著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「感謝」を英語で正しく伝えるための3つの基本とフレーズ集

のべ67,288がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
appreciation

英語で感謝の言葉をちゃんと伝えられますか?

感謝は英語で「appreciation(アプリーシエション)」です。

感謝を伝えることはコミュニケーションでとても大切なことです。

特に英語の文化では、「ありがとう」など感謝の言葉を、声に出して伝えることが大切にされています。

ありがとうといえば「Thank you.」は誰でも知っている言葉ですが、感謝の言葉はそれ以外にも沢山あります。
それぞれのシチュエーションにあった感謝の言葉を伝えられるように、今回は英語の感謝の言葉をたくさんご紹介します。

英語での「ありがとう」は『英語で「ありがとう」|英会話やビジネスで今すぐ使える!』の記事でも紹介していますが、ここでは更に細かな「感謝」の仕方をお伝えしています。

目次:
0.英語では「感謝」は言わないと伝わらない
1.英語の「Thank」を使って感謝を表現
1-1.「Thank」を使った様々な感謝の伝え方|基本編
1-2.特定のことに対しての英語で感謝を伝える
2.英語の「Appreciate」を使って感謝を表現
3.英語の「Grateful」を使って感謝を表現
4.まだまだある!英語での感謝表現

0.英語では「感謝」は言わないと伝わらない

感謝の言葉を英語で確認する前に、少し英語の文化をご紹介したいと思います。

日本人はあまり多くを言葉にしません。言葉にしたとしてもすごく短くまとめてしまいます。それで伝わるのが日本人の良いところです。実は、この「多くをいわなくても伝わる」というのは日本人ならではのことです。島国の中で、移民が少なく「同じ文化」を持った人どうしで、育った環境、宗教などに大差がなく似た感覚を持っているので伝わりわるんです。

でも、英語圏や西洋の国々は正反対ともいえる国ばかりです。

例えばアメリカですが、世界中から移民が集まっていて、食べ物も宗教も違います。そして、国土も広く、同じ国の中でも時差が発生するので同じアメリカ人でも東と西、北と南では人々の性格なども違いがあります。

そのような文化の中では「思っていることをきちんと言葉に出して伝える」ということがとても大切です。特に感謝の言葉は口に出して伝えることが大切です。

アメリカで生活していると、「そんなことにまで?」とか、「毎回言わなくてもいいのに!」と思うくらいに「Thank you!」と言われます。それは、このような理由が背景にあるからです。

だから、日本人の私たちも英語圏の文化で生活するときは、「ありがとう」と思ったら、言い過ぎかもしれない」と思うくらい口にだしていう必要があります。

感謝の言葉をきちんと伝えるためには、様々な感謝の伝え方を知っている必要があります。様々な感謝の伝え方をご紹介します。フルに活用して、どんどん口にだして感謝を伝えてくださいね。

1.英語の「Thank」を使って感謝を表現

「ありがとう」を英語で言うと「Thank you.」です。

英語を学んでいる人なら知らない人はいないのではないでしょうか?

でも、あまりにも当たり前すぎて、意味を深く考えたことがない人も多いかもしれません。少し、意味について考えてみましょう。

「thank」はこの場合の意味は「感謝する」です。

よって、「Thank you.」は直訳すると「あなたに感謝します。」です。

感謝を伝える場合は「I」を省略します。「I」をわざとつけて言う場合がありますが、上から目線で嫌味を言う場合等に使われるので、感謝を伝えたい場合には守護は省略しましょう。

1-1.「Thank」を使った様々な感謝の伝え方|基本編

「thank」を使って、様々な感謝の気持ちを伝えることができます。

1-1-1.「Thanks.」の表現

「Thanks.」 はカジュアルな言い方です。友達や、仲のいい同僚などとの会話で使えます。

日本語で「サンキュー」と言うくらいの軽い感謝の言葉です。チャットなどでは、「thx」の略語を使うこともできます。

注意したいのは、「thanks」は名詞だということです。

「Thank you.」の略ではなく、「I have many thanks for you.」(あなたにたくさん感謝を持ち合わせています。→ あなたにとても感謝をしています。)の略で、複数形の名詞です。

1-1-2.「Thank you very much.」の表現

「本当にありがとうございます。」が和訳となり、とても感謝をしている場合は、Thank you.に「very much」をつけます。

Thank you.の丁寧な言い方が「Thank you very much.」と説明される方もいますが、実は少し違います。どれくらいの感謝か、感謝の大きさの違いで、とても感謝している場合には「Thank you very much.」いいます。

ネイティブはveryの代わりに「so」を使って、「Thank you so much.」という人も多いですが、少しカジュアルなので正式な場では「very」を使いましょう。

1-1-3.「Thank you from the bottom of my heart.」の表現

「心から感謝します。」という表現です。

心からの感謝を伝えたい時に、「心の底から」というフレーズをつけて感謝を伝えることができます。オーバーに聞こえるかもしれませんが、通常表現の1つです。

1-1-4.「Thanks a lot.」の表現

「本当にありがとうね!」がその意味で、友達同士のカジュアルなありがとうだけど、感謝の度合いが大きい場合に使うことができます。

やはり、軽さがあるので友達同士でも正式に感謝を伝えたいような場面では、「Thank you very much.」などがよいでしょう。

1-1-5.「Thanks anyway.」の表現

「とにかく、ありがとう。」となります。

ここでの「anyway」は「いずれにしろ」とか、「とにかく」という意味です。なにか手伝ってくれたけれど、結果的にうまくいかないことってありますよね。また、手伝うと言ってくれたけれど、断ることになったような場合などに使える感謝のフレーズです。

「thanks」を使っていてカジュアルな言い方です。

1-1-6.「I can’t thank you enough.」の表現

「感謝してもしきれません。」が和訳です。

「お礼のしようもない」くらい感謝している時に使うフレーズです。カジュアルな場面では「I」を省略する場合もあります。

1-2.特定のことに対しての英語で感謝を伝える

感謝を伝える場合、何に対してお礼を言っているのかを明確にしたほうが伝わりやすい場合もあります。

日本語でも、「メールありがとう」など何に対しての感謝なのかを明確にする場合がありますよね。それと同じ感覚で使います。

何に対しての感謝なのかを明確にしたい場合は「for」を使います。

下記がその例文となります。

  • Thank you for your help. / 手伝ってくれてありがとう。
  • Thank you for your kindness. / 親切にしてくれてありがとう。
  • Thank you for everything. /何から何までありがとう。
  • Thank you for today. / 今日はありがとう。
  • Thank you for the gift. / プレゼントをありがとう。
  • Thank you for calling me. / 電話をくれてありがとう。
  • Thank you for e-mail. / メールをありがとう。
  • Thank you for sending me pictures. / 写真を送ってくれてありがとう。
  • Thank you for your message. /(SNSなどで)メッセージをありがとう。
  • Thank you for the reply. / お返事をありがとう。
  • Thank you very much for listening. /ご清聴ありがとうございました。 ※プレゼンテーションなどで使います。

ただ単に「Thank you.」とだけ伝えるのではなく、何に対しての感謝なのかを明確にすることでより感謝の気持ちが伝わりますね。

また、「Thank you for ~.」の後に動詞を置く場合は「動詞の-ing形」を使います。

  • Thank you for telling me. / 教えてくれてありがとう。
  • Thank you for inviting me. / ご招待ありがとう。
  • Thank you for giving me a good advice. / いいアドバイスをありがとう。
  • Thank you for coming. / 来てくれてありがとう。

2.英語の「Appreciate」を使って感謝を表現

感謝を伝える言葉は「Thank you.」以外にもあります。

感謝を丁寧に伝える時に便利なのが「appreciate」です。

「appreciate」は動詞で、この場合の意味は「感謝する」です。この単語を使うと、丁寧なだけでなく心から感謝していることが伝わります。「appreciate」を使う場合は、Thank you.のような誰か人に対しての感謝ではなく、行為に対しての感謝を述べます。

下記がその基本の例文フレーズとなります。

  • I appreciate it. / 感謝いたします。 ※具体的な感謝の対象をフレーズに入れていないので様々な場面で使えます。
  • I really appreciate it. / とても感謝しています。
  • I deeply appreciate it. / 心より感謝しています。

これらの文に、具体的な感謝の対象を入れることもできます。

  • I appreciate your kindness. / あなたが親切にしてくださったこと感謝しています。
  • I appreciate all you did. / あなたがして下さった全てのことに感謝しています。
  • I appreciate your concern. / ご配慮いただきまして感謝しています。
  • I appreciate your effort. / ご尽力いただきましたことに感謝いたします。
  • I appreciate your understanding. / ご了承願います。 ※直訳的な意味は「ご理解いただきましたことに感謝します。」ですが、事前に言うことで「ご理解願います。」の意味合いになります。
  • We appreciate your thoughtfulness. /ご厚意に感謝いたします。 ※会社や組織として感謝を伝える場合は主語を「We」にします。

3.英語の「Grateful」を使って感謝を表現

「grateful」も丁寧な感謝を伝えるフレーズに使うことができます。

「grateful」は形容詞で「ありがたく思っている」「感謝している」という意味です。

「I’m grateful.」で「感謝しています。」となります。形容詞なので、主語のあとにbe動詞が必要です。

基本的には、誰に対しての感謝なのか、もしくは何に対しての感謝なのかを文に入れて伝えることが多いです。

下記がその例文となります。

  • I’m grateful to her. / 彼女に感謝しています。
  • I’m grateful for all you have done to me. / 私にして下さった全てのことに感謝しています。
  • I’m grateful for the encounter. / 出会いに感謝しています。
  • I’m very grateful for your corporation. / あなたのご協力にとても感謝しています。

「Thank you.」を使ったフレーズもビジネスなどフォーマルな場面でも使えますが、「appreciate」や「grateful」を使うと少し大人な表現になります。

何度かお礼を言う場合などは、「Thank you.」を繰り返し使うよりも、違ういい方で感謝を伝えるとスマートです。

4.まだまだある!英語での感謝表現

ここまで基本的な感謝の伝え方をご紹介しましたが、それ以外にも、ネイティブが良く使う感謝を伝えるフレーズがあります。

  • I am thankful for your help. / お手伝いいただいたことに感謝しています。 ※形容詞の「thankful」も感謝を伝えるフレーズで使います。
  • With my feelings of gratitude. / 感謝の気持ちを込めて ※手紙などで使われるフレーズです。
  • I’m full of gratitude. / 感謝の気持ちでいっぱいです。 ※「gratitude」は「感謝」という名詞です。
  • I owe you one. / ひとつ借りができたね。 ※友達との会話で、直接「ありがとう」ではなく「借りができた」ということで感謝を伝えることもあります。カジュアルなフレーズです。「I owe you a lot.(たくさん借りができた。)」といういい方もします。
  • You shouldn’t have. / そこまでしなくても。 ※相手の行為に対して、謙遜して「そんなことなさらなくてもいいのに」と言う場合に使うフレーズです。手土産などを頂いた場合などにも使えます。
  • That’s very nice of you. / 親切にありがとう。 ※相手が親切にしてくれたことに対して「ありがとう」と感謝を伝えるフレーズです。「nice」を「kind」や「sweet」に変えても似た意味で使うことができます。

「Thank you in advance」の注意点とは?

「I thank you in advance.」 は、「(あらかじめ)ありがとうございます。」という意味で、相手の協力などに対して、先に感謝を伝える場合に使えるフレーズなのです。メールなどで、「Thank you in advance for your help.」を「宜しくお願いします。」の代わりに使っている人も多いのではないでしょうか?

あらかじめ「ありがとう」を伝えてしまうことで、相手に断る選択肢を与えないという印象を与えてしまう可能性がありますので、使う際には十分に注意して下さい。

まとめ:英語での感謝表現は様々なフレーズを使いこなそう!

毎日のように使う感謝のフレーズを「Thank you.」だけでなく、様々な感謝の英語を使いこなすことで、微妙なニュアンスを伝えることができます。

ついつい簡単な「Thank you.」で済ませてしまいがちですが、違うフレーズでチャレンジしてみてください。

最初は、会話の中で突発的に使うことが難しく感じるかもしれません。

そんな時は、会話が終わった後に「あの感謝の言葉は、Thank you.以外にどう言えたかな?」と振り返ってみてください。それを繰り返していると、自然と会話の中でも使えるようになります。

感謝はコミュニケーションの基本です。是非、様々な言葉を使って感謝を伝えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta