著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「TOEIC勉強時間」の確保や目安|1ヶ月で100点UPを目指す!

のべ1,626がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私はTOEIC対策としての勉強時間は「ゼロ」で初受験で満点(990)をとりました。

試験中にTOEICの特徴や勉強すべき点というのを講師目線で解いていたのを覚えています。

その時初めてTOEICがマークシート方式というのも知ったくらいです。

だからこそ、事前に何の知識もなかったが故に、純粋にTOEICテストの中身が見えたのかもしれません。

そのノウハウなどを現在も生徒さんに指導しています。

  • 点数UPに何をすべきか?(勉強法)
  • どれくらいの期間・時間をTOEIC対策に充てるのか?(時間の使い方)

など。

特に忙しい社会人であれば、時間の確保が難しいはずです。毎日、机に向っての勉強は困難です。継続が難しいですよね。

だからこそ、効率的に短時間で、しかもシッカリと英語力を身に付けながらTOEIC点数も伸ばす方法が必要になります。

そんなうまい話はあるの?

はい、あなたの現時点のレベルが500点ぐらいであれば、1ヶ月で100点UPぐらい(600点)は、スキマ時間を利用して到達可能です。

またここでは、短期間で点数UPをテクニックを含めた勉強法をご紹介しますが、更なるハイレベルの点数(700点、800点、900点)を目指す方へのアドバイスも解説しています。

目次:

1.過去に検証された「目指す点数別」TOEIC勉強時間の目安
2.「約9倍の時間の効率」で1ヶ月で100点UPを目指す勉強法とは?
3.更に上を目指すTOEIC対策への勉強時間

1.過去に検証された「目指す点数別」TOEIC勉強時間の目安

1985年頃に検証されたTOEIC勉強時間というのがあります。

これが一般的に言われている物差しとなっています。

あなたの現時点のレベルより何点UPを目指すかで、必要な勉強の時間数が異なります。

  • 100点UP → 約200時間~300時間
  • 200点UP → 約400時間~600時間
  • 300点UP → 約900時間~1000時間

例えば、あなたの現時点の点数(レベル)が500点だとしましょう。

600点を目指す場合は最大300時間、700点を目指す場合は最大600時間、800点を目指す場合は最大1000時間となります。

ものすごく膨大な時間ですね。

少し分かりにくいので、「帰宅して寝る前に1時間ぐらいTOEIC対策の勉強をする」としましょう。

100点UPするには最大300時間でしたので、約1年くらいかかってしまいます。

毎日2時間であれば約半年、3時間であれば約3か月です。

しかも、毎日、土日も関係なく、仕事終わりに勉強したとして順調に遂行できた場合です。

これでは、勉強する前にやる気もなくし途方に暮れますね。

しかし、この勉強時間のデータは何十年も前のもので、TOEICテスト自体の受験者数も少ない時代です。

その後、様々なTOEICへの対策本、テクニック本、模試形式の問題集、単語集、アプリなどなど使うツールが出たことにより、その時間は大きく短縮されています。

私の生徒さんで、1日1時間程度、約1ヶ月で700点から800点にUPした方など多くいらっしゃいます。

冒頭のデータを基に計算すると、「1日9時間程度勉強したのと同じ効率(9倍の効率)」で、100点UPを実現しています。

2.「約9倍の時間の効率」で1ヶ月で100点UPを目指す勉強法とは?

TOEICテストは「リスニング」、「リーディング」とパートが2つに分かれています。

しかし、実際は「リスニング」「英文法」「リーディング」の3つのパートで分かれていると思って下さい。

この3つのパートに分けて、それぞれ等分して勉強をする必要があります。また順番も次の通りにするのがとても効率的で、ポイントです。

TOEICテストの対策をしながら、言語習得の流れに沿った順番で勉強することで英語力もついていきます。

下記は1日1時間勉強をした場合の例です。

  1. リスニング・・・10時間
  2. 英文法・・・10時間
  3. リーディング・・・10時間

でも、毎日1時間机に向かって勉強するのは多分難しい・・・という方が多いでしょう。

その方には、必ずTOEIC公式の問題集やアプリを使うことをお勧めしています。

しかも、通勤・帰宅途中の電車の中などのスキマ時間の1時間を利用することを心がけます。

公式問題集は書店やアマゾンなどで手軽に手にすることができますし、アプリは今すぐにでもダウンロード出来て対策できます。

アプリはスキマ時間の学習には欠かせないので、こちらは必須アイテムとして常に触れることが出来るようにしておきましょう。

ダウンロードサイトは下記となります。

App Sore(iOS)
Google play(android)

また、マイスキ英語でもテクニックの部分で点数をUPできるように記事も無料で公開しています。

それぞれの記事でのひっかけ問題や対策についても触れておきましょう。

勉強というより、「あー、こんな感じか」ぐらいの感覚で、勉強時間以外で活用してみて下さい。

3.更に上を目指すTOEIC対策への勉強時間

現時点より200点UPや300点UPを一気に目指す、または高得点(800点や900点)がターゲットの場合は、スキマ時間だけでは補えない場合があります。

シッカリと机に向き合う時間も必要になります。

しかし、1日30分で十分です。

朝起きてから、また就寝前の30分間です。その30分は最低でも確保して下さい。

また、勉強法としてはTOEICに限らず、色々な英語に触れることが大切です。

その30分間はあなたの弱点に充てるようにして下さい。

すでにTOEICテストを過去に受けた方は、『TOEICの結果発表【2019年日程】いつ届く?ネット確認や見方など』にも書いている通り、下記の項目で細かく勉強すべき点(克服するべき英語力)を教えてくれます。

【リスニング(Part1~Part4)】

  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる
  • フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる

【リーディング(Part5~Part7)】

  • 文書の中の情報をもとに推測できる
  • 文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる
  • ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる
  • 語彙が理解できる
  • 文法が理解できる

これを基に勉強を進めます。

しかし、高得点を目指すならTOEICに限らず、色々な英語に触れる時間も増やすことも大切です。

そのような英語に触れながら自分の弱点を克服出来たら理想ですよね。

時間を有効活用することがポイントなので、その際にも適切な無料教材が必要になります。

英語の勉強|社会人が朝と夜のスキマ時間を使った8つの独学勉強法』でも一部紹介していますが、下記の基礎知識や教材などをフル活用しましょう!

まとめ:先ずはTOEIC対策の勉強時間の確保と継続を目標に!

1日30分でも、1時間でも勉強する、またそれを毎日継続するというのは結構難しいです。

だから、TEOIC対策は週末に限定する、または平日に限定して勉強するなどお休みの時間も取ってあげるのも継続して勉強できるポイントです。

休んでいる時間は洋楽を聞く、また海外ドラマを見るなど英語に触れることなどの環境づくりもいいでしょう。

英語アレルギーがあればどうしても英語がスムーズに頭に入っていきませんし、効率が悪くなります。だからこそ、TOEICの勉強を休んでいる時間も大切になります。是非、参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta