著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

RとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニング

のべ302,981がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは、どのようにしたら簡単にRやLの英語がネイティブのように上手く発音できるのか知りたいのではないでしょうか?

実際、多くの日本人がRとLの発音が不得意で、いつまでたってもカタカナのラ・リ・ル・レ・ロになってしまっています。

もっとも、2つのRとLの発音の両方とも日本語にはない音なので、日本人にとって難しいのは当たり前なのです。自然に習得するということは不可能で、しっかりと正しく発音する必要があります。

よってここでは、正しく、そして誰でも簡単に今すぐ出来るRとLの発音の解説や練習はもちろんのこと、RとLの発音の違いが引き起こす、赤っ恥な状況もご紹介します。

■なぜ日本人だけ英語が話せないのか?「英語のカラクリ」を今だけ無料プレゼント中(PDF全71ページ)

目次:
1.巻き舌じゃないRとラ行じゃないLの発音
1-1.Rの発音
1-2.Lの発音
1-3.RとLの発音の簡単な聞き分け方法
1-4.アメリカ英語とイギリス英語の「R」の発音の違いとは?
2.RとLの発音が引き起こす恥ずかしい誤解
3.RとLの発音トレーニング
3-1.「R」と「L」を交互に発音する練習方法
3-2.「R」と「L」の発音をミックスして早口言葉で練習する

1.巻き舌じゃないRとラ行じゃないLの発音

RとLの発音については、舌の位置だけを意識するだけで、簡単にマスター出来ます。

しかし、その舌の位置は日本語の発音にはどこにも存在しません。

だから、いくらRとLの発音を日本語のカタカナ読みをしたところで正確には発音できません。

つまり、正しく発音するには、RとLの独自の舌の位置だけに集中して練習すればいいだけなのです。

1-1.Rの発音

Rの発音は、舌を口の奥に引き込む感覚だけで、簡単に発音できます。

※次のイラストのようにRとLの違いで見ると分かりやすいです

LとRを発音する時の違い
日本人の多くは、Rの発音は巻き舌だと勘違いしています。

しかし、実際は巻き舌ではなく、舌の先がどこにも当たらず、奥に引っ込める感じです。舌の両端は口の奥にあたっています。

そして、そのままラーという音を出してみてみましょう!

1-2.Lの発音

Lの発音は、舌の先を前歯の上の付け根に置くだけで、簡単に発音できます。

Lの発音をカタカナのラ・リ・ル・レ・ロの発音だと間違って覚えている方が多いようです。

そこで、ご自身で日本語のラ・リ・ル・レ・ロを発音して、その際に舌がどこにあたっているか確認してみて下さい。

※英語の「L」と日本語の「ラ行」との舌の位置は次のように異なります

Lを発音する時の舌の位置
Lの発音の舌の場所を意識して、ラ・リ・ル・レ・ロを言ってみましょう!

今までとは違う違和感があるかと思いますが、それが正しいLの発音となります。

1-3.RとLの発音の簡単な聞き分け方法

舌の位置は分かったけど、「リスニングの時にどう聞き分けるのか?」や「発音する時のコツの違いは?」という疑問があるかと思いますが、聞き分けは簡単です。

「R」の発音の時はその前に少し小さい「ゥ」という音になるので、そこを聞き分けるようにしましょう。

「R」の発音は少し、明確ではないラ行、「L」の発音ははっきりとクリアーに聞こえるラ行に近い感覚です。

1-4.アメリカ英語とイギリス英語の「R」の発音の違いとは?

特に「R」の発音でアメリカ英語とイギリス英語で明確な違いがあるのは、「R」の発音が最後にある、「Fire」や「here」などの単語です。

イギリス英語とアメリカ英語|文法や発音など4つの違い』でも解説しているように、アメリカ英語では、単語の最後の発音が「R」であれば「R」の発音をする(「rothic」といいます)のですが、イギリス英語は、日本語のように「ヒアー」など「R」の発音をしません(Non-rothic)。違いだけは押さえておきましょう!

しかし、「Rice」など最初に「R」の発音がある場合は変わりません。

2.RとLの発音が引き起こす恥ずかしい誤解

RとLの発音は、正しく発音しないと全く違う意味になるくらい厄介な発音です。

多くの方が、Rの発音が出来ないばかりに、全てをLの発音で対応してしまいがちです。理由としては、日本人が発音するのに、RよりLの発音がしやすいためです。

「Rの発音は難しいからLかラ・リ・ル・レ・ロの発音でもどうにかなるだろう」という方は要注意です。

例えば、日本人がRightとLightの発音をカタカタにすると、全て 「ライト」になります。全てが、カタカナの「ラ」の音ですね。Lに最も近い発音です。

でも、Right(右、正しい)とLight(電気、軽い)は全く意味が違います。正確に発音しなければ相手に正確に通じません。

そこで、RとLの発音の違いで、全く違う意味になる英語をいくつか次の表で確認してみましょう!

Lの発音
Rの発音
Light(軽い)
Right(正しい)
Lice(シラミ)
Rice(米)
Lead(導く)
Read(読む)
Collect(集める)
Correct(正しい)
Load(負荷)
Road(道)
Fly(飛ぶ)
Fry(揚げる)
Play(遊ぶ)
Pray(祈る)
Lane(小道)
Rain(雨)

他にも、Lan(構内通信網)とRan(走った)、Link(連結する)とRink(スケート場など)、Liver(肝臓)とRiver(川)、Lake(湖)とRake(くま手) など、RとLの発音が違うだけで、全く意味が異なる単語が英語には多数存在する。

例えば、何か料理をしている時に、油で揚げたい(fry)のに、飛びたい(fly)とネイティブに伝わってしまっては、「料理中にいきなり飛びたい?」と勘違いされてしまうことも絶対ないとは言えませんよね。

よって、目茶苦茶なRとLの発音が会話の中で無数に繰り広げられていたとすれば、聞き手が混乱してしまうのは必然的です。

だから、RとLの発音をしっかりと認識して、練習する必要があるのです。

3.RとLの発音トレーニング

今からご紹介するトレーニングで、RとLの舌の位置が自然と身に付きますので是非実践してみましょう!

3-1.「R」と「L」を交互に発音する練習方法


(動画内容)
1.Lake→Rake
2.Lice→Rice
3.Lead→Read
例えば、1のLake,Rakeの順序で連続して発音して、そして、直ぐにその逆からRake,Lakeと発音します。

これを1セットとします。そして2、3も同様に発音します。合計3セットです。

1日たったの1回だけで十分です。最初はゆっくりで結構ですので、舌の位置を意識しながら発音してみましょう!

それが慣れてきたら他のLとRの発音(2にある例を参照)でも試してみてください。

3-2.「R」と「L」の発音をミックスして早口言葉で練習する

早口言葉で、習慣づけしたい方は、『有名な英語の早口言葉8選|発音もネイティブ並みに上達!』でも紹介している、「Red lorry, yellow lorry」の早口言葉は有名です。

是非、「R」と「L」の発音を口ずさんでトライしてみましょう!

RとLの発音を含め、大事なポイントを凝縮させた発音トレーニングは、英語の発音|初心者でもネイティブ並みに話せる発音矯正法で簡単に矯正できますので合わせてご活用ください。

まとめ:RとLの発音だけじゃない

RとLの発音が正確に出来ないがために、恥をかいたり、ネイティブのように聞こえない日本人が多いのが現状です。

でも、RとLの発音だけではなく、他にもTHやVなど日本人が苦手な発音があるのも事実です。

しかし、先ずは、ここでご紹介したRとLの発音トレーニングを繰り返すことで、ネイティブのようにカッコいい、正しいRとLの発音を身に付けて頂きたいと思います。

一つ一つ英語の発音をクリアーして、もう人前で恥をかく日本人とは遭遇したくないものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta