著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の勉強|独学の学習計画を立て短期間で上達する6つの勉強法

のべ494がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の勉強をして短期間で上達したいと思っていませんか?

最短・最速で効果を出すには必ず計画(スケジュール)を立てることが必要になります。

英語力を最短で習得するには、独学で約6ヶ月かかります。

しかし、1日5分程度で問題ありません。集中する時間さえ設ければ何ら問題はありません。

英語上達を実現するには、英語の勉強には必ず順番が存在するのを知っていましたか?

よってここでは、独学で短期間で英語がペラペラになるための方法を分かりやすく説明します。無料アプリや教材などを効果的に使う方法も是非参考にしてみて下さい。

目次:

1.英語初心者は何から始める?英語勉強の順番
2.英語が独学でペラペラになる6ヶ月学習計画と無料教材(アプリなど)
・1ヶ月目:先ずはリスニング力を鍛える
・2ヶ月目:英単語をイメージで覚える
・3ヶ月目:英文法を簡単に習得する
・4ヶ月目:発音とスピーキング力を身に付ける
・5ヶ月目:リーディングで英語力をUPする
・6ヶ月目:ライティング能力を手にする
まとめ:英語の勉強は毎日のスキマ時間だけでも上達する!

1.英語初心者は何から始める?英語勉強の順番

英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』や『英語勉強の始め方|何から始めるのがいい?3つのおすすめ独学勉強法』でも解説していますが、必ずリスニングから始めることです。

英語初心者(超初心者)なら絶対です。

英語学習の順番は下記の通りです。

  1. リスニング
  2. 英単語をイメージで覚える
  3. 英文法(語順感覚)を身に付ける
  4. 発音・スピーキング
  5. リーディング
  6. ライティング

この勉強の流れは絶対です。これが英語を最短距離で習得すためのコツの1つです。

むやみやたらに単語帳を使って英単語を覚えたり、英字新聞をいきなり読み始めたり、英会話学校に通ってはNGです。

また英語勉強の挫折の繰り返しになるので注意しましょう。

それでは、この順番をどれくらいの期間で習得し行くのかを見てみましょう。忙しい社会人でも朝の通勤中や就寝前の夜のスキマ時間でも全然大丈夫です。

2.英語が独学でペラペラになる6ヶ月学習計画と無料教材(アプリなど)

英語の習得には1日5分程度からスタートしていきます。

先ほど説明した6つの英語力を順番に見ていきましょう。

各1カ月間ずつで合計6カ月間で英語力をUPしていく計画です。

英会話学校やネイティブの先生に教えてもらう必要はありません。

1ヶ月目:先ずはリスニング力を鍛える

英語の習得は全てリスニングから始まります。

英語をいきなり話す人はいません。必ず聞く力が最初に必要な英語力となります。

但し、すぐに意味を理解するリスニングはしません。意味を考えない瞬発力と持久力の聞く力を身に付ける必要があります。既に80万人以上が参考にしている『英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法』の記事のトレーニングを実践してみましょう。

また、リスニング力を鍛えるのに教材が必要となります。これも無料で揃えることが可能です。

リスニング専用の教材や無料アプリなどは、『英語リスニング教材|厳選!9つのおすすめ無料アプリ・サイト・動画』を参考にしてみて下さい。

この1ヶ月目のリスニングが今後の習得スピードをを左右すると言っても過言ではありません。それくらい大切な過程なのです。

先ずは1日5分程度からスタートしましょう!

2ヶ月目:英単語をイメージで覚える

英単語は覚えても、暗記はしません。

暗記は短期記憶と言ってすぐに忘れる記憶力です。試験や受験の前に単語帳で英単語を覚えたけどすぐに忘れたという経験はありませんか?

それが短期記憶です。脳の浅いところにあるので、すぐに忘れてしまいます。

しかし、ここで勉強する方法は絶対に忘れない長期記憶で覚えるというやり方です。

フラッシュバック法という覚え方で脳の奥底にあり、瞬時に思い出すことができる能力です。決して特殊な英語力ではなく、誰でも簡単に出来る方法です。約90万人以上が参考にしている『TOEIC満点者が教える!英単語の覚え方マスター法』で忘れない記憶力を手に入れて英単語をどんどん吸収していきましょう。

英単語を覚えるのに分厚い教科書は必要ありません。

また、中学英語の単語から旅行などの英会話ベースの単語から吸収していくのが理想です。是非、『英単語・英単語帳|おすすめ無料アプリ4選と参考サイト・勉強法』の無料教材を使いましょう!

1日20単語ぐらいは簡単に吸収でき、そして忘れないので自分でその効果を実感してみましょう!

3ヶ月目:英文法を簡単に習得する

英文法が苦手で英語が嫌いになった方は多いのではないでしょうか?

また、英語の文法を難しいと思っていませんか?

実は英文法はものすごくシンプルで、しかも簡単に習得できるものです。

英語の文法は先ず「語順」の感覚を身に付けることで他の英文法が簡単になります。スタートはその語順が全てです。

それと英語力UPには中学英語の文法程度で全然問題ありません。というか、それ以外必要ないくらいです。

英文の並べ替えトレーニングをゲーム感覚で実践するだけで誰でも簡単に語順感覚をマスターすることができます。『英文法|効率的に英語の文法力が身に付く練習と4つの勉強法』を参考にしてトレーニングしてみましょう!

中学生レベルの英文法に触れることも大切です。そんな時に役立つのが無料アプリや参考書です。

勉強という感覚よりもこれもクイズ感覚で問題を解いていくのがいいでしょう。『英文法を習得|おすすめ無料アプリ・サイト・問題練習・参考書7選』を参考にしてみて下さい。

4ヶ月目:発音とスピーキング力を身に付ける

3ヶ月目を終えてから、ようやくアウトプット、つまりスピーキングです。

ここまでは一切英語を話しません。この「サイレント・ピリオド(沈黙の期間)」というのが英語習得には欠かせません。

ネイティブの赤ちゃんが大人が話す言葉を黙って聞いていて、徐々に話すようになる過程と同様です。

だから英語初心者は絶対にすぐに英会話教室に行ってはいけないのです。

また、英語を話そう!と難しい単語、長い文章を話したがる方がいますが、それではスピーキング力はマスターできません。

いきなり大人の英語を話す必要はありません。話すにも必ずステップが必要になります。

足し算つぶやきという方法でスピーキング力を鍛えていきます。先ずは中学英語の単語を使ってスタートです。実は私が今でも実践して英語力維持のためにも毎日トレーニングしている方法です。『偏差値40から独学でTOEIC満点を取得した英語勉強法』でその方法を確認してみましょう。ものすごく簡単です。

そして、スピーキング力と同時に「発音」も大切になります。

発音が苦手で英語を話すのが恥ずかしいという方は少なくありません。よってこの4ヶ月目に足し算つぶやきトレーニングと同時にネイティブの発音も身に付けましょう!

そんな時も無料アプリで添削してくれるなどツールを活用しましょう。また独自の発音矯正法も紹介しているので、『英語の発音|無料で練習!8つの人気おすすめアプリ・サイトで上達』を参考にしてみて下さい。

5ヶ月目:リーディングで英語力をUPする

英語の長文が不得意で、TOEICや受験など時間が足りないという経験はありませんか?

また、4ヶ月目で英語がある程度話せるようになっても、まだまだ語彙力が足りません。それを補ってくれるのが英語のリーディングでもあります。

英語のニュースやサイトなどを英語で読めるようになるとドンドン語彙力も表現力もネイティブ並みに上達していきます。

リーディング力を鍛えるのもコツと勉強法があります。

スラッシュリーディングや音読といった基本的な方法以外にオーバーラッピング法という英語を読む時間が短縮できる方法もあります。またそのトレーニングにも無料アプリを活用しましょう。『英語のリーディング|4つのコツや練習・勉強方法や無料アプリなど』を参考にしてみて下さい。

6ヶ月目:ライティング能力を手にする

最後の1ヶ月間はビジネスでも必須のライティング力を身に付けます。

英語のメールやプレゼン資料など社会人には欠かせない能力の1つです。それには日頃からスケジュール帳は英語で書く、日記を英語で書いてみるなどの癖付けが大切です。

英語と日本語の文章の書き方が異なるのでそのルールも知る必要があります。

サマリー・ライティングなどライティング力を鍛える効果的な勉強法がいくつかあります。また自分が書いた英語を添削してくれる方法やツールも知っておくと便利です。『英語のライティング|8つのコツや書き方と勉強法・アプリなど』を参考にしてみて下さい。

まとめ:英語の勉強は毎日のスキマ時間だけでも上達する!

英語の勉強と聞くと、机に座って何時間も勉強しているイメージがありますが、それでは英語は絶対に上達しません。

またこれまで解説したように、英語の習得にはその順序が必要です。

独学で勉強した6ヶ月の後は、オンラインの英会話などでいいので、どんどん英語を使って話していきましょう。

英会話教室やオンライン英会話、英語カフェなどをダメだとは言っていません。英語を話す機会が増えるはとてもいいことです。

しかし、そのタイミングが大切なのがお分かりいただけたかと思います。

今回の英語の勉強の仕方を参考にして、是非今日からでもリラックスして、楽しく英語を習得していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta