著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語が話せない人の4つの理由と原因|簡単に解決する勉強法とは?

のべ6,589がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

なぜ、ほとんどの日本人は学校の英語教育で勉強しても、英会話の学校に通っていても英語がペラペラに話せないのでしょうか?

また、海外に語学留学しても英語が話せない方がほとんどという事実をご存知ですか?

外国人に話しかけられたり、海外旅行で道を尋ねたりするのにもすぐに英語が出来てこなくて悔しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

特にビジネスで英語を使う必要がある方は、会社からのプレッシャーや英語が上手な同僚を見て焦っている方も少なくないはずです。

また英語を話したいけど、その前に英語が早くて聞き取れないという方もいらっしゃるはずです。

これらを解決するには、先ず根本的な理由や原因を知る必要があります。

よってここでは、英語が話せない日本人の方のためにの解決方法と正しい勉強法をご紹介します。英語を話すのが恥ずかしいという精神的な理由を克服するにも英語が上達したという自信が必要です。そのための道しるべとなれば幸いです。

目次:

1.英語が話せない理由と原因とは?
・理由と原因その1.説明する力がないから
・理由と原因その2.英語の語順感覚がないから
・理由と原因その3.英語をイメージで捉える感覚がないから
・理由と原因その4.英語の質問が聞き取れないから

2.英語が話せない人が話せるようになる勉強法とは?
・英語が話せない人の勉強法その1.意識的ヒヤリング
・英語が話せない人の勉強法その2.語順感覚
・英語が話せない人の勉強法その3.イメージ力
・英語が話せない人の勉強法その4.説明力

1.英語が話せない理由と原因とは?

世界で一番簡単で共通語にもなっている英語。

それでもなぜ日本人はこんなにも英語が話せないのでしょうか?

ここでは大きな原因を4つご紹介します。

理由と原因その1.説明する力がないから

まず、英語が話せない人は、ものごとを説明する力が身についていません。

例えば、「万年筆って何ですか?」と聞かれた時には「万年筆はペンのようなもので、ペンの軸の内部にインクが入っているペンだよ」という感じで自分なりに説明するはずです。

会話の中には、こうした相手に「説明する力」「自分の思いや感想を伝える力」が欠かせません。基本的に会話は説明が主体となります。

特に、日本人はこうしたアウトプットが苦手なため、英語が話せない人ばかりです。

理由と原因その2.英語の語順感覚がないから

英語が話せない人の多くがなかなか頭で話したと思っていることが口から出てこないことです。

この原因は、英語の語順感覚がないからです。

英語と日本語では語順が違います。英語は「SVO(主語+動詞+目的語)」ですが、日本語は「SOV(主語+目的語+動詞)」です。

さらに日本語の会話を見ればわかりますが、会話の中で、「明日、どこ行く?」「今、何してるの?」「お腹がすいたな~」など主語はほとんど抜けて話されていることが多いです。

この感覚のまま、英語をアウトプットしようとしているので英語が話せないのです。

理由と原因その3.英語をイメージで捉える感覚がないから

学校英語で勉強してきた日本人は、英語を和訳して何でも「文字化」しようとしてしまいます。

英語が話せる人やネイティブの会話では、いちいち英語を文字化することはありません。英語を英語のまま捉える感覚があって、英語をイメージで自然に浮かんでくるように英語を話しています。

あなたも日本語を話している時はイメージで話していますよね。

つまり、英語が話せない人はこのような英語のイメージ力が弱いのです。

例えば、「tired=疲れた」を英語で聞いた場合はどうなるでしょう。

英語が話せない人の場合は、「tired」が聞こえて、文字化して「疲れた」と変換して、疲れたんだなと理解します。

一方で、ネイティブの場合は違います。

人それぞれ、いろいろな疲れたシーンを「想像(イメージ)している」のです。つまり、疲れた時の相手の表情やしぐさ、その状況をイメージで膨らませています。

英語を英語のまま話せる人は、文字情報は浮かばず、イメージだけが自然に浮かんでくるわけです。

理由と原因その4.英語の質問が聞き取れないから

英語を話したい意欲はあるのですが、とにかく英語が聞き取れなくて何を答えたらいいのか分からない場面も多々あるはずです。

だからどんどん英語を聞くことにも緊張して、更に話すことが出来ない悪循環になってしまいます。

英語自体のスピードは決して早くありません。

英語のどこを聞いていいのか分からないから早く聞こえるだけです。それでは、英語の聞き流しで英語のリズムや聞き流しで聞けるようになるのでしょうか?

英語初心者の方は聞き流しはNGです。『英語の聞き流しリスニングで効果を出す!無料で正しい1つの学習方法』でも解説しているように英語がある程度上達した時点でのみ効果があります。

英語を話す前の聞き取る英語力を身に付けるには、必ず瞬発力、持久力、予測力というステップを踏む必要があります。

2.英語が話せない人が話せるようになる勉強法とは?

先ほど英語が話せない理由と原因を大きく4つ説明しましたが、それぞれどのような順番で克服したら話せるようになるのでしょうか?

英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』でも解説しているのですが、英語の習得は必ず「聞くことからスタート」することです。

これは絶対に守って下さい。

英語が話せないから話せる環境、例えば英会話教室、オンライン英会話、留学などに自分の身を置けば英語が話せると勘違い方が多いです。

英語を話せるようになるには必ず英語の音を掴む感覚、そして語順感覚やイメージ、そして説明するアウトプットという流れに沿いましょう。

それぞれの正しい勉強法を見てみましょう。

英語が話せない人の勉強法その1.意識的ヒヤリング

英語が早くて聞き取れない、リスニングに自信がないという方は英語が話せません。

英語がペラペラ話せるのに、リスニングが出来ない人はいません。

英語が話せる人、話せるようになる人は必ず英語を聞き取る英語力を持っています。

瞬発力、持久力(意識的ヒヤリング)、予測リスニングなど順序に沿って勉強することで簡単に英語を聞き取れるようになります。

英語が話せるようになる勉強法その1.

早くて英語が聞き取れない|理由や原因と4つの練習と勉強法が解決!

英語が話せない人の勉強法その2.語順感覚

英語が話せない人がSVO感覚(英語の語順感覚)を身につけるには、どうすればいいのでしょうか?

それは、バラバラな英文を正しい英文に並べ替えることです。

外国人の人がカタコトの日本語を話すときを想像してみてください。

例えば、ごはんを食べたいときに、「私、食べるラーメン。あなたどう?」みたいな感じで普段日本人が使う日本語とはバラバラな順番になっていると違和感を感じませんか?

これは英語でも同じなんです。

例えば、「Thank you.」を「you thank(ユーサン)」と言われれば、アレ?となりますよね。

このように言葉に対する違和感を感じている練習をしていくと、英語の語順感覚が簡単に身についてきます。

詳しくは、でもご紹介していますが、SVO感覚で大事になるのが違和感を感じられるかです。

これは英語を話す時だけではなく、聞く時にも役立つ英語力です。

英語が話せるようになる勉強法その2.

英文法の勉強法|効率的に英語の文法力が身に付く4つの練習とコツ

英語が話せない人の勉強法その3.イメージ力

英語を話す時(聞く時も)に欠かせないのが、イメージ力です。

英語を話す時に、日本語から英語にいちいち訳していてはなかなか口から英語が出てきませんよね。

また英語を文字化していては、いつまでたってもペラペラにはなりません。

そこで私がおすすめしている方法が、「フラッシュバック法」です。

イメージ画像つきの英文まるごとを使っていく方法です。

そして、英文から単語3つほどピックアップして、その3つだけで英文、イメージ画像を頭で浮かべていくトレーニングです。

この方法が効果的なのは、一度にたくさん単語が長期記憶化できるとともに、会話でも単語を使う状況がわかることです。

英語が話せるようになる勉強法その3.

TOEIC満点者が教える!英単語の覚え方マスター法

英語が話せない人の勉強法その4.説明力

英語が話せない人におすすめのアウトプットのコツは、「物事や単語に対して、説明するクセ」をつけることです。

もちろん、いきなり英語が話せないという人もいるでしょう。

そこで必要なのが、最初に「主語が何かを考えるクセ」をつけることです。英語が話せない人というのは、英語は主語から始まるのに、主語から考える感覚を持っていないことです。

一番よく使う英語の「SVO感覚」を身体に覚えさせること。よって、主語の次は動詞が何なのかを考えること、目的語が何なのかを順番に考えることです。

アウトプットしながら間違うこともたくさんありますが、そこで英語を話せない自分の弱点や苦手な部分を見つけて矯正していってください。

そこでお勧めなのが、「足し算つぶやき」というトレーニングで、英語がパッと出てくるための練習にもなります。

何かを英語で質問されたのに、もごもごする悪い癖も払しょくできます。

色んなシチュエーションを妄想しながらドンドン英語で説明する力を鍛えていきます。

英語が話せるようになる勉強法その4.

英語が独学でペラペラ!4つの無料おすすめ「妄想」勉強法とは?

まとめ:英語が話せなくて悔しい思いはもうしない!

ここでご紹介した方法は全て無料で可能です。

正しい方法を正しい順番で実践するだけで、1ヶ月もすると今までと違う感覚が身につくはずです。

英語が話せないからとすぐに話す環境を見つけるということではなく、先ずは聞くことから始めることが英語を話す英語力を身に付ける最短距離です。

今日から焦らず毎日習慣づけて勉強することも大切です。海外旅行、ビジネス、友達との会話を英語でペラペラ話している自分を想像してスタートしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta