著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

TOEICのレベル|点数(スコア)で実力と目安が分かる!

のべ612,509がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TOEICスコア(点数)のどのレベルを自分が目指せばいいのか?

どの点数が自慢できたり、就職・転職には有利なのか?

または、スコアの結果が出たけど自分自身が現状どのレベルにいるのか?

実はTOEICのスコアは『就職や転職にも役立つ厳選8つの英語の資格』の記事にもあるように、今後の対策や就職・転職にも大変重要になっています。

なんと約半数以上の企業が、海外出張者や赴任者の基準としてTOEICの点数を重要視するというアンケート調査結果もあります。

TOIECは、社会人向けNo.1の英語資格でもあり、性別・年代問わずに常に人気の資格の1つです。

新卒者の履歴書にもTOEICスコアの記入は必須とする企業が年々増えています。

よってここでは、TOEICの「6つのレベル」を400点〜900点以上のスコア別に確認できるように分かりやすく情報を開示していますので、自分の点数や目指すレベルをチェックしてみましょう。目安にしてみて下さい。また、実際に目標の点数を決めてから実践する勉強法もご紹介します。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

そもそもTOEICとは何?満点は何点?点数配分は?

現時点のTOEICスコア(点数)を自分でレベルチェック診断できる方法とは?

TOEICと英検のレベル比較(スコア換算など)

新卒と転職で企業が求め、履歴書に書けるTOEICスコアのレベルとは?
・新卒(大学生)に最低限必要なTOEICスコア
・転職(社会人)に最低限必要なTOEICスコア

1. TOEICスコア400点のレベルとは?
1-1 TOEIC400点を目指す(現時点)レベルの対象
1-2 TOEIC400点レベルの英語基準、他

2. TOEICスコア500点のレベルとは?
2-1 TOEIC500点を目指す(現時点)レベルの対象
2-2 TOEIC500点レベルの英語基準、他

3. TOEICスコア600点のレベルとは?
3-1 TOEIC600点を目指す(現時点)レベルの対象
3-2 TOEIC600点レベルの英語基準、他

4. TOEICスコア700点のレベルとは?
4-1 TOEIC700点を目指す(現時点)レベルの対象
4-2 TOEIC700点レベルの英語基準、他

5. TOEICスコア800点のレベルとは?
5-1 TOEIC800点を目指す(現時点)レベルの対象
5-2 TOEIC800点レベルの英語基準、他

6. TOEICスコア900点以上のレベルとは?
6-1 TOEIC900点を目指す(現時点)レベルの対象
6-2 TOEIC900点レベルの英語基準、他

7. 目指すTOEICレベル別勉強法と点数アップのための勉強時間は?
7-1 TOEICスコアのレベル別の英単語に触れることから始める
7-2 目標に合わせたレベル別のTOEIC勉強法を実践しよう!
7-3 点数アップのための勉強時間は?

そもそもTOEICとは何?満点は何点?点数配分は?

大学生、特に社会人には欠かせないTOEICテストですが、どのようなテスト(プログラム)なのでしょうか?

公式サイトの「TOEICプログラムとは」に書いてあるのですが、簡単に説明すると下記です。

  • 合否ではなくスコアで表示
  • オフィスや日常生活でのコミュニケーション能力の測定
  • 10~990点で採点(5点刻み)

など。

TOEICテストには、スピーキングテスト、ライティングテストもあるのですが、私たちが一般に「TOEIC」と言っているものは、「リスニング・リーディング」となりあす。

正式な名称は、「TOEIC® Listening & Reading Test」となります。

点数配分は、次の通りです。

  • リスニング・・・495点
  • リーディング・・・495点

合計で990点となります。

合計200問の問題数があり、リスニングが100問、リーディングが100問となっております。

私はこのTOEICテストで満点(990点)を初試験で取得(英検1級も初受験で取得)していますが、そもそもどれくらい難しいのでしょうか?

生徒さんからもよく聞かれる質問です。

簡単に言うと下記が一つの指標になります。

次がTOEIC900点のレベルです。

  • コミュニケーション能力:ネイティブに近いレベル
  • 英検との比較:英検1級レベル
  • 必要単語数:1万語以上が目安
  • 企業での評価:海外赴任や昇級基準より、はるかに上のレベルにある

よって、TOEIC満点(990点)はほぼネイティブレベルだということになります。

詳しくは、『TOEICの満点はいくつ?難易度(レベル)やおすすめの単語や2つの勉強法』にも書いてあるので参考にしてみて下さい。

また、各受験での平均スコアや点数分布については、TOEIC公式サイトの『公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧』で公開されているので、自分の点数がどの位置にあるのか、これから目指す点数やレベルの目安になるかと思いますので、是非確認してみましょう!

現時点のTOEICスコア(点数)を自分でレベルチェック診断できる方法とは?

多くの書店やAmazonなどインターネットでも多くのTOEIC関連の問題集や参考書が多いですね。

しかし、実際のTOEICテストに近い傾向で模試ができて、目指すスコアレベルがある程度正確に分かるのは、『TOEICおすすめ参考書|2つの選別基準とレベル別対策』7でもおすすめしている、「TOEIC公式問題集」です。

この問題集を解いて、結果を自分自身で確認することで、自分が今どれくらいのレベルにあるのか?どのレベルのスコアを目指せばいいのか?の目安には最適です。

過去にTOEICテストを受けて結果が分かっている方も、現時点での自分のレベルを確認してみましょう!

書店でも、インターネットでも購入できますので、是非一度試してみて下さい。

参考:TOEIC公式サイト(公式教材・問題集)

また、公式ではなくオンラインで問題が解ける無料サイトがあるのですが、そんな中でおすすめなのが、「English Exam」というサイトです。TOEICだけではなく、TOEFLやCambridgeなど他の有名な英語テストの問題集も提供しています。

問題数は実際のテストとは異なりますが、正解数(正答率)である程度の英語力(TOIECレベル)が把握できます。

しかし、これはレベルをチェックというより、自分が不得意なpartが分かりやすいというツールで、これからの勉強法に役立ちます。勉強に時間を効率的に使うのに大変役立ちます。

参考サイト:https://www.examenglish.com/TOEIC/toeic_listening_and_reading.htm

TOEICと英検のレベル比較(スコア換算など)

TOEICのスコアが、英検のどの級ぐらいのレベルなのかよく比べられます。

TOEICと英検の違い|換算表と7つのレベル別での単語や目安』の記事にかいてありますが、因みに下記の換算表を確認してみて下さい。

TOEIC
能力
レベル
英検5級
300点以上
中学初級程度
多くの中学生がクリアーできるレベル
英検4級
400点以上
中学中級程度
簡単な英語であれば理解・表現が出来るレベル
英検3級
500点以上
中学卒業程度
日常的な英語をある程度理解できるレベル
英検準2級
600点以上
高校中級程度
ビジネスでも最低限必要とされているレベル
英検2級
700点以上
高校卒業程度
ある程度のビジネスでも通用するレベル
英検準1級
800点以上
大学中級程度
社会生活やビジネスで困ることが少ないレベル
英検1級
900点以上
大学上級程度
英語で困ることが少ないレベル

また、これまで過去にTOEICの試験を受けてスコアの結果を知りたい方(点数確認)・証明の発行などについては、TOEIC公式サイトの『テストの結果について』をご確認ください。

新卒と転職で企業が求め、履歴書に書けるTOEICスコアのレベルとは?

採用する企業としてはあなたの英語力をTOEICの点数である程度見極めるのですが、そこには大まかな基準があります。

また、『TOEICの点数を履歴書に記入する3つの正しい書き方』でも説明しているように、点数に有効期限はなく、また何度でも受験できます。英検のように合否がないので少しの点数UPでも上達したのかが目に見える資格です。

要するに履歴書を出すまで何度でもチャンレンジできるのがTOEICの特徴の一つです。

新卒(大学生)に最低限必要なTOEICスコア

新卒で必要で、履歴書でアピールできる最低限の点数は、「500点」です。

英検と比較すると「英検3級~準2級レベル」です。

転職(社会人)に最低限必要なTOEICスコア

転職(社会人)で、履歴書でアピールできる最低限の点数は、「600点」です。

英検と比較すると「英検準2級~2級レベル」です。

しかし後述しますが、国際部門配属の基準は「730点」となります。

英語を利用して仕事をしたい!と考えている方は先ずは「730点」を目標としましょう!

因みに、海外出張、海外赴任レベルは「860点」以上と言われています。この点数は転職の際に大きな武器となります。

それではこれから各点数での必要単語数やコミュニケーション、またレベル別の勉強法などをみてみましょう。

1. TOEICスコア400点のレベルとは?

海外での標識などを調べながらなんとか認識できるレベル。

1-1 TOEIC400点を目指す(現時点)レベルの対象

TOEIC初心者、英語が苦手という方であれば、先ずはターゲットとして学習したいレベルとなります。

時間に余裕があれば、それから上のスコアをじっくり目指すのがいいでしょう。

TOEIC 400 sign board

1-2 TOEIC400点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:通常会話も難しい
  • 英検との比較:英検4級〜3級レベル
  • 必要単語数:2000〜3000単語が目安
  • 企業での評価:新卒社員で期待する基準(500点以上)より下回る
  • 2. TOEICスコア500点のレベルとは?

    短い文でのやりとりであれば、コミュニケーションが何とかできるレベル。

    2-1 TOEIC500点を目指す(現時点)レベルの対象

    このレベルでは、簡単な質問に対して、短い文で答えることができるようになります。

    TOEICだけではなく、英会話を習得したい方はこのレベルは最低限クリアーしたいですね。

    TOEIC 500 short sentence

    2-2 TOEIC500点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:長い文でのコミュニケ-シンは難しい
  • 英検との比較:英検3級〜準2級レベル
  • 必要単語数:2500〜3500単語が目安
  • 企業での評価:新卒社員で期待する基準(500点以上)に近いレベル
  • 3. TOEICスコア600点のレベルとは?

    海外に一人で旅行できたり、短い文のやりとりや、相手に質問ができるレベル。

    3-1 TOEIC600点を目指す(現時点)レベルの対象

    多くの企業が最低基準としているスコアになります。

    転職を考えてる人は必ずクリアーしたいレベルです。社内評価でも先ずこの600点が1つの目安となるようです。

    しかし、TOEIC600点は初心者でもクリアー出来るレベルでもあります。

    すぐにでもTOEIC600点が欲しい!という方は、『TOEIC勉強法|初心者でも大丈夫!600点のレベルと対策』の記事も用意しているのでご参考下さい。

    TOEIC 600 travel

    3-2 TOEIC600点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:ゆっくり話してもらえれば、コミュニケーションがとれるレベル
  • 英検との比較:英検準2級~2級レベル
  • 必要単語数:4000〜5000単語が目安
  • 企業での評価:中途採用(転職)での基準(600点以上)と同じレベル
  • 4. TOEICスコア700点のレベルとは?

    ネイティブと英語で最低限の会話が出来るレベル。

    4-1 TOEIC700点を目指す(現時点)レベルの対象

    このTOEICレベルであれば、ビジネス上の会話でも、あまり支障がなくなります。

    また、「730点」は、会社にもよりますが、国際関連の部署などに配属される基準にもなります。

    TOEIC 700 conversation

    4-2 TOEIC700点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:仕事での日常業務を英語でやり取りできるレベル
  • 英検との比較:英検2級〜準1級レベル
  • 必要単語数:5500〜7000単語が目安
  • 企業での評価:企業の国際部門の基準(700点〜730点以上)に近いレベル
  • 5. TOEICスコア800点のレベルとは?

    簡単な内容であれば、ネイティブとディスカッションが遂行できるレベル。

    5-1 TOEIC800点を目指す(現時点)レベルの対象

    特に、「860点」は、すぐにでも海外出張や赴任レベルとなります。転職にもものすごく有利な点数となります。

    TOEIC 800 discussion

    5-2 TOEIC800点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:意思疎通ができ、打ち合わせなどが可能なレベル
  • 英検との比較:英検準1級レベル
  • 必要単語数:8000〜9000語が目安
  • 企業での評価:企業の国際部門の基準(700点〜730点以上)を満たすレベル・860点以上は転職に有利
  • 6. TOEICスコア900点以上のレベルとは?

    専門書を読解できたり、複雑なディスカッションをスムーズに遂行できるレベル。

    6-1 TOEIC900点を目指す(現時点)レベルの対象

    ネイティブと日常会話からビジネスまでほとんど支障なくコミュニケーションが取れるレベルとなります。

    是非、TOEICではここを最終地点の目標としてチャレンジしてみましょう!

    TOEIC 900 reading

    6-2 TOEIC900点レベルの英語基準、他

  • コミュニケーション能力:ネイティブに近いレベル
  • 英検との比較:英検1級レベル
  • 必要単語数:1万語以上が目安
  • 企業での評価:海外赴任や昇級基準より、はるかに上のレベルにある
  • 7. 目指すTOEICレベル別勉強法と点数アップのための勉強時間は?

    多くの方は基本的に500点以上を目安として目指される方が多いです。

    社会人で初心者(初受験)、または就職活動の学生であれば、最低限に必要なTOEICスコアは500点です。

    しかし、転職などお考えの方であれば、600点以上が必須となります。

    7-1 TOEICスコアのレベル別の英単語に触れることから始める

    TOEIC単語|高確率で出るPart別厳選306個の表現』の記事で、レベル別の英単語や英語表現を紹介していますので、先ずは目標レベルの英語に触れることをおすすめします。

    7-2 目標に合わせたレベル別のTOEIC勉強法を実践しよう!

    TOEIC満点者が教える!目標スコア達成の勉強法』の記事で、レベルにあった勉強方法をご紹介しています。

    これからのTOEIC学習に是非ご活用ください。通勤中などにできるNHK英語講座(ビジネス英語)や映画などを使った勉強の仕方もおすすめしています。

    既に過去のTOEICの結果で、リスニングが不得意、またはリーディング(英文法含む)が不得意など明確であれば、その箇所のコツや勉強法を重点的に実践してみましょう!

    7-3 点数アップのための勉強時間は?

    さて、目指すTOEICのレベルは決まって、勉強法は分かったけど、どれくらいの時間勉強すればいいのか目安が分からないですよね。

    「TOEIC勉強時間」の確保や目安|1ヶ月で100点UPを目指す!』の記事でも書いているのですが、1ヶ月で100点UPを目指すなら、1日1時間が目標です。

    200点アップを目指すのであれば、2時間という長さになります。

    下記がレベル別で、目標設定点数の勉強時間となります。

    ※横が目標スコア、縦が現状スコアの軸となります。

    目標点数 →
    600点
    700点
    800点
    900点
    990点
    現状500点
    1時間
    2時間
    3時間
    4時間
    5時間
    現状600点
    1時間
    2時間
    3時間
    4時間
    現状700点
    1時間
    2時間
    3時間
    現状800点
    1時間
    2時間
    現状900点
    1時間

    まとめ:自分の目指すTOEICのレベルとスコアを明確に!

    目安として、新卒や初心者であれば500点以上、中途で転職などに有効なのは最低600点以上ということになります。

    将来海外で仕事をしたい方は、730点以上となり、自分自身が、先ず目標を設定することが大切になります。また、800〜900点の間は、伸び悩みのスコアと言われており、実際のレベルにさほど差はありません。

    ここでご紹介したTOEICのスコア別レベルを是非参考にして、将来のスコアアップにつなげて下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    cta_teacher_img03

    無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

    ●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
    ●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
    ●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

    あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

    また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

    そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

    本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

    今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

    ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

    これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

    机に30分も座れない・・・
    テストは常に赤点(偏差値40)・・・
    英語とは無縁の人生だった・・・


    そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

    興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

    このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


    今すぐ資料をGETする(無料)

    コメントを残す

    *

    sp-cta
    sp-cta