著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の人称代名詞が5分で分かる一覧表

のべ350,282がこの記事を参考にしています!

人称代名詞を簡単に見れる一覧表をお探しですか?

また、人称代名詞とはそもそも何なのでしょうか?

その役割などは?

英語の文法用語で難しそうな印象がありますが、とても便利で、「リズムなどに合わせて覚えることができる」とても簡単なものです。

よってここでは、短時間で理解できるように、英語の人称代名詞の代表的な各文法用語使い方を、単数や複数の場合と分けて説明しています。また、最後にはちゃんと理解できたのかをテストする簡単な問題を用意しているのでチャレンジして下さい!

目次:

0.人称代名詞とは?
1.単数の人称代名詞
・主格
・所有格
・目的格
・所有代名詞
・ポイント1.リズムに合わせて単数の人称代名詞を覚える
・ポイント2.例外がある単数の人称代名詞
2.複数の人称代名詞
・主格
・所有格
・目的格
・所有代名詞
・ポイント1.単数と複数のYou(二人称)の人称代名詞は同じ
・ポイント2.複数の三人称代名詞は同じ
3.再帰代名詞も覚えておくと便利!
4.人称代名詞を理解した?問題を解いてみよう!

0.人称代名詞とは?

そもそも人称代名詞とは何なのでしょうか?

簡単に説明すると、話し手(一人称)、受け手(二人称)、それ以外の人、またはモノ(三人称)を指す代名詞です。

代名詞とは、読んで字のごとし、「何かの代わりになる名詞(置き換える名詞)」です。

人称代名詞とはとても便利な文法です。

例えば、「Tom(トム)」という男性の友人がいたとします。

会話の中で「Tom」を何度も連呼すると少しうざったいですよね。その場合に「He, his, him」と置き換えることで、とても簡潔で分かりやすい文になりますね。

日本語では「彼は(が)」、「彼の」、「彼を」となりますね。ずっと「トムが」、「トムの」、「トムを」と繰り返さなくても済みます。

今の例は、三人称単数のケースですが、これが複数の場合、または一人称、二人称のケースで表現が異なります。

フランス語やドイツ語、中国語でも人称代名詞は頻繁に使われる文法ですが、英語と比較すると難しい部類に入ります。

因みに、人称代名詞を英語で表現すると「personal pronoun」となります。

「pronoun(プロナウン)」は「代名詞」という単語です。

1.単数の人称代名詞

先ずは単数の人称代名詞を覚えることを優先しましょう。

下記がその表となります。

人称
(単数)
主格
(〜は)
所有格
(〜の)
目的格
(〜を・に)
所有代名詞
(〜のもの)
一人称
I
(私は・が)
My
(私の)
Me
(私を・に)
Mine
(私のもの)
二人称
You
(あなたは・が)
Your
(あなたの)
You
(あなたを・に)
Yours
(あなたのもの)
三人称
He
(彼は・が)
His
(彼の)
Him
(彼を・に)
His
(彼のもの)
三人称
She
(彼女は・が)
Her
(彼女の)
Her
(彼女を・に)
Hers
(彼女のもの)
三人称
It
(それは・が)
Its
(それの)
It
(それを・に)
なし

先ほども説明していますが、人称の区別について再確認しておきましょう。

「人称について」

  • 一人称:話をする本人(話し手)
  • 二人称:話をする相手(聞き手)
  • 三人称:一人称、二人称以外の第三者(人・モノ)

また、人称代名詞には大きく分けて4つの役割があります。

「主格」、「所有格」、「目的格」、「所有代名詞」です。

「格について」
一人称単数を使って例を見ていましょう。

  • 主格:主語として使われる(例)I am a student.(私は生徒です)
  • 所有格:名詞を所有する(例)My desk(私の机)
  • 目的格:目的語として使われる(例)You like me.(あなたは私を好きです)
  • 所有代名詞:「〜のもの」という意味になる(例)It’s mine.(それは私のものです

それぞれの役割について少し深堀しましょう。

主格

これは人称代名詞が主語になる時です。

先ほどの例文にもありましたが、「私は・が」などが「主格」になります。

下記がその例文となります。単数の人称代名詞を使っています。

  • 一人称単数:I woke up at 8 this morning.(私は今朝8時に起きました)
  • 二人称単数:You are so kind.(あなたは優しい)
  • 三人称単数その1:He is the one who did it.(彼がそれをした張本人です)
  • 三人称単数その2:She studies English.(彼女は英語を勉強しています)
  • 三人称単数その3:It is my bag.(それは私のバッグです)

所有格

人称代名詞が、その後の名詞を所有する場合に使います。

必ず、「所有格+名詞」の形になり、和訳では「~の」となります

下記がその例文となります。

  • 一人称単数:Those are my textbooks.(それらは私の参考書です)
  • 二人称単数:It’s up to your decision.(あなたの決断次第です)
  • 三人称単数その1:His name is called.(彼の名前が呼ばれました)
  • 三人称単数その2:I have her cap.(私は彼女の帽子を持っています)
  • 三人称単数その3:He has to repair its part.(彼はその部品を修理しないといけない)

目的格

目的語にあたる人称代名詞の際に使います。

和訳にすると「~を・~に」などになります。基本的に「動詞(句)や前置詞の後ろ」が多いです。

下記が例文です。

  • 一人称単数:You called me yesterday.(あなたは昨日、私に電話をしました)
  • 二人称単数:I want to play with you.(私はあなたと遊びたい)
  • 三人称単数その1:I will help him.(私は彼を助けます)
  • 三人称単数その2:You should give her some advice.(あなたは彼女にアドバイスをするべきです)
  • 三人称単数その3:She did it right.(彼女はそれを正しくやりました)

動詞句とは「look at(~を見る)」や「believe in(~を信じる)」など熟語で「動詞と前置詞」で1つの単語として成り立っているものを指します。

その場合も、目的格が必要になります。

所有代名詞

所有格と何が違うのでしょうか?

所有格の場合は「所有格+名詞」と名詞が必要でしたが、所有代名詞の場合は、名詞が不要でそのまま完結します。

日本語にすると「~のもの」という感じにります。

  • 一人称単数:It’s mine.(それは私のものです)
  • 二人称単数:I like yours.(私はあなたのものが好きです)
  • 三人称単数その1:I will support his.(私は彼のものを支持します)
  • 三人称単数その2:He doesn’t have hers.(彼は彼女のものを持っていません)

ポイント1.リズムに合わせて単数の人称代名詞を覚える

単数の人称代名詞は、リズムに合わせて覚えればとても簡単になります。

「覚える順序」

1.主格 → 2.所有格 → 3.目的格 → 4.所有代名詞の順番に発音します

「It以外」の音声のサンプルをご用意しましたので、是非参考にして下さい。

ポイント2.例外がある単数の人称代名詞

単数の人称代名詞では、「It」の所有代名詞だけがない、ということを覚えよう。

例えばリズムで覚えようとしても、Itだけは最後までなく、主格 → 所有格 → 目的格でストップすることを注意しましょう。

※複数でも同様である(しかし、彼らのもの・彼女らのもの、には存在する)

また、主格の「It」は和訳しないことも多く、主語が明確でない場合などでも使うのが「It」になります。

「It’s my pleasure.(嬉しいです/光栄です)」や先ほどの例文ありました、「It’s up to your decision.(あなたの決断次第です)」の時も、「It」をあえて和訳しない方がスムーズになります。

2.複数の人称代名詞

さて、上記では単数の場合を見てきましたが、ここでは複数の場合を確認しましょう!

複数形の人称代名詞の表は下記となります。

人称
(複数)
主格
(〜は)
所有格
(〜の)
目的格
(〜を・に)
所有代名詞
(〜のもの)
一人称
We
(私達は・が)
Our
(私達の)
Us
(私達を・に)
Ours
(私達のもの)
二人称
You
(あなた達は・が)
Your
(あなた達の)
You
(あなた達を・に)
Yours
(あなた達のもの)
三人称
They
(彼らは・が)
(彼女らは・が)
(それらは・が)
Their
(彼らの)
(彼女らの)
(それらの)
Them
(彼らを・に)
(彼女らを・に)
(それらを・に)
Theirs
(彼らのもの)
(彼女らのもの)
(なし)

複数形の場合は、統一して「They, Their, Them, Theirs」となります。

よってそれが人(男性・女性)、または「モノ(物)」かは、その前の何を指しているかにより訳が変わります。

主格

複数の場合は、「私たちは・が」などが「主格」になります。

下記がその例文となります。複数形の人称代名詞を使っています。

  • 一人称複数:We are baseball players.(私たちは野球選手です)
  • 二人称複数:You cannot do that.(あなたたちはそれができません)
  • 三人称複数:They go to school together.(彼らは一緒に学校に行きます

また、「those(それら)」や「these(これら)」の主格もありますが、これは指示代名詞といい、人称代名詞とは少し異なります。指示代名詞は、会話などの中で1回目から使えます。

一方、「they」は、過去に何かを話していないと、人称代名詞として使えません。「They」が誰を指しているのか分からないですからね。

所有格

複数形でも必ず、「所有格+名詞」の形になり、和訳では「~たちの」となります

下記がその例文となります。

  • 一人称複数:We look for our books.(私たちは私たちの本を探します)
  • 二人称複数:Are they your belongings?(それらはあなたたちの持ち物ですか?)
  • 三人称複数:These are their balls.(これらは彼女らのボールです)

目的格

和訳にすると「~たちを・~たちに」などになります。

単数計同様に、「動詞(句)や前置詞の後ろ」が多いです。

下記が例文です。

  • 一人称複数:He will talk about us soon.(彼はもう少ししたら、私たちについて話すでしょう)
  • 二人称複数:She invited you to the dinner.(彼女はあなたたちを夕食に招待しました)
  • 三人称複数:I collected them.(私はそれらを集めました)

所有代名詞

日本語にすると「~たちのもの」という感じにります。

  • 一人称複数:Those bags are ours.(それらのバッグは私たちのものです)
  • 二人称複数:I like yours.(私はあなたたちのものが好きです)
  • 三人称複数:I don’t like to have theirs.(私は彼らのものを所有したくない)

ポイント1.単数と複数のYou(二人称)の人称代名詞は同じ

単数形と複数形のYou(二人称)は主格、所有格、目的格、所有代名詞は全て同じスペルになります。

一人称と三人称の場合は、単数と複数で変化するのですが、Youだけは例外です。

ポイント2.複数の三人称代名詞は同じ

単数では3つある三人称ですが、複数になると全て同じスペルになります。

既に例文でも慣れたかと思いますが、単数では「He、She、It」で、複数形は統一した人称代名詞(They, Their, Them, Theirs)となります。

3.再帰代名詞も覚えておくと便利!

人称代名詞の次に覚えるといいのが、「再帰代名詞」という代名詞です。

人称代名詞からの流れであるために、覚えやすいです。

再帰代名詞はいつ使うのか?下記の2パターンの場合によく使います。

  1. 主格と目的格が同じ人称の場合
  2. 強調したい時

下記がその例文です。

日本語にすると、「~自身で/~自身を」などとなります。

  • I believe in myself.(私は私自身を信じます) ※「look at ~」などでもよく使います
  • I did it by myself.(私はそれを自分自身でやりました) ※「I did it myself.」という言い方もあります。

単数の場合:

人称
(単数)
再帰代名詞
(〜自身)
一人称
myself
二人称
yourself
三人称
himself
herself
itself

複数の場合:

人称
(複数)
再帰代名詞
(〜自身)
一人称
ourselves
二人称
yourselves
三人称
themselves

単数形の「self」の「f」の部分が、複数形の場合「ves」に代わります。

三人称複数の再帰代名詞は、1つ(themselves)に統一します。

また、再帰代名詞の場合のみ、二人称代名詞の単数(yourself)と複数(yourselves)が違うので、その点は注意が必要です。

4.人称代名詞を理解した?問題を解いてみよう!

如何でしたでしょうか?

最後に小テストを用意しました。正しい選択肢をサクッと答えましょう!

問題:

  1. He is(we /our/us)father.
  2. They are(you/your/yours).
  3. It can talk(me/them/itself).
  4. I don’t know(its/them/us).
  5. (He/His/Theirs)sister loves games.

解答:

  1. our:He is our father.(彼は私たちの父親です)
  2. yours:They are yours.(それらはあなたたちのです)
  3. itself:It can talk itself.(それは一人でしゃべっています)
  4. them:I don’t know them.(私は彼らを知りません)
  5. His:His sister loves games.(彼の妹はゲームが大好きです)

まとめ:定期的に一覧表を見て口ずさんでみよう

単数の人称代名詞のように、複数の人称代名詞もリズムで覚えましょう。

しかし、一人称や目的格などの文法用語を暗記するのが大事なのではなく、どの場面でどれを使うのかが分かることが最重要です。 色々な英語の文章に触れることで癖づけをすればベストですね。

また、人称代名詞に慣れてきたら、会話でも使う他の代名詞(関係代名詞)もマスターしてみましょう!『英語の「関係代名詞」|7種類の使い分けと簡単なコツを習得』を参考にしてみて下さい。

cta_teacher_img03

学習資料『偏差値40の落ちこぼれから1発でTOEIC満点を取って短期ネイティブになった全手法』

「結局、リスニングが聞けない・・・。」
「色々試しても、ペラペラ話せない・・・。」
「全然、TOEICの点数が伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

私もその一人でした。
(今はTOEIC満点、英検1級も1発取得)

そこで今回、10年以上の海外赴任生活やアジアのバイリンガル達のノウハウ、私が数万人に教えてきてブラッシュアップを重ね、本当に日本人に必要な英語勉強方法を体系化しました。

【保存版】「TOEIC満点×短期間ネイティブになった全手法」(PDF全71ページ)

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・

そんな落ちこぼれの私でさえ、短期でマスターできた方法です。

ぜひ、興味がある方は現在無料プレゼント中ですので読んで見てください。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta
pc-cta