著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「サラダ」の英語|発音と10以上ある種類名やドレッシング

のべ4,244がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本でも海外でも、レストランのメニューで欠かせないのが「サラダ」ですよね。

「サラダ」は英語でもそのまま「salad」ですが、発音が「サラダ」では通じません。

また、「サラダ油」、「サラダバー」など英語では何と言うのでしょうか?

それと「サラダを作る」や「サラダにドレッシングをかける」という英語フレーズも押さえておいたほうがベターです。

もちろん、ドレッシングの種類も知っておくとレストランの注文の時でも役立ちますね。この機会に、『海外のレストランで役立つ!よく使う英語フレーズと関連英語』で注文する時などの表現に触れておくのもいいかもしれません。

よってここでは、「サラダ」の正しい発音方法や、「ポテトサラダ」や「野菜サラダ」などの様々な「サラダ」の英語表現をご紹介します。あわせて、ドレッシングやサラダの具材、「サラダバー」などサラダに関する表現なども確認しましょう。

目次:

1.「サラダ」の正しい発音・意味・複数形
2.間違ったら恥ずかしい!?「サラダを作る」の英語表現
3.メニューでも見る!サラダ料理の英語名
4.サラダの具材とドレッシングの英語表現
4-1.サラダの具材の英語
4-2.サラダにかけるドレッシングやソースの英語
5.「サラダ」の関連英語

1.「サラダ」の正しい発音・意味・複数形

「サラダ」は英語で「salad」です。

「salad」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サァラァドゥ
sǽləd

日本語の「サラダ」は英語の「salad」から来ている表現ですが、そのまま発音しても通じないので要注意です。

最初の「a」の発音記号は「æ」で「ア」と「エ」の間の音を発音します。「d」は「ダ」ではなく破裂音で「ドゥ」の音ですが、ほとんど発音しないので注意しましょう。

複数形は、「salads」となりますが、何かの料理名にサラダが入っている場合は、それ自体は「salad」という単数形のままです。

可算名詞と不可算名詞については、『英語の名詞|可算名詞と不可算名詞の2つを押さえるだけ!』の記事をご確認ください。「salad」以外にも色々なパターンがあります。

また、「salad(サラダ)」は元々、「(火を通して)調理されていない野菜をミックスしたもの」というのが本来の意味でしたが、今は様々なサラダの種類がありますね。

それらの英語表現は後ほどご紹介します。

2.間違ったら恥ずかしい!?「サラダを作る」の英語表現

「サラダを料理する」という意味で「サラダをつくる」という場合、動詞は「make」が使え「make a salad」でOKです。

「料理する」といえば「cook」という単語もありますが、「cook」は「火を通して調理する」というニュアンスが含まれるため基本的にサラダには使いません。

尚、サラダの場合「調理する」というほどの課程がないので「準備する」という意味の「prepare」を使って「prepare a salad」や、「混ぜる」という意味の「mix」を使って「mix a salad」という表現もよく使います。

3.メニューでも見る!サラダ料理の英語名

ここでは「シーザーサラダ」や「ポテトサラダ」など様々なサラダの英語名をご紹介します。

  • 「盛り合わせサラダ」:mixed salad
  • 「生野菜のサラダ」:fresh vegetable salad
  • 「海藻サラダ」:seaweed salad
  • 「ポテトサラダ」:potato salad
  • 「タマゴサラダ」:egg salad
  • 「ハムサラダ」:ham salad
  • 「シーザーサラダ」:Caesar salad ※「Caesar」は「シーザーサラダ」をつくったイタリア人シェフの名前からとったと言われています。そのため、最初の文字は大文字にします。
  • 「コールスロー」:coleslaw ※オランダ語で「キャベツのサラダ」という意味の「Koolsalade」が語源だといわれています。
  • 「豚しゃぶ(冷しゃぶ)サラダ」:cooled parboiled pork salad ※「しゃぶしゃぶ」は日本独特の料理なので英語もそのまま「Shabu-Shabu」となっている場合も多く。「Cold pork Shabu-Shabu salad」などでもOKです。
  • 「サラダうどん」:Udon salad ※「Udon noodle with salad」でもいいです。日本独独の料理なので、外国人などに紹介する時に役立てて下さい。

4.サラダの具材とドレッシングの英語表現

先ずは、「レタス」などサラダの具材やドレッシングの英語表現を見てみましょう。

4-1.サラダの具材の英語

  • 「レタス」:lettuce
  • 「トマト」:tomato
  • 「キュウリ」:cucumber
  • 「人参」:carrot
  • 「コーン」:corn
  • 「ヤングコーン」:young corn
  • 「ブロッコリー」:broccoli ※欧米ではサラダに生のブロッコリーを入れて食べることが多いです。レタスやトマトもよく入ります。

4-2.サラダにかけるドレッシングやソースの英語

「ドレッシング」は英語で不可算名詞の「dressing」です。

「ドレッシングをサラダにかける」は「垂らす・注ぐ」という意味の「pour(ポアー)」を使って「pour(some)dressing(on the salad)」です。

「pour」はドレッシング以外でも液体系の調味料、コーヒーを注ぐなどの場面でも使えます。

サラダにかける様々なドレッシングやソースの表現は下記となります。

  • 「イタリアンドレッシング」:Italian dressing
  • 「フレンチドレッシング」:French dressing
  • 「ブルーチーズドレッシング」:blue cheese dressing ※アメリカでよく使われるドレッシングで、生クリームやブルーチーズ、ミックスチーズなどをベースにしたドレッシングです。
  • 「サウザンドアイランドドレッシング」:thousand island dressing ※マヨネーズやケチャップをベースにした酸味と甘みがあるドレッシングです。
  • 「ランチドレッシング」:ranch dressing ※サワークリーム、ヨーグルト、マヨネーズなどをベースにしたドレッシングです。
  • 「ビネグレットソース」:Vinaigrette ※「Vinaigrette」は「酢(vinegar)という意味のフランス語です。オリーブオイル、レモン汁、酢、こしょうなどを混ぜたドレッシングです。
  • 「オリーブオイル」:olive oil
  • 「マヨネーズ」:mayonnaise

レストランなどで、「ドレッシングを下さい」という場合は下記の例文が使えます。

  • 英語:Could I have some dressing for the salad?
  • 日本語:ドレッシングをいただけますか?

尚、ホストファミリーやお友達の家などでは、少しカジュアルな「Can I ~」の表現を使ってもOKです。

5.「サラダ」の関連英語

その他の「サラダ」の関連表現を確認しましょう。

  • 「サラダ油」:vegetable oil ※「sunflower oil」や「corn oil」などが一般的です。「salad oil」では通じない場合があります。
  • 「サラダバー」:「all-you-can-eat salad(サラダの食べ放題)」 ※「salad bar」という表現でも通じます。
  • 「サラダ用の皿」:salad plate
  • 「サラダボウル」:salad bowl
  • 「サラダ付き」:comes with salad ※ランチなどメニューにサラダがついてくるという意味です。「サラダは付きますか?」は「Does it come with salad?」でOKです。
  • 「アメリカは人種のサラダボウルです」:America is a salad bowl. ※以前はアメリカは、様々な文化が溶けあう国という意味で「人種のるつぼ(melting pot)」といわれていましたが、最近では様々な文化が集まってそれぞれの文化を生かしあっているという意味でこの表現が使われています。

まとめ:知っているだけでも役立つ「サラダ」の英語

「サラダ」は海外旅行へ行くとレストランなどでとてもよく使う表現です。

単語を知っていても、正しい発音ができなくて通じないということが多いので、先ずは発音のポイントを押さえておきましょう。

記事の中で紹介したドレッシングの種類は、欧米を中心に定番のものばかりなので覚えておくと便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta