著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「料理」用語を英語で表現|これで十分!134個の英単語

のべ46,284がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「煮る」、「焼く」、「炒める」などの料理用語を英語で言えますか?

毎日食べる食べ物ですが、自分で料理しなくてもレストランなど様々な場所で料理用語を使う機会があります。

外国人の友達と一緒に料理をしたり、または作り方を第三者に聞いたりする場合は特に必要になります。

よって今回は、調理に関する英単語だけではなく、調理用具に関する英単語など、今回は料理用語に関する英語をたくさんご紹介します。

目次:
1.料理するには必要な「調理用語」を英語で表現
1-1.「調理する」の英語
1-2.「切る」の英語
1-3.「焼く」「煮る」「炒める」の英語
1-4.その他の調理英語
2.料理に使う「調理用具」を英語で表現
3.料理で使う「キッチン」に関する英語
4.料理で使う「調味料」の英語
5.料理の「レシピ」に関する英語

1.料理するには必要な「調理用語」を英語で表現

まずは「切る」、「焼く」、「煮る」など調理に関する英語をご紹介します。

日本語と同じように、焼くという言葉ひとつとっても様々な違う言い方があります。また、和製英語とは微妙に違う表現もあるので要注意です。

1-1.「調理する」の英語

「調理する」の英語は、「Cook(クック)」です。

熱を用いて調理すること全般を指す言葉となります。名詞で使うと、コック(調理する人)という意味になります。

cook

  • 米を炊く:cook rice
  • 魚を調理する:cook fish
  • 夕食をつくる:cook dinner
  • あなたのために食事をつくる:cook for you

例文は下記となります。

  • 私の趣味は料理です。/My hobby is cocking.
  • 彼は自炊している。/He cooks his own meals.

1-2.「切る」の英語

ほとんどの料理である工程が切ることですよね。切るといえば「cut」と言う単語が思い浮かぶと思いますが、調理では切り方によって表現が変わります。

cut

1-2-1.「cut」を使った「切る」

  • 半分に切る/cut in half
  • 1/3に切る/cut in thirds
  • 一口大に切る/cut into bite-size chunks
  • 十字に切る/cut crosswise

1-2-2.「cut」以外を使った「切る」表現

  • chop:刻む ※みじん切りする/chop finely
  • dice:角切り
  • slice:薄切り
  • shred:(キャベツなどを)千切りにする ※キャベツの千切り/shred cabbage
  • mince:こまかく切り刻む、ひき肉にする ※ひき肉をつくる機械を「mincer」といいます。

1-3.「焼く」「煮る」「炒める」の英語

火を使って焼く、煮る、炒める工程も料理の基本ですね。焼き方、ゆで方によって表現が変わります。

boil

  • bake:(オーブンで)焼く
  • broil:(上から直火で)焼く ※日本では一般的ではありませんが、アメリカのキッチンにはコンロと一体型のオーブンがついていてブロイルできるようになっています。
  • grill:(下から直火で)焼く
  • roast:(肉などをオーブンで)焼く
  • boil:(100度以上のお湯で)茹でる ※ゆで卵/boiled egg、沸騰した水/boiled water
  • steam:蒸す ※蒸し野菜/steamed egg、卵豆腐/ steamed egg custard
  • stew:煮込む
  • boil down:煮詰める
  • poach:(弱火で)茹でる ※ポーチドエッグ/poached egg
  • stir fry:炒める
  • deep fry:揚げる

日本語のフライは揚げることですが、英語では少なめの油を使って調理することをfryといいます。日本語のフライのようなたっぷりの油で揚げる場合はdeep fryです。

1-4.その他の調理英語

その他の調理に関する用語です。

peel

  • peal:皮をむく(主にてでむく場合)
  • pare:皮をむく(ナイフなどを使ってむく場合)
  • defrost:解凍する
  • grind:挽く ※コーヒー豆を挽く/grind coffee beans、こしょうを挽く/grind pepper
  • grate:おろす
  • soak:漬ける
  • simmer:とろとろ煮る
  • sprinkle:ふりかける ※こしょうをふりかける/sprinkle with pepper
  • toss:軽くあわせる
  • season:味つける
  • strain:こす
  • mash:すりつぶす、押しつぶす ※マッシュポテト/mashed potato
  • mix:混ぜる
  • chil:冷ます
  • serve:よそう

2.料理に使う「調理用具」を英語で表現

調理で欠かせないのが調理用具です。一般的に使う調理用具の単語をご紹介します。

bowl

  • stove:コンロ ※イギリス英語では「cooker」です。
  • cutting board:まな板
  • grater:おろし器
  • peeler:皮むき器
  • pot:鍋 ※日本ではお湯をあたためたり、保温したりするものをポットと言いますが、これは和製英語です。英語でpotは深めの両手鍋のことを指します。
  • frying pan:フライパン ※油で炒めるための底が浅い鍋全般を指して「frying pan」といいます。
  • wok:中華鍋
  • bowl:ボール
  • strainer:ざる ※茶漉しなどの小さいものも「strainer」で、大きさに関係なく漉すためのざる全般を指します。
  • blender:ミキサー ※ミキサーは和製英語で、英語の「mixer」は電動の泡だて器のことを指します。
  • scale:はかり
  • spatula:ヘラ
  • turner:フライ返し ※turn(ひっくり返す)するための道具で「turner」です。
  • rolling pin:めん棒
  • tongs:トング
  • ladle:おたま
  • whisk:泡立て器
  • skewer:串
  • kettle:ケトル
  • rice cooker:炊飯器
  • oven:オーブン
  • oven mitt:オーブンミトン ※5本指タイプのものは「oven glove」です。
  • microwave:電子レンジ ※電子レンジでチンするという動詞としても「microwave」を使います。
  • coffee maker:コーヒーメーカー
  • steam cooker:蒸し器
  • pressure cooker:圧力鍋
  • plastic wrap:ラップ
  • Tin-foil, foil:アルミホイル
  • pot holder:鍋つかみ
  • can opener:缶切り ※イギリス英語では「tin opener」です。

3.料理で使う「キッチン」に関する英語

キッチンに関する用語も確認してみましょう。キッチンに関する用語は和製英語も多いので要注意です。

dish drainer
また、アメリカ英語とイギリス英語では違うものも多いので注意しましょう。

  • kitchen:キッチン
  • sink:シンク
  • faucet:蛇口 ※イギリス英語では「tap」です。蛇口を開ける/open the faucet、蛇口を閉める/ close the faucet
  • sink stopper:シンクの水をためるための栓
  • drain:排水管
  • exhaust fan:換気扇
  • dishcloth:食器用ふきん ※イギリス英語では「tea towel」です。
  • cleaning pad:スポンジ
  • dishwashing liquid:食器用洗剤 ※イギリス英語では「washing-up liquid」です。
  • sink tidy:三角コーナー
  • dish drainer:水切りかご
  • dish washers:食器洗浄機 ※アメリカの住宅ではキッチンに食器洗浄機がついているタイプのものが多く、日本より多くの家庭に普及しています。
  • paper towel:キッチンペーパー ※日本ではキッチンで主に使われるためキッチンペーパーと呼ばれていますが、アメリカではヨゴレ全般をふくタオル代わりに使われていて「paper towel」といいます。そのため、アメリカのキッチンペーパーは日本のものよりも厚みがありしっかりしていて破れにくく吸水率が良いです。
  • plastic container:タッパー ※タッパーは和製英語です。タッパーという言葉はタッパーウェアー社なのですが、日本にタッパーが広まるきっかけになったので、プラスチック容器を総称してタッパーと言うようになりました。
  • organized kitchen:システムキッチン
  • kitchenette:ダイニングキッチン
  • refrigerator:冷蔵庫
  • freezer:冷凍庫 ※アメリカの冷蔵庫、冷凍庫は日本より大きいです。日本ではアメリカのイメージは、ニューヨークやロサンゼルスのような大きな都市のイメージが強いかもしれませんが、広大な国土でほとんどが田舎です。日本のように、スーパーまで歩いていけるということは珍しく、車で買い物へ行きまとめて買い物をして、保存して使います。そのため、冷凍食品もかなり多く販売されています。また、食材もひとつひとつがかなり大きいです。

アメリカなど海外では食器洗浄機、オーブン、冷蔵庫など全てぴったりサイズで作り付けのものが多くみられます。部屋を借りる時や、不動産を売買するときもこれらのキッチンアイテムがついたままのことが多いです。

4.料理で使う「調味料」の英語

様々な料理で使う調味料。アメリカでよく使う物や、日本の代表的な調味料をご紹介します。

seasoning

  • condiment:調味料
  • seasoning:調味料
  • spice:スパイス

「調味料」を使った例文は下記となります。

  • 調味料を入れる/add seasoning
  • 化学調味料/chemical seasoning
  • 減塩調味料/low-sodium seasoning

「調味料」に関する豆知識
調味料やスパイスという意味で「condiment」、「seasoning」、「spice」の3つの英単語があります。

  • 「spice」は植物の種や皮などからできている自然の調味料で、それ以外の2つの調味料と言う言葉に含まれるものです。
  • 「condiment」はでき上がった料理の味を調整するために食べる段階で入れるものです。薬味と訳されることもあります。スパイスや塩、ソースなどがcondimentとして使われます。
  • 「seasoning」は調理中に入れるものです。condimentの中に含まれる塩なども、調理中に入れる場合はseasoningです。その他に、酢や、日本の味噌、みりんなどもseasoningです。

主な調味料の種類は下記となります。

  • salt:塩
  • pepper:こしょう ※塩こしょうは「salt and pepper」です。
  • sugar:砂糖
  • herb:ハーブ
  • vinegar:酢
  • relish:薬味
  • oil:油
  • butter:バター
  • ketchup:ケチャップ
  • mayonnaise:マヨネーズ
  • tartar sauce:タルタルソース
  • gravy sauce:グレービーソース ※肉を調理した時に出る肉汁をベースに作るソースです。アメリカでは定番のソースで、マッシュポテトやローストチキンなどにかけて食べます。
  • mustard:マスタード
  • Worcester sauce:ウスターソース
  • oyster sauce:オイスターソース
  • apple sauce:アップルソース
  • cranberry sauce:クランベリー・ソース
  • chili sauce:チリソース
  • tomato sauce:トマトソース
  • curry powder:カレー粉
  • dressing:ドレッシング
  • chili oil:ラー油

最近はヘルシーな食事がブームで、世界中で和食が人気です。海外でも醤油は比較的手に入りやすくなりました。日本の醤油とは若干味が違うこともあります。

miso

  • soy sauce:醤油
  • miso(soy bean paste):味噌
  • stock:だし
  • mirin:みりん
  • wasabi:わさび
  • sake:日本酒

5.料理の「レシピ」に関する英語

料理をする際に参考になるのがレシピですよね。特に、日本にはない食べ物を調理したい時はレシピを見たり、誰かにレシピを教えてもらう必要があります。

tea spoon
そこで、レシピで使う単語を確認してみましょう。

  • recipe:レシピ
  • strong fire:強火
  • low heat:弱火
  • ingredients:材料
  • pinch of~:~をひとつまみ
  • teaspoon:小さじ
  • tablespoon:大さじ
  • measure spoon:計量スプーン
  • measure cup:計量カップ

英語の料理のレシピをみて調理する時に、気をつけなければならないのが計量カップの量の違いです。どれも、1カップで同じ表現なので、量も同じと思ってしまいがちですが、国によって違います。

  • 日本:1カップ=200ml
  • アメリカ:1カップ=240ml
  • イギリス:1カップ=285ml
  • カナダ、オーストラリア、ニュージーランド:1カップ:250ml

どの国も日本の1カップより量が多いので要注意です。その他の単位や量に関しては『「単位」の英語|重さも長さもすぐに分かる!「早見表」一覧』の記事を確認してみましょう。

まとめ:料理に関する英語は少しずつ覚えていきましょう!

ここにご紹介したものは基本の単語がほとんどですが、全て覚えようとするのではなくまずは和製英語の正しい英語での言い方を覚えてみてください。一番間違えやすい部分です。

そこから、普段使いそうなものをひとつずつ英語で言えるように覚えてみましょう。

調理に関する単語は、英語圏に旅行したり、現地で生活したりする時には必ずといっていいほど使うので是非活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万3962人が体験中の無料勉強法
(2017年12月1日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta