。再放送などもあり、いつでも無料でディクテーションが可能ですので、『TOEIC満点者おすすめのNHK英語講座と2つの勉強法』の記事も参考してみて下さい。

4.更にディクテーションで英語力をつける上達法

少しでもディクテーションに慣れてきたら、次のステップでどんどん英語力を伸ばしていきましょう。

4-1.TOEICの問題集を使ったディクテーション

特に社会人の方にはおすすめの上達法です。

TOEIC part1やPart2の過去問題集などをディクテーションの教材にします。全て短文なので、ディクテーション向きです。

できれば、『TOEICおすすめ参考書|2つの選別基準とレベル別対策』でも言っているように、「TOEIC公式問題集」がベストです。

TOEICの問題をディクテーションしながら、TOEICの頻出英単語にも慣れることができて、ビジネス英語を身に付けることも可能です。

4-2.英字新聞などのニュースサイトを使ったディクテーション

NHKニュースなどでもいいでしょう。

ビジネス英語をとにかく極めたい!という方にはおすすめですが、初心者の方は避けて下さい。

英字新聞|初心者でも英語が上達!5つの「コツ」とメリット』で紹介している無料サイトをご参考下さい。

4-3.日本人が苦手な発音のスペルに注意する

ディクテーションをしながら多少の余裕が出てきたら、日本人が苦手な音である、F、V、TH、Rの4つの音のスペルだけは間違わないようにチャレンジしてみて下さい。

Think(思う)をSink(沈む)、Vase(花びん)をBase(基礎)と書かないという感じです。

これらの4つの音については、『英語の発音を楽しく上達できる2つの練習方法とコツ』の記事で紹介しているので、発音についても興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

4-4.シャドーイングにもチャレンジ!

ディクテーションが慣れてきた、また更にリスニングを伸ばしたいのであれば、シャドーイングがいいでしょう。

しかし、ある程度の英語力が付いてからがベターです。シャドーイングはあくまで中上級者向けです。

冒頭で紹介しているシャドーイングを試してみて下さい。

まとめ:先ずはディクテーションから始めよう!

ディクテーションは、頭の中で英文を自然と復唱するので、それだけでも英語独特の発音やリズムを植え付けてくれます。

今まで速いと思っていた英語のスピードにも徐々に慣れてくるはずです。

焦ることなく、出来れば毎日2~3英文でいので、スタートして下さい。

「期間・勉強時間=英語上達」ではありません。正しい方法で継続することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta