著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

どのリスニング速度がベスト?TOEICや受験にも最適な1つの勉強法

のべ98がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リスニングで英語が速く聞こえるけど、勉強にはどれくらいの再生速度(スピード)がベスト?とか考えていますか?

TOEICやTOEFL、英検や受験(センター試験など)でも今やリスニングテストは必須です。

でも、日本人が不得意な分野でもあります。

では、どのスピードのリスニングとどのような勉強をすればそれが克服できるようになるのでしょうか?

ラジオや無料アプリなど活用することも一つですね。スキマ時間にも活用できて有効です。

よってここでは、リスニング上達のための正しい速度設定と勉強の仕方とここでご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

目次:

1.速い再生速度でリスニングを勉強した方が上達するの?
・リスニング上達のステップ(遠回りが一番の近道)
・倍速でリスニングが上達しない理由
2.TOEICや英検などでのリスニングはどれくらいの速度?
3.リスニングでの速度アレルギーを克服するアプリや勉強法など
まとめ:リスニングの次はリーディング速度にもチャレンジ!

1.速い再生速度でリスニングを勉強した方が上達するの?

一見、スパルタ的にものすごいスピードで英語を聞いていてたら、ナチュラルスピードが遅く聞こえてリスニング能力が上がりそうですね。

しかし、野球選手が170km/hの野球ボールをずっと打つ練習をしていると、140km/hを完ぺきに打てるようになるのでしょうか?

それはありえません。

目は慣れるかもしれませんが、それで打てるというのは別次元です。速い球に慣れすぎでフォームを崩していたり、逆に170km/hを打つためのタイミング取りだったので、ナチュラルスピードにはまったく合わない、など。

これはリスニングでも同様です。

基礎ができていない初心者がいくら速い速度でリスニングしても何の効果もありません。だって、バットを振るフォームすらできていないアマチュアと同じなのですから。

では、どのような速度での勉強法がいいのでしょうか?

リスニング上達のステップ(遠回りが一番の近道)

先ず、一番大切なステップが、「英語の音をシッカリと掴む耳」を持つことです。

スポーツで言うと基礎のフォームだと思って頂くと分かりやすいかと思います。

あなたは今、リスニングと言うスポーツをするための「フォーム」が固まっていますか?

恐らく、ほとんどの片が「No」だと思いますし、そのフォームがどのようなものかも分かっていないかもしれません。

英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法』で詳しく説明しているのですが、下記がリスニングの基礎(フォーム)となります。

  • 英語には重要な情報が頭にあるため耳の瞬発力
  • 知らない単語で耳を止めないための持久力

この2点が上達へに大事な基盤であり、ステップです。

この際に重要なのが意味を全く考えないという事です。

マイスキ英語でもyoutubeで動画を公開していますが、この基礎についてのトレーニングは下記の動画を見てチャレンジしてみましょう!

※再生リストで過去の動画などもありますので練習として活用してみて下さい。

倍速でリスニングが上達しない理由

先ほども申し上げましたが、基礎のフォームが出来ていない間は、倍速など高速再生でいくら英語を聞きてもリスニング力は上達しません。

また、上達したとしても倍速などは効果がありません。

その理由は『「倍速」でリスニングしては意味がない2つの理由と本当の勉強法とは?』でも書いているのですが、英語をマスターした人たちは「リズムで英語を聞く」ということをしています。

英語独特の周波数のリズムですね。

だから、私もそうですが、日本人が話すリズムのない一直線の英語はものすごく聞き取りにくいです。

ようするに、倍速、高速再生でリスニングしてしまってはナチュラルスピードの英語のリズムが崩れてしまいます。早口言葉のような感じですね。

この早口言葉の英語リズム(壊れたリズム)で聞いたところで、ナチュラルスピードのリズムが身についていないので遅くしても聞き取れないことが多々あります。

絶対に倍速などで英語のリスニングはしないでください。本当に遠回りになります。

英語のリスニングの勉強法は必ず「ナチュラルスピード」です。

では、その「ナチュラルスピード」とはどれくらいのスピードなのでしょうか?

2.TOEICや英検などでのリスニングはどれくらいの速度?

TOEICのリスニングパートや英検、また受験などで使用されているリスニングスピードは大体150wpm~180wpmだと言われています。

「wpm(words per minute)」とは、「一分間で使われる単語数」だと思ってください。

180wpmは通常英会話のスピードだと言われているので、それより若干遅いケースもありますが、ほぼネイティブが話すナチュラルスピードです。

これはTOEFLでもセンター試験でも同様です。もちろん、幅はあります。

早口で話すネイティブの速度が200wpmだと言われています。でも、シッカリと英語のリズムを持っているスピードです。

少しでも高速の英語に慣れたいという方は、この速度で十分だということです。倍速、高速にする必要はないのです。

ナチュラルスピードを保っている教材で勉強するにはどれがいいのでしょうか?

3.リスニングでの速度アレルギーを克服するアプリや勉強法など

それでも、ナチュラルスピードでも速くて聞き取れない!と悩んでいても先には進めません。

先ほどご紹介した瞬発力と持久力という基礎を身に付けることが最優先ですが、その初級レベルを抜け出したらあなたが目指す資格やレベルに合わせてリスニングを強化する必要があります。

例えば、ビジネス英語のリスニングをマスターしたいのであれば、TOEICの公式アプリの音声を利用したり、CNNなどのニュース動画を見たりすることでリスニングスピードと理解に慣れていきます。

苦手意識を克服するにはスパルタ的な勉強は必要ありません。どこに集中すればいいのか?というポイントを押さえることと慣れです。

今は昔と違い、無料でリスニングを上達できるアプリや動画などがたくさん存在します。

しかし、どれがいい教材なのか迷いますよね?

そのような方々のために、『英語リスニング教材|厳選!9つのおすすめ無料アプリ・サイト・動画』の記事におすすめをまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

まとめ:リスニングの次はリーディング速度にもチャレンジ!

リスニングに慣れてきたら、今度はリーディングの読む速度UPも視野に入れておきましょう。

TOEICでも英検などでも長文読解問題で時間が足りなかった、というコメントはよく聞きます。

これもリーディングの基礎が出来ていないんですね。

因みに150~200wpmのリーディング速度で読めればベストです。

これも、リスニングで耳を止めないのと同じで、目を止めずにドンドン先に進める癖を付けましょう。

英語を読むのが遅い本当の理由|スピードを上げる4つのコツ・練習』でも書いていますが、「読み返さない」というトレーニングが一つです。

しっかりとここでも対策して速度を高めるトレーニングをスキマ時間を利用してやっていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
sp-cta