著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

すべき・した方がいいの英語|10以上の例文やビジネスでの丁寧な表現

のべ36,604がこの記事を参考にしています!

「すべき(するべき)」「した方がいい」は英語で「should」や「had better」を主に使いますが、この2つのニュアンスの違いを説明できますか?

日本語では「should」が「~すべき」と習った方が多いので、「had better(~した方がいい)」より強制的に聞こえるかもしれませんが、実は全くの逆です。

このように、「should」と「had better」をニュアンスを間違えて覚えてしまっている人が多く注意すべきポイントです。

また、ビジネスなど丁寧な表現を使う場面では、「すべき」という直接的な表現を使うと失礼に当たる場合もあります。

そこで、ここでは「should」や「had better」など「すべき(するべき)」の基本表現や、ビジネスなどで使える丁寧な表現をご紹介します。

「すべき(するべき)」や「した方がいい」の基本英語と例文

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

英語の「すべき」や「した方がいい」の基本表現は2つ、「should」「had better」です。

それぞれの使い方や意味を見ていきましょう。

「should」で「すべき」を表現

英語の「すべき」の表現で、真っ先に思いつくのが「should」を使った文ですよね。

「should」は、動詞を助ける働きがある助動詞で、動詞とセットで使います。

【例文】

  • 英語:You should watch the movie.
  • 日本語:あなたはその映画を観るべきだよ。

例文は「You watch the movie.(あなたは映画を観る。)」という能動文に「should」を加えて「するべき」という文にしています。

shouldの意味と使い方|義務・推量や仮定法など主な5つの活用法とは?』でも詳しく解説しています。

「should」の位置は動詞の前です。

「should」は助動詞なので、後ろにくる動詞は原型になります。

助動詞の使い方については『英語の15個の助動詞が今すぐ分かる一覧と使い方』で詳しく解説しています。「助動詞の使い方がわからない」という方や、「助動詞って何?」という方はこちらも是非チェックしてください。

「had better」で「すべき(した方がいい)」を表現

「should」とセットで覚えたいのが、「had better」を使った「すべき」の表現です。

【例文】

  • 英文:You had better do your homework.
  • 日本語:あなたは、宿題をすべきです。

短縮形で「You’d better ~.」と表現することが多いです。

過去形の「had」を使っていますが、意味は過去や過去完了ではなく、現在形で「今、すべき」というニュアンスになります。

「had better」も助動詞で「should」と同じように動詞の前に置き、後ろに来る動詞は原型となります。

「should」と「had better」の違い

日本語にすると「should」は「すべき」、「had better」は「したほうがよい」と訳されるので、「should」のほうが「had better」より強制感が強い表現と思われがちです。

実際の英語のニュアンスは逆で、「had better」のほうが強い表現です。

「ミーティングに来るべき」という例文で比べてみましょう。

  • 【例文1】You should come to the meeting.
  • 【例文2】You had better come to the meeting.

例文1の「should」を使った文の場合、「来たほうがよい」や「参加したほうがあなたにとってよいと思う」くらいのニュアンスです。言われた側は、選択の余地があり「行く・行かない」は自由です。

一方、「had better」を使った例文2の場合、「ミーティングに来ないとペナルティーがある」や「困ったことになる」というようなニュアンスです。言われた側は、基本的には「行く」という選択肢しかなく、強制されたように感じる表現です。

「had better」は気軽に使うと、誤解を生んでしまう可能性があるので、要注意です。

「ought to」も「~すべき」の英語

「should」と「had better」の他に「ought to」も「すべき」という助動詞ですが、かしこまった表現なので日常会話で使う頻度は少ないです。

特に、否定文や疑問文では、「ought to」はほとんど使いません。

「ought to」は、法律やルール、義務など、客観的な事実に基づいての「すべき」という場合に使います。

それに対して、「should」や「had better」は、話し手が「すべき」と思っている場合に使うことが多く、主観的な意見の「すべき」です。

疑問文(すべきですか?)や過去形(すべきだった)の英語

日常会話でも使う「すべきですか?(した方がいいですか?)」や「~すべきだった(した方がよかった)」は押さえておきたいフレーズです。

英語で「すべき?」の疑問形

上記でご紹介した2つの表現をそのまま疑問形にすればOKです。

自分が誰かに「私は~すべきですか?(~した方がいいですか?)」と聞く場合、下記がその例文となります。

  • 【例文1】Should I come to the meeting?
  • 【例文2】Had I better come to the meeting?

しかし、疑問文の場合、基本的に「should」を使うのが一般的です。

会話でもよく使う「私は何をすべきなの?」は「What should I do?」となります。

英語で「すべきだった」の過去形

過ぎてしまったことについて、過去形で「すべきだった」や「すればよかったのに」という場合は「should have + 動詞の過去分詞形」です。

【例文】

  • I should have listened to the teacher. /その先生の忠告を聞くべきだった。
  • You should have studied harder. /あなたは、もっと勉強すべきだった。
  • I should have brought an umbrella. /傘を持ってくればよかった。

過去分詞の作り方

動詞の過去分詞形は「原型+ed」が基本となりますが、動詞の語尾によっては多少形が変化する場合もあります。また、「原型+ed」のルールにあてはまらない、不規則変化動詞も多いので注意が必要です。

過去分詞形の作り方や使い方については『英語の過去分詞|4つの使い方・単語一覧の覚え方と例文など』で詳しく解説しています。「過去分詞の使い方がよくわからない」という方は、こちらもチェックしてみてください。

ビジネス英語でも使える!丁寧な「すべき」英語

ビジネス英語など丁寧な表現が必要な場面では、「should」や「had better」のような直接的に「すべき」という表現はあまり使いません。

「したほうがよいですよ」のように、少し遠まわしな表現を使うと丁寧な印象になります。

遠まわしに「すべき」を伝える場合「you might want to」の構文が使えます。

また、「I think~(私は~と思う)」と一緒に使うと、さらに遠まわしな表現になり丁寧です。

【例文】

  • 英語:I think you might want to call him.
  • 日本語:彼に電話したほうがよいと思います。

「might」の代わりに「may」を使って、「you may want to」としても、ほぼ同じ意味です。

【例文】

  • 英語:I think you may want to email her by tomorrow.
  • 日本語:彼女に明日までにメールを送ったほうがよいでしょう。

「It might be a good idea to ~(~したほうがよいかもしれない)」なども、同じようなやわらかく丁寧なニュアンスで「すべき」という意思を伝えることができます。

また、「提案する」という意味の「suggest」「propose」「offer」の文もビジネスでよく使います。

英語の提案のフレーズは『3つの「提案」の英語|使い方の違いや関連表現・フレーズ一覧』でさらに詳しくご紹介しています。こちらも是非参考にしてください。

不定詞を使った「~すべき」の英語(形容詞的用法)

先ほどの「It might be a good idea to ~.」というように「to + 動詞」という形(不定詞)を使って、「~すべき(したほうがいい)」という表現ができます。

「TO DO リスト(するべきリスト)」もその一つです。

文法的に言うと、不定詞の「形容詞的用法」となりますが、例文を見てみれば一般的に使われれている用法となります。

  • 【例文1】I have many things to do today. /今日はやるべきことがたくさんあります。
  • 【例文2】There are some sightseeing spots to visit. /訪れるべき観光スポットがいくつかあります。

不定詞の使い方については、『英語の「不定詞」|3つの用法を簡単に5分でマスターする!』でも詳しく解説しています。

「すべき」の英語など実践でアウトプットしよう!

「~すべき」などの英語を覚えるだけでは、実際の会話で使えるようにはなりません。

様々なシーンで英語を話せるようになるには、オンライン英会話などで実際の会話の数をどんどんこなすことが大切です。

ただし、単なるフリートークだけでは英会話の上達は遅いです。

よって、ここでは効率よく英会話を上達させるスクールを5つご紹介します。

  • QQEnglish
  • EFイングリッシュライブ
  • Weblio英会話
  • DMM英会話
  • レアジョブ

気になる方は、無料レッスンで複数試してみましょう!

4倍速習得のカランメソッドなら「QQ English」

レッスンの特徴

  • カランメソッドが学べる
  • TOEIC、英検、IELTSも対策できる
  • 英会話初級者からビジネス上級者まで目的別のカリキュラム

おすすめポイント

  • 4倍速の英語力!日本初の「カランメソッド」の正式認定校
  • 英会話に必要な反射神経や調音器官を鍛える訓練
  • 月額2,980円(月4回)の低料金から始められる
  • 24時間好きな時間にレッスン可能
  • 1日の受講可能レッスン数は当日予約なら無制限
  • 高速回線のインターネット環境
  • 初心者にも安心!日本人による無料サポート
  • 英語教材完全ガイド第1位受賞(オンライン英会話部門 2023年版)

講師の特徴

  • 全員正社員!国際資格TESOLの取得の1300人のプロ教師(フィリピン人)
  • 全講師がカランメソッドのトレーニングを修了
各コースと料金(税込)月4回コース(週1回)2,980円
月8回コース(週2回)4,980円
月16回コース(週4回)7,980円
月30回コース(毎日)10,980円
レッスン単価@366円~745円 ※1回25分
無料体験レッスンの有無有り

カランメソッドとは、徹底的に反復するよう設計された英語学習法です。他の学習方法と比べ、1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できることが実証されていて、英会話に必要な反射神経や調音器官を鍛えていきます。

日本人が英語を話す際には、「調音器官を含む脳の広範囲」を使用しなければいけない事が科学的に証明されているからです。そこで、カランメソッドの訓練では、

・英語を話すため必要な反射神経
・発音・発話を司る調音器官

をトレーニングすることで「英語脳」を形成し、英語の運用能力を高めていきます。

特に、人気のカランメソッド訓練を業界最安値で学びたい人におすすめです。

気になる方は、日本人サポート付でレッスンが2回受けられる「無料体験」があるのでお試してみましょう。

QQ Englishのサイトを見る

世界中の生徒と一緒に受講できる「EFイングリッシュライブ」

school_efenglishlive

レッスンの特徴

  • ネイティブから教えてもらえる
  • グループレッスンは世界中の生徒と一緒に受講できる

おすすめポイント

  • Apple社と提携、言語学者と共同研究した世界最先端の技術を導入
  • 世界120ヶ国2000万人に選ばれた世界最大級のオンライン英会話
  • 日本e-learning大賞、総務大臣賞受賞
  • 1,200社以上のグローバル企業にも語学研修として採用
  • 月にプライベートレッスン8回、グループレッスンは30回(1日で1回以上受講可能)
  • グループレッスンは世界中の生徒と一緒に受講できる!
  • レッスンと教材は初心者から最上級者まで16段階レベルを用意
  • 4技能学習に加え、ライティングは英作文添削も含まれる
  • 教材は世界有数の言語学者、ハーバード大学、ケンブリッジ大学が共同開発、監修
  • TOEIC、TOEFL、職業別の英語レッスンコース有り

講師の特徴

  • 全てネイティブスピーカー
  • 英語を教えるのが専門の認定プロ講師集団
  • 英語を教えるトレーニングを大学で受けTEFLまたはTKTの資格有
各コースと料金(税込)・マンスリープラン8,910円
(プライベートレッスン月8回・グループレッスン月30回・2000時間を超えるコミュニケーション式レッスン)
・3ヶ月プラン24,900円(8,300円/月)
(プライベートレッスン3ヶ月24回・グループレッスン3ヶ月90回・2000時間を超えるコミュニケーション式レッスン)
・6ヶ月プラン44,900円(7,483円/月)
(プライベートレッスン6ヶ月48回・グループレッスン6ヶ月180回・2000時間を超えるコミュニケーション式レッスン)
レッスン単価@196円~234円
無料体験レッスンの有無有り

EFイングリッシュライブでは、レッスン単価も安いのに講師も英語母語かつ他スクールよりもより厳しい条件をクリアしたプロのネイティブが指導してくれて、さらに教材やカリキュラムもレベル別目的別で世界最高峰のメンバーで開発されたものになっています。

しかも、日本人だけのグループレッスンではありません。世界中の生徒が一緒に参加するため、海外にでも語学留学したかのように授業に参加できます。

講師もフィリピン人講師ではなく、全てネイティブスピーカーなのに月8,910円(税込)と他社より一番安く受けられるのも魅力です。

気になる方は、7日間無料で体験できるので世界最高峰のレッスンと教材に触れてみましょう。

EFイングリッシュライブのサイトを見る

とにかく費用を安くしたいなら「Weblio英会話」

school_weblio

レッスンの特徴

  • 教材に沿って講師が進行
  • 講師の指示に従いレッスン

おすすめポイント

  • 圧倒的な低価格!1レッスン120円台と超格安
  • 他の格安スクールと比べても安い
  • 英会話初心者にも最適な月4回、月8回レッスン有り
  • 24時間365日いつでもレッスン可能
  • 特別なソフトは不要。ウェブブラウザですぐに始められる
  • Weblioの自社連携辞書で英単語をすぐに検索できる
  • 日常英会話からビジネス、マンガ教材など全教材が無料
  • 入門から上級者まで0~8段階レベルあり
  • 日本人カウンセリングも無料利用
  • 教育機関の利用率もトップレベル

講師の特徴

  • フィリピン講師(国内の有名大学の出身またはWeblioの英語試験をクリア)
各コースと料金(税込)お試しプラン月4回2,728円/月
お手軽プラン月8回3,978円/月
毎日レッスンプラン毎日1回5,778円/月
基本プラン毎日2回9,978円/月
集中勉強プラン毎日3回12,978円/月
英語漬けプラン毎日4回14,978円/月
レッスン単価@124円~682円
無料体験レッスンの有無有り

Weblio英会話の良さは、他の格安スクールと比べても一番安い料金でレッスンが受けられることです。とにかく費用を抑えて、英会話のアウトプットの数をこなしたいという方にはおすすめです。

逆に「毎日レッスンするのは多すぎる…」という人にも、月4回のお試しプランや月8回のお手軽プランも格安で用意されているので、学校や仕事、家事や育児で忙しい人にも始めやすいでしょう。

気になる方は、無料体験レッスンを試してみましょう。

Weblio英会話

また、やっぱり誰でも知ってて有名で人気で格安のスクールがいいという人には、DMM英会話やレアジョブがあります。

DMM英会話

school_DMMeikaiwa

おすすめポイント

  • 世界中から集まった10,000人以上の講師陣からレッスン
  • 129カ国以上の多国籍な講師陣
  • 自分の学習目標や要望に合ったレッスンが受けられる
  • 13000以上もの無料レッスン教材を用意
  • 初心者から上級者まで10段階のレベルの教材
  • 人気の英語学習プログラム「iKnow!」(月額1,510円)も無料で使える
  • 生徒が持参した教材を使用してレッスンを行える
  • PC、スマホ、タブレットどの端末でもいつでもどこでもレッスン可能
  • レッスン終了後には「レッスンノート」で復習できる
  • 1レッスンあたり192円から格安で受講できる
  • 日本人講師を選べば、レッスンをサポートしてくれる
講師の国籍ネイティブ、フィリピン、アジア、ヨーロッパ、中南米、北米、中東、オセアニア、アフリカ、日本など129カ国
講師の人数世界中から集まった10000人以上の講師陣
料金プラン
※税込
【スタンダードプラン:119ヵ国・非ネイティブ講師】

・毎月8レッスン(1回25分):月5,450円
・毎日1レッスン(1日25分):月7,900円
・毎日2レッスン(1日50分):月12,900円
・毎日3レッスン(1日75分):月17,900円

【プラスネイティブプラン:129ヵ国全てネイティブ講師含む】

・毎月8レッスン(1回25分):月12,980円
・毎日1レッスン(1日25分):月19,880円
・毎日2レッスン(1日50分):月38,980円
・毎日3レッスン(1日75分):月56,920円

レッスン単価(25分)・スタンダードプラン:@192円~681円
・プラスネイティブプラン:@612円~1623円
無料体験の有無有り

DMM英会話は、世界129ヵ国の講師といつでもどこでもマンツーマンで英会話レッスンができ、日本国内で最も広く利用されているオンライン英会話スクールの一つです。

入会金や教材費もなく、1レッスン192円から格安の料金で利用できるのも魅力です。

また、生徒が持参した教材を使用してレッスンを行うことも可能です。例えば、自分が持っている発音本を使って進めたり、日常の英語エッセイを講師に添削してもらうこともできます。この柔軟性により、生徒は自分自身の学習に合った教材を活用し、効果的な英語学習を進めることができます。

DMM英会話のサイトはこちら

レアジョブ

school_rarejob

おすすめポイント

  • 格安!1レッスン173円から始められる
  • 国内最大級のオンライン英会話スクール
  • 企業研修への導入、学校・教育機関への導入多数
  • 日常英会話、ビジネス英会話、中学・高校生向けの3コース
  • 1レッスン25分、朝から夜まで24時間好きな時間にレッスン受講が可能
  • TESOLの研修を受けた6000人のフィリピン人講師陣が指導
  • 初心者でも安心!日本人講師によるレッスンや学習相談あり
  • 国際基準(CEFR)に基づいた教材、5000を超える豊富な教材
  • Skype不要で受講できるシステムを搭載
  • 講師の映像やチャット、教材が「一画面」にまとめて表示される
  • ソロトレ(アプリ)でレッスン前のイメトレ・発話トレーニングができる
  • レッスンの自動録音機能も復習しやすく、複雑な操作も必要ない
各コースと料金(税込)日常英会話コース月8回:4,980円/月
日常英会話コース毎日25分:7,980円/月
日常英会話コース毎日50分:12,980円/月
日常英会話コース毎日100分:21,480円/月
ビジネス英会話コース毎日25分:12,980円/月
中学・高校生コース毎日25分:12,980円/月
レッスン単価@173円~623円
無料体験レッスンの有無有り

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、発音、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

まずは、自分がピンと来たスクールをいくつか試してみましょう。

まとめ:すべき(した方がいい)の英語はしっかりと使い分けよう!

カジュアルな場面で「すべき」という場合には、「should」を使うことがとても多いです。

「had better」は、言い方によっては高圧的ととられることもあるので、要注意です。

ビジネスで丁寧に使う場合は、両方ともあまり好ましくないので、「might(may)」を上手く使い分けましょう!

また、「might(may)」などの助動詞は「~しなければならない」という「have to」の強い表現もやさしく丁寧にしてくれる(you may have to ~など)ので、是非押さえておきましょう!

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント