著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の15個の助動詞が今すぐ分かる一覧と活用法

のべ136,686がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Created with Microsoft Fresh Paint

「英語の助動詞とは何?」

「どのように使うの?」

「分かりやすい解説が欲しい!」

などの多くの疑問や要望があるほど、英語には欠かせない文法の1つです。

よって、ここでは英語の助動詞の活用が分かる一覧をご用意するだけでなく、もっと深く知りたい方のために各助動詞について個別にも解説しています。

目次:
1.英語の助動詞一覧
2.英語の助動詞の個別解説と活用法
その1.Can
その2.Could
その3.Dare
その4.Have to
その5.Had better
その6.May
その7.Might
その8.Must
その9.Need
その10.Ought to
その11.Shall
その12.Should
その13.Used to
その14.Will
その15.Would

「このページの使い方」

★印の数によって、その助動詞の使い方頻度や重要度を示しています。

  • ★☆☆の場合:口語・文語でもあまり使わない助動詞
  • ★★☆の場合:口語・文語でも頻繁に使う助動詞
  • ★★★の場合:英語を聞く・見る・話すために最低限必要

1.英語の助動詞一覧

助動詞とは動詞を助ける役割を果たすものであり、英会話やTOEICなどに必要な英語の助動詞は全部で15個あります。

助動詞にはそれぞれに役目があり、2つ以上の意味をもつものもあります。

助動詞
意味その1
意味その2
頻度・重要度
can
〜できる
〜かもしれない
★★★
could(canの過去形)
〜できた
〜かもしれない
★★★
dare
〜の勇気がある
あえて〜する
★☆☆
have to
〜しなければならない
★★★
had better
〜した方がよい
★★☆
may
〜かもしれない
〜してもよい
★★★
might(mayの過去形)
〜かもしれない
★★☆
must
〜しなければならない
〜に違いない
★★★
need
〜する必要がある
★☆☆
ought to
〜すべきです
〜のはずです
★★☆
shall
〜します(未来)
★★☆
should(shallの過去形)
〜すべきです
〜のはずです
★★★
used to
以前〜でした
★★★
will
〜します(未来)
★★★
would(willの過去形)
〜でしょう
★★☆

2.英語の助動詞の個別解説と活用法

ここで挙げた15個の助動詞をそれぞれの活用を見ることで、助動詞の重要性と面白さが理解できます。

助動詞の文法は難しく考えずに、動詞の前に置くだけでよい。

また、主語が単数や複数などに関係なく、助動詞の後ろの動詞は必ず原形となる。

・例文1:I will go shopping
・例文2:He can do anything
・例文3:They should study now

助動詞その1.Can ★★★

Canは2つの活用ができる英語の助動詞です。

Canの活用1.〜できる

「〜できる」という可能を表現する時に使います。

例文
和訳
肯定文
He can play tennis
彼はテニスができます
否定文
He cannot play tennis
彼はテニスができません
疑問文
Can he play tennis?
彼はテニスができますか?

※否定のcannotは、can’tとして短縮でもよい

Canの活用2.〜かもしれない

「〜かもしれない」という可能性ともう一つ、否定形で〜のはずがないとなる場合があります。

例文
和訳
肯定文
It can be true
それは真実かもしれない
否定文
It cannot be true
それは真実のはずがない

※否定のcannotは、可能(〜できる)の時と同様に、can’tとして短縮としてもよい

助動詞その2.Could ★★★

Canの過去形(〜できた)とは別に、「〜かもしれない」という可能性を表現する時に活用する。

例文
和訳
肯定文
It could be cloudy
曇るかもしれない
疑問文
Could you call me tomorrow?
明日電話をいただけますか?

※疑問文は、「〜してもらっていいですか?」と丁寧なお願いの時に使います。Can(〜できますか)より丁寧です。
※否定の場合は、could not、またはcouldn’tを使います

「可能性のCan(〜かもしれない)との違い」

  • Canの場合は、理論上は〜かもしれないというのに対して、Couldの場合は、実際での〜かもしれないとなります
  • It could be sunny tomorrow(明日は晴れかもしれない)とはなりますが、It can be sunny tomorrowとはなりません。現実に起こりうることですので、ここではcouldとなります。

助動詞その3.Dare ★☆☆

「〜の勇気がある」と「あえて〜する」の2つの使い方があるが、前者を使う場合が多い。

例文
和訳
肯定文
He dare challenge it
彼はそれにチャレンジする勇気がある
否定文
He dare not speak to his boss
彼はボスに話す勇気がない
過去形
I dared tell the truth
私は真実を話す勇気がありました
疑問文1
Dare you see him?
彼に会う勇気がありますか?
疑問文2
How dare you come here?
よくここに来れるね

※否定のdare notを、daren’tと短縮でもよい
※疑問文2のような場合は、How dare?、またはHow dare you?としてもよい

助動詞その4.Have to ★★★

「〜しなければならない」という義務を表現する時に活用します。

例文
和訳
肯定文1
I have to study
私は勉強しなければならない
肯定文2
He has to come here
彼はここに来なければならない
否定文1
You do not have to do this
あなたはこれをしなくてもよい
否定文2
She does not have to work
彼女は働かなくてもよい
疑問文1
Do we have to get together?
私たちは集まらなければならないのですか?
疑問文2
Does Chris have to buy it?
クリスはそれを買わなくてはならないのですか?

※否定形のdo notは、don’tと短縮でもよい
※否定形のdoes notは、doesn’tと短縮でもよい

助動詞その5.Had better ★★☆

「〜した方がよい」という忠告の表現となります。

例文
和訳
肯定文
You had better hurry
急いだ方がよい
否定文
You had better not go there
そこに行かない方がよい
疑問文
Had I better start now?
今始めた方がいいですか?

※You had betterを、You’d betterと短縮してもよい

助動詞その6.May ★★★

「〜かもしれない」と「〜してよい(いいですよ)」という2つの表現で活用します。

例文
和訳
肯定文1
It may rain tomorrow
明日は雨が降るかもしれない
肯定文2
You may call him
彼に電話していいですよ
否定文
He may not come
彼は来ないかもしれない
疑問文
May I have your name?
お名前を聞いて宜しいでしょうか?

可能性が50%ぐらいの時に使います。Couldは更に可能性が高い(絶対的な場合も)時です。
※疑問文では、「〜して宜しいですか?」となり、とても丁寧な言い方となります。また主語は「I」のケースがほとんどです。

助動詞その7.Might ★★☆

Mayの過去形ですが、「〜かもしれない」という可能性を表現する時に活用します。

例文
和訳
肯定文
He might call
彼が電話するかもしれない
否定文
She might not make it
彼女は間に合わないかもしれない

※May(〜しれない)の50%の可能性より更に低い時に使います

助動詞その8.Must ★★★

「〜しなければならない」と「〜に違いない」という2つを表現する時に活用します。

Mayの活用1.〜しなければならない

強い強制・義務の時に使う表現です。

例文
和訳
肯定文
I must work tonight
私は今晩、働かなくてはならない
否定文
You must not talk
しゃべってはいけません
疑問文
Must I stay here?
ここにいなくてはいけませんか?

※否定形のmust notの短縮形はありません

「Have toとの違い」

  • 肯定文では、Have toは外的要因で〜しなくてはならないで、Mustは自分の意思から〜しなくてはならないとなり、より強い強制となります
  • 否定文での、don’t have toは「〜しなくてよい」となりますが、must notは「〜してはいけない」と、肯定文と同様により強い強制となります

Mayの活用2.〜に違いない

強い確信(可能性)の場合に使う表現です。

例文
和訳
肯定文1
He must be worng
彼が間違っているに違いない
肯定文2
She must know him
彼女は彼を知っている違いない

助動詞その9.Need ★☆☆

「〜する必要がある」という時に使う表現です

例文
和訳
肯定文
He need study English
彼は英語を勉強する必要があります
否定文
You need not leave now
今出発する必要はありません
疑問文
Need he come here?
彼はここに来る必要がありますか?

※本動詞のneedを使った、need to(〜する必要がある)と同じ意味です
※例えば、He need study harderとHe needs to study harderは同じとなります。

助動詞その10.Ought to ★★☆

「〜すべきです」と「〜のはずです」という2つの表現の場合に活用します。

例文
和訳
肯定文1
You ought to follow him
彼に付いていくべきです
肯定文2
It ought to be right
それは正しいはずです
否定文
You ought not to buy it
それを買うべきではありません
疑問文
Ought I to meet him?
彼に会うべきですか?

過去形がないので、時制の一致の場合はそのままought toを使用します

助動詞その11.Shall ★★☆

「〜します」という未来を表現する時に活用します。

例文
和訳
肯定文
I shall work harder
もっと働きます
疑問文
Shall I start?
始めましょうか?

※Shallとwillはほぼ同じ意味ですが、shallは基本は一人称、つまり主語が「I」のみとなります
※アメリカ英語ではwill、イギリス英語ではshallを使うと言われています
※「〜しましょう」の、Shall we〜?は、Let’s〜と同じ意味の熟語として覚えておくのがベター
※義務の「〜すべき」という場合で使うことは、契約書など特定の他あまりない
※否定形はShall notとなります
※疑問文の場合は、「〜しましょうか?」という提案になる

助動詞その12.Should ★★★

Ought toと同じで、「〜すべきです」と「〜のはずです」という2つの表現の場合に活用します。

例文
和訳
肯定文1
You should listen to her
彼女のことを聞くべきです
肯定文2
He should be right
彼は正しいはずです
否定文
You should not go out
外出するべきではありません
疑問文
Should I take a bus?
バスに乗るべきですか?

※Shouldとought toは常に比較されます

「Ought toとの違い」

  • 義務の「〜すべきです」の場合のought toは、shouldより多少強いニュアンスになります
  • 推量の「〜のはずです」の場合のought toは、shouldと同じ意味と役割となります

助動詞その13.Used to ★★★

「以前〜でした」と過去の習慣などを表現する場合に活用します。

例文
和訳
肯定文
I used to play soccer
以前、サッカーをしていました
否定文
He didn’t used to study
彼は以前、勉強をしていませんでした
疑問文
Did you used to go there?
以前、そこに行っていましたか?

※否定文と疑問文の時、usedを原形のuseに戻して表現しても同様になります
※否定文と疑問文の時、did not(didn’t)やdidの過去形を使います
※be動詞+used to〜(動名詞:teaching,eatingなど)の、「〜に慣れている」と混合しないように注意しましょう

助動詞その14.Will ★★★

未来の「〜します」または「〜でしょう」と表現する時に活用します。

例文
和訳
肯定文
I will drive tomorrow
明日運転するでしょう
否定文
He will not play
彼は遊ばないでしょう
疑問文
Will you try?
トライしますか?

※Will notをwon’tと表現しても同様です

「be動詞+going toとの違い」

  • It is going to rain tomorrow → 明日雨が降るでしょう(確信・高確率)
  • It will rain tomorrow → 明日雨が降るでしょう(単純予想)

助動詞その15.Would ★★☆

Willの過去形以外に、「〜でしょう」と表現する時に活用します。

例文
和訳
肯定文
It would be nice
それはいいでしょう
否定文
He would not arrive soon
彼はすぐには到着しないでしょう
疑問文
Would you help me?
手伝って頂けますか?

※否定形のwould notを、wouldn’tと短縮しても同様です
丁寧な意思表示として良く使われる助動詞
※疑問文では、丁寧なお願いとして活用される場合が多いです

英語の助動詞は「動詞の原形の前」というルールを守れば大活躍

ここでご紹介した助動詞はどれも英語の社会で一度は触れることのあるものばかりです。

また使い慣れることで、感情が入った豊かな英語の表現となります。

先ずは臆することなく、ルールを守ってドンドン使っていきましょう!あなたの英語が今すぐにでも変わるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万1539人が体験中の無料勉強法 (2016年11月28日現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta