著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の長文問題をスラスラ解く!正しい勉強法と5つのコツ・無料アプリ

のべ5,037がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の長文問題を苦手としている人も多いですよね。

全く読めないという人や、意味や解き方が分からないと諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、入試やTOEIC、英検などの試験でも、長文は配点が高いので、高得点をとるためには避けて通ることができません。

長文のその前に短文の英語に触れて慣れることも大事です。この記事と同様に、『英語のリーディング|4つのコツや練習・勉強方法や無料アプリなど』も是非参考にしてみて下さい。

また、長文読解と言ってもリーディングだけではありません。長文のリスニング(例:TOEICのPart3やPart4など)、長文のライティング(例:英作文を書く問題やビジネスメールなど)もあります。その勉強法もここでご紹介しています。

先ずは、英語の長文問題(リーディング)の解き方のコツや正しい勉強方法を紹介しているので押さえましょう!もしあなたが間違った勉強法をしているのであれば、時間と労力の無駄ですので今すぐやめましょう!

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:

1.英語の長文力が重要な理由
2.英語の長文が読めない理由~長文を読むための基礎力
・長文読解に必要な基礎力その1.単語・熟語力
・長文読解に必要な基礎力その2.基礎文法力
・長文読解に必要な基礎力その3.日本語読解力
3.長文問題で時間が足りない!スピードアップする5つのコツ
・コツその1.英語の語順通りに読む!スラッシュリーディング法
・コツその2.分からない単語は推測する
・コツその3.設問は先に読む
・コツその4.結論は先に書かれている
・コツその5.ディスコースマーカーに注目する
4.間違った英語長文のための4つの勉強法とは?
・間違った勉強法その1.単語をひたすら覚えている
・間違った勉強法その2.復習せずに新しい長文をひたすら読んでいる
・間違った勉強法その3.問題集に直接書き込んでいる
・間違った勉強法その4.暗記したり、書き写したりしている
5.音読が英語長文の読解力を付ける学習法におすすめ!
・音読の3つのメリット
・音読の方法
6.長文読解力アップのためのおすすめ無料アプリ
・POLYGLOTS(ポリグロッツ)
・Duolingo(デュオリンゴ)
・mikan(みかん)
・Podcast(ポッドキャスト)
7.英語長文の聞き方(リスニング)勉強法
8.英語長文の書き方(ライティング)勉強法

1.英語の長文力が重要な理由

入試、TOEIC、英検など、英語に関する試験を受けるなら、長文力を磨く必要があります。

というのも、多くの試験では長文問題の割合が高いからです。

国立大学や私立大学の試験など、どの試験でも長文問題が約7割を占めています。

TOEICでも、リーディング試験100問のうち、Part7の長文問題は54問です。

これらの長文が占める割合をみても、高得点を取るためには長文問題が避けて通れない道だということがわかっていただけるのではないでしょうか。

TOEICの長文問題の解き方や例題などは『TOEIC満点者が伝授!英語リーディングのコツと勉強法』の記事で解説しています。試験前の対策や復習用として活用してみて下さい。

また、リスニング試験でも比較的長文の会話が出題されることがあります。

これらの問題を解くためには、前提として長文読解力が必要です。

さらに、長文が読めるようになると、自然に英単語や英語表現、語順など英語の知識も充実していきます。試験で高得点を取るためにも、英語力を底上げするためにも、長文が読める長文力は欠かせません。

2.英語の長文が読めない理由~長文を読むための基礎力

英語の長文が読めない、意味がわからなくて悩んでいるという人は、長文を解くコツやリーディングの勉強法以前の問題である可能性が高いです。

長文を読むために必要な基礎力は3つです。

「単語・熟語力」、「基礎文法力」、「日本語読解力」です。

それぞれを見てみましょう。

長文読解に必要な基礎力その1.単語・熟語力

英語の長文リーディングをするためには、基礎的な単語力と熟語力が必要です。

問題に出てくる単語を全て知っている必要はありませんが、基本的な単語と熟語を知らなければ、全く意味がわからないという状態になります。

必要とする単語数は、受験する試験やそのレベルによって違いまが、入試試験であれば約2500語程度です。2500語といっても、約1000語は中学で習う単語で、約500語は派生語なので、大学受験のために覚える単語数は約1000語です。

大学受験以外でも、一般的な長文リーディングや英字新聞などを読むためには、これくらいの単語力は最低限必要です。

英字新聞については、『おすすめの英字新聞|レベル別で初心者も上達!5つの勉強法とコツ』の記事も参考にしてみて下さい。

長文問題にでてくる長文を読むためには、なによりも先にこの基礎単語力、熟語力をつける必要があります。まずは、単語や熟語の学習から始めましょう。

尚、このレベルの基礎単語であれば、単語帳で一気に覚えるのがおすすめです。単語帳は何個も使う必要はなく、1冊選んでそれに集中しましょう。

単語帳を使って覚える時のコツは、1回に50~100個と大量に覚えることです。

100個覚えれば1000個は10日で終わります。リーディング用の学習なので、スペルまで完璧に覚える必要はありません。最初は英単語を見れば、意味がわかるくらいでOKです。

10日たって1000語覚えた頃には、忘れてしまっているものも多いのですが、それでOKです。また最初に戻って覚えているか確認して、忘れてしまったものを復習します。それを、単語帳の9割程度覚えるまで繰り返します。

1日5個ずつ完璧に覚える方法はおすすめしません。

1000語を5個ずつ覚えると、200日かかります。1日も休まず覚えたとしても、半年以上かかる計算です。半年たって、全て覚えたころには、最初の単語はほとんど忘れてしまっています。試験までの期間は限られている人も多いはずなので、これだけの期間かけてしまうと何度も復習して記憶を定着する時間がなくなってしまいます。

尚、さらに詳しい単語学習法については『TOEIC満点者が教える!英単語の覚え方マスター法』で解説しています。こちらも要チェックです。

長文読解に必要な基礎力その2.基礎文法力

単語はたくさん知っているけれど、長文が読めないという方は基本の文法力が身についてない可能性が高いです。

英語初心者だと、英語の単語の意味さえわかれば、文の意味もわかると思ってしまいがちです。

しかし、わからない単語を全て辞書で調べても、英語の語順や、文の構造を知らないと英文の意味を理解することができません。

英語の文法といっても、「助動詞」「接続詞」などの文法用語を覚えたり、英語の知識を増やしたりする必要はありません。

長文リーディングに必要な基本の文法知識は5つの文型です。5文型がわかれば、英語の語順や基本的な英語の読み方がわかります。

5文型については、『英語の5文型(語順)の見分け方・例文と簡単マスター勉強法』で詳しく解説しています。

また、英文法の学習法については、『英文法|効率的に英語の文法力が身に付く練習と4つの勉強法』で詳しく解説しています。文法力が足りないと感じる方は、こちらもチェックしてみてください。

長文読解に必要な基礎力その3.日本語読解力

長文読解のための基礎力として、見落とされがちなのが日本語読解力と一般教養の知識です。

もともと、日本語で本を全く読まない人や、日本語の長文が苦手という人は、文章そのものを読みとる力が不足している可能性があります。普段から、マンガ以外本を読まないという人は要注意です。

英語の学習とあわせて、日本語の文章も少し読むように意識してみましょう。

また、長文では科学や政治、生活に関する話題など、一般教養が必要な話題も出てくることが多いです。特別難しい知識は必要ありませんが、テレビのニュースを見てなんとなく理解できる程度の一般教養があると長文も理解しやすいです。

3.長文問題で時間が足りない!スピードアップする5つのコツ

先ほど解説した基礎力があるのに、長文問題で時間が足りないという人は、長文問題の解き方、リーディングの読み方に問題がある可能性が高いです。

ここでは、長文問題でスピードアップするコツを5つ紹介します。

コツその1.英語の語順通りに読む!スラッシュリーディング法

長文問題のリーディングで時間がかかってしまう最大の原因が「返り読み」です。

日本語と英語は、文章の語順が違います。そのため、日本語に訳しながら読もうとすると、英文を何度も前後に振り返りながら読むことになり、時間がかかってしまいます。

リーディングのスピードを上げるためには、前から英語の語順のまま読む必要があります。英文を日本語に訳さず、英語のまま読めればベストですが、最初のうちはなかなか難しいですよね。

そんな人にオススメなのがスラッシュリーディング法です。英文にスラッシュを入れて、かたまりごとに訳せば、語順を変えなくても意味を理解することができます。

例文で見てみましょう。

  • 英語: I’ll watch a movie / with Tom / tomorrow.
  • 日本語:私は映画を観る予定だ/トムと/明日に

日本語の訳を前から読んでも、意味は理解できますよね。スラッシュで区切る位置は、特に決まりはありません。区切りやすいところでOKです。

慣れるまでは、練習でスラッシュを実際に文章に書いて読んでみましょう。ただし、実際の試験では、全ての文章にスラッシュを書いていると、時間が足りなくなります。試験に向けて、少しずつスラッシュをイメージしながら読めるように練習しましょう。

コツその2.分からない単語は推測する

長文リーディングで時間足りなくなってしまう人の特徴がもうひとつあります。分からない単語や表現で止まってしまう人です。

長文問題で高得点を取っている人は、わからない単語や英語表現があっても、推測しながらどんどん読み進めています

最初から、すべての意味を把握しようとはしていません。全体の大まかな内容と、設問に必要な部分だけわかればOKという感覚で読んでいます。

推測といっても難しいことではありません。日本語でも、新聞や、少し難しい本を読む時に、知らない言葉がでてくることがありますが、よっぽど重要な単語以外は、辞書を引いたりしませんよね。前後の文脈から「なんとなく、こんな意味なのかも?」と推測して、先に読み進めるはずです。

それと同じ感覚で英語も読みましょう。多少、推測できない言葉があっても、問題を解いたり、全体の意味を理解するのに問題ない場合が多いです。

ただし、推測して読むためには、普段から訓練が必要です。長文リーディングをする時に、わからない単語がでてきても、極力、辞書で調べず読む癖をつけましょう。

コツその3.設問は先に読む

長文問題は、長文からではなく設問から先に読みましょう。

先に設問を読むことで、長文の中の必要な情報が書かれている部分だけ集中して読むことができます。不必要な部分は読まなくてOKなので、かなりスピードアップすることができます。

多くの英語試験では、長文の中で書かれている順番に問題が出題されていることが多いので、最初の2問程度読んでから、長文を読み始めるのがおすすめです。

コツその4.結論は先に書かれている

長文リーディングでスピードアップするために知っておきたいのが、英語と日本語の書き方の違いです。

英語では、結論など大切なことは先に書きます。よって、長文が何について書かれているのかは、最初の方にあります。

また、パラグラフの中でも、大切なことは1文目もしくは最初のほうに書かれています。

設問について書かれている部分を探す時にも、パラグラフの最初の文を読んで「このパラグラフには必要な情報があるか」を判断することができます。

これは1つの文章でも同じことが言えます。「誰が何をした」という大切な部分は、文の前のほうにあります。前の方だけ読んで、あまり重要でない文章は飛ばして読みましょう。

この「結論は先」を意識するだけで、長文リーディングのスピードがかなりアップします。

コツその5.ディスコースマーカーに注目する

長文リーディングする時に、目印になるのがディスコースマーカー(Discourse Marker)です。

ディスコースマーカーは、文と文の関係を示す表現で、日本語では「談話標識」と訳すこともあります。

このディスコースマーカーに注目すると、注目して読むべきポイントがわかりやすく、時短になります。

たとえば、「理由を3つ説明します」という文の後に、「firstly」と文の初めにあれば、1つ目の理由、「secondly」は2つ目の理由、「thirdly」は3つ目の理由が書かれていることがわかります。先まで読まなくても、「ここには理由が書かれている」と想像でます。

設問に答えるために、理由を知る必要があれば、ここを読めばいいですし、必要なければ飛ばして読むと判断することができます。

「しかし」などの逆説や、対比のディスコースマーカーもあります。

  • but
  • however
  • on the other hand
  • in contrast
  • by contrast

上記の表現が文中に出てきた場合、前の文と反対の意見や事実などがかかれていると、判断することができます。

ディスコースマーカーは全て覚える必要はありませんが、主要なものは英語ライティングなど他の場面でも使うので知っておくと便利です。

4.間違った英語長文のための4つの勉強法とは?

長文の勉強は間違った勉強法をしている人も多いです。時間と労力はかけているのに、点数に繋がらないという人も多いので要注意です。

ここでは、よくある間違った勉強法をご紹介しますので、もしあなたに当てはまっているのであれば、今日からストップしましょう。

間違った勉強法その1.単語をひたすら覚えている

長文を読みながら、わからない単語を調べて、それをひたすら覚えていませんか?長文問題に出てくる単語全てが重要単語というわけではないので、長文の中からわからない単語を覚えるのは非効率です。

また、コツのところでも少し触れましたが、長文を読む時に単語を調べる癖がつくと、単語の意味を全て理解しないと読めなくなってしまいます。

TOEICや入試などでは、知らない単語も出てきます。単語の意味がわからなくても、読み進められるような練習をする必要があります。

間違った勉強法その2.復習せずに新しい長文をひたすら読んでいる

ただ、ひたすら新しい長文を読むという学習法もおすすめしません。

リーディング力を身につけるためには、たくさんの英文を読む必要があります。

しかし、長文問題はリーディング力だけでは解けません。問題の出題傾向になれたり、解き方の練習をしたりする必要があります。

問題を解く練習をする場合も、どんどん新しい問題を解くのではなく復習をしたほうが効果的です。

特に間違った問題は、苦手だったり、理解できていなかったりするポイントなので、何度か復習してしっかり理解すれば点数アップに繋がります。

よって、参考書や問題集は、何冊も買う必要はありません。問題集は、1冊使いやすいものを見つけたら集中して使い、何度も復習しましょう。たくさん購入してしまうと、どれも中途半端になって手を付けずに終わってしまう可能性が高いです。

間違った勉強法その3.問題集に直接書き込んでいる

長文問題を解く時に、問題集に直接書き込みながら学習するのもNGです。

特に、調べた単語の意味を書きこんだりするのはやめましょう。書きこんでしまうと、復習で問題を解く時に、その書き込みをみながら解くことになってしまいます。メモが必要であれば、ノートにしましょう。

実際のテストでも、書き込みをたくさんしているとそれだけで時間のロスになるのであまりおすすめしません。さらにTOEICでは、問題への書き込みが禁止されています。できれば、書き込みをせずに、問題が解けるのがベストです。

簡単な記号や、下線などをどうしても引きたい場合は、問題集をコピーして使うとよいでしょう。

間違った勉強法その4.暗記したり、書き写したりしている

長文を丸暗記したり、書き写したりする勉強法おすすめではありません。学習法としては、効果がないわけではないですが、時間がかかりすぎるからです。

特に、TOEICや入試の過去問は丸暗記しても、必要ない部分も多いので、時間と努力の無駄になってしまいます。

5.音読が英語長文の読解力を付ける学習法におすすめ!

リーディングの基礎学習としておすすめなのが音読です。

音読は、リーディングの基礎力をアップさせるための学習として効果があり、メリットだらけです。詳しくは、『英語の音読|英語習得に違い出る重要な5つの方法と効果』でも解説しています。

音読の3つのメリット

音読の主なメリットは3つです。

語順通りに読む癖がつく

音読を続けることで、英語の語順通りに読む訓練をすることができます。

最初は、英語の意味が理解できないかもしれませんが、続けているうちに少しずつ音読しながら意味を読み取れるようになります。

読むスピードが上がる

同じ文を繰り返し音読すると、自然とリーディングのスピードが上がります。

5回程度繰り返して読めば、慣れてかなりスピードアップします。10回も読めば、ネイティブレベルの速さでよめるようになります。

もちろん、新しい長文を読むとまたスピードは下がりますが、繰り返し訓練することで、徐々に新しい長文を読む時のスピードも上がっていきます。

記憶に残りやすい

音読では、口、目、耳と五感の多くを使います。そのため、黙読するより英語が記憶に残りやすいです。

音読しているうちに、自然と単語や、英語の語順など、長文読解に必要な知識を覚えることができます。

また、長文読解には直接関係はありませんが、音読をしていると耳から音の情報が入るので、リスニング力アップにも繋がります。

音読の方法

音読はただ声を出して長文を読むだけでは、効果が期待できません。音読の効果を最大限に引き出すために、次のポイントに注意しましょう。

読む前に下調べをする

意味がわからない長文を何度も読んでも効果はありません。

音読する場合は、わからない単語の意味や発音を事前に調べましょう。その後、対訳と照らし合わせながら、大よそ意味をつかんだ状態で、音読をしましょう。

5回以上繰り返して読む

音読は1回だけでは効果がありません。最低5回くらいは繰り返して読みましょう。

10回~20回とたくさん繰り返すのも効果があります。

教材選びに注意

音読は下調べと繰り返し読むことで時間がかかります。たくさんの長文を音読するのは、時間的に難しい人が多いと思います。

少ない教材で、効率的に効果を得るために、教材選びに注意しましょう。

音読用の教材は、英字新聞や、英語学習アプリ、インターネット記事など一般的なものより、問題集や参考書など目的に直結するものを選びましょう。教科書なども、英語の基本がしっかり詰まっているので、音読に向いています。

6.長文読解力アップのためのおすすめ無料アプリ

スマホを使えば、すきま時間に無料で英語の勉強をすることができます。

ここでは、長文読解力アップのために使えるおすすめアプリをご紹介します。

POLYGLOTS(ポリグロッツ)

POLYGLOTS(ポリグロッツ)は英語のニュースなどがスマホで読めるアプリです。

90万人以上がダウンロードしていて、英語のリーディングが学べるアプリとしては断トツの人気です。

BBCやNew York Timesなど、有名なテレビ局や新聞社のニュースも無料で読むことができます。

ニュースだけでなく、占いや英語学習記事、ファッションなど幅広いジャンルの記事を多数配信しています。記事は、難易度とリーディングにかかる目安時間が書かれていて、自分のレベルと学習時間にあった記事を簡単に選ぶことができます。

iPhone版
android版

おすすめ機能その1.ペースメーカー

POLYGLOTSの最大のおすすめの機能が、ペースメーカーという機能です。

この機能を使えば、あらかじめ設定したペースで、文字がスクロールされていきます。読むスピードを意識しながら記事を読むことになるので、自然にリーディングのスピードがアップします。

おすすめ機能その2.単語チェック

記事の中のわからない単語は、タップするだけで簡単に意味を確認することができます。

調べた単語は単語帳に登録することができます。単語帳の単語の小テストもあるので、知らなかった単語を効率的に覚えることができます。

Duolingo(デュオリンゴ)

URL:https://ja.duolingo.com/

英語だけでなく、世界の言語に対応している言語学習アプリのDuolingo(デュオリンゴ)は、世界中でなんと1億人以上が利用していると言われています。

ゲーム感覚でクイズを解きながら、英語を気軽に学習できるアプリで、リーディングの基礎力に自信がない初心者の方に特におすすめです。

たくさんのクイズ形式があり、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングなど幅広く学ぶことが出来ます。

特に、英文の日本語訳を、選択肢の単語を並べ替えて回答するクイズや、日本語に対する英語訳を並べ替えるクイズなどはおすすめです。リスニングの、英語を聞いて日本語訳を答える問題も、リスニングだけでなくリーディングにも効果的です。

Duolingoは1問の回答時間が短く、短時間のすきま時間でも英語学習ができるのでおすすめです。パソコンなど複数のツールからアクセスできるのも、おすすめポイントです。

ただし、英語の基礎に特化しているため、中級レベル以上だと物足りなく感じるかもしれません。

mikan(みかん)

長文リーディングのために英単語の学習をしたいという人におすすめなのが、英単語アプリmikan(みかん)です。

レベルと目的別の単語テストができるアプリです。センター試験のカテゴリーや、TOEICのカテゴリーなどもあります。

10単語ごとのテストで短く短時間で学習することができます。間違った単語は、苦手単語として登録されて、再度学習することができるので、効率的に単語学習することができます。

iPhone版
android版

Podcast(ポッドキャスト)

iPhone購入時に内蔵されているAppleのアプリPodcast(ポッドキャスト)もおすすめです。

インターネットラジオを無料で聞くことができるアプリです。

英語で配信されているラジオや、英語学習のラジオ番組などもたくさんあります。ダウンロードして聞くことができるので、すきま時間の学習でパケット代が気になるという人にもおすすめです。

Podcastはリスニング対策としてよく使われますが、リーディング対策にもおすすめです。英語の音声をたくさん聞くことで、英語の語順のまま読む力がアップします。また、スピーキングスピードの英語をたくさん聞くことで、英語を理解するスピードも上がるので、自然にリーディング速度もアップします。

車の運転中など、アプリを操作したり、書いたりする学習が難しいすきま時間には、Podcastの英語のラジオを流して英語学習しましょう。

7.英語長文の聞き方(リスニング)勉強法

英語の長文の聞き取りが苦手!という方も多いです。

英会話ベースの短い単語のやり取りは何となく理解できるけど、どうしても長い文章のリスニングができない方には、次の2つの勉強法をおすすめしています。

先ずは楽しく勉強できる方法は、『映画が字幕なしで分かる!劇的に変わる2つの英語リスニング勉強法』でイメージしながら、長文を聞く感覚を身に付けて下さい。

また、会話の長文の聞き取りが慣れてきたら、少しレベルアップしましょう。

おすすめの英語ニュース|無料サイトやアプリなど7選と勉強法』を参考にしてみて下さい。

8.英語長文の書き方(ライティング)勉強法

SNSや友達との略語のやり取りなど日常会話では欠かせませんが、それだけでは英語の長い文章を書く時にはあまり役立ちません。

しっかりと基礎を身に付ける必要があります。英作文の問題やビジネスメール、プレゼン資料、論文など多少長めの英文を書く際には、是非、『英語のライティングが上達する!8つのコツや書き方と勉強法』を参考にしてみて下さい。

まとめ:英語の長文は避けては通れない英語力!

英語の長文問題は、英語の総合力が問われるため難しく感じるかもしれません。

しかし、英語の試験で高得点を取るためにも、英語の上級者を目指すためにも、避けて通ることが出来ない分野です。

その分しっかり、時間をかけて学べば、TOEICの点数など結果に直結する分野です。

長文は、基礎固めをしっかりして、コツを意識しながら読むだけで、かなりリーディングや問題を解くスピードがアップします。全く読めない、意味がわからないという方は、まずは基礎固めからチャレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta