著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語のスピーキングテスト|初心者必見!6種類の内容と対策

のべ1,520がこの記事を参考にしています!

英語のスピーキングテストを試したいですか?

私たちが、一般的にTOEICと言っているものは「Listeing & Reading(TOEIC LR)」で、スピーキングのテストが入っていません。

しかし、実際のコミュニケーション能力を計るには、今後「スピーキングテスト」の需要は益々高まるのは目に見えています。

あなたが就職や転職をする求職者、または人事担当者であれば、話すというスキルは評価の1つになります。

すでに、社内研修の一環として、すでにスピーキングテストを導入しているのところもあります。また、オンライン英会話教室でも無料で提供しているところもあります。

よって今回は、資格としてのスピーキングテストとスキルUPのためのテストに分けて見てきましょう。その中であなたに合ったテストからトライしてもいいですね。

目次:

1.資格としての価値が高くなるスピーキングテスト
・TOEIC SW
。Linguaskill Business
2.会話力UPを目的とするスピーキングテスト
・VERSANT
・GCAS
・E-CAT
・英会話教室「レアジョブ」と「ネイティブキャンプ」の無料テスト
3.スピーキングテストへの対策とコツ
まとめ:初心者は無料例題からスタートする!「TOEIC SW」か「E-CAT」がおすすめ

1.資格としての価値が高くなるスピーキングテスト

先ほども言いましたが、スピーキングテストの需要は右肩上がりで伸びていきます。

せっかく話す力を伸ばしたいなら、それが有利な資格であれば一石二鳥ですよね。目標も定まり、英語の勉強にも気合が入り、継続しやすくなります。

資格として有名なスピーキングテストをここではご紹介します。

TOEIC SW

TOEIC LRを運営する会社が提供するテストなので、就職や転職時も資格としての知名度と信頼度があります。

スピーキングだけのテストもありますが、資格としての価値を高めたいのであれば、TOEIC SW(Speaking & Writing)の受験をおすすめします。

試験会場でパソコンでの受験となります。

スピーキングとライティングの各スコアが0点から200点が結果として表示されますが、それぞれ150点以上が目安といわれています。

また、それとは別に発音やイントネーションなどの評価も付いてくるので、今後の勉強にも役立ちますので、おすすめのテストです。

日程や受験費用などの詳細は下記の公式サイトからご確認下さい。

公式サイト:https://www.iibc-global.org/toeic/test/sw.html

受験をおすすめする対象者:

  • 既にTOEIC LRで目標の点数を達成している方
  • 転職時にTOEIC LRにプラスしてアピールしたい方

など。

しかし、特に日系企業は、基本的にTOEIC LRの点数が前提としてあるため、先ずはその対策をしてからの方がいいでしょう。TOEIC LRの対策については、『TOEIC満点者が教える!目標スコア達成の勉強法』をご参考下さい。

Linguaskill Business

TOEIC SWは国内企業、このLinguaskill Business(リンガスキル)のスピーキングテストは国際企業(日系や外資系)という位置づけでも構いません。

50ヵ国の企業や団体で採用されている試験で、海外での知名度はLinguaskill Businessの方がTOEICより高いです。

オンラインテストで、結果も最短で3日ほどで届きます。

公式サイト:https://www.eiken.or.jp/linguaskill/index.html

TOEICと同じように、Listening & Reading, Writingのテストもあります。国際企業を目指すのであれば、並行して取りたい資格でもあります。

受験をおすすめする対象者:

  • ある程度英語力に自信がある中級者以上の方
  • 国際企業に就職を希望の方

など。

2.会話力UPを目的とするスピーキングテスト

さて、上記2つは資格としての重きが大きいのですが、ここでは社内評価や一般でのスピーキング力を計るテストとなります。

資格としては少し緊張するという方は、ここでご紹介するテストを参考にしてみて下さい。

VERSANT

VERSANT(ヴァ-サント)のスピーキングテストですが、24時間365日、スマホやパソコンで受験できるのが特徴です。

試験時間も約20分で、テスト結果もすぐに確認できます。

この便利さもあり、社内での英語力の把握に人事の方が活用されているところも多いようです。

また、スコアは20~80点(満点)で、69点以上は社内評価が高いようです。

公式サイト:https://www.versant.jp/

受験をおすすめする対象者:

  • 毎日が忙しくて受験や勉強する時間が無い方
  • ビジネス英語に触れて実力を試したい方

GCAS

GCAS(ジーキャス)は、ビジネス英語での対面型スピーキングに特化したテストです。

試験官と直接コミュニケーションをとるテストです。英検の二次試験(面接)に近いイメージです。

2018年から個人受験も可能になる予定でしたが、未定のようです。

今後の動向などは下記よりご確認ください。

公式サイト:https://www.eiken.or.jp/gcas/

E-CAT

E-CAT(イーキャット)は、日常英会話を中心とした中学生・高校、大学生から社会人まで幅広い学習層を対象にしています。

受験者に緊張させないテスト、というコンセプトで構成されているので、解答までの時間にも余裕があるのが特徴です。

オンライン受験で自宅からも受験が可能です。

公式サイト:https://www.ecatexam.com/

受験をおすすめする対象者:

  • 日常会話を鍛えたい方
  • 気軽に自分のスピーキング力を確かめたい方

など。

英会話教室「レアジョブ」と「ネイティブキャンプ」の無料テスト

さて、これまでは全て有料のスピーキングテストを紹介しましたが、ここでは実質無料のテストを紹介します。

それは、オンライン英会話教室が提供しているスピーキングテストです。英会話の上達が確認できるのでやる気にも繋がります。

月1回から無料で受験できるのですが、会員である必要があります。

しかし、スピーキングテストを受験するということは、いずれにしてもスピーキングの練習をする必要があり、それにはネイティブとの会話は欠かせません。

これからどこに入会しようか考えている人には一つの指標になりますね。

各公式サイトからテスト内容はご確認ください。

3.スピーキングテストへの対策とコツ

さて、スピーキングテストを受験するまで、何もしないというは時間とお金の無駄遣いです。

シッカリ対策をするからこそ、その結果が次へと繋がります。

詳しい対策は、『英語のスピーキングが上達する!コツやおすすめの7つの勉強法と練習』に書いているのですが、日常的にアウトプットする癖を付けるのが一番です。

独り言足し算トレーニング、日記、音読などの勉強法を実践することでドンドン、スピーキング力は付いてきます。

スピーキングテストを受験することで現時点の下記の能力が分かります。

  • 語彙力
  • 文法力
  • リスニング力
  • 発音力

など。

今自分に足りないものを結果とその評価から分析することで更なる英語上達に活かしましょう!

まとめ:初心者は無料例題からスタートする!「TOEIC SW」か「E-CAT」がおすすめ

初心者の方で、いきなりテストというのは緊張して抵抗があるという方は、各テストが用意しているサンプル問題などを解くことからスタートしてもいいでしょう。

これも対策の1つです。

例えば、TOEIC SWの例文(サンプル問題)を先ずは解いてみましょう!

ある程度の内容が分かったら、後は受験するのみです。

いきなり自分でハードルを上げるのではなく、大体の目標設定をして挑むのがいいですね。

スピーキングテストは多くの日本人が緊張します。あなただけではありません。

よって、その緊張度合いを少しでも減らし、実力を出し切るためには、日頃から「英語を話す」という習慣づけが必要ですね。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)