著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

イギリス英語とアメリカ英語|文法・発音・単語など4つの違い

のべ73,958がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

イギリス英語とアメリカ英語の違いをご存知ですか?

英語は、ネイティブ以外も含めると、世界でなんと17億人も話しているといわれています。

地域ごとに様々ななまりや特徴がありますが、大きく分けるとイギリス英語とアメリカ英語の2種類に分けることができます。

私たちが日本でよく学んでいるのがアメリカ英語です。実はこのアメリカ英語とイギリス英語には様々な違いがあります。

ここでは、イギリス英語とアメリカ英語の違いについて詳しく解説します。単語の違いや文法の違いなど、様々な観点からご紹介します。尚、イギリス英語とアメリカ英語を話す国など、英語を学ぶ時に知っておきたい知識もご紹介します。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

1.イギリス英語とアメリカ英語の違いを学ぶ前に(国別など)
1-1.イギリス英語を話す国
1-2.アメリカ英語を話す国
1-3.イギリス英語VSアメリカ英語:話す人口は?
1-4.日本の教科書の英語はアメリカ英語
1-5.イギリス英語とアメリカ英語のどちらがいい?

2.イギリス英語とアメリカ英語の違い|文法編
その1.所有の「have」と「have got」の使い方
その2.現在完了形の使い方
その3.getの過去分詞形の違い
その4.「shall」の使い方
その5.needの否定文の使い方
その6.「集合名詞の単数/複数」の使い分け

3.イギリス英語とアメリカ英語の違い|日常会話編
その1.「wanna / gonna」の表現
その2.「付加疑問文」の使い方
その3.「時間や期間」の表現
その4.「take」と「have」の違い

4.イギリス英語とアメリカ英語の違い|英単語編
その1.単語自体が違う表現
その2.同じ単語で意味が違うもの
その3.スペルが異なる単語

5.イギリス英語とアメリカ英語の違い|発音編
その1.単語のアクセント(強調して発音する部分)の違い
その2.Rの発音の違い
その3.Tの発音の違い
発音の違いを実際の音声で確認してみよう!

1.イギリス英語とアメリカ英語の違いを学ぶ前に(国別など)

世界には英語を話す国や地域がたくさんあります。それらは、大きく分けるとイギリス英語かアメリカ英語のどちらかです。

イギリス英語を話す国は、植民地時代にイギリスの影響を受けた国がほとんどです。ただし、カナダのように、イギリスの植民地でもアメリカに近いためどちらかというとアメリカ英語に近い国もあります。

ここでは、まず実際にどこでイギリス英語とアメリカ英語が使われているのか国名を見てみましょう。話されている国の数でみると、アメリカ英語よりイギリス英語のほうが多いです。

話されている国や地域の数でみると、アメリカ英語よりイギリス英語の方が多いです。

1-1.イギリス英語を話す国

イギリス英語を話す国が多い理由は、イギリスの植民地時代の名残りです。

イギリスのお隣、アイルランドはもちろんのこと、オーストラリアやニュージーランドはイギリス英語を使うことで有名です。

イギリス英語を話す国の例は下記となります。

  • イギリス
  • アイルランド
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • インド
  • シンガポール
  • マレーシア
  • 香港
  • 南アフリカ
  • 西アフリカ
  • マルタ

「オーストラリアの英語の特徴」

最近、ワーホリ(ワーキングホリデー)等で人気のオーストラリア。オーストラリア英語もイギリス英語の一部です。

オーストラリア英語は、イギリス英語と比べ、発音やスペルなど多少の違いがあります。イントネーションも、上昇調(rising intonation)といわれる抑揚が特徴で、疑問文でなくても語尾を上げて話すなどの特徴があります。

1-2.アメリカ英語を話す国

国の数で見ると、アメリカ英語を話す国は少なめです。

最近、格安英語留学で人気のフィリピンもアメリカ系の英語を話す国です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • プエルトリコ
  • リベリア
  • フィリピン

1-3.イギリス英語VSアメリカ英語:話す人口は?

国の数だけ見ると、イギリス英語が圧倒的に多いのですが、実は人口でみるとアメリカ英語を話す人の方が圧倒的に多いです。

世界には英語ネイティブが約3.9億人いるといわれています。

アメリカの人口は約3億人ですなんと3.9億人のうち、70%以上をアメリカの人口が占めているという計算になります。

アメリカの隣のカナダの人口も3,700万人ほどいます。一部、フランス語ネイティブもいますが、それを考えたとしても、この2カ国だけでも、英語人口の8割以上になります。

また第二言語としても、アメリカ英語が主流です。

日本をはじめ、中国、韓国など多くの国でアメリカ英語を教えています。世界一の大国ですし、ハリウッド映画などアメリカの文化は世界に影響を与えていて、アメリカ英語の影響力も強いです。

1-4.日本の教科書の英語はアメリカ英語

日本の学校で学ぶ英語は基本的にはアメリカ英語です。

理由は明確ではありませんが、アメリカの統治下にあった影響があるかもしれません。

一部、イギリス英語のつづりなども教科書に載っていたりするので、全てがアメリカ英語で統一されているというわけではありません。

しかし、発音などは基本的にアメリカ流なので、学校の英語をしっかり勉強していた場合、アメリカ英語の方が聞き取りやすくなります。

尚、教科書がアメリカ英語なので、大学受験の英語も基本的にはアメリカ英語です。

英検やTOEICなども、基本的にはアメリカ英語です。

最近は多様性も考慮して、英検では上位級などで、TOEICはリスニングで一部イギリス英語や、オーストラリアアクセントが強い英語なども出題されています。

1-5.イギリス英語とアメリカ英語のどちらがいい?

イギリス英語とアメリカ英語、どちらを学ぶべきか迷っているなら、アメリカ英語がおすすめです。

ここまでご紹介してきたように、現在世界の主流がアメリカ英語で、日本の教育もアメリカ英語が基本だからです。

さらに、日本は経済面でもアメリカとの関わりが強く、ビジネスシーンでもアメリカ英語を使うということが多いです。イギリスやオーストラリアなど、アメリカ英語圏以外に行ったり、イギリス英語を使ったりする予定が特にないのであれば、基本的にはアメリカ英語を学ぶのがよいでしょう。

教科書や、英検、TOEICがアメリカ英語をベースにしているので、日本の参考書はアメリカ英語が多いので、普通に勉強しているとアメリカ英語を学ぶことになります。そのため、あえて「アメリカ英語を勉強しよう」と考えなくても大丈夫です。

ただし、英語ができるようになってくると、様々な国の人と交流する機会がでてきます。慣れてきたら、アメリカ英語とイギリス英語の違いも学んでおくとよりスムーズです。

リスニングの面でも、イギリス英語の中でも国によって特徴があります。ある程度リスニングができるようになったら、様々な国の人の英語を聞いておくと幅広い場面で対応できるようになります。

また、イギリス英語とアメリカ英語は単に単語の意味だけの違いだけではありません。

文法、単語の意味、スペル、発音、アクセント、イディオムなど様々な違いがあります。

次からそれぞれの違いについて順を追ってみていきましょう。

2.イギリス英語とアメリカ英語の違い|文法編

イギリス英語とアメリカ英語の文法の違いの中で、重要なポイントは6つです。

その1.所有の「have」と「have got」の使い方

英語でよく使う「have」。この「have」を「持っている」という所有の意味で使う場合、イギリス英語とアメリカ英語では、違いがあります。

「持っている」という意味で「have」を使う場合、アメリカ英語では「have」ですが、イギリス英語では「have got」となります。

例文を見てみましょう。

下記の意味は「本を持っています」になります。

  • イギリス英語:I have got a book.
  • アメリカ英語:I have a book.

疑問文でも違いがあります。

上の例文を疑問文にしてみましょう。

下記の意味は「本を持っていますか?」になります。

  • イギリス英語Have you got a book?
  • アメリカ英語:Do you have a book?

アメリカ英語は「Do」を使った疑問文ですが、イギリス英語は「Have」の疑問文になります。

「今何時ですか?」と時間を聞く場合も、アメリカ英語では「Do you have the time?」ですが、イギリス英語では「Have you got the time?」となります。

このように、日常会話でもよく使うのでアメリカ英語は「have」、イギリス英語は「have got」と覚えておきましょう。

その2.現在完了形の使い方

現在完了形の使い方にも違いがあります。

現在完了形とは、過去に起きたことで現在もその状況が続いている場合に使う形で、「have + 過去完了形」となります。

イギリス英語ではこの過去完了形を厳密に使いますが、アメリカ英語では、現在その状況が続いていても単純な過去形にしてしまう場合があります。

「lost(失くした)」という表現の例で見てみましょう。

どちらも「時計を失くしました」となります。

  • イギリス英語:I have lost my watch.
  • アメリカ英語:I lost my watch.

イギリス英語では、まだ見つかっていなければ現在完了形の「have lost」となります。

しかし、アメリカ英語では、見つかっているか見つかっていないかに関係なく「過去に無くした」ことを重視して過去形「lost」とする場合が多いです。

尚、イギリス英語では現在完了形でのみ「just」、「already」、「 yet」を使います。アメリカ英語では、過去形でも使えます。

その3.getの過去分詞形の違い

イギリスとアメリカでは「getの過去分詞形」が違います。

イギリス英語では「got」、アメリカ英語では「gotten」を使います。(しかし、イギリスの東北地方などでは、gotten を使う場合もあります)

その4.「shall」の使い方

助動詞の「shall」は本来「~しましょうか?」という意味で使いますが、イギリス英語ではもうひとつ別の使い方があります。

イギリス英語では「shall」を、未来を表す「will」助動詞の代わりとして使うことがあります。アメリカでは基本的にこの使い方はしません。

また、「手伝いましょうか?」という場合イギリス英語では「Shall I help?」が一般的で、アメリカ英語では「Should I help?」が一般的に使われています。

その5.needの否定文の使い方

動詞の「need(必要がある)」の否定文で「~しなくていいですよ」という場合も違いがあります。

「need」の否定文は、アメリカ英語では「don’t need」となります。一方、イギリス英語では「need」自体を否定形にして「needn’t(need notの省略)」とすることができます。

下記はどちらども「急がなくていいですよ」となります。

  • イギリス英語:You needn’t hurry up.
  • アメリカ英語:You don’t need to hurry up.

その6.「集合名詞の単数/複数」の使い分け

イギリス英語ではgroup、teamなどの集合名詞で単数と複数どちらも使いますが、アメリカ英語では単数のみの扱いです。

集合名詞の例:

  • government 政府
  • audience 聴衆
  • committee 委員会
  • family 家族

下記が英文にした時の違いとその解説です。

どちらとも「私の家族は休暇にハワイに行きます」となります。

  • イギリス英語:My family are going to Hawaii for the vacation.
  • アメリカ英語:My family is going to

「family」は1つのグループです。その為、アメリカ英語では「family」の後には単数形の「is」を置きます。

イギリス英語では家族は複数人なので、複数動詞の「are」を使うことがあります。アメリカ英語を学んでいると、少し違和感があるかもしれませんね。

ただし、どちらの場合も「family」の単語自体が「families」と変化しません。

3.イギリス英語とアメリカ英語の違い|日常会話編

日常会話で頻繁に使う表現にも、イギリス英語とアメリカ英語の違いがあります。

主に4つの違いをみてみましょう。

その1.「wanna / gonna」の表現

アメリカ英語では「want toをwanna」、「going toをgonna」と省略して口語表現で使いこれらは会話によく出てきます。

しかし、イギリスではこの表現はあまり使われません。

TOEICのリスニングの試験にもこの省略形が使われるようになりました。

その2.「付加疑問文」の使い方

イギリス英語では付加疑問文を多用します。

付加疑問文とは、肯定文の後に強調するために「ですよね?」と付け足す疑問文です。

【例文】

  • 英語:This flower is very beautiful, isn’t it?
  • 日本語:この花はとてもきれいです、ですよね?

この文の「isn’t it?」の部分が付加疑問文です。

アメリカ英語では通常の疑問文で聞くようなことも、イギリス英語では付加疑問文を使う場合があります。

【例文】

  • イギリス英語:You play tennis, don’t you? あたなはテニスをしますよね?
  • アメリカ英語:Do you play tennis? あなたはテニスをしますか?

このように、「don’t you?」を使った付加疑問文も多く使われます。

アメリカ英語でこの聞き方をすると、相手は「そうですよね?」と同意を求められたかのように感じるかもしれません。イギリスではそのようなニュアンスはなく、普通の疑問文と同じ扱いです。

その3.「時間や期間」の表現

時間や曜日の期間の言い方でも、イギリス英語とアメリカ英語の違いがあります。

ただし、どちらを好むくらいの違いなので、それほど厳密に気にしなくてもOKです。

表現
イギリス英語
アメリカ英語
3:10
ten past three
ten after three
4:50
ten to five
ten of five
月曜から金曜まで
from Monday to Friday
from Monday through Friday

また、日付の書き方もイギリス英語とアメリカ英語とその違いがあります。

日と月を書く順番が異なるのが代表的な違いです。

英語で日付の書き方|順序や4つのパターンを覚えるだけ!』の記事を参考にしてみて下さい。

その4.「take」と「have」の違い

アメリカ英語では「take」をよく使います。

例えば「イスに座る」は「take a seat」です。これが、イギリス英語では「take」の代わりに「have」使って「have a seat」となります。

アメリカ英語で「take + 名詞」の表現は、イギリス英語ではほとんど「have + 名詞」となります。

日本語の意味
イギリス英語
アメリカ英語
休憩をとる
have a break
take a break
休暇をとる※1
have a holiday
take a vacation
ランチを食べる※2
have lunch
take lunch
昼寝をする
have a nap
take a nap
シャワーを浴びる
have a shower
take a shower
お風呂に入る
have a bath
take a bath
会話する※3
have a conversation
take a conversation

※1「休暇」は、アメリカ英語では「vacation」、イギリス英語では「holiday」を使います。
※2「lunch(ランチ)」以外の食事や飲み物にも使えます。 【例】breakfast(朝食)、dinner(夕食)、スナック(a snack)、コーヒー(a cap of coffee)
※3「conversation(会話)」以外にも、「a chat(チャット)」や「a discussion(ディスカッション)」等も使えます。

ただし、これらはアメリカでは「take」、イギリスでは「have」を好んで使うというくらいです。逆に使っても、ほとんどの場合は意味が通じますし違和感もありません。

4.イギリス英語とアメリカ英語の違い|英単語編

イギリス英語とアメリカ英語では単語にも違いがあります。

そこには、いくつかパターンがあります。「同じ意味でも単語が全く違うもの」や、「同じ単語でも違う意味のもの」、また「スペルが微妙に違うもの」があります。

その1.単語自体が違う表現

イギリス英語とアメリカ英語では、同じ意味でも単語自体が違うものもあります。

代表的な表現は下記となります。日常でよく使う表現ばかりなので、イギリス圏へ行く場合は知っておくとよいでしょう。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
お札
note
bill
会計
bill
check
消しゴム
rubber
eraser
携帯電話
mobile phone
cell/cellular phone
タクシー
taxi
cab
ガソリン
petrol
gas/gasoline
大型トラック
lorry
truck
駐車場
carpark
parking lot
高速道路
motorway
freeway
蛇口
tap
faucet
アパート
flat
apartment
エレベーター
lift
elevator
ゴミ箱
dustbin
garbage can
ゴミ
rubbish
garbage/trash
酒屋
off licence
liquor store
郵便
post
mail
小包
parcel
package
片道切符
single
one-way
往復切符
return
round-trip
地下鉄
tube/underground
subway
薬屋
chemist
drug store
フライドポテト
chips
French fries
ポテトチップス
crisps
potato chips
あめ(飴)
sweet
candy
休暇
holiday
vacation
garden
yard
掃除機
hoover
vacuum cleaner
地下1階
underground floor
basement floor
1階
ground floor
first floor
2階
first floor
second floor

※建物の階数の数え方は旅行先のホテルなどでも注意が必要です。

イギリス英語は、「1階がground floor」で「2階がfirst floor」です。

アメリカは1階からfirst floorと数えます。

その2.同じ単語で意味が違うもの

同じ英単語でも全く違う意味になってしまう場合があります。

英単語が同じでも、イギリス英語とアメリカ英語では全く意味が違う場合があります。

特に、イギリス英語では普通の意味でも、アメリカ英語ではスラング的な汚い表現になってしまう場合があるので要注意です。

単語
イギリス英語
アメリカ英語
mad
怒る/狂気じみた
怒る
pissed
酔っぱらっている
怒っている
cider
りんごの汁を発酵させた酒
炭酸のソフトドリンク
presently
すぐに
bird
妻、彼女
wash up
お皿を洗う
手と顔を洗う
jumper
ブラウスの上に着る衣類
飛ぶ人
pants
下着
ズボン
bog
トイレ
湿原
braces
サスペンダー
歯科矯正器具
trolley
ショッピングカート
路面電車
football
サッカー
アメリカン・フットボール

その3.スペルが異なる単語

同じ意味で同じ単語を使うけれど、綴りが微妙に違うという単語もあります。

一部の単語のスペルの違いには規則性があります。また、規則性が全くない違いもあります。

マイクロソフトワードなどパソコンで出てくるスペルチェックは、アメリカ英語にあわせているものが多く、イギリス英語のつづりで書くと、ミススペルとしてチェックされるので要注意です。

スペル違いのルールは主に5つです。

スペルの違いに関するルールその1.

イギリス英語で単語の最後に「our」がついている場合、アメリカ英語では「u」は付きません。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
colour
color
お気に入り
fovourite
favorite
名誉
honour
honor
隣人
neighbour
neighbor

スペルの違いに関するルールその2.

イギリス英語で語尾が「re」の場合、アメリカ英語は「er」となります。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
中心
centre
center
劇場
theatre
theater
繊維
fibre
fiber
リットル
litre
liter

スペルの違いに関するルールその3.

イギリス英語で語尾が「ce」の場合、アメリカ英語では「se」となります。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
免許
licence
license
防御
defence
defense

スペルの違いに関するルールその4.

イギリス英語で語尾が「ise(yse)」の場合、アメリカ英語では「ize(yze)」となります。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
分析する
analyse
analyze
麻痺させる
paralyse
paralyze
はっきり理解する
realise
realize

スペルの違いに関するルールその5.

イギリス英語で語尾が「ogue」の場合、アメリカ英語では「og」になります。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
アナログの
analogue
analog
カタログ
catalogue
catalog
対話
dialogue
dailog

ルールに当てはまらないもの

その他に、上記のルールにあてはまらないものもあります。

和訳
イギリス英語
アメリカ英語
タイヤ
tyer
tire
プログラム
programme
program
小切手
cheque
check
生ビール
draught
draft

5.イギリス英語とアメリカ英語の違い|発音編

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いは大きいです。ここでは特に、大きく違うものを厳選してご紹介します。

その1.単語のアクセント(強調して発音する部分)の違い

イギリス英語とアメリカ英語では同じ単語でもストレス・アクセント(強調する部分)が違う単語があります。

※アクセント(ストレス)の部分を赤字にしています

単語
イギリス英語
アメリカ英語
address(住所)
ad-dress
add-ress
perfume(香水)
per-fume
per-fume
cigarette(タバコ)
cig-arette
cigar-ette
advertisement(広告)
ad-vertise-ment
adver-tise-ment
garage(ガレージ)
ga-rage
ga-rage
detail(細部)
de-tail
de-tail

その2.Rの発音の違い

アメリカ英語は子音の前の「r」を発音するしますが、イギリス英語は発音しません。

例えば、「hereのr」はアメリカ英語では発音しますが、イギリス英語では発音しません。

「rare」や「fire」などもそうです。

アメリカ英語のように、rを発音することを「rohtic」といい、イギリス英語のようにrを発音しないことを「non-rhotic」といいます。

その3.Tの発音の違い

イギリス英語では、母音にはさまれた「t」を比較的はっきり発音します。

一方で、アメリカ英語は、tよりもどちらかと言うと「d」に近い発音をします。カタカナにすると「ダ」や「ラ」と聞こえる音です。

単語
イギリス英語
アメリカ英語
letter
レター
レダー/レラー
water
ウォータ
ワダー/ワラー

発音の違いを実際の音声で確認してみよう!

YouTubeで実際のアメリカ英語とイギリス英語の発音の違いをチェックしてみましょう。

オススメの動画は下記となります。

時間がある時にでも参考にしてみて下さい。

また、実際の英語のニュースなどでもその違いが分かります。

「BBC」はイギリス英語、「CNN」はアメリカ英語です。『おすすめの英語ニュース|無料サイトやアプリなど7選と勉強法』の記事も参考にしてみて下さい。

まとめ:イギリス英語とアメリカ英語の違いを知るだけでも英語の幅が広がる

アメリカ英語は元々イギリス英語だったのですが、今では細かな違いがたくさんあります。もちろん全て覚える必要はありませんが、このような違いがあるということを知っておくことは大切です。

イギリス英語は発音や文法など比較的、基本に忠実で正しい英語の使い方をしています。アメリカ英語は比較的くずした形が多いのが特徴です。

最近では、アメリカ英語の影響が強くイギリス人でもアメリカ英語に近い言葉を話したり、理解したりする人も多くなっています。とはいえ、イギリス英語圏に行く場合は、これらの基本を押さえておくとスムーズにコミュニケーションが図れるでしょう。

また、イギリス英語を学ぶことでアメリカ英語の語源、ルーツを感じることもできます。イギリス英語の発音を聞きたければBBCのニュースを見たり、ラジオを聞いてみたりするとよいでしょう。たまにイギリス英語に触れてみると英語の幅が広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta