著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「身長」と「体重」の英語|国別での違いや4つの聞き方を習得!

のべ4,107がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自分の「身長」「体重」を英語で正しく表現できますか?

また、相手の「身長」や「体重」を聞く英語表現は分かりますか?

海外旅行した時、または日本国内で接客している時にサイズの表現が違うだけで慌ててしまします。

アパレルなど販売員の接客英語|10場面で使えるフレーズ集やアプリ』では服のサイズや靴のサイズの海外との表現の仕方の違いを説明していますので、こちらも確認しておきましょう!

しかし、ここでは「身長」や「体重」の英語表現と、日本の表現の仕方とは違う、特にアメリカの重さと長さの単位を詳しくご紹介します。両方の表現の仕方を知っているだけで大変役立ちますので、この機会にマスターしましょう!

目次:

1.「身長」と「体重」の基本英語と発音
1-1.「身長」の英語
1-2.「体重」の英語

2.日本とは違う!アメリカの「長さ」と「重さ」の単位の英語
2-1.アメリカの「長さ」の単位の英語と省略形は?
2-2.アメリカの「重さ」の単位の英語と省略形は?

3.「身長」に関連する英語フレーズ一覧
3-1.英語での「身長の伝え方・聞き方」とは?
3-2.「身長が高い」や「身長が低い」は英語で?
3-3.「身長が伸びる」は英語で?
3-4.その他の身長に関する英語表現

4.「体重」に関する英語フレーズ一覧
4-1.英語での「体重の伝え方・聞き方」とは?
4-2.「体重が増える」や「体重が減る」は英語で?
4-3.その他の体重に関連する英語表現

1.「身長」と「体重」の基本英語と発音

まずは、「身長」と「体重」の英語の言い方と発音を確認しましょう。

1-1.「身長」の英語

「身長」は英語で「height」です。

「height」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ハイト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/02/height.mp3
hάɪt

「height」は「高さ」という意味です。人間の「身長」だけでなく、山の「標高」や海の「海抜」など様々な「高さ」に使える表現です。

1-2.「体重」の英語

「体重」は英語で「weight」です。

「weight」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ウェイト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/02/weight.mp3
weɪt

「weight」は「重さ」という意味です。「height」と同じように人間の「体重」以外の様々な「重さ」に使える表現です。

因みに、「height」と「weight」のスペルは最初の一文字が違いますが、それ以外の「eight」の部分は全て同じなのでセットで覚えると簡単です。

2.日本とは違う!アメリカの「長さ」と「重さ」の単位の英語

日本では「長さ」は「meter(メートル)」、「重さ」は「gram(グラム)」の単位を使いますが、アメリカでは別の単位を採用しています。

ここでは、主にアメリカで使われている「長さ」と「重さ」の単位を解説します。

2-1.アメリカの「長さ」の単位の英語と省略形は?

主にアメリカでは「身長」を伝える「長さ」の単位に「inch(インチ)」「foot(フット)」、または複数形の「feet(フィート)」を使います。

「inch」と「foot」の長さをセンチメートルで表すと下記の通りです。

  • 1inch = 2.54cm
  • 1foot = 12inches = 30.48cm

どちらも数字が2以上の場合後ろに来る単位は複数形になります。

例えば、「inches」は「es」がついて「inches(インチズ)」、「foot」は「feet(フィート)」と、どちらも「s」をつけるだけではないので要注意です。

数字で表記する場合「5 feet 4」などのように、後ろにくる「inches」は省略される場合が多いです。

因みに分かりやすく書くと、それぞれの身長が下記の方は、

  • 150cm = 4 feet 9(4’9″)
  • 160cm = 5 feet 2(5’2″)
  • 170cm = 5 feet 6(5’6″)
  • 180cm = 5 feet 9(5’9″)

などという計算になります。

さらに「feet」を省略する場合「’(アポストロフィー)」と「″(ダブルプライムマーク)」を使って「(フットの数)’(インチの数)″」で表記します。

先ほどの例の「5 feet 4」の場合「5’4″」となります。

2-2.アメリカの「重さ」の単位の英語と省略形は?

アメリカでは「体重」を伝える「重さ」の単位は「pound(ポンド)」です。

「pound」も数字が2以上の場合、複数形の「pound」を使います。

「pound」をキログラムで表すと下記の通りです。

  • 1pound ≒ 0.45kg
  • 1kg ≒ 2.2kg

自分の体重をポンドで伝える場合、キログラムの体重に2.2をかけます

例えば50キログラムなら、2.2をかけると110ポンドになります。

尚、「pound」の省略形は「lb」で、「100lb」などのように数字の後に「lb」をつけて表記します。

イギリスでの単位はどっち?

アメリカの「インチ」や「フィート」、「ポンド」の単位は元々イギリスから来たものですが、現在ではイギリスも日本と同じ「グラム」や「メートル」を採用しています。

ただし、日常生活で使うものなどは昔の単位のほうがわかりやすい人も多いため「インチ」や「フィート」、「ポンド」で表記されているものも多いです。他の国がどちらの寸法方法を採用していても両方知っておくことで大変役立ちます。

3.「身長」に関連する英語フレーズ一覧

ここでは、自分の身長を伝える表現や、相手の身長を聞く表現など「身長」に関する表現をご紹介します。

3-1.英語での「身長の伝え方・聞き方」とは?

「身長はいくつ?」と聞く表現は2つあり、どちらを使ってもOKです。

  • What’s your height?
  • How tall are you?

上記の質問に答える場合など、自分の身長を伝える基本表現も2つです。

  • I’m ~ feet ~ inches. ※「cm」でもOKです。
  • My height is ~ feet ~ inches.
  • どちらも「私の身長は ~ フィート ~ インチです。」という意味です。

    3-2.「身長が高い」や「身長が低い」は英語で?

    「身長が高い」という場合の「高い」は「tall」を使います。

    【例文】

    • 英語:She is tall.
    • 日本語:彼女は背が高い。

    「身長が低い」という場合の「低い」は「short」を使います。

    【例文】

    • 英語:I’m short.
    • 日本語:私は背が低い。

    尚、「中くらいの身長」は英語で「medium height」です。

    3-3.「身長が伸びる」は英語で?

    「身長が伸びる」はカジュアルな英語で「get taller」と「tall」の比較級を使いますが、「grow in height」という表現もあります。

    「身長が伸びた」は「got taller」で、「get」と同じように、「grow」は不規則変化動詞で、過去形は「grew」、「身長が伸びた」は「grew in height」という表現もOKです。

    3-4.その他の身長に関する英語表現

    「身長」に関するその他の表現をまとめてご紹介します。

    • 「現在の身長」:current height
    • 「出生身長」:birth height(BT)
    • 「身長計」:height scale
    • 「身長制限」:minimum height requirement ※「requirement」は「必要条件」です。直訳的には「必要条件を満たすための最低条件」という意味になります。
    • 「身長を測る」:measure someone’s height ※「身長をはからせて下さい」は「Let me measure your height.」でOKです。

    4.「体重」に関する英語フレーズ一覧

    ここでは自分の体重を伝える表現や、相手の体重を聞く表現など「体重」に関する英語表現を確認しましょう。

    4-1.英語での「体重の伝え方・聞き方」とは?

    相手の体重を聞く表現は2つあります。

    • How much do you weigh?
    • What’s your weight?

    どちらを使ってもOKですが、「What’s your weight?」は少しカジュアルな表現です。

    アメリカなど欧米では、日本よりもさらに体重は敏感な話題です。どうしても必要な場合以外は、あまり聞かない方がよいでしょう。

    上記の質問の返答など、自分の体重を伝える場合は下記の表現が使えます。

    • 英語:I weigh ~ pounds. ※または「kilograms」です。
    • 日本語:私は ~ です。

    「weigh」は「~の重さがある」という動詞です。

    「体重」という意味の「weight」ととても似ていて、最後の「t」がつかないだけなので混同しないように要注意です。

    4-2.「体重が増える」や「体重が減る」は英語で?

    「体重が増える」は英語で「gain weight」(ゲイン・ウィエト)です。

    「体重が ~ ポンド増えた」という場合は「gained ~ pounds」と過去形を使うことが多いです。

    【例文】

    • 英語:I gained 5 pounds. ※または「kilograms」や「grams」です。
    • 日本語:5ポンド体重が増えました。

    一方、「体重が減る」は「lose weight」(ルーズ・ウェイと)です。

    「体重が ~ ポンド減った」という場合は「lost pounds」とloseの過去形の「lost(ロスト)」を使うケースが多いです。

    【例文】

    • 英語:I lost 5 pounds.
    • 日本語:5ポンド体重が減りました。

    4-3.その他の体重に関連する英語表現

    「体重」に関するその他の表現をご紹介します。

    • 「体脂肪率」:body fat percentage
    • 「体重制限」:weight limit
    • 「体重移動」:weight shift
    • 「体重を計る」:weight someone ※この他に「get on the scale」や、「check one’s weight」などの表現も使えます。
    • 「~に体重をかける」:put one’s weight on ~
    • 「体重を抑える」:control weight
    • 「体重を気にする」:keep eye on weight
    • 「体重を落とす」:cut down one’s weight, get one’s weight off ※ダイエットなどで体重を減らす場合に使う表現です。
    • 「ダイエットする」:go on a diet ※「ダイエット」に関する英語は『「ダイエット」の英語|リバウンドなど20個の関連表現も!』で詳しく解説しています。

    まとめ:身長や体重の英語表現は先ず自分の測定から始めよう!

    「身長」と「体重」の表現はそれほど難しくありませんが、単位の違いがあるのでその点が少しややこしいかもしれませんが、一度感覚を身に付けるとさほど難しいものではありません。

    先ずは、ご自身の身長や体重をどのように表現するかを確認してみましょう!

    尚、日本とは違う重さや長さの単位については、下記の2つの記事で詳しく解説していますので、そちらも参考にしましょう!

    お時間のある時にでもチェックしてみましょう!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    cta_teacher_img03

    無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

    ●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
    ●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
    ●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

    あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

    また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

    そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

    本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

    今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

    ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

    これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

    机に30分も座れない・・・
    テストは常に赤点(偏差値40)・・・
    英語とは無縁の人生だった・・・


    そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

    興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

    このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


    今すぐ資料をGETする(無料)

    コメントを残す

    *

    sp-cta
    sp-cta