著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

appreciateの意味と使い方|発音・thankとの違いや11例文

のべ215がこの記事を参考にしています!

「appreciate」と聞くと「感謝する」というイメージがあるかと思います。

それは間違えではありませんが、ネイティブの英会話ではそれだけの意味で使われないので注意が必要です。

また、「感謝する」という意味だから「thank」も使えるのではとも思っていませんか?

「thank」はカジュアルで、「appreciate」はフォーマルという使い分けという考え方が一般的で、これも間違えではありませんが、その後に続く品詞が全く異なります。

よってここでは、「感謝する」だけではない「appreciate」の使い方などを例文を使って紹介します。ビジネスメールなどでも使えるとても便利な言葉ですのでシッカリと習得しましょう!

目次:

1.「appreciate」の正しい発音と派生語
2.他動詞としての「appreciate」の意味と使い方・例文
・感謝する/「thank」との違い
・良さ(価値)が分かる・評価する
・しっかりと把握する・理解する
3.自動詞としての「appreciate」の意味と使い方・例文

1.「appreciate」の正しい発音と派生語

先ずは動詞である「appreciate」の発音から見てみましょう!

「appreciate」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アプリシエイト
əpríːʃièit

単語の頭の母音「a」は強く発音しないのがポイントです。ほぼ聞こえないレベルの発音がネイティブらしくなります。

規則変化動詞なので、となります。

この過去分詞の「appreciated」は受け身で使われることも多く、これに関しては後述します。

また、派生語の名詞は「appreciation(アプリーシエイション)」は、「感謝・評価・理解」などの意味で使われます。

2.他動詞としての「appreciate」の意味と使い方・例文

それでは、意味などを見ていきたいのですが、最初は他動詞、つまり動詞の後ろに目的語(~を)が必要となる動詞(appreciate)から確認していきます。

後ほど紹介する自動詞との違いについては、『自動詞と他動詞の違いと2つの正しい見分け方・両方使える動詞一覧』をご確認下さい。

感謝する/「thank」との違い

「感謝」の英語|ありがとうの3つの基本とメッセージ集』や『英語でありがとう|丁寧やフランクな言い方とスラングや略語45選』の記事でも紹介している意味です。

「~を感謝する」という場合に使うのが「appreciate」です。

フォーマルなケースで使うこが多いですが、気軽に使うパターンもあります、

下記がその例文です。

  • I really appreciate your support.(あなたのご協力に感謝します)
  • I appreciate it.(感謝申し上げます) ※「it」はしてくれた行為などを指しています。また、友達同士であれば主語の「I」を省略して「Appreciate it.」とかっこよく使ってもOKです。
  • I appreciate your coming.(お越しいただきありがとうございます) ※「appreciate 代名詞 +動詞ing」の形です。

など。

Thankとは何が違うの?

下記が「appreciate」と「thank」の大きな違いです。

  • thank + 人・・・「Thank you for 行為」となるパターンが多いですね。「Thank you very much for your help.(お手伝い誠にありがとうございます)」と「I really appreciate your help.(あなたのお手伝いに心より感謝いたします)」とほぼ同じですが、形が違いますね。
  • appreciate + モノ・行為(行動)・・・「I appreciate what you have done for me.(私にしてくれたことに感謝しています)」など。「Thank you very much for what you have done for me.」と同じになります。また、「appreciate that節」の形もあります。

など。

よって、「Thank you for asking. I really appreciate it.(誘ってくれてありがとう!感謝です)」と同じ文に使うこともできます。

まとめると、「appreciate you」とはなりませんし、「appreciate」の後ろには「with/for」など前置詞も不要です。

また、受け身や仮定法で使わえることがあるのが、感謝を表す「appreciate」の特徴で ビジネスメールの結びの前でよく使われます。

下記がその例文です。

  • Your support is highly appreciated.(あなたのサポートに本当に感謝申し上げます) ※highlyの代わりに、reallyやgreatlyなどの副詞でもOKです。
  • I would appreciate it if you could help me.(もし手伝っていただけるのでれば感謝致します) ※「It would be much appreciated if you could call me.(電話がいただけるのであれば感謝申し上げます)」の受け身にもできます。

仮定法の場合は、「~して頂けますと助かります」という意味なります。

英語の仮定法|すぐにマスターできる簡単な2つの基本ルール』の記事もご参考下さい。

良さ(価値)が分かる・評価する

真価を認めるという場合に使う意味にあります。

モノなどの素晴らしさ(有難さ、など)を高く評価する場合に使います。

下記がその例文です。

  • We all appreciate Japanese culture.(私たちはみんな日本の文化の素晴らしさを認めています) ※受け身に「Japanese culture is appreciated.」となることもあります。
  • You should appreciate his hard work.(彼の頑張りを評価すべきです)

など。評価に値するモノについて述べるというイメージです。

しっかりと把握する・理解する

モノの重要性など本質がハッキリと分かる場合に使う表現です。

  • He does not appreciate how hard it is.(彼はそれがどれくらい難しいのか、全く理解していない)
  • I started appreciating her kindness.(彼女の本当の優しを理解し始めました)

など。周りの状況なども十分に理解しているニュアンスですね。

3.自動詞としての「appreciate」の意味と使い方・例文

他動詞とは違い、目的語が不要で、動詞そのままで意味が成り立つのが自動詞です。

「appreciate」はその形の活用もあります。

自動詞としての意味と例文は下記となります。

  • 値上がりする・・・例文:My real estate(property) has appreciated dramatically.(私が所有する不動産の価格が急騰しました)  ※「the price of ~(~の値段)」という表現を加えてもOKです。
  • 価値が上がる・・・例文:It never stops appreciating.(その価値は上がりっぱなしです) ※「Its value never stops appreciating.」と同じ意味で、価値の「value(ヴァリュー)」を使っても問題ありません。

市場価値(市場価格)などが上がる場合に使える動詞です。

また、対義語(反対語)は「depreciate(ディプリーシエイト)」となります。「価値が下がる・市場価格が下落する」などの場合に使います。

因みにその派生語である名詞の「depreciation(ディプリーシエイション)」は経理用語で「減価償却」を意味します。

まとめ:「appreciate」は丁寧だけど使い方に注意が必要!

いかがでしたでしょうか?

「appreciate」は感謝する、というだけを覚えていては特に文語で出てきた場合に少し戸惑うかもしれません。

よってここでご紹介した意味や例文などを参考にして、そのニュアンスの違いなどを徐々にでもいいので把握するようにしましょう!

是非、特にビジネスメール、またはフォーマルな文語などで活かしてみて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)