著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語に敬語表現はある!?失礼にならないビジネスでも使える8場面一覧

のべ510がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

何となく、英語に敬語(です・ます、など)は無いと聞いたりしたことはありませんか?

みんなフレンドリーで、日本文化のような先輩後輩(上下関係)という概念がないから、外国人にはカジュアルでタメ口的な英語の言い方で話せばOK、など・・・

それは間違った認識なので今すぐ改めて下さい。

英語にもちゃんと敬語表現、または丁寧なフォーマルな英語は存在しますし、特に目上の人(上司など)、ビジネスなどのシーンでは絶対と言っていいほど使います。

ビジネスのプレゼン、また論文などには頻繁に使われますし、使わないととても失礼な英語になってしまいます。

後ほど解説しますが、一例として「thank you」よりも「appreciate ~」がより丁寧で敬語的であり、失礼にならない言い方となります。

また、「Mr.」や「Ms.」、「Sir」、「Ma’am」などの敬称も敬語の一つです。

特にビジネスメールなどは送信する前に何度も書き直すことが出来るので、その中で英語の敬語表現をマスターするトレーニングもできます。

勿論、全てを敬語で話すことはあまりにも相手との距離を取ってしまうことになり、それは西洋文化では好ましくありません。

しかし、タメ口的なカジュアル英語だけを知っていても、それは英語をマスターしたとは言いません。そのバランスが必要です。

また、何かをお願いする時に丁寧な敬語表現を「Please」だと勘違いしていませんか?

ここでは、恥をかかない、または相手に失礼にならないための英語の敬語について解説していきます。ここマイスキ英語でも多くの記事で「カジュアル」と「フォーマル(丁寧・敬語)」の両方を紹介しているので、それらを一覧にして紹介もしています。是非、お役立てください。

目次:

1.ビジネスでよく使う英語の敬語表現一覧
・口頭での敬語・例文
・メールでの敬語・例文
2.「~をお願いします」と依頼する時の英語の敬語・受動態
・助動詞・副詞
・受動態(受け身)
3.「~さん(様)」という言い方の英語の敬語(敬称)

1.ビジネスでよく使う英語の敬語表現一覧

社内での上司への敬語、仕事での相手への敬語など、知らないと失礼になる表現が多くあります。

ここでは、口頭を中心に(メールについては後述)例文を使ってご紹介します。

口頭での敬語・例文

初めての挨拶、お礼を言う場合、承諾したことを伝える場合など多岐に渡りますが、ここでは頻繁に使われる敬語をピックアップしました。

総合的なビジネス英語は、『ビジネス英語|絶対に押さえておきたい8つのコツと勉強法』でもまとめていますのでご参考下さい。

下記はあくまで一例です。様々な言い方があるので確認しておきましょう!

挨拶:よろしくお願いします

英語での挨拶|英会話やビジネスでも使える厳選10パターン』でも紹介していますが、初めて出会った相手には、少しフォーマルな敬語口調で「こんにちは、お元気ですか?(Hello, how do you do?)」や再会の相手には「お久しぶりです(It’s good to see you again.)」などを使います。

カジュアルになりすぎないのがポイントです。

そこで、日本人が一番悩む英語の敬語フレーズが「よろしくお願いします」です。

本サイト(マイスキ英語)でも人気記事の一つです。

しかし、英語にはこの「よろしくお願いします」が存在しません。これがやっかいです。

詳しくは、『英語で「よろしくお願いします」|6つの場面で使い分ける!』を確認して頂きたいのですが、シチュエーションによりフレーズを使い分ける必要があります。

下記のような場合です。

  • 初めて会った時の「よろしくお願いします」:「Nice to meet you.」など ※「初めまして」という敬語での挨拶文を使います。
  • 「今後ともよろしくお願いします」と言いたい場合:「I look forward to working with you.」など ※「一緒に仕事をすることを楽しみにしています。

など。

また、丁寧な言い方は上記のどちらの場面でも、「It’s my pleasure to ~(~することが嬉しいです)」という表現が使えます。

「I’m happy to ~」よりも、より丁寧で敬語にあたります。

また、「It’s my honor to ~.(~できて光栄です)/It’s an honor to ~.」という更にその上の丁寧な言い方もあります。

お礼:ありがとうございます

英語でお礼を言う時は、「Thank you.」をすぐ思いうかげると思いますが、それにも敬語が存在します。

英語でありがとう|丁寧やフランクな言い方とスラングや略語22選』でも詳しく解説していますが、次のような表現が敬語となります。

  • I really appreciate your support.(あなたのご協力に感謝致します)
  • I’m grateful for your kindness.(あなたの親切に感謝致します)

ポイントは、日本語でもある「感謝する」という丁寧な表現ができればOKです。

承諾:了解致しました

「了解致しました(かしこまりました)」という場面もありますね。

カジュアルな言い方は、誰でも知っている「OK」という言い方ですが、これはビジネスの世界、また場面により目上の人には乱暴な言い方として捉えられるケースがあるので注意が必要です。

下記がその一例です。

  • Certainly.
  • Absolutely.
  • Sure./Sure thing.

などです。「OK」よりも丁寧な言い方になりますので、是非覚えておきましょう!

その他にも敬語表現があるので、『「了解しました」の英語|会話やメールでも使える厳選24個』も確認しておきましょう。

断り:ごめんなさい

「ごめんなさい」と相手に断る場面もありますね。

「I’m sorry.」を「I’m really sorry.」とするだけで、敬語には近づくのですが、それよりも「apologize(アポロジャイズ・謝罪する)」という動詞を使った方がベターです。

  • I apologize for what happened the other day.(先日起こったことについて謝罪いたします)
  • I apologize for being late.(遅れたことに謝罪いたします)

などです。

上記のような謝罪文の後に断る理由などは付けづに、真摯に謝罪することがストレートで相手に伝わります。

「ごめんなさい」の英語|発音・カジュアルやビジネスでの11表現』の記事でも色々な「ごめんなさい」の例文を多く紹介しています。

メールでの敬語・例文

口語とは違い、相手の顔が見えないのでちゃんとした敬語を使うのがマナーです。

ビジネス英語メールの書き方については、『英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』にて年末年始の挨拶なども含めた総合的なフォーマルな表現をご案内しているのですが、下記でいくつかピックアップしました。

特に、お礼のメールについてはシッカリと相手に感謝の意を伝えます。

口頭のところで「appreciate」や「grateful」を使っていますが、あまりわざとらしくならないように「Thank you for ~.」の形でも構いません。

  • ご連絡ありがとうございます:「Thank you very much for contacting me.」など ※「Thank you very much for your time to contact me.」だとより丁寧です。
  • 早速のご返信ありがとうございます:「I appreciate your prompt reply.」など ※「quick reply」とするより丁寧です。

また、文末(メールの結び)では「Best regards」や「Sincerly」などを付けるのが敬語としてのマナーですが、それより前に次のような表現も付け加えるとベターです。

  • お会いできるのを楽しみにしております:「I look forward to seeing you soon.」など
  • うまくいくことを祈っております:「I hope it will go well.」など ※「Good luck!」はカジュアルすぎるので使う場面に注意です。

2.「~をお願いします」と依頼する時の英語の敬語・受動態

「~してください」や「~をお願いします」と相手に依頼する時も多いですね。傲慢な言い方、上から目線の言い方であればとても失礼になります。

だから何でも「Please」を付ければいいと思っていませんか?

実は、「Please」はそれをすることが前提の言い方で、場面によっては相手を不愉快にさせる表現になります。

よってここでは、相手に対して失礼が英語独特の敬語表現をご紹介します。

助動詞・副詞

助動詞の「Would(willの過去形)」や「Could(canの過去形)」、「kindly(副詞)」などを使って疑問文にすることで敬語になります。

ニュアンスの違いなど、詳しくは『「依頼」の英語|メールでも使える!3つの言い方を習得』でも説明していますが、ビジネスメールなどでも使える敬語表現になります。

下記がその例文です。

  • 少々お待ちください(待っていただけますか?):「Coud you wait for a monment?」など
  • ファイルを送ってください(送っていただけますか?):「Would you send the file for me?」など
  • 教えてください(教えていただけますか?):「I would appreciate if you could teach me.」など ※「もし~をして頂ければ感謝致します」ということで相手に丁寧にお願いをしています。
  • 確認してください(確認をお願いできますか?):「Please kindly confirm.」など ※「kindly」を付けることで丁寧になります。

など。

先ほど「Please」を使うと失礼になる場合があると説明しましたが、相手がすることを前提に話しているのであれば問題ありません。しかし、その時でも「Please kindly ~.」という英文にすることで丁寧にお願いする敬語になります。

また、次のような「可能でしたら」という言葉を添えるのであれば「Please」の英文でも構いませんが、「Would」や「Could」の疑問文に比べると少しカジュアルではあります。

「Please send me an e-mail if you can(または、if possible.)」など。

受動態(受け身)

「Would」や「Could」の疑問文と同じように、何かをお願いする時(命令する時など)、肯定文で丁寧に表現することができます。

それが、「受動態(受け身)」です。受け身の作り方は、『英語の「受動態(受け身)」を簡単にマスターする5つの基本』の記事をご参考下さい。

「You must ~.」や「You need to ~.」はとても強い言い方になります。少し和らげることができる表現です。

  • This is expected to be finished by 5pm.(これを5時までに終わらせてもらえますか?) ※「You need to finish this by 5pm.」よりとても丁寧です。
  • Was it finished?(もう終わりましたか?) ※上から目線の「Did you finish it?」よりとても和らげた言い方となります。

3.「~さん(様)」という言い方の英語の敬語(敬称)

男性には「Mr.」、女性には「Ms.」などは英語の敬語として絶対に外せないもの、それが「敬称」です。

また、何かをお願いする時、質問する時など「Sir」や「Ma’am」などの表現も必須です。

しかし、多くの日本人が勘違いしている理由の一つが、外国人同士で親しくなった場合(または最初から)、「~さん」など付けないことも多く、それが日本文化にはないフレンドリーな雰囲気になり、それだけを見ているので「英語には敬語がない」という勘違いです。

この機会に『英語の敬称一覧|メールでも使い分ける!21個の性別・職業別の言い方』を確認してしっかりと敬称も覚えておきましょう!

英語に敬語は存在しますし、使えないと品の無い英語になってしまいます。カジュアルな表現にどうしても目が行きがちですが、このような英語もシッカリと覚えることができて初めて英語習得となります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta