著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「病気」の英語|3つの違いや発音・病気や症状の種類一覧や関連英語

のべ377がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「病気」を英語で言えますか?

病気は英語で「illness(ill)」、「sickness(sick)」や「disease」の3つの英語が代表的ですが、その違いを知っている人は多くありません。

先ずはこれらの表現の違いを押さえることからスタートします。

また、病気の患者に「お大事に」など声掛けすることもありますね。英会話に必要なフレーズや関連英単語も習得すると英語の幅が広がります。

よってここでは、病気の基本英語だけではなく、病名や症状、患者の英語など様々なな英語表現にも触れておきましょう!

目次:

1.名詞の「病気」の英語の発音と違い・使い分け
・英語の「illness」で英語を表現
・英語の「sickness」で英語を表現
・英語の「disease」で英語を表現
2.病院で役立つ病気に関連した英語表現サイト
3.その他の「病気」に関連した英語フレーズや単語一覧

1.名詞の「病気」の英語の発音と違い・使い分け

冒頭でお伝えした「illness」「sickness」「disease」の3つをそれぞれ見てみましょう。

英語の「illness」で英語を表現

「illness」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
イルネス
ílnəs

形容詞は「ill(イル)」です。

「ill(illness)」は、病気という意味ですが、多少重い病気のイメージです。

また、精神的な病気の時にも使わえる表現です。「精神疾患(精神病)」の時は「mental illness」などの表現になります。

「病気です(病気になる)」という時に「I am ill/I become ill.」などとすると病気だけど少し重病のような感じなります。

英語の「sickness」で英語を表現

「sickness」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
シックネス
síknəs

形容詞は「sick(シック)」です。

病気と言うとこの表現を聞いた方が多いかと思いますが、単純に「病気」というイメージです。

気分が悪い、吐き気がする、熱っぽいなど「illness(ill)」と比べると軽い病気の感覚です。

sick leaave(病欠)などの時に使う表現です。

「I’m sick.」というと「気分が悪い・体調が悪い」と軽く使える表現になります。

英語の「disease」で英語を表現

「disease」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ディジーズ
dɪzíːz

「disease」は「~病」と特定の病名の時に使われる表現です。

「heart disease(心臓病)」や「kidney disease(腎臓病)」などの名称で使われます。

病名については、『病気・病名の英語一覧|患者や医者にも役立つ100種類以上の表現』の記事も参考にしてみて下さい。

2.病院で役立つ病気に関連した英語表現サイト

病気になったら病院で症状のやり取りや医者の診察や診断、治療や薬の処方がありますよね。

それぞれで使われる重要なフレーズなどがあります。

マイスキ英語でもそれぞれの時に使われる表現を紹介しています。それぞれの参考サイトを確認してみて下さい。

3.その他の「病気」に関連した英語フレーズや単語一覧

相手や患者に声掛けする簡単な英語フレーズや「急性」などの関連の英単語も押さえておきましょう!

※下記で「病名・病気」としているところは単純に「illness」や「disease」などとしても問題ありません。

  • ~の病気です:I have + 病名 ※「I am diagnosed with + 病名.(~と診断されています)」がフォーマルな言い方です。
  • 健康(です):I’m in a good condition. ※カジュアルに「I’m OK.」や「I’m healthy.」などでもOKです。
  • どうしたの?(調子はどうですか?):What happended?(How have you been?):お医者さんが、「今日はどうされましたか?」と診察室で聞くフレーズは「How can I help you?」や「What seems to be the problem?」など様々な言い方があります。
  • 大したことありません:It’s not a big deal(problem). ※「There is nothing to worry about.」などでも表現できます。
  • お大事に:Take care! ※他にも表現があります。『「お大事に」の英語|風邪や病気の相手を励ます7つの表現』も参考にしてみて下さい。
  • 大変でしたね:You have gone through a lot. ※「You made it.(よくやりましたね・頑張りましたね」などの表現もあります。
  • 病気が治りました:I’m cured. ※「I’m cured of + 病名.」でも表現できます。またカジュアルに「I’m OK now.」などでもOKです。
  • 深刻な病気(重い病気):serious illness ※「serious disease」などでもOKです。「彼は重い病気です」という場合は「He is seriously ill.」などとなります。
  • 病気(風邪など)がうつる/感染する:be動詞 + infected with + 病気 ※単純に「風邪がうつった」という場合は「I caught a cold.」という表現を使います。「infection」は「感染」です。
  • 病気をうつす:infect ※「spread(広げる)」という動詞を使うこともできます。
  • 病気の疑い(がある):be動詞 + susupected of + 病名 ※カジュアルに言うと「主語 may have 病名.(~の病気かもしれない)」と表現できます。
  • 病気から回復する:recover from + 病名 ※カジュアルな「get better」や上記の病気が治りましという表現も使えます。
  • 病状(病気・容態)が落ち着く:主語 + get betterなどの表現でOKです。
  • 病気が発症する:get(be infected of)+ 病名などで表現します。
  • ~で苦しんでいる:suffer from + 病名
  • 病気が再発する:relapse(リラプス) ※「his illness(cancerなど)relapsed.」などで表現します。
  • 病気が進行する(悪化する):病名 + worsen ※「her illness gets worse.」などでもOKです。
  • お見舞いに行く:visit + 人名(代名詞) + in hospital. ※「visit」が「see」でも同様です。
  • 先天性:congenital(コンジェニタル) ※「先天性の病気」は「congenital disease」です。
  • 後天性:acquired
  • 慢性:chronic
  • 急性:acute
  • 治療:cure/treatment ※前章で紹介したサイトもご参考下さい。
  • 注射:injection ※口語では「shot」をよく使います。
  • 点滴:IV/IV drip ※「intravenous drip」の略です。
  • :medicine/drug ※『「薬」の英語|海外で通じる薬の種類や英語の違いをマスター!』もご参考下さい。
  • 原因不明(の):unknown/uncertain/unexplainedなど
  • ケガ:injury
  • 病欠:sick leave

まとめ:病気の種類などはその都度徐々に覚えていこう!

一気に病名などを覚えるのは不可能です。

自分がその病気になった時、または医者が患者に伝える時、その際に1つづつ覚えるようにしましょう!

また、病気や具合話が悪い相手に声掛けする英語フレーズも習得しておくと英会話がスムーズになります。

最後ですが、重病でもないのに「ill(illness)」を使ったりと相手に誤解を与えないように、使い分けには気を付けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta