著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

海外のレストランで役立つ!よく使う英語フレーズと関連英語

のべ3,765がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海外旅行では食事も楽しみのひとつですよね。

でも、海外のレストランで、英語でちゃんと注文できるか心配・・・という方も多いのではないでしょうか。

また、予約、入店、食事中、お会計までよく使う決まり文句の英語フレーズもたくさんあります。

レストランでのチップの渡し方も知っておきたいポイントですね。日本にはない文化なので知っておくだけでもOKです。

もちろん、レストランだけではなく、海外旅行全般で役立つフレーズもあるので、『旅行でよく使う英会話|10ある場面別の例文とフレーズ一覧』の記事も参考にしてみて下さい。

ここでは、この記事ではレストランへ行く時に知っておきたい基本英語とフレーズをご紹介します。また、「前菜」や「食べ放題」などレストランで使う単語なども押さえておきましょう!

目次:

1.「レストラン」の基本英語と発音
2.「レストラン」のメニューでよく見る英単語
3.レストランでよく使う英語フレーズ:予約の仕方
4.レストランでよく使う英語フレーズ:注文の仕方
5.レストランでよく使う英語フレーズ:お会計の仕方
6.レストランでよく使う英語フレーズ:入店時と食事中
6-1.入店時のフレーズ
6-2.食事中のフレーズ
7.知っとくと便利!海外でのレストランでの「チップ」の相場と渡し方(フレーズ)
8.その他の「レストラン」の関連英語

1.「レストラン」の基本英語と発音

「レストラン」は英語で「restaurant」です。

「restaurant」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
レェスタァラァント
réstərənt

日本語の「レストラン」と同じように、一般的な「料理店」や「飲食店」に使う表現です。

発音は「r」の音に注意です。「r」は舌を口の中のどこにも付けずに発音しますが、その発音のコツは、『RとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニング』の記事を参考にしてみて下さい。

2.「レストラン」のメニューでよく見る英単語

海外のレストランのメニューでよく見る英語表現の代表的な例は次の単語です。

  • 「前菜」:appetizer
  • 「メインディッシュ」:main dish
  • 「サイドメニュー」:side dish, accompaniments, side
  • 「サラダ」:salads ※『「サラダ」の英語|発音と10以上ある種類名やドレッシング』の記事も参考にして役立てて下さい。
  • 「デザート」:desserts
  • 「食前酒」:aperitif
  • 「食後酒」:digestive
  • 「飲み物」:drinks, beverages

尚、調理方法など、どのような料理なのか(炒める・煮込むなど)などの英語表現が分かっていると英語のメニューも見やすいですね。『「料理」用語を英語で表現|これで十分!134個の英単語』で紹介しています。

また、デザートは発音に注意して下さい。アクセントが違うだけで「砂漠」という表現になります。『デザートの英語|間違えられない発音とスペルや3つの表現』の記事も参考にしてみて下さい。

3.レストランでよく使う英語フレーズ:予約の仕方

ガイドブックやウェブサイトで紹介されているレストランは人気で混み合っている可能性があります。

旅行で滞在日数が限られている場合は、事前予約がおすすめです。海外出張時にビジネスの接待などでも使う可能性もありますね。

ここでは、レストランの予約に必要な英語フレーズを確認しましょう。

レストランやホテルなどで使う「予約」の英語は、「reservation」で、「予約する」は「make a reservation」となります。

「予約したいのですが」は英語で、「I’d like to make a reservation.」のフレーズが基本となります。「I’d」は「I would」の略です。

実際に予約する時は下記の文のように、時間や人数なども一緒に伝えてもOKです。

【予約フレーズの例文】

  • I’d like to make a reservation for tomorrow evening at 7. / 明日の7時に予約したいのですが。
  • I’d like to make a reservation for five for tomorrow’s lunch. / 明日5人でランチの予約をしたいのですが。

「予約をしたいのですが」と伝えると、空きがある場合は人数や時間など予約の詳細を聞かれます。

【例文】

  • レストラン側からの質問:For how many? / 何名様ですか?
  • 回答の仕方:「For two.(2名です)」など、前置詞「for」の後に数字を入れればOKです。

予約で断られる場合は、「満席」という意味の「fully booked」や「fully occupied」や、「席を用意できない」という意味で「not available」などの表現が使われます。

尚、「予約」の詳しい英語表現は『3つの「予約」の英語|ホテルやレストランで役立つ英語一覧』でも紹介していますので、英語でレストランを予約する前にも、こちらもあわせてチェックしてみてください。

予約をキャンセルする場合は、「I’d like to cancel my reservation.」というフレーズを使います。

4.レストランでよく使う英語フレーズ:注文の仕方

レストランの英語で、最も大切なのが注文のフレーズです。

「たくさん覚えるのは無理!」という方は、注文の方法だけマスターすれば何とかなります。

注文を取りに来る店員(ウェイター・ウェイトレス)のフレーズで多いのが下記の2つです。

  • Are you ready to order? /ご注文はお決まりですか? ※決まっていれば「Yes.」と答えて注文します。決まっていなければ「No. We(I) need a few more minutes.(いいえ、もう少し時間をください。)」などで答えればOKです。
  • What would you like to have? /ご注文は何になさいますか? ※「have」はここでは「食べる」という意味です。

これらのフレーズで聞かれたら注文をしましょう。

注文は下記のフレーズが使えます。

  • I’d like a chicken. / チキンをいただけますか。
  • I’ll have a stake. / ステーキにします。
  • I’ll have this one. / これにします。 ※メニュー名の発音が難しくて言えない場合は、メニューを指して
  • What do you recommend? / おすすめは何ですか?

注文のやり取り後に、必ずと言っていいほど、下記のような英語フレーズで「ご注文は以上ですか?」と聞かれます。

  • Anything else? /他に(注文は)ございませんか?
  • Is that all? /ご注文は以上ですか?

他の注文がなければ、「That’s it.(以上です。)」などで答えればOKです。

他にも次のような店員がよく使うフレーズも覚えておくといいでしょう。

  • I’ll be back to take your order. / 後ほどご注文を伺いにまいります。
  • Would you like something to drink? / 飲み物は何になさいますか?
  • I’ll be back with your drinks. / 飲み物をお持ちします。
  • Enjoy your meal. / ごゆっくり召し上がり下さい。 ※日本語の「どうぞ召し上がれ」のようなお決まりフレーズです。

このように、レストランの店員が使うフレーズについては『英語で接客|海外の旅先でも役立つ!11の場面別フレーズ集』でも詳しく紹介しています。

海外旅行へ行く場合にも、知っておきたいフレーズをたくさん掲載していますので、是非チェックしてみてください。

5.レストランでよく使う英語フレーズ:お会計の仕方

食事が終わって、店員がお食事はいかだでしたか?などのやり取りの後は、お会計です。

簡単な言い方で大丈夫です。

  • Check, please. / お会計をお願いします。
  • May I have a check, please? / お会計お願いします。より丁寧な言い方です。

また、『「会計」の英語|2つの英会話フレーズや関連英語を紹介!』の記事で紹介している「お会計は別々でお願いします」のなどのフレーズも覚えておくと役立ちます。

6.レストランでよく使う英語フレーズ:入店時と食事中

他にも押さえておきたいフレーズがあります。

6-1.入店時のフレーズ

ここでは、あなたが入店時にレストランの店員がよく使うフレーズを見てみましょう。

  • I’m sorry but we are full right now. / 申し訳ありません、現在満席です。
  • There’s about a 20-minute wait now. / 只今、20分待ちです。
  • How many people in your party? / 何名様ですか? ※「How many?」と略される場合が多いです。「Two.」など数字だけで答えればOKです。
  • Smoking or non-smoking? / 喫煙席と禁煙席どちらがご希望ですか?」
  • Follow this way. / こちらです。 ※「follow」は「ついてく」という意味です。「Follow me.」も同じ意味です。
  • Here is your table. / こちらのお席をどうぞ。

6-2.食事中のフレーズ

ここでは、あんたが食事中に店員に対して使えるフレーズを見てみましょう。

  • Can I have a refill? / おかわりいただけますか? ※飲み物のおかわりが無料の場合等に使う表現です。
  • Yes, I’m done. / はい、食べ終わりました。 ※「Are you finished? (食べ終わりましたか?))と店員がお皿を下げるタイミングで聞かれる質問に対する回答フレーズです。もし、まだ食べているのであれば「No. I’m still working on it.」などで答えます。
  • Can I have a box to go? / 持ち帰り用の箱をもらえますか? ※量が多くて食べられない場合に持ち帰る箱をもらうフレーズです。欧米ではほとんどのレストランで用意されています。
  • That was good. / ごちそうさま(美味しかったです)。※「That was delicious.」などでも同様です。

食事中や食後、または食前にも「美味しい」という表現はよく使います。『「美味しい」の英語|食前~食後で使える16個の基本表現』の記事も参考にしてみて下さい。大変役立ちます。

7.知っとくと便利!海外でのレストランでの「チップ」の相場と渡し方(フレーズ)

アメリカやイギリスなど海外のほとんどのレストランではチップ(Tip/ティップ)を支払う文化があります。

日本ではチップは、頑張ってくれた人におまけで渡すものという感覚がありますが、チップがある国では給料の一部です。

チップを見込んで、ベースの給料は少なめに設定されているので、チップは必ず支払いましょう(最低賃金が基本給で、店員へのチップがないと生活できないというケースも少なくありません)。

相場としては、代金の10~15%くらいです。

チップは代金と一緒に、お釣りが無いように渡して、「Please keep the change. /お釣りは(チップなので)受け取ってください。」と伝えるか、帰る時にテーブルに置いてお店を出ます。

または、クレジットカードでチップを支払う場合は、レシートの「Tip」の欄に金額を入れて代金と一緒に支払うことができます。もちろん、代金だけクレジットカードで支払って、チップは現金でもOKです。

8.その他の「レストラン」の関連英語

その他の「レストラン」の関連表現を確認しましょう。

  • 「ランチ(昼食)」:lunch
  • 「ディナー(夕食)」:dinner
  • 「食べ放題」:buffet, all-you-can-eat  ※「バイキング」は和製英語です。飲み放題は「all-you-can-drink」となります。
  • 「ウエーター」「ウエートレス」:server ※「waiter」や「waitress」という単語もあります。しかし、男女平等の観点から、性別がわかる職業名はあえて使わないケースも多いです。
  • 「窓側の席」:table by the window
  • 「禁煙席」:non-smoking ※「喫煙席」は「smoking」です。
  • 「ラストオーダー」:last order
  • 「お釣り」:change

まとめ:いくつかのレストランで使う英語フレーズを覚えておこう!

初心者の方は、まず注文のフレーズを覚えれば何とかなります。

その他のフレーズは、何度かレストランへ行っているうちに少しずつ覚えればOKです。

レストランの英語は、注文や予約など、自分で伝えるフレーズがあるので、難しいと感じてしまうかもしれません。

しかし、実際は簡単な単語が多いですしパターンも決まっているので慣れれば大丈夫です。

海外のレストランでは店員がフレンドリーなところが多いです。余裕がある方は、ちょっとした世間話なども是非チャレンジしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta