著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語が話せるようになるには?|初心者にもおすすめの4つの独学勉強法

のべ3,196がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私が指導する生徒さんの中には次のような方がいらっしゃいます。

  • 海外の駐在員として仕事をしている
  • 語学留学をしている
  • 海外に移住して10年以上
  • 国際結婚をして会話は英語

など、既に英語に触れる環境がある方がいらっしゃいます。

実はこれは不思議なことではなく、海外に住んでいても英語が話せない方は少なくありません。

あなたは、英語教室に行ってネイティブと会話をすれば英語がペラペラ喋れるようになると思っていませんか?

それは大きな間違えです。

留学やワーホリ、英会話教室(オンラインなどのスクール)は英語を話す機会を増やすには役立つものですが、英語の基本が備わっていないと時間とお金の無駄になります。

海外にいて英語が話せない方は英語の基本の力がないためその環境をとても無駄にしているのです。

裏を返せば、日本国内にいても(英語環境でなくても)、英語力は身に付けることが出来るということです。

しかも、独学で無料で可能です。また、何年という長い時間も必要なく英語が上達する方法が存在します。

よってここでは、初心者(超初心者)から上級者まで誰でも今から英語を話せるようになる上達方法と勉強の仕方をご紹介します。なぜ、世界共通語が英語となっている理由も分かるでしょう。英語が苦手とか関係なく、誰でも簡単に習得可能です。その過程(ステップ)・やり方・コツが義務教育の英語学習とは全く異なります。

目次:

1.なぜ日本人は英語が話せない・上達しない共通の理由・特徴とは?
・理由と特徴その1.英語を間違えたくない
・理由と特徴その2.英語を話すのが恥ずかしい
2.初心者でも英語がペラペラ話せるようになる上達法
3.英語の勉強を継続して上達させるための目標設定が大事!
4.英語がペラペラ話せるようになるまで期間(時間)
5.英語を話すための最低限の英単語と英文法とは?
6.初心者や社会人でも上達!話せるようになるおすすめ英語アプリや教材
7.上達には英語の聞き流しはダメ!映画の字幕なしはOKの勉強法とは?
8.英語の環境でもっと話したい!おすすめ英会話教室や短期留学・ワーホリなど
・英会話教室のマンツーマンで英会話力を鍛える!
・短期留学やワーホリにも挑戦してみよう!

1.なぜ日本人は英語が話せない・上達しない共通の理由・特徴とは?

冒頭でもお伝えしたように、海外に10年以上住んでいていても話せない方が多いのです。

ではなぜそのような方が多いのでしょうか?

また日本にいて義務教育で3年、高校でも3年の合計6年間も英語に触れたのに英語が話せないのでしょうか?

英語のテストでは高得点をとっているのに英語が全く話せないという方が多いのが日本人の特徴です。

日本で有名な大学に進学しているのに英語が全く話せない生徒さんも数多くいらっしゃいます。

もちろん日本だけではなく世界的に有名は企業の社員の方もいらっしゃいます。

頭は良く、英語のテストも常に高得点の方です。英語の単語も知っている、文法も習得しているのになぜなのか?

勉強法とコツの部分は、『英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』の記事でもあるように、9つあります。

  1. 「音と音のつながり」をマスターしていない
  2. 英語独特のリズムが分からない
  3. 英語を聞き流している
  4. 英語をイメージで捉えていない
  5. 英語の音素を把握していない
  6. サイレント・ピリオドを作っていない
  7. 英語の語順感覚が身につていない
  8. 素早く理解する力を身に付けていない
  9. 説明する力をマスターしていない

これらは後ほど上達法のところで解決していくのですが、それ以外のメンタルの部分で英語が話せない、上達しない理由と特徴もみてみましょう。

理由と特徴その1.英語を間違えたくない

義務教育では減点方式で英語を学んできたので、とにかく間違えないようにとプレッシャーの中で英語に触れてきました。

これでは英語が全然楽しくないですよね。

母国語以外を学ぶときには間違えはつきもので、間違えない方が不思議です。

だからこそ日本語と英語の違い、また英語を英語で捉える感覚を知る必要があります。

間違えてもいいから説明する力、英語と日本語の語順の違い、和訳ではなく英語をイメージで捉える捉える感覚が必要です。ドンドン間違えながら英語を身に付ける勇気が必要です。『英語が話せない人の4つの理由と原因|簡単に解決する勉強法とは?』の記事で英語が話せない人が克服する要素を解説しています。

理由と特徴その2.英語を話すのが恥ずかしい

英語には日本語にない音が多くあります。

全てが違うと言っても過言ではありません。だから、発音が上手くないから恥ずかしいと思う方も多いようです。

例えば「R」や「TH」だったり日本語にない発音の単語が少なくありません。

日本人はどうしてもネイティブの発音ではないと話せないなどシャイになってしまいます。

また英語はリズムに乗りながら話す言語なので、日本語の棒読みとは異なります。

先ほどの英語を間違えたくないのと同じように恥ずかしがらずにいいように、英語の発音の基本を鍛えましょう!『英語の発音を楽しく上達できる2つの練習方法とコツ』にあるトレーニングで今日にでもネイティブの発音に近づけます。是非練習してみましょう!

2.初心者でも英語がペラペラ話せるようになる上達法

でも、英語をペラペラに話すようになるにはどのような勉強をしたら上達するのでしょうか?

すぐに英語を話す環境とおもってオンラインや英会話教室で勉強しようとしていませんか?

それが間違えです!

そもそもあなたが日本語を習得する過程で日本語のどの分野から始めたでしょうか。

赤ちゃんの頃、いきなり話し始めましたか?それとも絵本の文字を読むことから始めましたか?

大人が話す日本語をただただ聞くことから始めたはずです。

それが日本語を習得した一番最初の過程です。

これは英語でも同様です。要するに、意味を理解しないリスニングが言語習得のスタートです。

義務教育では、ABCなどアルファベットで英単語を書いたり、英文法からスタートしています。

だからこそ、これから英語を上達したいのであれば、『英会話の勉強法|独学で確実に英会話を上達させる7つのステップ』にあるように聞くことから始めるのが一番の近道なのです。そうすることで英語独特のリズム、語順、発音など自然と体に染み込ませることで、英語を話す時に簡単にネイティブのような言い方が出来るようになるのです。いきなり話すということは決してしないでください。

また、「妄想」という独学で英語を話すための勉強法もあります。気軽に英語を話すための勉強を始めたい!という方は、『英語が独学でペラペラ!4つの無料おすすめ「妄想」勉強法とは?』を参考にしてみて下さい。

3.英語の勉強を継続して上達させるための目標設定が大事!

英語を上達させる、ペラペラに話せるようになるには「続けること」、つまり英語の勉強を継続する習慣を付けることが大きなコツの1つです。

それには、「なぜ英語を勉強するのか?」の目標やモチベーションが必要です。

海外旅行を楽しみたい!仕事などビジネスで英語を話したい!TOEICなどの資格が欲しい!など色々あると思います。

英語を上達するにはそれぞれの目標設定が必要です。どんな些細なことでも構いません。あなたのモチベーションを保てる目標を『英語を勉強する目的は何?4つの正しい目標設定とスケジュール例』を参考にして設定してみましょう!

4.英語がペラペラ話せるようになるまでの期間(時間)

さあ、英語を勉強しよう!と思っても「どれくらいの期間」、「1日どれくらいの時間」勉強すれば英語が話せるようになるのか不安ですよね。

これは誇張でも何でもありまえんが、言語習得の流れの勉強法を実行すれば、最短で6ヶ月で英語が話せるようなレベルになります。

しかも無料教材など利用して、最初から英会話スクールなど通う必要は全くありません。

もちろんそれから継続して続けることでドンドン語彙力や表現力が増えていくのですが、その前の英語の基本力で日常英会話に対応できるレベルにはもっていけます。

それを実現されるには、スキマ(隙間)時間など有効に利用する必要があります。

あなたが勉強可能な時間帯を確保して、毎日継続できる環境が必要です。『英語の勉強|独学の学習計画を立て短期間で上達する6つの勉強法』の記事を参考にして計画を立ててみましょう!

5.英語を話すための最低限の英単語と英文法とは?

6ヶ月も待てない!今すぐ会社でも英語を話すことが必要だ!という方もいらっしゃるでしょう。

でもいきなりビジネス英語は難しいです。だからこそ、日常英会話に必要な最低限の英単語と英文法を押さえておくことが重要です。

これは日常英会話のリスニングにも役立つものです。

英語習得と英会話が上達!初心者に必要な285英単語と文法』に目を通して、基本を押さえておいてもいいでしょう。今日から英語を話せることがなるような裏技です。しかし、しっかり6ヶ月間リスニングから始めることが確実な英語力を身に付けるのでその点は覚えておいてください。英語の伸び悩みの壁にぶち当たった時に実感します。

6.初心者や社会人でも上達!話せるようになるおすすめ英語アプリや教材

英語が本当に苦手という初心者の方、忙しくて英語の勉強に毎日時間を割く自信がない社会人の方には、スキマ(隙間)時間に勉強が出来るツールが必要です。

またそれは正しいツールである必要があります。

通勤、通学中、就寝前のわずかな時間に楽しんで英語を勉強するには、アプリなどが重宝します。

英語を上達、話すまでの力を付けるために人気と役立つアプリや教材などをピックアップしました。『英語勉強|英検1級・TOEIC満点者おすすめのアプリ・教材35選』をご参考下さい。

7.上達には英語の聞き流しはダメ!映画の字幕なしはOKの勉強法とは?

先ほども解説しましたが、隙間時間や楽しみながら英語に触れることは継続して勉強するには非常に大切です。

その中で英語の映画を見たり、ニュースを聞いたりすることは英語表現の吸収にもなるので、話す時のボキャブラリーのUPにもなります。

リスニング力と語彙力を鍛えるには英語を常に聞くことは大変重要です。

日本にいても英語環境を作る1つのコツです。

そこでよく聞く質問が、「聞き流しでもいいですか?」というものです。この質問はものすごく多いです。

英語の聞き流しで効果を発揮するにはタイミングが重要です。

英語の聞き流しリスニングで効果を出す!無料で正しい1つの学習方法』でも説明しているようにある程度の英語回路と英語リズムが備わった時点で実践することをおすすめします。

初心者は絶対に聞き流しはやめて下さい。自己満足で終わってしまいます。

では、どのような勉強法がいいのでしょうか?

それは映画を字幕なしで観る勉強法です。

しっかりと楽しみながら、意味を理解しながら字幕なしで映画や海外ドラマを観る方法があります。

日本語の吹き替えなどを使った楽しい方法を『映画が字幕なしで分かる!劇的に変わる2つの英語リスニング勉強法』で説明しているので是非ご参考下さい。

また、リスニングだけではなく、時間に余裕がある場合は英字新聞などを読む習慣を付けるのもいいでしょう。

ビジネス英語を鍛えたい社会人にもおすすめです。

日本のニュースを英字新聞で見ることから始めるとスタートしやすいです。また和訳が付いているものもあるので、ストレスが少なく、初心者でも読むことが出来ます。

おすすめの英字新聞|レベル別で初心者も上達!5つの勉強法とコツ』で厳選している英字新聞を手にとってみましょう。

8.英語の環境でもっと話したい!おすすめ英会話教室や短期留学・ワーホリなど

独学の英語の勉強や練習だけでなく、もっともっと完ぺきに英語を話せるようになり、上達したいという方には、別の方法もあります。

身近なもので言えば、英会話教室(オンライン英会話も)、また留学(短期留学)、ワーホリです。

今では英会話カフェといって、自由な時間にカフェに行って外国人と話せる場所も東京など都市には多くあるのでそれらを利用するといいでしょう。

しかし、しっかりと間違えを指摘してくれる教師と生徒という環境がある程度の英語レベルになるまではベターでしょう。

英会話教室のマンツーマンで英会話力を鍛える!

格安のオンライン英会話など色々な種類の学校がありますが、基本はマンツーマンで間違えを指摘してもらえるスクールがベターです。

では、少し割高だけど実際に教室の中で勉強する英会話教室はどうなのでしょうか?

オンラインに比べて教師の質は高いです。だからこそ、初心者であれば『TOEIC満点者おすすめ!5つの初心者や社会人向け英会話教室と勉強法』でおおすすめしている英会話教室やレッスンを使うものもいいでしょう。その後に割安でフリートークで話せるオンライン英会話に移行するのがいいかもしれません。

短期留学やワーホリにも挑戦してみよう!

特に社会人に人気なのが、夏休みや冬休みの1週間程度を利用して出来る短期留学です。

ここでご紹介した勉強法を実践してある程度の英語力を身に付けていかないと意味がないのでその点は注意して下さい。留学だけが英語を上達させてくれるわけではないのは冒頭でもお伝えしています。

海外での生活をしながら英語に触れるのはとてもいい経験になります。『英語留学|短期から長期で学べる!7つの国や費用・奨学金・業者など』にて費用など参考にしてみて下さい。

語学留学より費用が安く英語を話す環境におけるのが、「ワーホリ」です。仕事をしながら英語を学ぶことが可能です。

しかし、全ての方がワーホリに参加出るわけではありません。年齢制限等があるので、『5つのおすすめワーホリ(ワーキングホリデー)の国・費用・条件など』の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ:英語を話すには正しいステップと環境づくりが上達の秘訣

英語をペラペラネイティブ並みに話せるようになるには、必ず過程があります。

いきなり話すことはせずに、言語習得の流れに沿うことを意識してみて下さい。

そして毎日継続して英語に触れることが重要で、その環境を無理せず作ることから始めます。

英語を話すまでの道のりは難しいものではありません。楽しみながら英語を上達させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta