著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

mightの意味と使い方|助動詞・名詞での16例文やmayとの違い

のべ3,652がこの記事を参考にしています!

助動詞として主に使う「might」ですが、「may」など他の助動詞との違いが分かりますか?

英語の15個の助動詞が今すぐ分かる一覧と使い方』でも書いているように、「might」はその1つに過ぎませんが、英会話の中でもその役割をシッカリと担っています。

でも、使い方や意味がいまいちよく分からない方が多いのも事実です。

よって今回は、この「might」について、例文を用いながら解説していきます。また名詞での使い方についても触れますので参考にしてみて下さい。

目次:

1.「might」の発音と派生語(mighty)
2.助動詞の「might」の意味と使い方・例文
・mayの過去形
・(可能性・推測)~かもしれない
・(丁寧な許可)~してもいい
・(助言・提案)~した方がいい:might as well
3.助動詞「might」と「may」など他との違い
4.名詞の「might」の意味と使い方・例文

1.「might」の発音と派生語(mighty)


「might」は助動詞mayの過去形です。

「might」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
マイト
mɑɪt

「might」自体は、助動詞と名詞の役割があるのでが、派生語に「mighty(マイティー)」という単語があります。

これは形容詞と副詞で使われていて、次のような例文になります。

  • 形容詞・・・強大(強力)な、成功した(素晴らしい)、など ※例:He is small, but mighty.(彼は小さいけど、力強いです)、など。
  • 副詞(口語のみ)・・・非常に ※例:It’s mighty good.(それはとてもいいえすね)、など。

会話の中でもたまに使われる表現ではあるので、押さえておきましょう!

2.助動詞の「might」の意味と使い方・例文

さて、「might」が一番使われる品詞が「助動詞」ですが、それぞれの活用法を見ていきましょう。

mayの過去形

単純に「may」が含まれている文を過去形にした場合の活用となります。

因みに、現在形と過去形以外の、「might)と「may」の違いについては後述します。

  • 現在形・・・He says it may rain this afternoon.(彼は、午後に雨が降るかもしれないと言っています)
  • 過去形・・・He said it might rain this afternoon.(彼は、午後に雨が降るかもしれないと言いました)

英語の時制の一致|誰でも簡単に理解できる大原則のルール』にあるように、主節(He said)の時制に従属節(it might rain ~)が合わせた形となります。

因みに、否定形の「might not」の短縮形は「mightn’t」となります。

(可能性・推測)~かもしれない

「ひょっとしたら~の可能性がある」という場合にも使います。

確率、また確信の割合を数字で言うと約30%ぐらいです。

下記がその例文です。

  • He might be telling the truth.(ひょっとしたら彼は真実を言っているかもしれない)
  • I might attend the meeting.(もしかしたら会議に出席するかもしれません)
  • I might have stayed longer if you had come.(もしあなたが来てたら、もっと長く滞在したからもしれません。 ※実際は長く滞在はしていないという仮定法過去完了の使い方です。

など。『「~かもしれない」の英語|MayやMightだけじゃない9表現と例文』でも詳しく解説しています。

(丁寧な許可)~してもいい

「どうぞ~して下さい」という丁寧な言い方になります。

下記がその例文です。

  • You might come for the party.(どうぞパーティに来て下さい)
  • Might I ask you a question?(質問しても宜しいでしょうか?)

など。

(助言・提案)~した方がいい:might as well

「might want to」、「might as well」を使うと控えめな提案・助言となります。

  • You might as well do it.(それをした方いいでしょう)
  • She might want to call him later.(後ほど、彼女は彼に電話した方がいいでしょう)

すべき・した方がいいの英語|10以上の例文やビジネスでの丁寧な表現』で、他の提案(shouldやhad better)の表現も紹介しています。

3.助動詞「might」と「may」など他との違い

さて、「might」は「may」の過去形というだけではなく、とても丁寧、で謙虚なイメージの使い方となります。

「may」も丁寧ですが、「might」は更に丁寧なニュアンスです。『「may」の意味と4つの使い方|可能性・許可・祈りと名詞や例文など』の記事でも解説しています。

下記がその例文です。

  • 丁寧な許可・・・Might I come in?(部屋に入っていもいいですか?) ※「May I come in?」がナチュラルな丁寧な許可へのお伺いですが、それより更にフォーマルな言い方となります。
  • 丁寧な提案・・・You might as well stay here.(あなたはここにいた方がいいですよ) ※「You may as well stay here.」よりも、「~した方がマシです」という絶対にそうした方がいいよではありません。
  • 控えめな可能性・・・It might be sunny.(晴れるかもしれません) ※「It may be sunny.」は50%の確率ですが、「might」は30%程度です。

など。

可能性・推測については、他の助動詞(wouldは約90%/couldは10%ぐらい)とよく比較されます。

「could」の意味や7つの使い方|canやwouldなど他の助動詞との違いなど』と『「would」の意味と5つの使い方|doやwill、couldなどの違いも解説・例文』の記事も参考にしてみて下さい。

4.名詞の「might」の意味と使い方・例文

「might」のもう一つの品詞が名詞で、「力・権力・腕力」などの意味で使われることがあります。

上述している、派生語の「mighty」の意味からも推測できますね。

下記がその例文です。

  • I tried with all my might.(全力で試しました) ※「with all one’s might(全力で・精一杯で)」の熟語です。
  • She hit her friend down by might.(彼女は力ずくで、友達を倒しました) ※「by might」は「力ずくで」という意味です。

など。

まとめ:「might」など助動詞を使い分ければネイティブ感覚!

いかがでしたでしょうか?

特に助動詞の役割については、まだピンと来ていない初心者も多いはずです。

例えば、「~かもしれない」という同じ和訳でも、相手に伝わるニュアンスが違ったりするのが英語の特徴の1つです。

助動詞の使い分けは英語上達には欠かせない要素ですので、是非この機会にマスターするようにしましょう!

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
english-memory-image10
sp-cta
pc-cta