著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

外資系企業への就職や転職|必要な英語力や資格と正しい勉強法とは?

のべ107がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外資系企業で働くにはどれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

外資系への就職や転職での面接(インタビュー)や履歴書の書き方も押さえておきたいですね。

また、すでに外資系で働いている方のための英語でのメールの書き方や電話対応、テレカン(電話会議)など困らないフレーズなども触れておくと役立ちます。

つらい、しんどいという方は是非基本から習得するようにしましょう!

因みに外資系を英語で表現すると「Internatinal(Multinational) company」や「Foreign company」という言い方をします。海外の会社という意味が通じればOKです。

ここでは、外資系への就職や転職で働きたい方のため(または既に働いている方)にも有効ななtoeicなどの英語の資格なども一緒にご紹介します。昇進資格、また海外出張などの時のために困らないフレーズなども触れて英語力をUPしましょう。

目次:

1.外資系企業で働くのに必要な英語力と資格は?
1-1.外資系で働くためのTOEICは何点必要?
1-2.外資系で働くにはどんな資格が有効?
2.外資系企業への就職や転職に必要な履歴書の書き方
3.外資系企業での面接の注意点など
4.すでに外資系企業で働いている方が必要な英語の場面など
4-1.外資系で大切な「挨拶」
4-2.外資系企業内でも使う「メール」の書き方
4-3.外資系では避けられない英語での「電話対応」
4-4.社内や外資系企業への「プレゼン」
4-5.本社や海外への「出張」

1.外資系企業で働くのに必要な英語力と資格は?

外資系で仕事をするにはどれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

例え日系企業でも今や国外での取引は必須であり、それに伴い英語は仕事をする上で大切なスキルとなります。

外資系への転職となると英語力は大きなアピールとなります。

上司が外国人が多いことがあり、また本社である海外とテレカン(テレフォン・カンファレンス)があるのが通常であり、英語を理解して当たり前の雰囲気でもあります。

でも、どれくらいの英語力を目指せばいいのか分からないことが多いですよね。

1-1.外資系で働くためのTOEICは何点必要?

今やTOEICは英語力を図るのに欠かせない資格の一つです。

TOEICのレベル|点数(スコア)で実力と目安が分かる!』でも書いているように、外資系で働くには最低でもTOEIC600点は必要です。

しかしこれは最低条件です。実際TOEIC600点でも会話ができない社会人がほとんどです。これでは外資系に就職・転職できたとしても仕事ができません。

よって、700点以上は欲しいところです。800点以上あれば、給与面でも優遇されるところも多いようです。

これは企業により必要とされる点数が異なるので、就職・転職したい会社情報を取得する方がいいでしょう。

1-2.外資系で働くにはどんな資格が有効?

TOEICは外資系で働くには必須の資格ですが、貿易実務なども業種によっては大切な資格の一つです。

また、英検も外資系でも評価されているので、2級以上であれば履歴書にも必ず記載するようにしましょう。

その他の英語の資格などは、『おすすめの英語資格一覧|11種類の難易度やレベル比較とランキング』の記事をご参考下さい。

2.外資系企業への就職や転職に必要な履歴書の書き方

外資系に求人に応募する際に、英文での履歴書を要求される場合があります。

日本の履歴書は市販のものに写真付きなどで提出するのですが、英文の履歴書は各自用意する必要があります。

英語の履歴書|7つの基本の書き方・例文やテンプレート付き』で書き方の注意点、またテンプレート(フォーマット)も準備していますので是非ご活用ください。

3.外資系企業での面接の注意点など

外資系の面接では外国人の人事や上司が立ち会うケースが多いです。

必ず使うフレーズなどに事前に触れて練習しておくことでリラックスして挑めるでしょう。

英語で面接|絶対に覚えておきたい厳選フレーズ集』にノウハウやフレーズを多く紹介していますので練習マニュアルにしてみて下さい。

特に大切なのが自己紹介(自己アピール)です。日本では謙虚さが評価されますが、外資系では自分をいかにアピールするかが大きなポイントです。

4.すでに外資系企業で働いている方が必要な英語の場面など

もう何か月、何年も外資系で働いている方は英語の必要性は感じていらっしゃるかもしれません。

ビジネスの場面で必要な英語に関しては、『ビジネス英語|絶対に押さえておきたい8つのコツと勉強法』にまとめていますので是非ご参考下さい。

また、これから就職・転職する方も最低限の英語として目を通すことをお勧めします。

次からは特に大切な場面での英語をご紹介します。

4-1.外資系で大切な「挨拶」

外国人とのお客さんとの挨拶はフォーマルな言い方などになるのですが、外資系の社内でも気軽に挨拶する必要がありますね。

その場合はある程度カジュアルな挨拶などになります。両方を知ることでビジネスに役立ちますので、『英語での挨拶|英会話やビジネスでも使える厳選10パターン』を参考にしましょう。

4-2.外資系企業内でも使う「メール」の書き方

社外だけではなく、社内でのやり取りでも英文メールを使いケースが多いです。海外にある本社の外国人とやり取りをすることは日常的です。

SNSで書いているようなカジュアルな感じではなく、しっかりと英文メールを書くことで相手の印象も変わります。

評価を上げるためにも、『英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』を参考にしてドンドン書いて練習してみましょう!

4-3.外資系では避けられない英語での「電話対応」

英語で電話をかけたり、受けたり(取り次いだり)、切ったりと一連の電話対応が必要になります。

海外からの連絡はメールだけではなく、電話で来ることも多いです。

英語の電話対応フレーズ|11場面でのかけ方・受け方・切り方』でお決まりフレーズを丸暗記することから始めてもいいでしょう。

先ずは正しい電話フレーズに触れてから慣れましょう。

4-4.社内や外資系企業への「プレゼン」

外資系企業での社内プレゼンもありますが、外資系企業へのプレゼンもありますね。これはどうしても英語が必須となります。

日本語でのプレゼンと違い、最初から結論を述べるなど英語独自の表現の仕方が多々あります。

プレゼン資料を作る時、また実際に口頭でプレゼンをする場合は、『英語でプレゼンテーション|3つのパートで使える例文集一覧』を参考にして下さい。

テレカンのときでも使えるので役立てて下さい。

4-5.本社や海外への「出張」

外資系に就職・転職したら本社への出張や海外の顧客へのビジネス訪問など多くなるでしょう。

その際に必要な英語フレーズも多く存在します。失礼のないように『「出張」の英語|ビジネスで使えるメール例文・お礼・挨拶など15個』を事前に見て触れておいて下さい。

まとめ:外資系企業で英語が話せないと就職・転職は難しい

外資系企業でも英語が不要な会社はありますが、それも時間の問題です。

グローバル化が進む中で、英語が必要ない、とうことはありません。よって、この機会に是非色々な英語に触れてしっかりと勉強しておく方がいいでしょう。

また、外資系に就職・転職したい方は、通常の日常英会話ではないビジネス英語に慣れる必要があります。

その際に英会話教室で慣れるのもいいでしょう。『TOEIC満点者おすすめ!5つの初心者や社会人向け英会話教室と勉強法』も参考にしてみて下さい。

スキマ時間にできる効率のいい勉強法も紹介しています。是非、外資系でのビジネスライフをエンジョイして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta