著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「単位」の英語|重さも長さもすぐに分かる!「早見表」一覧

のべ16,991がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

重さや長さ等の「単位」を英語で言えますか?

日々の生活でよく使う「単位」ですが、英語圏で使われている「単位」を、時間をかけて学ぶ機会は少ないですよね。

現在日本で使われているメートル法は、多くの英語圏の国々でも使われていますが、特にアメリカでは独特の単位が使われています。

よっつて、ここではアメリカで使われている英語の「単位」の中でも特に生活の中でつかう、重さ、長さ、容量と時間の単位についてご紹介します。

また、今すぐに「単位」を確認したい場合は、「重さ」「長さ」「容量」「時間」のそれぞれの「早見表」部分をご確認下さい。

【目次】
1.日本とアメリカの英語の「単位」の違い

2.英語での重さ(Weight)の「単位」
2-1.重さの単位:ounce(オンス)の場合
2-2.重さの単位:pond(ポンド)の場合
2-3.重さの単位:ton(トン)の場合
2-4.英語での重さの「単位」早見表

3.英語での長さ(Lenght)の「単位」
3-1.長さの単位:inch(インチ)の場合
3-2.長さの単位:foot(フット)の場合
3-3.長さの単位:yard(ヤード)の場合
3-4.長さの単位:mile(マイル)の場合
3-5.英語での長さの「単位」早見表

4.英語での容量(Capacity)の「単位」
4-1.容量の単位:teaspoon(ティースプーン)の場合
4-2.容量の単位:tablespoon(テーブルスプーン)の場合
4-3.容量の単位:fluid ounce(液量オンス)の場合
4-4.容量の単位:cup(カップ)の場合
4-5.容量の単位:pint(パイント)の場合
4-6.容量の単位:quart(クォート)の場合
4-7.容量の単位:gallon(ガロン)の場合
4-8.英語での容量の「単位」早見表

5.英語での時間(Time)の「単位」
5-1.時間の単位:秒~年まで
5-2.英語での時間の「単位」早見表

1.日本とアメリカの英語の「単位」の違い

日本で使われている「メートル法」は、その名の通り長さ、距離でメートル(m)を用いて単位を表現します。

また、重さはグラム(g)を用いるのがメートル法です。

このメートル法は現在国際基準となり、広く世界で使われていますが、アメリカはメートル法ではなく「ヤード・ポンド法」を単位として使っています。

長さはヤード、重さはポンドを使う単位方法で、アメリカとごく一部の国(ミャンマーなど)が使用している珍しい単位です。

アメリカで生活する場合は、この単位の換算に戸惑うことがよくあるでしょう。

ここでは、日本で使い慣れたメートル法との換算方法なども含めて、アメリカで使う英語の単位をご紹介します。

2.英語での重さ(Weight)の「単位」

アメリカで日常的に使う重さの単位は「ounce(オンス)」、「pound(ポンド)」、「ton(トン)」です。

それぞれの単位を詳しくご紹介します。

2-1.重さの単位:ounce(オンス)の場合

日本のグラム(g)にあたる、日常生活で使う最少重量単位は、「ounce(オンス)」です。

1 ounce(オンス)≒ 28.35g(グラム)となります。

オンスは液体の容量の単位としても使われるため要注意です。

この重さのオンスは「avoirdupois ounce(常衡オンス)」として区別して使われることもありますが、一般的には区別しなくてもわかる場合が多く、通常の「オンス」が使われることがほとんどです。

また、「ounce」の省略記号は「oz」です。

2-2.重さの単位:pond(ポンド)の場合

お肉など食料品の重さ、体重などを計る重さの基本単位は、「pound(ポンド)」です。

「pound」の省略記号は「lb」です。

ポンドのスペルを直接省略したものではなく、古代ローマで使われていた重量単位であるlibera(天秤の意味)からきています。また、料理本などではポンドを「♯」で表わす場合があります。

ポンドとキログラムの関係は以下の通りです。

  • 1 pound(ポンド) ≒0.45kg(キログラム)
  • 1 kg(キログラム) ≒ 2.2 pound(ポンド)

どちらも、大よその数です。

「1lbは1kgの約半分」と覚えると、普段の買い物などでは便利です。

2-2-1.体重をポンドで言う

病院などアメリカでご自身の体重をポンドに言い変える必要がある場合は、次の式で計算します。

「キログラムの体重(kg)÷0.45 ≒ ポンドの体重(lb)」

  • 例:60kgの体重の人はポンドに換算すると132lbです。
  • 計算式:60kg ÷0.45 ≒ 133 pound ※小数点は四捨五入しています。

逆のパターンで、アメリカの体重計を使っていて、ポンドで表示された体重をキログラムではどれくらいかを知るには以下の式を使います。

「ポンドで表示された体重(lb)×0.45 ≒ キログラムの体重(kg)」

  • 例:130blと表示されている場合、キログラムに換算すると58.5kgです。
  • 計算式:130 pound×0.45 ≒58.5kg

どちらも、同じ0.45の数字を使います。

「キログラムからポンドの場合は0.45で割る」そして「ポンドからキログラムの場合は0.45をかける」と覚えましょう。

ご自身の体重をポンドで換算すると、どれくらいかは計算してメモをしておくと便利です。

2-2-2.「ounce(オンス)」と「pound(ポンド)」の関係

「16オンスが1ポンド」と少しややこしいですが、覚えておくと便利です。

「1 pound(ポンド)= 16 ounce (オンス)」

ポンドは一番使われる重さの単位で、スーパーマーケットなどで販売されている食品は、オンスではなくこのポンドを使って表示することがほとんどです。

1/2lb(half pound/ハーフ ポンド)や、1/4lb(quarter pound クオーター ポンド)など分数で表示することが多いです。ちなみに、1/2lbは約225gで、1/4lbは約112gです。

買い物などではそれほど細かく計算する必要がないので、「1/4lbが100g強」と覚えておけば便利です。

2-3.重さの単位:ton(トン)の場合

ポンドの次に大きい重さの単位が「ton(トン)」です。

「ton」の省略記号は「t」です。

日本のメートル法で使われているトンと区別され、short ton(ショートトン)と言うこともあります。ショートトンという名称の通り、メートル法のトンより少し重さが少なく「1トンが約907.17kg」です。

1 ton(トン)≒ 907.17kg

また、ポンドとトンの重さの関係は、「2000ポンドが1トン」です。

1 ton(トン)=2000 pound(ポンド)

2-4.英語での重さの「単位」早見表

アメリカで使われる単位、ounce(オンス)、pound(ポンド)、ton(トン)をご紹介しました。

それぞれの関係と、グラム、キログラムとの比較はこのようになります。

  • 1ounce(オンス)=28.35g(グラム)
  • 16 ounce(オンス)=1 pound(ポンド)=453.59g(グラム)
  • 1 ton(トン)=2000 pound(ポンド)=907.18kg(キログラム)

ビジネスなどでも、アメリカ人と接する場合、頻繁にアメリカの重さの単位で換算する必要がある場合は、覚えるまでこの基本のポイントをメモしておくと便利です。

3.英語での長さ(Lenght)の「単位」

重さの単位と同じくらい頻繁に使う単位が長さの単位です。

アメリカの日常生活で使う英語の長さの単位は、短い順からinch(インチ)、foot(フット)/feet(フィート)、yard(ヤード)、mile(マイル)です。

それぞれの単位を詳しくご紹介します。

3-1.長さの単位:inch(インチ)の場合

比較的小さな長さを計る単位が「inch(インチ)」です。

「inch」の省略記号は「in」です。複数形はinchesとなるので要注意です。

日本で使われている長さの単位でインチに近い単位はセンチメントル(centimeter)が一番近く「1inch(インチ)は2.54cm(センチメートル)」です。

1inch(インチ)≒2.54cm(センチメートル)

細かく計算する場合意外は、「1inは約2.5cm」で計算すればよいです。

もともとは、古代ローマで親指の幅を単位にしたのがインチの始まりといわれています。大よそですが、成人男性の親指の幅がインチと覚えるとイメージしやすいかもしれません。

3-2.長さの単位:foot(フット)の場合

インチの次に長い単位は「foot(フット)」です。

footは単数形で、複数形の場合はfeet(フィート)です。

「foot」と「feet」どちらの場合も省略記号は「ft」です。

「1ftは約30.48cm」で、footは足の意味で、そこから1footが成人男性の一般的なお足の大きさとされています。

1foot(フット)≒30.48cm(センチメートル)

このまま計算すると計算が難しくなるので、「1ftは約30cm」と覚えると良いでしょう。

3-2-1.身長をフットとインチで言う

身長はこのフットとインチ、2つの単位を使います。

160cmの身長の場合は、5フィート4インチで英語では「inch」を省略することが多く、「5 feet 4」、 もしくは、「5’4」と書きます。

計算方法は少し面倒なので詳しく説明します。

  1. 160cm÷30cm(1foot)を計算して、5feetと割り切れない余りが10cmです。※割り切れない数を余りとして出します。
  2. 余った10cmを2.5cm(1inch)で割り、4inchで、5 feet 4です。

ここで注意したいのが、小数点以下の表示についてです。メートル法の場合は160.5cmなど小数点が出る場合はそのまま書くことが多いですが、フットを使う場合、小数点以下をそのまま表示するのではなく、インチに直して表示します。

3-2-2.「inch(インチ)」と「foot(フット)」の関係

inch(インチ)とfoot(フット)の2つの関係は以下の通りです。

1foot(フット)= 12 inches(インチ)

3-3.長さの単位:yard(ヤード)の場合

inchの次に長い単位が「yard(ヤード)」で距離などに使われます。

日本でもゴルフなど一部で使われています。

省略記号は「yd」です。「1ydは約91cm」です。

1yard(ヤード) = 91cm(センチメートル)=0.91m(メートル)

顔の鼻の前に手をまっすぐ伸ばした時の親指までの距離をヤードとしたという説があります。「1ydは1m弱」と覚えておくと便利です。

「foot(フット)」と「yard(ヤード)の関係」は下記となります。

  • 1 yard(ヤード)= 3 foot(フット)
  • 1 foot(フット)= 1/3 yard(ヤード)

3-4.長さの単位:mile(マイル)の場合

日常生活で使う長さの単位で一番大きいのが「mile(マイル)」です。

省略記号は「mi」または「m」です。

航空会社のポイントシステムがマイルと言われているのは、アメリカで距離の「mile(マイル)」に応じてポイントが発行されたからです。

英語の単位をあまり知らない人でも「mile(マイル)」という言葉は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

「1mileは約1.61km(キロメートル)」で、都市間の距離、車や飛行機での移動距離などに使う距離の単位です。

1mile(マイル)≒1.61km(キロメートル)

大よそで換算する場合には、「1miは1.6km」で計算するとよいです。

  • マイルで表示されている距離をキロメートルに換算する場合:マイルの距離(ml)×1.6=キロメートルの距離(km)
  • キロメートルで表示されている距離をマイルに換算する場合:キロメートルの距離(km)÷1.6=マイルの距離(ml)

また、「yard(ヤード)」と「mile(マイル)」の関係は細かく少しややこしいです。

1mile(マイル)=1,760yard(ヤード)

通常の日常生活ではこの数字を覚えていなくてもほとんど問題がありませんが、大よその数字は知っておくとよいでしょう。

3-5.英語での長さの「単位」早見表

アメリカで使われている長さの英語の単位を短いものから順番にご紹介しました。

inch(インチ)、foot(フット)、yard(ヤード)、mile(マイル)です。アメリカで旅行する時などは、都市間の距離はmileで表示されるので大よそのお値くらいは知っておくと便利です。

  • 1inch(インチ)≒2.54cm
  • 1foot(フット)=12inches≒30.48cm
  • 1 yard(ヤード)=3feet≒91.4cm
  • 1mile(マイル)=1760yard ≒1.61km

4.英語での容量(Capacity)の「単位」

料理で液体の量を計る時等に使う容量の単位も、アメリカでは日本と異なった単位が使われています。

この単位は、ガソリンなどの油系のものや、小麦など乾燥した穀物にも使います。

容量の単位の中で特に、1カップの量は、日本の1カップと違います。

ここでご紹介する単位はアメリカの容量の単位です。同じ英語圏で、イギリスやオーストラリアなどでも同じ名前の単位が使われることがありますが、容量が違うことが多いので注意しましょう。

英語の容量の単位も小さい順に確認しましょう。

4-1.容量の単位:teaspoon(ティースプーン)の場合

日常的に使う容量の単位で一番小さなものが「teaspoon(ティースプーン)」です。

省略記号は「tsp」です。

カフェなどで紅茶を飲む時に横についてくる小さなスプーンがティースプーンで、日本の「小さじ」と同じ感覚で1杯、2杯とカウントします。

ここで注意したいのは、日本の小さじはすり切り1杯で「小さじ1」とカウントしますが、アメリカのこのteaspoonの場合は、山盛りにのせて1杯とカウントします。

きっちり計る日本人と、おおざっぱなアメリカ人の正確の違いがこのような単位にも出ています。しかし、最近は計測用のティースプーンがあり、それを使う場合はすり切りで1杯とカウントします。

1teaspoon(ティースプーン) ≒4.92milliters(ミリリットル)

「1teaspoonは4.92milliters(ml)」です。大よそ小さじ1杯が5mlなので、同様と覚えておくと良いでしょう。

4-2.容量の単位:tablespoon(テーブルスプーン)の場合

次に大きな単位が「tablespoon(テーブルスプーン)」です。

省略記号が「tbs」、または「tbsp」です。

teaspoonが小さじの感覚なのと同様、「tablespoonは大さじと同じ感覚」で使う単位です。普段食事に使うテーブルスプーンに山盛りで1杯とカウントしますが、こちらもわかりにくいため、最近は計量用のスプーンが販売されています。

1 tablespoon≒14.78ml

「1tablespoonはteaspoon3杯と同様」で、約14.78mlです。大さじが15mlなので、ほぼ同量と覚えると良いでしょう。

4-3.容量の単位:fluid ounce(液量オンス)の場合

日本で容量の計測につかうミリリットルと同じように細かい容量を計測できるのが「fluid once(液量オンス)」です。

重さのオンスと区別して正確には液量オンスですが、普段はounce(オンス)のみで表示されます。

省略記号は「oz」なので、重さの常衡オンスと同じです。

1oz(液量オンス)≒29.57ml

1ounceは約29.57mlです。「1ounceは30ml程度」と覚えておくと大よその量が計れます。ミリリットルに比べ量が多いので、1/2ounceなど分数で使うこともできます。

また、「1オンスはテーブルスプーン2杯程度」なので、大さじ2杯程度の量と考えるとわかりやすいでしょう。

4-4.容量の単位:cup(カップ)の場合

料理の計測で液体の量を計る時に使うのが「cup(カップ)」です。

省略記号は「c」です。日本でも、1カップと言う計り方をしますが、基本的には同じような使い方をします。

ここで注意したいのは、先にご紹介したように、日本の1カップの量とアメリカの1カップの量は違います。この点は、間違えやすいので要注意です。

  • 1cup(カップ)≒236.58ml
  • 1cup=8ounce(液量オンス)

アメリカの1cupは8オンスで、236.58mlで日本の200mlと比べると多いです。

4-5.容量の単位:pint(パイント)の場合

ビールなどの容量を計るときに、用いられるのが「pint(パイント)」です。

省略記号は「pt」です。

ビールはレストランなどの飲食店ではpint glass(パイントグラス)という1pintの量が入るビールグラスに入れられて提供されることが多く、「a pint of beer」はビール1杯という意味で使われます。その他にも牛乳などもpintで量を計ります。

  • 1pint(パイント)≒473.17ml ※1paintは473.17mlで、500ml弱と覚えると計算が楽です。
  • 1paint(パイント)=2cup(カップ) ※pintはcupの量の2倍です。

4-6.容量の単位:quart(クォート)の場合

日本の1リットルとほぼ同じ量が「quart(クォート)」です。

省略記号は「qt」です。

飲み物などの液体の量を表示するために使われます。

  • 1quart(クォート)≒954.35ml(ミリリットル) ※pint(パイント)と比較すると、丁度2倍の量がquartです。
  • 1quart=2paint(パイント)

4-7.容量の単位:gallon(ガロン)の場合

アメリカのスーパーで売られている牛乳やジュースの容器の容量が「1gallon(ガロン)」で、4リットル近くもあります。

ガソリンもgallon単位で販売していて、この単位はアメリカへ旅行したり、生活したりするなら覚えておきたい単位です。

省略記号は「gal」です。

1gallon(ガロン)≒3.78litters(リットル)

「1gallonは4litters(リットル)弱」で、正確には3.78littersです。

1gallonの牛乳などは大きくてびっくりしますが、アメリカは基本的に商品の大きさが多く買いだめをする文化です。国土が広い割に、人口が少ないために日本の個人商店のような店舗がとても少なく、基本的には大きなスーパーでまとめ買いをして冷蔵庫にストックしている人が多いようです。

また、1gallon(ガロン)=4quart(クォート)となります。

4quart(クォート)で1gallon(ガロン)です。quart(クォート)は四分の一の意味があるquarter(クォーター)と、単語が似ているので覚えやすいと思います。

4-8.英語での容量の「単位」早見表

液体や、乾燥した穀物を計るのに用いられる容量の英語の単位をご紹介しました。

小さい順に、teaspoon(ティースプーン)、tablespoon(テーブルスプーン)、fluid ounce(液量オンス)、cup(カップ)、pint(パイント)、quart(クォート)、gallon(ガロン)です。

  • 1teaspoon(ティースプーン)=1/3 tablespoon(テーブルスプーン)≒4.92mililitters(ミリリットル)
  • 1tablespoon(テーブルスプーン)=3teaspoons≒14.78mililitters(ミリリットル)
  • 1fluid ounce(液量オンス)=2tablespoons(テーブルスプーン)≒29.57mililitters(ミリリットル)
  • 1cup(カップ)=8fluid ounces(液量オンス)≒236.59mililitters(ミリリットル)
  • 1pint(パイント)=2 cups(カップ)≒473.18mililitters(ミリリットル)
  • 1quart(クォート)=2pints(パイント)≒946.35mililitters(ミリリットル)
  • 1gallon(ガロン)=4quarts(クォート)≒3.785litters(リットル)

teaspoonやcupは、日本の計り方と似ているのでわかりやすいと思いますが、pint、quart、gallonは日本人の感覚からするとわかりにくいかもしれません。「quartが約1リットル」、「gallonが4リットル弱」ということだけでも覚えておくと便利です。

5.英語での時間(Time)の「単位」

時間の単位は、アメリカも日本と同じなのでわかりやすいです。秒、分、時間というようなカウントをします。

5-1.時間の単位:秒~年まで

英会話でもよく時間の単位はでてくるので、覚えている人もおおいでしょう。それぞれの時間の単位を英語ではどう言うか確認しましょう。

  • 秒/second ※省略記号:sec.
  • 分/minute ※省略記号:min.
  • 時間/hour ※省略記号:min.
  • 日/day ※省略記号:d.
  • 週/week ※省略記号:wk.
  • 月/month ※省略記号:mon.
  • 年/year ※省略記号:yr.

複数形はそれぞれ【s】を語尾につければOKです!

5-2.英語での時間の「単位」早見表

時間の単位の関係は下記となります。

  • 1minute(秒)=60seconds(分)
  • 1hour(時間)=60minutes(秒)
  • 1day(日)=24hours(時間)
  • 1week(週)=7days(日)
  • 1year(年)=12months(月)=365days(日)

それぞれの時間の関係は日本と同じなのでわかりやすいかと思います。

まとめ:英語の「単位」は慣れれば簡単!

アメリカで使う英語の「単位」についてご紹介しました。

ここでご紹介した単位は、アメリカの日々の生活でよく使うものばかりです。日本の単位に換算するとどれくらいなのか、大よそで十分なので覚えておくと、様々な場面で活用できます。

アメリカに旅行する場合は、それぞれのまとめでご紹介した早見表の部分は印刷するか、自分自身でのオリジナルの早見表を作って、持ち歩くことをオススメします。こまったときに、すぐに見られるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

コメントを残す

*

sp-cta