著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語のスピーキングが上達する!コツやおすすめの7つの勉強法と練習

のべ54,805がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語がペラペラになる「スピーキング力」をどのようにしたら身に付けることができるのか、その方法をお探しですか?

特に初心者であれば何から練習したらいいのか分からないですよね。

独学でペラペラになれたらいいけど少し不安だから、先ずはオンライン英会話から始めるか、など。

英語が話せるようになる「スピーキング力」を習得する正しい過程ややり方、またどのような教材やアプリが独学に最適なのかなどしっかりと押さえておく必要があります。

そうでないと、いつまでたってもスピーキング力が付かづに時間の無駄に終わってしまいます。

つまり、挫折の繰り返しになる可能性が高くなります。

よってここでは、ここでは英語の初心者でも効果が短期間で出る英語スピーキングの勉強法(上達法)をご紹介します。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

1.英語のスピーキングが上達するには「耳」から?
2.スピーキング練習前の基礎力トレーニング(アプリ活用など)
・解消その1.英単語の不足(または、使い方を知らない)
・解消その2.英文法の基礎力がない
・解消その3.発音の法則を知らない
3.スピーキングの正しいメカニズムと英語のコツとは?
・コツその1.まずは頭を出して足し算していくこと
・コツその2.表現を単純化する(言い換え/リフレイジング)
4.英語のスピーキング力を鍛える練習の順番とその勉強法
・ステップ1.「日記」を書いて単純化と言い換えを鍛える!
・ステップ2.会話フレーズを「音読」で録音する!
・ステップ3.妄想の「独り言足し算」トレーニングで話す癖を付ける!
5.スピーキング力を更にUPする次の勉強法とは?
・英語の早口言葉で更にスピーキング力をアップする!
・脱初心者!シャドーイングのやり方とタイミング
・英会話教室(オンライン英会話)でスピーキング力を更に鍛える!
・ビジネス英語のスピーキング力も身に付ける!
6.スピーキング力を上達するおすすめのアプリや参考書など
7.英語のスピーキング力を試す資格(検定)やテストなど

1.英語のスピーキングが上達するには「耳」から?

冒頭でもお話ししましたが、英語をペラペラ話せるようになりたい!と思って英会話教室(オンライン英会話)をすぐに探す方が多いのではないでしょうか?

でも、よく考えて下さい。

あなたは、リスニングが全くできなくて、英語をペラペラ話す人を知っていますか?

マイスキ英語で人気記事の1つの『英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』でも書いていますが、英語だけに限らず、言語習得は必ず耳からです。

「えー、話したいのにリスニング力を鍛えないといけないの?」という不満の声が聞こえてきそうですが、実は話すための基礎力を付けるのと、リスニングする時の基礎力はさほど変わりません

耳が悪い?英語が聞き取れない3つの理由と7つの練習方法・教材』にも書いていますが、聞けない原因の多くに下記があります。

  • 英単語の不足(または、使い方を知らない)
  • 英文法の基礎力がない
  • 発音の法則を知らない

如何でしょうか?

すでに上記には自信があるという方で、リスニングが出来ない方は、単純にスピード感に慣れていないだけです。

それを身に付けるには、『英語のリスニング力が驚くほど開花する超簡単な勉強法』でも紹介している最初の3単語(リスニングの瞬発力)と数当てトレーニング(リスニングの持久力)をするだけで問題ありません。

しかし、そうでない方はその3つの基本がまず身に付いていないため英語が聞けないのです。それを解消することが大前提で、それがスピーキング力につながるのは何となく理解できますよね。

だから、「英語は耳から」ということで学習することはそのままスピーキング力に繋がるのです。

リスニング力に自信が無いという方は、ここでご紹介する練習をするだけでその力も身に付けることができるので一石二鳥です。

2.スピーキング練習前の基礎力トレーニング(アプリ活用など)

先ほど挙げた3つの基礎力ですが、何をすればいいのでしょうか?

解消その1.英単語の不足(または、使い方を知らない)

英語習得と英会話が上達!初心者に必要な285英単語と文法』でも書いている通り、先ずは中学1年生で習う単語が必須です。

日常英会話の約80%以上はそれらの単語で成立しています。これは映画や海外ドラマでも同じです。

よって中学校で習う1200前後の単語数をシッカリ習得しておけば、日常英会話のリスニングやスピーキングにも必要な単語をほぼ網羅するのです。

ビジネス英語は4000単語~と言われているので、それは次のステップ(後述)となります。

その中学校で習う英単語を復習するのに最適なのが無料アプリです。忙しい社会人の方は特に重宝します。無料アプリも無数にあるのですが、マイスキ英語では、「mikan」というアプリをおすすめしています。

中学英語にゲーム感覚で触れることが出来るので、無理なく覚えることが可能となります。

解消その2.英文法の基礎力がない

英文法と言っても何から勉強したらいいのか分からないですよね?

しかし、真っ先に身に付けないといけない文法があります。

それは「語順(文型)」です。要するに、単語の並び(語順)です。

文型には主に下記の5つがありますが、日本語と英語では並びが異なります。

  • 第1文型「SV」
  • 第2文型「SVC」
  • 第3文型「SVO」
  • 第4文型「SVOO」
  • 第5文型「SVOC」

「S」や「V」は「主語」と「動詞」、「O」は目的語、「C」は補語です。

この語順の感覚が無いために、リスニングにも支障をきたしています。英語のどこを聞けばいいのか分かなくなるためです。

話す時も、どのように並べたら英語として通じるのかというふうに苦戦してしまいます。

それを解消するには、『英文法の勉強法|効率的に英語の文法力が身に付く6つの練習とコツ』でも紹介している、バラバラにした単語を元の英文に戻すという「並べ替えトレーニング」があります。

しかし、忙しい社会人や学生であればなかなか手が付けれないかもしれません。

そんな方にもやはり「アプリ」が役立ちます。アプリは次の14個の中学校で習う英文法全てを網羅します。つまり、英語のリスニング、スピーキングに必要な英文法となります。

  1. 名詞(可算・不可算・複数)
  2. 形容詞(名詞や主語との関係)
  3. 動詞(不規則動詞など)
  4. 受動態(be動詞+過去分詞)
  5. 能動態(受け身からの言い換え)
  6. 助動詞(canやwillなど)
  7. 副詞(形容詞との違い)
  8. 前置詞(inやwithなど)
  9. 接続詞(becauseやwhenなど)
  10. 不定詞(to+動詞の原形)
  11. 代名詞(主格、所有格、目的格など)
  12. 関係代名詞(2つ以上の文の結合)
  13. 同級、比較級、最上級(betterやmostなど)
  14. 時制(現在完了や過去完了など)

これらの英文法を吸収しながら自然と英語の語順感覚を身に付けるというのがベターです。

下記がわたしがおすすめする2つのアプリとなります。ゲーム感覚で音声もあるのでリスニングにもそのまま役立ちます。

「An Instant Reply」

「イングリッシュセントラル」

解消その3.発音の法則を知らない

実は日本人の多くがここで「英語を話す」というスピーキングを諦める方が多いのです。

つまり、発音に自信がなくなかなか話せない、という不安ですね。いくら英単語や文法を知っていても発音が悪くて相手に伝わらないとスピーキング力がいつまでたっても備わりません。

この発音ですが、英語には日本語にない多くの音が存在します。母音は日本語では5つだけですが、英語では26個も存在します。

また、音と音が繋がるという英語独特のルール(リンキング)も存在します。これらの英語独特の発音とルールがリスニングも苦しめているんですね。

先ずは日本人が聞きなれない、また不得意な発音がありますね。「F」、「V」、「TH」、「R」です。

それと先ほど話したリンキング(リエゾン)についても、『英語の発音を楽しく上達する!2つの基礎練習方法と6つの応用編』でも紹介していますが、マイスキ英語のYoutube公式チャンネルでも、発音トレーニング動画を無料公開しています。

是非、この機会に次の動画で練習してみて下さい。

日本人が不得意な4つの発音を克服する

※英語で1~10を声を前に出しながら(腹式呼吸のように)発音することがポイント

リンキングとイントネーションなどを習得する

※真似をしてリピートしながら発音をマスターします

これらをマスターするだけでも、リスニング力とスピーキング力が格段に上達します。

3.スピーキングの正しいメカニズムと英語のコツとは?

英語がなかなか出てこない大きな理由は、先ほどの語彙力、文法力、発音力の実力不足ですが、それらを解消しても話せない人がいます。

何故なのでしょうか?

英語の中級者・上級者で全ての基礎があるのにスピーキングが苦手な方は正しいメカニズムを理解していません

一般的に言われているメカニズムは下記のステップです。恐らく英語を話せない人はこの順番に納得するはずです。

  1. 言いたいことをイメージする
  2. 文章を作る
  3. 声に出す(スピーキング)

いかかですか?

一見、何もおかしくないように見えますね。

では、あなたが日本語を話す時の脳内を見てみましょう。

おそらくこのステップです。

  1. 言いたいことをイメージする
  2. 声に出す(スピーキング)

「文章を作る」という部分が抜けていて、とりあえず話しているはずです。

しかし、英語となるとどうしても脳内で「文章を作ってそれを読み上げている」のです。これはスピーキングではなく、音読ですね。

音読は後述してとても素晴らしいトレーニングですが、それは会話ではありません。

コツその1.まずは頭を出して足し算していくこと

先ず、英文を頭の中で作らないようにするのがコツです。

無鉄砲のように聞こえるかもしれませんが、それがあなたが日本語でやっているスピーキングのやり方なんです。

英語になるとなかなか口から言葉が出てこないのであれば、日本語を話す時と同じやり方をします。

しかし、日本語と英語では語順が違いましたよね?

ここで、その語順感覚が役立ちます。なので、英文法の基礎力は大前提となるんですね。

英文法の語順のまま英文を作らずに、先ず声に出すのは「主語+動詞」または、その否定形や未来形などにあります。

とにかくこの頭を出す癖がコツの1つになります。

「去年、行ったことがあるとてもおいしかったレストランを再訪したい」というのをイメージしたとします。

その場合の頭は次となります。

「I want to go」

そして、その後は英単語を足していく流れになります。次に足すのが「to restaurant」、そしてその次は「that I went to last year」など英語の語順で足していきます。

また、「restaurant」の「r」や「that I」というリンキングを発音するのでこれも基礎力が必要ですね。

コツその2.表現を単純化する(言い換え/リフレイジング)

英文を足しながら作るのですが、完璧な英文を作る必要はありません。

例えば、あなたが言いたいことがで浮かんだとします。それをそのまま完璧に英語に直訳する方が実に多いのです。

あなたは次のイメージを英語にしたい場合、どのような英語にしますか?

「天にも昇る気分」

さて、どのような英語の表現にしましたか?

日本語を知っていれば知っている大人程、どうしても直訳しそうになり頭の中で当てはまる単語を探してしまいます。

正解はないのですが、「very happy」でかまいません。

これが英語表現の単純化で、言い換え(リフレイジング)と言います。

つまり、最初のうちは言いたいことのイメージが浮かんだから中学英語ぐらいの単語を使って単純化するだけでOKです。

なので、ここでも英単語の基礎力は大前提となります。

4.英語のスピーキング力を鍛える練習の順番とその勉強法

ビジネスマンでビジネス英語をペラペラ話したい人も、先ずは日常会話のフレーズを使いこなせないと意味がありませんし、ビジネス英語だけ話せて日常会話が話せない人はいません。

先ずは日常英会話の表現を身に付けて話せる勉強法が必要ですが、ここで紹介する勉強法は先ほども言いましたが、単語、文法、発音の基礎を身に付けていることを前提としています。

ある程度身に付いたかな?ぐらいの自己判断で構わないので、その際は先ほどのコツを念頭に置きながら、ここで紹介する勉強法を正しい順番(ステップ)で実践してみて下さい。

ステップ1.「日記」を書いて単純化と言い換えを鍛える!

先ず、自分がよく使う日常会話表現を身に付けるには、日記が最適です。

でも初心者の方がいきなり英語で書くのは難しいかと思います。その時は、先ず日本語で日記を書くのですが、日本語の場合は単純化は必要ありません

先ほどの例にもあった「天にも昇る気分」はそのまま日本語で書きます。それを後ほど易しい日本語に単純化して、それを英訳します。

例文

  • 通常の日本語:天にも昇る気分
  • 単純化:とても幸せ

単純化した日本語をそのまま英語にするので「very happy」となります。この方法は、『英語の「言い換え」は会話力の上達に必要不可欠!コツと3つの練習方法』でも解説しています。

先ずは『英語で日記は効果的!初心者でもすぐに書ける21つの基本例文』にも書いてあるような、天気や気分、行動などから始めてみましょう!

その時に使う辞書は無料のアプリやサイトのもで構いません。

しかし、自分が作った英文が文法的にも正しいか分からないですよね?

そんな時は、Grammarly(グラマリー)などの無料添削アプリなどを使うことをおすすめします。

どうしても、長文の日記を書く方がいるのですが、短めでも全く問題ありません。また、書いたとしても短文に単純化するようにしましょう。

そうすることで、常に頭の中で単純化する癖が付き、言い換えでネイティブ同士の会話のように中学英語を使いこなせるようになるのです。

ステップ2.会話フレーズを「音読」で録音する!

さあ、日記を書くことで「自分の日常」を英語で話す癖が付いてくるのですが、ドンドンその英語フレーズを充実したものにしたいですね。

偏った表現にならないように、または日記での表現を正しく発音できて相手に伝えることができるのかというのもここではポイントとなります。

その2つの問題を解消してくれるのが、「音読」です。

英語の音読|初心者も効果あり!6ステップとおすすめ無料アプリ・参考書』でも書いていますが、音読にもいくつか方法があるのですが、ここでは「スラッシュリーディング」と「オーバーラッピング(またはリピーティング)」です。

「スラッシュリーディング」とは、英文の中の区切りで発音することで息継ぎが分かり、「オーバーラッピング(またはリピーティング)」をすることで、英語独特の強弱のリズム(リンキングやイントネーション)が身に付きます。

日本人の方は、どうしてもダラダラと強弱がない英語を話す傾向にあり、その悪い癖を解消してくれるのが音読です。

また、その音読ですが、使う教材で日常英会話のフレーズや単語・表現を脳に定着しやすくしてくれます。

日常英会話の音読の教材として最適なのが、映画や海外ドラマです。

英語の勉強|映画や海外ドラマは初心者にも効果あり!おすすめ17選』でおすすめしている初心者向けの次のようなタイトルがベストです。

  • ディズニーやジブリ映画(トトロ、NEMOやアナと雪の女王など)
  • 海外ドラマ(フルハウスやフレンズなど)

これらの英語字幕を使って音読をするのですが、自分の声は必ず録音して下さい。ネイティブの発音と比較することで修正することができ、相手に伝わるスピーキング力がドンドン身に付くようになります。

ステップ3.妄想の「独り言足し算」トレーニングで話す癖を付ける!

日記で自分の日常をアウトプットする癖を付け、そしてその次に正しい発音で相手に伝える力が付いてきたら、後は実際に何もない状態でドンドン自分が言いたいことを話すという練習が必要になります。

その時に役立つのがコツのところでも紹介した、とにかく頭をすぐに出して足し算するということです。

それには『英語の勉強|「独り言」の効果は絶大!4つの正しいやり方とコツなど』でも説明している、独り言で足し算しながら呟くということです。

この時も難しい表現を言いたい場合でも、常に易しい単語で言い換えすることを忘れないでください。

また、自分の生活だけでは、ある程度表現が固まってしまいます。

そんな時は、妄想(シミュレーション)が役立ちます。

例えば、あなたがコンビニでバイトしていなくても、バイト店員になったとシミュレーションして、外国人のお客さんに「温めますか?」、「レジ袋要りますか?」など質問すると妄想して下さい。

これを繰り返すことで、「この時は何て言うんだろう?」などドンドン新たな表現を身に付けることもできます。慣れた場合でいいので、チャレンジしてもましょう!

しかし、あくまで日常生活レベルでのシミュレーションでOKです。ビジネスについては、後述します。

5.スピーキング力を更にUPする次の勉強法とは?

初心者の方は、これまでご紹介した練習を続けるだけで英語のスピーキング力は確実に付いてきます。

しかし、もっとネイティブのようにペラペラ話したいという中級者・上級者の方もいらっしゃるでしょう。

そのような方のための勉強法をここでは解説します。

英語の早口言葉で更にスピーキング力をアップする!

ネイティブはどのくらいのスピードで話しているのでしょうか?

一般的に、180wmp(words per minute)の速さと言われています。1分間に180単語という意味です。

これはリスニングやリーディング時も同じくらいのスピードが求められています。

これが早口のネイティブであれば、200wpm以上になります。ここを目指さなくてもいいのですが、スラスラ話せるようになるとかっこいいですね。

しかし、早口言葉のトレーニングは、速いスピードでスピーキングするのが目的ではありません。英語のリズムさえみについていれば実際の会話ではゆっくり話しても全然構いません。

あくまで、ここでの早口言葉を使った練習法は、スピーキング時に必要な舌、口の動きを滑らかに日頃からしておきたいためだと思って下さい。そのこどで結局は日本人にはないスピード感で話せるようになります。

日本語を話していて、いきなり英語で話しかけれてもすぐに英語口になるバイリンガルたちはこの感覚が身に付いています。

ちょっとした遊び感覚で、『有名な英語の早口言葉8選|発音もネイティブ並みに上達!』で紹介しているネイティブに有名な早口言葉でトライしてみましょう!

脱初心者!シャドーイングのやり方とタイミング

シャドーイングは音読の1つの手法ですが、初心者にはおすすめしません。

しかし、更にスピーキング力を鍛えたい場合はシャドーイング(音声を影のように追いかけながら真似て発音する)がいいでしょう。

英語のシャドーイング|初心者には効果が出ない2つの原因』でも書いていますが、シャドーイングは、同時通訳など高度な資格を目指す方向けですが、難易度が高い分、中級・上級者の英語力UPには効果的です。

英会話教室(オンライン英会話)でスピーキング力を更に鍛える!

ある程度自信が付いてきたら、是非実際の外国人との会話でスピーキング力を鍛えましょう!

もちろん短期留学などでもいいのですが、日本人が少ない環境を選びましょう。また、英会話教室やオンライン英会話などマンツーマンでなるべく話す機会が多いコースがいいです。

代表的で安心なのが、レアジョブ(rare job)DMM英会話ですね。

実際の対面式の英会話教室と比べると安く、また自分の時間で調整できるので、長く続けられる確率は高くなるのですが当然デメリットもあります。

  • ネイティブ講師ではない・・・英語の発音がなまっている方が多い
  • 音声が伝わりにくい時がある・・・電波状況により勉強が中断することもある
  • 英語の間違いを訂正されないことも多い・・・話すことが中心で意味が通じればそのまま

この点は注視て下さい。

不安な方は、実際の教室で勉強する『TOEIC満点者おすすめ!初心者や社会人に最適な5つの英会話教室』の記事でご紹介してる、「Gaba」、「Berlitz」、「AEONイーオン」、「ECC外語学院」、「NOVA」を試してみて下さい。オンラインレッスンもあるので確認して下さい。

ビジネス英語のスピーキング力も身に付ける!

これまでは日常会話ベースでの会話力を練習してきましたが、社会人の方は次のステップとして、『ビジネス英語フレーズ|絶対に押さえておきたい8つのコツと勉強法』でも記載されてるようなビジネス英語フレーズなどをマスターしましょう!

先ずは、『英語の勉強|映画や海外ドラマは初心者にも効果あり!おすすめ17選』でおすすめしているような次のタイトルの音読から始めてみましょう。

  • Social Network
  • Suits

また、シッカリとビジネス英語を勉強したい方は、ビジネス英語に特化した、Speaking Biz(スピーキング・ビズ)などの英会話スクールがいいでしょう。

先ほど紹介したBerlizなどもビジネスコースがあります。無料体験期間もあるので、自分の生活圏内で通いやすかったり、続けやすいのかを確認して入会するようにしましょう。

とにかく無理をしないことです。

また、独り言足し算トレーニング時に、ビジネスでの妄想(シミュレーション)もトライしてみましょう。

例えば、あなたは営業マンだけど社内のエンジニアになったと想定して、客に説明するなど。そうすることで、業界用語(専門の英語)もドンドン身に付き、商談にも効果を発揮する可能性が高まります。

また、テレカンや打合せでもそこで身に付けたビジネス英語が役立つようになります。

6.スピーキング力を上達するおすすめのアプリや参考書など

英語の基礎力の単語、英文法などでもアプリを紹介していますが、ここでは更にスピーキング力を高めるためのの参考書やアプリを現前してご紹介します。

先ずは人気の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。日本語文を英文に瞬間的に変換する「瞬発力」を鍛えるトレーニング教材です。アプリもあるので是非トライしてみて下さい。

また、ビジネス英語に特化したフレーズなどは「TOEIC」の教材で学べるとTOEICテスト対策にもなるので効率的です。

特にPart2の短文に関してはスピーキング教材としては最適です。

「TOEIC公式問題集」

幾つかの公式問題集があるので下記でチェックしてみて下さい。過去問題集なども活用できます。

https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep.html

「TOEIC公式アプリ(無料)」

App Sore(iOS)
Google play(android)

7.英語のスピーキング力を試す資格(検定)やテストなど

さて、せっかくスピーキング力が付いたならその力を試したいですね。

それで資格が取得出来たら海外赴任や海外での生活などにも活かすことができます。

主なスピーキングテストは下記となります。

初心者で初めてトライする方は、TOEIC SWやGCASがおすすめです。

また、英語の資格にも色々ありますが、。『おすすめの英語資格一覧|11種類の難易度やレベル比較とランキング』で代表的な資格を紹介していますので、トライしてみましょう!

まとめ:もう、恥ずかしがらずに自信を持って話してみよう!

むやみやたらに、いきなり英会話教室に行ったり、単語を暗記したりと間違った方法を繰り返しては意味がありません。

英語のスピーキング力が今まで上達していないのは正しい方法とタイミングを知らなかっただけです。英語をはじめ、言語の習得に頭の良さや得意・不得意はありません。

日本人の誰もが日本語を話せるのと同じです。

是非、こちらでご紹介した方法などを実践してネイティブと対等に、堂々と会話ができるスピーキング力を身に付けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta