著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「~かもしれない」の英語|MayやMightだけじゃない9表現と例文

のべ240がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「もしかしたら明日、雨が降るかもしれない」、「彼女はすでに電車に乗ったかもしれない」など未来や過去の可能性を示す「~かもしれない」

英語では使う助動詞でその可能性の程度・程度(高い・低い)を表現することができます。

日常会話でもビジネス会話でも頻繁に使われますが、そのニュアンスを理解することが大切です。

また、未来については代表的な表現は「will」と「be動詞 + going to 動詞」で可能性を示すものがありますが、それはほぼ確実のレベルで、今回説明する「~かもしれない」はその可能性より低いと思って下さい。『英語の未来形|2つのwillやgoing toの使い方やルールなど』の記事もご参考下さい。

また、そのような助動詞と同じように「副詞」も使われることがあります。

よってここでは、「(もしかしたら)~かもしれない(だったかもしれない)」の表現をその確率などを確認しながら、シッカリと使い分けができるように解説していきます。

目次:

1.現在・未来の可能性を表す「~かもしれない」の英語と例文:助動詞編
・「would」
・「may」
・「might」
・「could」
2.「~かもしれない」の否定形・過去形の英語
・「否定形」
・「過去形」
3.「~かもしれない」の英語と例文:副詞編
・「maybe」
・「perhaps」
・「probably」
・その他の副詞

1.現在・未来の可能性を表す「~かもしれない」の英語と例文:助動詞編

現在と未来(将来~かもしれない)の可能性を表現する時に使われる英語の一つが「助動詞」です。

しかし、その可能性の高さ・低さにより使われる助動詞の使い分けが必要になります。

ここでは、「would」、「may」、「might」、「could」の4つの助動詞を可能性の高い程度順(度合い順)にご紹介します。

「would」

「would」は「will」の過去形ですが、約80~90%の可能性を表現する際にも使われる助動詞です。

下記がその例文です。

  • It would be the best report so far.(今までで一番の報告書でしょう)
  • He would do the same.(彼も同じことをするでしょう) ※「もし彼が同じ立場だったら」という仮定法が省略された勝ちです。会話でもよく使う表現です。

「may」

「may」は丁寧な言い方をする際にも使われますが(May I help you?など)、約50%ぐらいの可能性の時に使います。

半分の確率なので、「もしかしたら、そこにあるかもしれない」など「もしかしたら」という和訳にもすることができます。

  • She may call me later.(彼女から電話があるかもしれない)
  • We may attend the meeting.(それの打ち合わせに出席するかもしれない)

「might」

「may」の過去形が「might(マイト)」ですが、約30%の「~かもしれない」という場合にも使います。

  • He might be able to do it.(彼はそれが出来るかもしれない)
  • I might go to your office this afternoon.(あなたの会社に午後、行くかもしれません)

「could」

今回紹介する中で一番低い可能性、約10~20%を表現する際に使う助動詞が「could」です。「can」の過去形としても馴染みがありますね。

  • He could have a chance.(彼にはチャンスがあるかもしれない)
  • It could be the reason.(それが理由・原因かもしれない)

2.「~かもしれない」の否定形・過去形の英語

「~ではないかもしれない」(否定形)や「~だったかもしれない」(過去形)の場合はどういう表現になるのでしょうか?

それぞれを確認してみましょう。

「否定形」

「~ではないかもしれない」という可能性を否定する場合は、先ほどご紹介した助動詞の後ろに「not」を置くだけでOKです。

  • I might not be able to hand in a report on time.(時間通りにレポートを提出することができないかもしれない)
  • It couldn’t be the same.(違うかもしれない) ※「couldn’t」は「could not」の短縮形です。

また、「行けないかもしれない」や「起こらないかもしれない」という可能性が全くない、「絶対にない」という場合は「impossible」(インポッシブル)や「definately + will not」などの形があります。

どちらとも「絶対に起こらない」というニュアンスになります。

  • It is impossible to happen. ※「impossible」は「不可能な」という形容詞になります。その反対の「起こるかもしれない」は「It’s possible to happen.」になります。
  • It definately won’t happen. ※「definately(デフィニットリー)」は「絶対に」という副詞です。また、「won’t」は「will not」の短縮形です。よってその反対は「It definately will happen.」です。

「過去形」

「~だったかもしれない」や「既に~かもしれない」と過去(または現在完了)を表現する場合、ネイティブはよく「might(may) have 過去分詞」の表現をよく使います。

  • I might have gotten lost.(道に迷ったかもしれない)
  • If I had known this fact, I may not have done that.(もしこの事実を知っていたなら、それをしなかったかもしれない)

2つ目の例文は「仮定法過去完了」という仮定法の一つです。詳しく知りたい方は『英語の仮定法|すぐにマスターできる簡単な2つの基本ルール』を確認してみて下さい。

また、会話では後に続く過去分詞がわかっていたなら、主語と過去分詞を除いて、単純に2単語で「Might have.」(May have.)という場合が多いです。

動詞の過去分詞については、『英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など』の記事を参考にしてみて下さい。

3.「~かもしれない」の英語と例文:副詞編

単語だけでも「~かもしれない」という可能性を伝えることができるのが副詞です。

後ほど解説しますが、「Perhaps.」や「Maybe.」などの一単語で「多分そうかもしれない」と表現もできます。日常会話でもよくこのような表現を使います。

しかし、それだけではなく、「will」と一緒に未来(将来~かもしれない)、また過去形にも使えます。

これらの副詞ですが、『「多分(たぶん)」の英語|3つの基本英単語とその使い方』の記事でも紹介しているので参考にしてみて下さい。

文頭や文中などにも置くことが出来きてその可能性を表現できます。

それぞれ代表的な副詞を見ていきましょう。

「maybe」

約50%の確率のため、「もしかしたら(本当は)~かもしれない」という場合に使えます。

日常会話でも次のような表現で気軽に表現されています。

  • Maybe, maybe not.(そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない)
  • Maybe yes, maybe no.(多分そう、でもそうじゃないかもしれない)

このように「maybe」の場合は文頭でよく使われます。

  • Maybe he is telling the truth.(本当は彼は真実を言っているのかもしれない)
  • Maybe it will rain.(もしかしたら雨が降るかもしれない)

「perhaps」

「maybe」と同じ約50%ぐらいですが、「maybe」の丁寧(フォーマル)な言い方だと思って下さい。

ビジネスなどフォーマルな場面で使うには「Perhaps(パーパップス)」がいいかもしれません。

「maybe」と同じように文頭で使われることが多いです。

  • Perhaps she is now watching a movie.(恐らく彼女は今、映画をみているでしょう) ※50%の確率で「見ているかもしれない」を表現しています。
  • Perhaps the party will be held tomorrow.(多分、明日、パーティーが開催されるでしょう)

「probably」

「probably(プロバブリー)」の可能性は約80%ぐらいです。

  • You’re probably right.(確かにそうかもしれない) ※「あなたが正しいかもしれない」と直訳してもOKです。
  • He probably will become a doctor.(彼は将来医者になるかもしれない)

その他の副詞

最後にその他の可能性を表現できる副詞を紹介しますが、それは「possibly」(ポッシブリー)と「likely」(ライクリー)です。

どちらも日常会話やビジネスでも使われてる表現です。

「possibly」は「maybe(50%)」より低い可能性の場合に使われれることが多いです。

  • I can possibly answer your question.(あなたの質問に答えることができるかもしれない)
  • Could you possibly help me?(もしかして、私を助けることができますか?) ※ほぼ助けることができないかもしれないけど、確認しているニュアンスです。またこの場合の「could」は可能性ではなく「can」の丁寧な言い方として使われています。

また、次の「likely」は形容詞と副詞としても使えます。

形容詞の「likely」は「maybe(50%)」より少し高い可能性で、副詞にする場合は「most likely」という形になることが多く、その場合は「probably(80%)」より高い確率となります。

  • He is likely to be a teacher.(彼は先生になるかもしれない) ※形容詞としての形です。
  • I most likely made a mistake.(ミスをしたかもしれない)

このように「~かもしれない」という一言でも、英語ではそれぞれニュアンス、程度が違う単語を使うので、相手に伝わりやすいというメリットもあります。

しかし、慣れて使い分けができるまでは、「maybe」や「may」、「might」など、50%前後の「~かもしれない」から使い始めるのもベターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta