著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

【社会人】短期の語学留学|費用や期間、おすすめ国や地域を紹介!

のべ415がこの記事を参考にしています!

あなたは、英語や韓国語、スペイン語などを習得するために語学留学をしたいと思っていますか?

しかも、働いているのであれば、休日や休暇を使って「短期の語学留学」ができないか模索中かもしれません。

今では、オンラインでの英会話など、実際に海外で暮らさなくても自分が習得したい言語に簡単に触れれて、勉強できるようになりました。

しかし、それではなぜか満足していない、または上達度合いやスピードに不満をもっているのではないでしょうか?

ここでは、特にお仕事をされながら忙しい社会人でも英語などの言語習得が可能になる「短期での語学留学」に絞って深堀りしていきたいと思います。

そこには、期間費用、そして短期留学のメリット成功するためのコツなども含まれます。

本記事が、あなたの目標に近づくため、また夢の実現にご役にたてるのであれば幸いです。

  1. 社会人の短期語学留学|どのくらいの期間を言うの?
    1. 短期留学の期間は「数週間から数ヶ月」
    2. 社会人の短期留学で人気なのは「2週間から8週間」
  2. 社会人が短期で語学留学するメリット・デメリット
    1. 社会人が短期留学するメリット
    2. 社会人が短期留学するデメリット
  3. 忙しい社会人が短期の語学留学を成功させるには?
    1. 事前準備
    2. 留学中の取り組み
    3. 帰国後のフォローアップ
  4. 短期で語学留学する期間中の費用はどれくらい?
    1. アメリカへの短期留学の場合
    2. フィリピンへの短期留学の場合
    3. 社会人の短期留学にかかる費用一覧(目安)
  5. 社会人は短期でも語学留学せずに、オンライン学習でもOK?
    1. オンライン語学学習のメリット
    2. オンライン学習のデメリット(実際の語学留学との違い)
  6. 社会人が短期で語学留学するのは大学もあり!?
  7. 社会人が短期で語学留学するのに奨学金は使える?ローンはあるの?
  8. 社会人が短期で語学留学するにはワーホリがいい?
    1. ワーキングホリデーのメリット
    2. ワーホリの注意点
  9. おすすめ!信頼と実績が抜群の短期留学エージェント4選
    1. 実質0円留学・オーダーメイド留学なら「夢カナ留学」
    2. 格安留学なら「スマ留」
    3. SNS登録者170万人で人気!StudyIn(スタディーイン)
    4. 現地オフィスがあるエージェントなら「留学情報館」
  10. いつがいい?社会人が短期留学する時期と休みの取り方
    1. 夏休みの場合
    2. 冬休み(年末年始)の場合
    3. 会社の規則など
  11. 英語だけじゃない!社会人の短期留学でおすすめの国は?
    1. 英語の短期留学(国別)
    2. 社会人にも人気!韓国の短期留学(地方別)
    3. その他の言語

社会人の短期語学留学|どのくらいの期間を言うの?

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

最近、巷では既に働いている社会人の方でも、短い期間で語学が学べる「短期の語学留学」が流行しています。

一昔前までは、数年単位の期間で語学学校や海外の大学への入学など、まとまった時間が必要だったため、社会人として働き始めたら、「言語習得は諦めるしかない」という時代は過去の話となりつつあります。

しかし、社会人でも語学をマスターする言語留学の「短期」とはどれくらいの長さを言うのでしょうか?

短期留学の期間は「数週間から数ヶ月」

一般的に、短期留学の期間は「数週間から数ヶ月」と言われています。

社会人の短期留学で人気なのは「2週間から8週間」

最も一般的で、社会人に人気なのが、「2週間から8週間程度」のプログラムです。

しかし、「短期」と言っても、その定義は非常に曖昧で、数日間のものもあれば、半年程度のものもあります。

社会人が短期で語学留学するメリット・デメリット

仮に数週間という限られた時間であっても、異文化体験や現地の言語環境に触れることで、集中しての言語能力の向上はもちろん、国際感覚や自立心を育むことができます。

もちろん、そこには「短期」という点でのデメリットも存在し、また、短期留学の反対である「長期留学」との違いも同時に知ることでより効率的に短期留学に挑戦できます。

社会人が短期留学するメリット

それではまず大きな3つのメリットから見ていきましょう。

  1. 時間的制約が少ない:社会人は学生とは違い仕事や家庭の責任があるため、長期ではなく有限の休暇を利用しても参加が可能です。
  2. 集中的な学習が可能:短期間で集中的に語学を学ぶことは、効率的なスキルアップが可能です。日頃の仕事で忙しい日常から離れて全力で言語のみに没頭できるため、短期間での成果が期待できます。
  3. 費用を削減できる:長期留学に比べて、短期留学は全体の費用が抑えられます。これにより、経済的な負担を少なくしながら国際経験を積みながら言語習得が可能です。

社会人の短期留学はメリットばかりが目立ちますが、決してそうではない!という点も踏まえておきましょう。

社会人が短期留学するデメリット

短期留学ならではのデメリットも存在します。以下が主なデメリットとなります。

仕事をしている社会人ならではのデメリットもあります。

  • 浅い文化体験になる可能性:短期留学では、長期留学と違い、時間不足により、現地の文化や生活に深く触れることが難しい場合があります。
  • 言語習得の限界?:言語は継続的な実践と時間が必要です。短期留学では、長期留学ほどの言語習得の深度を得ることは難しい可能性があります。
  • 復職後の適応が難しい場合もある:短期であっても、語学留学後、社会人はすぐに仕事に戻る必要があります。引き継ぎ、また通常業務に戻るのに時間がかかるかもしれません。

忙しい社会人が短期の語学留学を成功させるには?

さて、せっかくの休みを利用したり、一時求職や意を決して退職までして短期で語学留学するのであれば、絶対に成功させたいですよね?

そのためには、1つ目、「事前の準備」、2つ目、「留学中の取り組み」、そして3つ目、「帰国後のフォローアップ」が必要不可欠です。

ただ漠然と語学留学をするのであれば失敗が目に見えています。

それぞれどのような対策が必要なのでしょうか?

事前準備

準備が8割と言われるほど、短期留学前の事前準備はとても大切です。

それにはまず、「目標設定」です。

「なぜ、語学留学までして言語を学ぶのか?」という自分自身への問いかけを今一度してみて下さい。

例えば次のような理由があるでしょう。

  • TOEICのスコアを800点以上取り、ビジネスとして将来の転職に役立てたい
  • 英会話力を伸ばして海外に移住したい
  • 言語だけじゃなく、異文化交流で視野を広げたい

など。

それにより、次に大切なのが「プログラムの選択」になります。

自分の目標設定が「英会話上達」なのか、「ビジネスレベルを目指す」のか、などにより、自分の目標に合った語学学校やプログラムの選択が異なってきます。

自分自身でレビューや評価、コース内容を確認するのもありですが、基本的には信頼のおけるエージェントと事前に相談するのがいいでしょう。初めての方でも安心して相談できる、数社あるおすすめのエージェントについては後ほどご紹介しています。

そして、これもものすごく大切になるのが、「事前学習」です。

「私は留学するからそこからでいい」という心構えでは絶対に成功はしません。短期留学までの期間が十分になるのであれば、その前に自分自身で学習しておくことで、現地での学習効率が高まります。

それと同時に、ビザ、航空券、保険の加入、宿泊先の手配など「ロジスティックの整理」も、現地での勉強に集中する上でも大切ですね。

しかし、これらは留学エージェントにお願いすれば、何も心配する必要はないので、その点は安心です。

留学中の取り組み

さて、いよいよ現地での勉強がスタートします!

しかし、ただ単に教室での勉強をこなすだけでは、短期留学という期間の制限上、言語の上達度合いはあまり望めません。

その取り組む姿勢と授業以外での取り組みがとても大切になってきます。

学校のクラスでの「積極的な参加」」がキーになってきます。

もちろん、学校外での現地の人々との交流やアクティビティに参加、他の国からきている留学生と友達になるなども大切ですが、先ず一番重要なのが、日々何時間も行われる「授業への取り組み」です。

日本人特有の「シャイな一面」は不要です。

疑問に思ったことは質問する、他の生徒と意見を交わすなど、言語を習得していなくてもその姿勢はとても大切になります。

また、寝る前など空き時間に、勉強している言語、例えば英語で「日記やブログで日々の学習や体験を記録する」ことで、進捗の振り返りが可能にもなります。

社会人でとても貴重な時間を短期留学に割いている分、一秒たりとも無駄にはしたくないですよね。

帰国後のフォローアップ

さて、短期留学が終わり帰国したとしましょう。

短期留学で完璧にその言語を習得することは不可能です。

だからこそ、帰国後のフォローアップも重要なんですね。

帰国後も、「継続的に言語練習を続けること」で、留学で得たスキルを維持や向上させます。

また同時に、「留学経験を自分のキャリアにどう生かすか?」を考え、実際の仕事での応用を目指す必要もありますね。

よって、復職後の適応計画も重要です。

短期で語学留学する期間中の費用はどれくらい?

さて、短期留学をしたいけど、やはり気になるのはその費用ですよね。

先ずはどのようなところに費用がかかるのかを見ていきましょう。

大きく分けて4つの費用が掛かります。

  1. 語学学校の授業料:留学の中心となるのが語学学校の授業料です。
  2. 宿泊費:宿泊費は留学費用の重要な部分です。ホームステイ、学生寮、アパートメント、ホテルなど、選択肢は多岐にわたります。
  3. 生活費:食費、交通費など:日々の食費、交通費、娯楽費なども計画に含める必要があります。
  4. その他の費用:航空券、ビザ申請費用、海外旅行保険や医療保険なども計算に入れておきましょう。

しかし、これらの費用も一概に「いくら」と断定できません。

特に英語を学ぶ留学の場合、様々な要因によって費用が変動します。

例えばアメリカで英語を学ぶ場合とフィリピンで学ぶ場合ではその費用に大きな差が生じます。授業料、宿泊費、生活費、旅費の点で見ていましょう。

アメリカへの短期留学の場合

フィリピンと比較したら費用は大幅に異なってきます。

  • 授業料:アメリカの語学学校は一般的に高品質ですが、それに伴い授業料も高額です。短期のコースでも数百から数千ドルが一般的です。
  • 宿泊費:アメリカの都市部では宿泊費が高く、ホームステイ、寮、アパートメントなどのオプションによって費用が変わります。月額で数百から数千ドルが一般的です。
  • 生活費:食費、交通費、娯楽費などの生活費も地域によって異なりますが、平均して月に数百ドル必要です。
  • 旅費:航空券の費用は出発地と時期によって異なりますが、往復で数百から数千ドルが目安です。

フィリピンへの短期留学の場合

アメリカでは高品質な教育を受けることができますが、フィリピンも英語が公用語の一つであり、コストパフォーマンスの高い教育を提供しています。

  • 授業料:フィリピンの語学学校はコストパフォーマンスが高く、授業料は比較的低価格です。短期のコースでも、数百ドルから始まることが多いです。
  • 宿泊費:フィリピンでは宿泊費がアメリカよりもかなり安価です。ホームステイや学生寮などのオプションがあり、月額で数十から数百ドル程度です。
  • 生活費:物価が低いため、フィリピンでの生活費も比較的安価です。月に数十から数百ドルで済むことが多いです。
  • 旅費:航空券の費用は出発地と時期によりますが、一般にアメリカへの旅費よりは安価な場合が多いです。

このように、アメリカへの短期留学は、フィリピンと比較して総合的な費用が高い傾向があります。特に宿泊費と生活費で大きな違いが見られます。

では、英語の場合、フィリピンへの短期留学がいいのか?

短期留学の文化体験の面からいうと、アメリカは多様性に富んだ文化を、フィリピンはアジア独特の文化と英語の環境を提供しているので、あなたの短期留学の目的に合わせて留学先の地域を選択することが大切です。

社会人の短期留学にかかる費用一覧(目安)

以下は、各国へ短期の語学留学をした場合の費用の目安です。なお、滞在方法はホームステイや寮の場合を想定してトータル費用を計算しています。

社会人_短期留学先_費用比較表

なお、各国の短期留学費用はあくまで目安なので時期や条件、各国の物価状況によって変わりますし、留学エージェントなどの相談先によっても変わります。

社会人は短期でも語学留学せずに、オンライン学習でもOK?

「今はオンラインでも語学学習はできるし、費用も掛からないオンライン学習でいいか・・・」と考えていらっしゃるかもしれません。

もちろん、オンラインでの語学学習でも英語など語学力をUPすることは可能です。

オンライン語学学習のメリット

語学留学をせずに、日ごろの生活の中で出来るオンライン語学学習には次のようなメリットがあります。

  • 時間的柔軟性:オンライン学習は、時間的な制約が少なく、自分のスケジュールに合わせて学習を進めることができます。仕事や家庭の責任と両立しやすいのが大きな利点です。
  • コスト削減:海外留学に必要な航空券、宿泊費、生活費などの費用がかかりません。授業料のみで、質の高い教育を受けることが可能です。

コストもかからずに、自由な時間でできるオンライン学習にデメリットはあるのでしょうか?

オンライン学習のデメリット(実際の語学留学との違い)

オンライン学習のデメリットとして考えられるのは、次の通りです。

  • 24時間語学漬けの環境は難しい:どうしても1日30分や1時間程度がオンライン学習の限界で実際の語学留学とは環境の差は否めない
  • コミュニケーションの限界:オンラインでは、対面でのコミュニケーションに比べて、細かいニュアンスや非言語的コミュニケーションが捉えにくいことがあります。これは日本語でも同様ですね。
  • 異文化体験の欠如:オンライン学習では、実際に異文化に触れる経験は限られています。語学留学では現地の文化や日常生活を体験することができる点が魅力です。

語学留学を検討されているのであれば、オンライン学習は先ほど説明している、「事前学習」と「帰国後のフォローアップ」に上手く取り入れることがとても大切ですね。

社会人が短期で語学留学するのは大学もあり!?

もちろん社会人で語学留学だけじゃなく、「大学」や「大学院」での勉強を視野に入れている方もいるかもしれません。

しかし、「短期」での留学は難しく、最低でも2~3年の長期での留学計画が必要となります。

また、IELTSやTOEFLなど大学入試に必要とされるテストで高得点を取る必要があり、短期の語学留学を目指している方に大学入試はとてもハードルが高いです。

因みに、IELTSでは最低でも6.0、TOEFL(CBT)では230点ぐらいが必要だと言わています。

これを日本人に馴染みのあるTOEICと英検で換算すると、TOEIC 820点以上、英検準1級以上だと言われています。

社会人が短期で語学留学するのに奨学金は使える?ローンはあるの?

先ほど説明した通り、英語の留学先としてアメリカなのか、フィリピンなのかだけでも、語学留学にかかる費用は大きく異なります。

語学留学先を決めて、それにかかる費用も計算して、働きながらその費用を貯めている方も多いでしょう。でも、目標額の貯金が貯まるまで時間がかかり、「まだ十分ななお金は無いけど、今すぐにでも海外へ語学留学したい!」という方にもどうしても、その「費用を貯める」という時間的制約とプレッシャーがネックになってしまいます。

そんな方におすすめなのが、留学エージェントが独自で提供しているローンや奨学金制度です。

それぞれプランが異なりますので、この後ご紹介する留学エージェントに相談してみて下さい。

社会人が短期で語学留学するにはワーホリがいい?

会社を退職して「ワーキングホリデー」、通称「ワーホリ」での語学留学を考えている方もいらっしゃるでしょう。

ワーホリとは、一定期間、特定の国で働きながら滞在することを可能にするビザ制度です。ワーホリは、特に実務経験と語学学習を同時に行いたい社会人には最適です。

経済的自立と実務経験を重視する場合、ワーホリは短期留学において非常に魅力的な選択肢と言えます。

しかし、年齢制限やビザの取得条件など、事前によく調べておく必要があります。

それぞれ見ていきましょう。また、この「ワーホリ」については各留学エージェントも相談に乗ってくれますので、この後にご紹介するエージェント各社で先ずは無料カウンセリングを受けるのをおすすめします。

ワーキングホリデーのメリット

まず社会人にとってワーホリの魅力は次の通りです。

  • 実務経験の獲得:ワーホリを利用すると、現地での仕事を通じて実務経験を積むことができます。これにより、言語スキルだけでなく、実際の職場でのコミュニケーション能力や国際的なビジネススキルを身につけることが可能です。
  • 柔軟な滞在期間:ワーホリビザは通常、1年間の滞在を許可しています。このため、短期間の語学留学に限らず、長期滞在も可能で、自分の都合に合わせて滞在期間を調整できます。
  • 経済的自立:現地での仕事によって収入を得ることができるため、留学中の経済的な負担を軽減することが可能です。これにより、語学学校の授業料や生活費の一部をカバーすることができます。
  • 異文化体験:ワーホリでは、語学学校だけでなく、現地の職場やコミュニティに深く関わることができます。これにより、より深い文化的理解や実践的な言語スキルを獲得することができます。

ワーホリの注意点

ワーホリはとても魅力的ですが、そこには制限があるのでその点は留意しておきましょう。

  • 年齢制限:ワーキングホリデーは、多くの国で年齢制限が設けられています。一般的には30歳か35歳が上限です。
  • ビザの取得条件:ワーホリビザの取得には、健康状態、経済状態、過去の滞在歴など、特定の条件が求められます。
  • 職種の限定:一部の国では、ワーホリビザで許可される職種や働く期間に制限がある場合があります。

これらの制限は語学留学先の国の制度により異なりますので、その点も留学エージェントに相談してみて下さい。

おすすめ!信頼と実績が抜群の短期留学エージェント4選

ものすごくいい語学学校を見つけたとしても、英語のみの説明、日本語スタッフがいなく不安なところもあるので、まずは実績のある留学エージェントと相談したほうがベストです。

費用や渡航先での宿泊、様々なケアなど、色々確認した方がいいですね。安心して語学留学するには、トラブル解決なども含めて、エージェントは欠かせません。

ここでは、短期留学の相談でおすすめのエージェントを4つご紹介します。

  • 夢カナ留学
  • スマ留
  • StudyIn(スタディーイン)
  • 留学情報館

それぞれ順番に見ていきましょう。また、1つにエージェントを絞るのではなく、複数相談して、自分に合ったエージェントに決めるのがいいでしょう。

実質0円留学・オーダーメイド留学なら「夢カナ留学」

agent_yume-kana

夢カナ留学は、安い費用でかつ自分の目的に合うようにオーダーメイドの留学・ワーホリプランを提案してくれる留学エージェントです。

一般的な留学エージェントでは、語学学校先からの紹介報酬(日本人が多く、授業料も高い学校など)で収益を得たりしているケースがあります。

その点、夢カナ留学は紹介報酬に依存していないため、余計な費用負担がかからない分、

  • 安くてオーダーメイド型の留学プラン
  • 実質0円の留学プラン
  • 日本人割合が15%以下の語学学校先

など、それぞれに合う留学プランを提案してくれます。

留学費用を安く抑えたい方、実質0円の留学プランが気になる方などは、無料カウンセリングを受けてみましょう。

夢カナ留学の無料カウンセリングはこちら

格安留学なら「スマ留」

agent_smaryu

スマ留は、留学のクオリティはそのままで従来の最大半額の費用で最短1週間から行ける、格安留学エージェントです。

スマ留の料金プランは、全てがパッケージになっていてシンプルです。授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込みで他社と比べて最大半額。25週間以上の留学であれば、最低価格保証サービスを行っています。

さらに他社であれば、別途20~30万のサポート料金がかかる所もありますが、スマ留では一切追加費用がかかりません。

クオリティは確保しながら格安料金や最安値で留学したい人は、一度、スマ留の無料カウンセリングに相談してみてはいかがでしょうか。

スマ留の無料カウンセリングはこちら

SNS登録者170万人で人気!StudyIn(スタディーイン)

agent_studyin

StudyInは、公式YouTubeやTikTokなどSNS登録者数が170万人以上、著名人や有名大学・企業から紹介など口コミでも人気の留学エージェントです。

StudyInの特徴は多くのコンサルタントが海外留学や海外就労を1年以上経験しているため、全員の英語力がビジネスレベルという日本でも稀な留学サポート会社である点です。

そんなコンサルタントが海外視察を繰り返し、選び抜いた5%のトップスクールのみ紹介することで結果にコミットし、短期間で圧倒的に英語が話せるようになるための海外留学をサポートしています。

また、StudyInのスタッフは2年以上のアメリカ大学留学経験に加え、ニューヨーク・ハワイ・オーストラリア・マレーシアにて1年以上の就労経験を持っています。

アメリカ・イギリス留学など様々な相談をしたい方は、説明会や資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

SNSで大人気!留学するなら『StudyIn』

現地オフィスがあるエージェントなら「留学情報館」

agent_ryugaku-johokan

「留学情報館」は、2005年にロサンゼルスで設立された留学エージェントです。2010年からは日本を拠点にしていて、海外で設立されたからこそのリアルな情報・充実のサポートを行っています。

留学情報館の特徴は、

  1. 手数料無料のサポート
  2. 出発前英会話レッスンが無料
  3. 帰国後の英会話レッスンも1年間無料
  4. 現地オフィス利用が無料(ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、ラスベガスなど)

帰国後も、資格を持ったキャリアコンサルタントがキャリアプランニングシートの作成方法などをレクチャーし、サポートしてくれます。

気になる方は、無料カウンセリングがあるので相談してみてください。

留学情報館の無料カウンセリングはこちら

いつがいい?社会人が短期留学する時期と休みの取り方

社会人が短期で語学留学を計画する際、休みの取り方は非常に重要です。一般的に、夏休みや冬休み(年末年始)が利用されることが多いですが、会社の規則や個人の状況に応じて最適な時期を選ぶ必要があります。

夏休みの場合

夏休みは、多くの会社で比較的長い休暇が取りやすい時期でもあります。この期間を利用するメリットは以下の通りです。

  • 長期休暇の利用:多くの会社では夏期休暇が設定されており、連続した休みを取りやすいです。
  • 留学先の季節:留学先が北半球であれば、夏季は活気があり、多くの文化イベントやアクティビティがあります。
  • 語学学校のプログラム:夏は語学学校が特別なサマーコースを提供することが多く、集中的な学習が可能です。

冬休み(年末年始)の場合

冬休み、特に年末年始は、短期留学にも適した期間です。この選択のメリットは次のとおりです。

  • 年末年始の長期休暇:多くの会社で年末年始は連休となるため、この期間を利用して留学に行くことが可能になります。
  • 異文化の祝祭体験:語学だけじゃなく、本場のクリスマスや新年など、留学先での特別な文化体験を楽しむことができます。
  • 冬季限定のプログラム:冬には特別な冬期コースが開設されることも多く、その期間に合わせて留学を計画できます。

会社の規則など

社会人として留学を計画する場合、会社の規則や休暇の取り方は重要な要素になりますね。

  • 事前の相談:留学の計画を立てる前に、会社の人事部門や上司と休暇について相談し、承諾を得ることが必要です。
  • 長期休暇の規定:会社によっては、長期休暇を取るための特別な規定や手続きがある場合があります。これらの規則を確認し、適切に申請を行うことが重要です。

短期と言っても数週間~数か月の間、どうしても業務が止まるので、その引き継ぎや対応など会社と相談する必要がありますね。

もちろん、退職しての語学留学もできますが、その際は帰国後のフォローアップをシッカリと考えておく必要があります。これはワーホリで語学留学される際も同様ですね。

英語だけじゃない!社会人の短期留学でおすすめの国は?

語学留学と言うと、その言語は「英語」を思い浮かべるかもしれません。

もちろん、大多数は「英語」の語学留学が多いのですが、その他にも「韓国語」や「中国語」、またヨーロッパ諸国の「ドイツ語」、「フランス語」、「スペイン語」なども人気です。

それと、「英語」習得のための短期の語学留学と言っても、地域によってのメリットやデメリットが存在します。ここでは、英語が中心とはなりますが、その留学地域による特色をご紹介します。

留学先を選定する際の参考にしてみて下さい。

英語の短期留学(国別)

英語の語学留学を計画する際、目的地の選択は重要な要素です。

各国の特色や物価、教育の質など、異なる要素を考慮する必要があります。以下は、人気のある英語圏の留学先とそれぞれの特徴についての概要となります。

アメリカ留学(グアム・ハワイを含む)

アメリカの留学地域には、ハワイやロス(ロサンゼルス)やニューヨークなど物価の高い地域もありますが、とても人気です。

本場の「アメリカ英語」を学ぶには、アメリカでの語学留学がベストであるのは不変です。

メリット

  • 多様な文化と教育機会:アメリカは世界最大の英語圏国家であり、多様な文化、教育機関、専門分野へのアクセスが可能です。
  • グローバルなビジネスと科学技術の中心:特に大都市では、ビジネス、科学、技術の最前線を体験できます。

デメリット

  • 高い物価と生活費:特に大都市では物価が高く、留学にかかる総費用が高額になりがちです。
  • ビザ取得の複雑さ:留学ビザの取得が厳格で、時には複雑なプロセスを要することがあります。

イギリス留学(ロンドンなど)

イギリスはロンドンが中心となり人気の語学留学先の1つでもあります。「イギリス英語」を学びたい方は、イギリスへの語学留学をおすすめします。

メリット

  • 伝統的な英語教育:英国英語の習得に最適で、歴史ある高品質な教育機関が多数存在します。
  • 豊かな文化遺産:ロンドンをはじめとする都市は文化的な活動が盛んで、多くの歴史的建造物やアートを楽しむことができます。

デメリット

  • 高額な生活費:特にロンドンは世界でも屈指の高物価都市で、生活費が非常に高くなります。
  • 気候:比較的肌寒い気候であり、一年を通じて雨が多いため、気候に順応する必要があります。

オーストラリア留学

メルボルンやシドニーなどが留学先としては有名です。「OGイングリッシュ」のアクセントが特徴でもあります。

長年、日本人の留学生に人気の国です。

メリット

  • 温暖な気候とアウトドアライフスタイル:快適な気候と豊かな自然環境で、アウトドア活動が豊富です。
  • 国際的な学生コミュニティ:多文化主義の国であり、世界中からの留学生が集まります。

デメリット

  • 遠隔地:他の英語圏国家と比べると地理的に孤立しており、帰国時の移動が大変です。
  • 一部地域の高物価:特に大都市では、物価が高い傾向にあります。

ニュージーランド留学

オーストラリアに近く、こちらもとても人気の留学先です。

メリット

  • 安全でリラックスした環境:治安が良く、自然に囲まれた平和な生活環境が魅力です。
  • 英語教育の質:高品質の教育システムを持ち、アットホームな学習環境が提供されます。

デメリット

  • 季節の逆転:北半球と季節が逆転しており、適応に時間がかかることがあります。
  • 限られた都市部:大都市が限られており、地域によっては活動の選択肢が限定的になることがあります。

カナダ留学

アメリカの物価高に悩んでいるならカナダはおすすめです。比較的、訛りもなく、アメリカ英語に近い英語が習得できます。

メリット

  • 多様な文化と自然:広大な自然と多文化が共存しており、異なる文化体験ができます。
  • 比較的手頃な生活費:アメリカやイギリスに比べて物価が低く、学生に優しい環境です。

デメリット

  • 寒冷な冬:特に北部や内陸部では冬が厳しく、寒さへの対策が必要です。
  • 英語とフランス語のバイリンガル地域:一部地域ではフランス語が主流であり、英語環境とは異なることがあります。

フィリピン留学

今現在、圧倒的人気なのが「フィリピン」です。マニラ、セブ島以外でも多くの語学学校が存在して、特に東南アジア諸国からの留学生も多いです。

メリット

  • コストパフォーマンス:物価が安く、質の高い英語教育を低コストで受けることができます。
  • 親しみやすい文化:フレンドリーでオープンな文化があり、コミュニケーションがしやすいです。

デメリット

  • 基本的なインフラの問題:一部地域では交通渋滞や電力供給などのインフラ面での問題があります。
  • 安全性の懸念:一部地域では治安の問題があり、注意が必要です。

シンガポール留学

とても治安のいい国で、英語習得に集中したいならおすすめの1つです。「シングリッシュ」という独特のアクセントがあるのも特徴です。

メリット

  • 高い教育水準と国際的な環境:アジアの教育ハブとして、高品質な教育と国際的な環境を提供します。
  • ビジネスとテクノロジーの中心地:ビジネスやテクノロジーの最先端を経験できます。

デメリット

  • 高い生活費:高い物価と住宅コストが留学生の負担になり得ます。
  • 小国での限られた体験:国土が狭く、留学中のアクティビティや旅行の選択肢が限定されることがあります。

マレーシア留学

シンガポールの隣の国で、マレーシア語、中国語、英語などが日常会話ベースで使われているのが特徴のとても文化に富んでいる国です。

メリット

  • 低い生活費と親しみやすい文化:物価が安く、多様な文化が共存しています。
  • 英語とマルチリンガルな環境:英語が広く使用されており、異なる言語環境での学習が可能です。

デメリット

  • 教育の質にばらつき:学校によっては教育水準にばらつきがある場合があります。
  • 気候:熱帯気候であり、高温多湿な環境に適応する必要があります。

社会人にも人気!韓国の短期留学(地方別)

英語の次に、日本人にとってとても人気の留学先が「韓国」です。

韓流ドラマの影響もあり、短期間の留学先として韓国、また語学は「韓国語」が人気を集めています。

しかし、韓国語の短期留学を考える際、地方別の選択は留学生活の質と経験に大きな影響を与えます。

以下に、韓国の主要都市であるソウルと釜山(プサン)の利点と特徴、およびその他の地域の魅力について説明します。

ソウル留学

利点と特徴

  • 教育資源の豊富さ:韓国の首都であり、多くの高等教育機関が集中しています。質の高い韓国語プログラムと多様な教育コースが利用可能です。
  • 国際的な文化とエンターテイメント:韓国の文化、ファッション、エンターテイメントの中心地であり、日々の生活の中で韓国のトレンドを肌で感じることができます。
  • ビジネスとテクノロジーのハブ:韓国経済の中心であり、多国籍企業やスタートアップに触れる機会が豊富です。

釜山(プサン)留学

利点と特徴

    • 自然と文化の調和:韓国の主要港湾都市で、海と山に囲まれた自然豊かな環境が魅力です。
    • リラックスした生活環境:ソウルに比べて落ち着いた雰囲気で、日常生活でのストレスが少ないです。
    • 観光と地方文化の体験:美しい海岸線や温泉、伝統市場など、地域独特の文化や観光スポットが豊富です。

韓国のその他の地域

大邱(デグ)

  • 青年文化の中心:韓国の若者文化が盛んな都市で、活気ある学生生活を送ることができます。
  • 低い物価:ソウルや釜山に比べて生活費が低く、経済的な負担が少ないです。

光州(クァンジュ)

  • 芸術と歴史の都市:韓国近現代史と芸術の中心地で、文化的な体験が豊富です。
  • コミュニティとの交流:地域コミュニティが親密で、地元の人々との交流の機会が多いです。

済州島(チェジュ)

  • 自然環境の豊かさ:韓国の美しい自然が残る島で、リラックスした環境で学習に集中できます。
  • 観光とアウトドア活動:観光地としても人気が高く、アウトドアやレジャー活動が充実しています。

その他の言語

短期であっても、語学留学先により、これほど特徴やメリットデメリットなどが異なります。

中国語、フランス語、スペイン語など、英語や韓国語以外の語学を習得したい方は。自分の知識や憧れとは別で、シッカリと留学エージェントと相談してみましょう。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



留学・ワーホリ
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10
sp-cta
pc-cta