著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語勉強の必要性を感じない?不要じゃない4つのポイントとデータや今後

のべ164がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビジネスの世界ではすでに当たり前の「英語」。

海外旅行などでも、異国の人たちが話す時は基本は「英語」。

しかし、AIや翻訳機の発達スピードが高まる中、英語の勉強は今後も本当に必要なのでしょうか?

どうしても英語が上達しない日本人にとっては願ってもないツールが誕生しているように見えますが、そんなことを思っているのは日本人だけだと認識してください。

後述しますが、言語習得が難しい、アラビア語、ポーランド語、また言語習得人口は多いけど、それは母国語だけ(中国語など)や日本人にあまり馴染みの無い言語(イタリア語、ヒンディー語など)という場合にはそのような翻訳機はいいかもしれませんが、世界の言語で習得が比較的簡単と言われている「英語」では日本人以外あまり恩恵がありません。

よく考えて下さい。

あなたは翻訳機を使って、相手の外国人は使わない。それで口頭や電話で会話をして、ビジネスの成立や友達が出来ると思いますか?

滑稽ですよね。何かのコメディーです。

また、海外旅行中に突然の空港でのアナウンス、標識など見た時に常に翻訳機を使いますか?

日本人は英語を時間をかけて読むのはとても得意です。理解力もあります。

聞けなかったけど、文字を見ると分かる、というふうに基礎が無いわけではないのです。

だから、難しい英文を見た時など翻訳ツールを頼るのは悪いことではないのですが、それに100%頼ると色々な機会を逃してしまいます。

英語の勉強が不要だと思いたい気持ちは分かりますが、現実的ではなく、そんなことを思うのは日本人だけだと認識しておきましょう!

ここでは、重要なデータ・統計などを見ることで、英語勉強の重要性・必要性を再認識するとともに、初心者でも無料で今すぐできる正しい英語の勉強法なども参考にご紹介します。

目次:

1.勉強は無駄じゃない!英語の必要性を裏付けるデータ・統計
・世界で最も話されているのは英語?
・日本の英語力ランキングとその他の比較
2.「AI(翻訳機など)」があるから英語の勉強は不要?
3.今後はどうなる?英語の必要性を感じないのは「勉強しないための口実」

1.勉強は無駄じゃない!英語の必要性を裏付けるデータ・統計

結論から言うと英語の勉強は全然無駄ではありません。

これから英語関連でデータを共有していきますが、「なぜ英語が必要なのか?」、「なぜ、日本人は英語を習得する必要があるのか?」など、ここで認識していただけるでしょう。

世界で最も話されているのは英語?

世界で最も話されているのが「英語」です。

ビジネスの世界でも共通語です。

母国語として話されている言語として多いのが中国語です。約13億人になります。

これはその国の人口に比例するため、ヒンディー語(インドなど)、ポルトガル語なども母国語としては多いです。

しかし、母国語、また第二言語としての最も話されているのが、「英語」で1位です。

統計によると、20億人近くと言われています。これは他の言語と比べてもダントツに大きい数字です。

大げさではなくこれが現状です。中国語、ヒンディー語も「母国語+第二言語」として計算しても、母国語の数と変わりはありません。

日本の英語力ランキングとその他の比較

世界規模で英語力のランキングを決めている統計の一つに、「EF EPI」というのがあります。

詳しくはその公式サイト(下記)を見て頂きたいのですが、2019年時点で100か国を調査して、1位がオランダ、日本は53位です。アジア圏内では最下位です。

https://www.ef.com/wwen/epi/

平均して、義務教育と高校で6年間英語に触れているのにこの順位が現実です。

しかし、ここで考えてほしいのが、日本企業で働く場合は、「英語力」が優遇されるといのがどうしても根付くのです。

これはあなたにとってチャンスだと思って下さい!

他の国では、特に順位が高い国の企業では英語ができるのは当たり前で、英語力で差別化はできないのですが、日本では英語力が大きな武器になるということです。

2.「AI(翻訳機など)」があるから英語の勉強は不要?

今やAI(自動翻訳機)やgoogle翻訳など、ドンドンその精度が上がっています。

英語だけではなく、様々な言語に対応しているので、私も海外旅行の時は大変重宝しています。

しかし、それは英語の時ではなく、他の馴染みの無い言語などです。しかも、使う時は現地の年配の方、子供、などに限定はされています。

その他の若い方々は、基本的に英語が話せる方が多いです。

特にヨーロッパなどは先のランキングにあるように、英語が普通に話せる国が多いのですが、ショッピングの商品の説明などがその母国語なので、その時などに限定して翻訳アプリなどを使います。

さて、ここで質問です。

日本に旅行などで滞在している外国人と日本人の会話のシーンなどテレビでもよく見かけますが、彼らは英語に変換する翻訳機を使っていますか?

違いますよね。

日本人が英語が話せないから、日本語への翻訳機を使っているはずです。日本人が英語が話せるなら、彼らはそれすら要らないのです。

私が仕事などを通して知っている外国人の何人かは、日本は英語が話せない人が多いから行きたくないと言ってるくらいです。その負のイメージは払しょくしたいですね。

しかし、翻訳機を使って英語力をUPする方法があります。精度が高くなっているので、活用できれば一石二鳥です。詳しくは『おすすめ英語翻訳|音声なども使った無料で正確なアプリ・サイト7選』を確認してみて下さい。

3.今後はどうなる?英語の必要性を感じないのは「勉強しないための口実」

何故英語が世界で一番話されているのか?

それはアメリカやイギリスが歴史的に見て勢力を拡大したという背景もあるのでしょう。

しかし、一度、ドイツ語やスペイン語を勉強してみて下さい。

男性名詞や女性名詞などなど、めちゃくちゃ複雑です。

一方で、英語は文法も簡単。

世界には約6000以上の言語があると言われているのですが、その中でも英語は習得しやすい言語として認識されています。

では、日本語はどうなのでしょうか?

日本語の英語の習得の難しさはアラビア語と同じカテゴリーで、難易度が3位と言われています。2位がアラビア語、1位が中国語です。

私たち日本人は、ひらがな・カタカナ・漢字の3種類を習得しています。これって、他の言語にはないものです。

外国人から見たら、3つの言語を同時に習っている感覚ですよね。しかも、音読み・訓読みなどもある。

「今日」という漢字があっても、「きょう」という音読みなのか、訓読みなのか分からない読み方をする、などなど。

また、会話では主語が落ちることも多かったり、「今日、行ったよ、紹介してくれたレストランに」など、倒置法もあります。語順が人によってバラバラです。

しかし、英語はアルファベットはA~Zの26文字で、語順は人によって変わることは基本ありません。一定です。

よって、難易度から見ても日本語が世界共通語になることはないでしょう。

歴史的背景というより、英語が最も話されている理由は難易度の低さが一番の要因でしょう。

英語の必要性は感じてはいるけど、どうしたら分からないという方もいらっしゃるでしょう。過去に挫折などして、どうしても英語の勉強が苦手という方は、言語習得の流れに沿って勉強をするだけで、簡単に解決することができます。

無料で今すぐ英語力をアップすることが可能です。マイスキ英語で最も読まれている記事に、『英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い』があるのですが、聞くことから始める方法で、気軽にスタートできます。

初心者だろうが、英語レベルが初級者だろうが関係ありません。

英語は今後も必要な言語で、今でも当たり前の時代です。そして、日本では最高の武器の一つにもなることを忘れないで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta