著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

病院での「診断」の英語|発音・略や医者と患者で使える4つの表現

のべ16,831がこの記事を参考にしています!

病院で使う「診断書」や「診断結果」などは英語の表現を知っていますか?

病院関連の英語としては欠かせない表現ですが、なかなか日常的に使わないので一度覚えても忘れる方が多いようです。

また、診断後の「病気の病名」など英語で表現したり、聞いたりする時に覚えておくと英語の幅が広がります。

それと、診断をした結果などを書く「カルテ」は英語で何て言うのでしょうか?「カルテ」はドイツ語なので英語の表現を覚える必要があります。

よってここでは、名詞の「診断」、動詞の「診断する・診断を受ける」という基本の英語だけではなく、病院で困らない症状や病名(診断名)の英語などもご紹介します。困った時には是非本サイトをご活用ください。

診察・診断・診療・治療の違いと症状の例文

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

病院でお医者さんに診てもらう時に日本語には、診察、診断、診療、治療と4つの言葉がありますが、その違いは何なのでしょうか?

診断と診察は使い分けをよく間違える表現でもあります。

それぞれ使う英語が異なってくるので、下記の違いと使い方をしっかりと押さえておきましょう!

  • 診察:医師(医者)が患者の病状などを聞く時に使う言葉が「診察」です。「診察室」、「診察券」というのがあります。診察の英語については、『病院での「診察」の英語|発音や会話に役立つ例文の4サイトと参考書』を参考にしてみて下さい。
  • 診断:医師(医者)が病状やその原因、病名を判断(確定)すること。「診断結果」などがあります。
  • 治療:医師(医者)が患者の病気やけがを治す時に使うのが「治療」です。「がん治療」などの言葉があります。
  • 診療:診察・診断・治療を合わせ、総称して「診療」と言います。「診療所」などもあるのでイメージしやすいですね。

上記の違いを分かった上で、「診断」の英語と発音や使い方、関連英語表現などを確認しましょう!

また、診断の前の「診察」の時に、症状を伝えることがありますね。その時にも正しい英語フレーズで伝えることが必要になります。

その場合の例文については、『病気の症状の英語一覧|患者も医者も押さえよう!50以上の症状表現』の記事を参考にしてみて下さい。

名詞の「診断」の英語|発音・複数形・略

名詞の「診断」は英語で「diagnosis」です。

「diagnosis」の読み方、発音、発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ダイアグノーシス

 

dὰɪəgnóʊsɪs

「診断名」も「diagnosis」で表現できます。

診断の英語|「diagnosis」の複数形

複数形は、普通の名詞と違うスペルに変形して、「diagnoses(ダイアグノーシーズ)」となります。発音にも注意しましょう。

また、「diagnosis」の形容詞(診断の)は「diagnostic(ダイアグナアスティック)」となります。

診断方法(diagnostic method)や診断手順(diagnostic procedure)などの場合に使います。

「diagnosis」の略語

また、「diagnosis」は医学専門の略語として「Dx」として表現されることがあります。

「Final Dx(最終診断)」などとして、略してカルテに書かれる場合もあります。

動詞の「診断する・受ける」英語|医者と患者の場合

医師が診断する、患者が診断を受ける(~と診断される)場合はどのような英語を使うのでしょうか?

それぞれの場合で見てみましょう。

医者が使う「(~と)診断する」の英語

診断するは「diagnose」(ダイアグノース)の単語を使います。

「患者を~と診断した」と表現したい場合は、「I diagnosed the patient with ~(診断名).」と前置詞の「with」を使うのが一般的です。

また、診断するは他にも「make a diagnosis」と名詞の診断を使うこともできます。

誤診、診断を誤るという場合には「make a wrong diagnosis」と表現します。

患者が使う「(~と)診断される・受ける」の英語

医者が使う「診断する」の英語を受け身(受動態)にするだけで、「診断される・受ける」という表現ができます。

「~と診断された」と表現したい場合は、「I was diagnosed with ~(診断名).」となります。

また、「recieve(受ける)」という単語を使って、「recieve a diagnosis of~(診断名)」という表現もできます。

「診断」など医療英語が学べるオンライン英会話スクール

医療英会話をオンラインで時間のある時に気軽に勉強したい!と思ってもなかなか見つからないのではないでしょうか?

あったとしても、医療専門の先生が少なくて授業が出来ないケースは少なくありません。

その中でも比較的先生が揃っているオンライン教室をご紹介します。

しかし、ご自身に合うものなのかなど無料レッスンで一度試すことをおすすめしています。

医療英語専門のオンラインスクール「HLCA」

school_hlca

セブ島にある医療英語専門の語学学校「HLCA(ハルカ)」が運営する、医療英語に特化したオンライン英会話スクールです。

講師は、医療系の学位を取得した医療英語に精通している講師陣のみ。生徒一人につき3名程度の担当講師が付き、看護師や医療従事者向けに約20種類の医療職種に対応したカリキュラムを提供しています。

また、医療従事者の職種によって使われる英語も異なってくるのですが、その点に関しても、HLCAでは20のカリキュラムの中から個別にオーダーメイドされていて、各職種に最適化された英語が学べるようになっています。

医師 / 歯科医師 / 看護師 / 保健師 / 助産師 / 薬剤師 / 理学療法士 / 作業療法士 /言語聴覚士 / 柔道整復師 / 鍼灸師 / 救急救命士 / 臨床心理士 / 介護士 / 歯科衛生士 /医療通訳士 / CRA / MR / 栄養士 / 医療事務

HLCA受講生の職種内訳(割合)

HLCAオンラインスクール受講生の職種は、看護師が47%と多くて、次いで医師が22.6%となっています。

職種割合
看護師47.6%
医師22.6%
薬剤師8.8%
助産師5.9%
PT・OT・ST5.0%
その他10.1%

※PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)

また、受講生の一人ひとりには、担任の講師がついてくれます。マンツーマンでしっかりサポートしてくれたり、受講生のコミュニティも充実していて、卒業後のサポート卒業後もプロのキャリアカウンセラーが就職・転職などのサポートをしてくれます。

気になる方は、プロのカウンセラーから一度、無料カウンセリングが受けてみてはいかがでしょうか。

HLCA公式サイトはこちら

DMM英会話(メディカル英語)

school_DMMeikaiwa

オンライン英会話教室の大手「DMM英会話」でも医療英語が学べます。

ただし、DMM英会話では、医療英語に特化した専門コース自体はありませんので、医療英語を学べる教材と講師を選ぶことで、医療英語が学べます。

  • 医療現場で使用する単語や英会話を学べる「健康とライフスタイル」
  • 医療・健康に関する内容が組み込まれている「デイリーニュース」

しかし、メディカル専門として配属されている先生ではないので、一般の客とかぶって予約が取れないケースもあります。その点などはご自身で確認してみて下さい。

DMM英会話

職業別レッスンプログラムが学べる「Mytutor」

school_Mytutor

「Mytutor」はIELTS・TOEFL・TOEIC・英検®など英語検定試験を教えられるプロフェッショナルの集団の講師陣が教えてくれるスクールです。

採用基準は、「履歴書審査」「4技能試験」「面接」ともに厳しく審査しております。特に、履歴では、政府公認英語教師資格者を多く採用します。

そして、Mytutorでは、英語資格以外にも「職業別レッスンプログラム」があり、その1つに医療英会話があります。

  • Medicine 1&2 [医師、医療、医薬品](12ユニット 48レッスン/25分)
  • Nursing 1 [看護師](15ユニット 50 レッスン/25分)

先ずは無料トライアルで試すこともいいでしょう。

職業別オンライン英会話

医師・看護師など医療現場の英語が学べる「EFイングリッシュライブ」

school_englishlive.ef

EFイングリッシュライブでは、レッスン単価も安いのに講師も英語母語かつ他スクールよりもより厳しい条件をクリアしたプロのネイティブが指導してくれて、さらに教材やカリキュラムもレベル別目的別で世界最高峰のメンバーで開発されたものになっています。

コースには、活動分野別の専門英語コースがあり、製薬・医療業界の専門英語コースでは、医師、看護師、救急隊員など医療現場で多く使われる医療用語が学べます。

しかも、日本人だけのグループレッスンではありません。世界中の生徒が一緒に参加するため、海外にでも語学留学したかのように授業に参加できます。

気になる方は、7日間無料で体験できるので世界最高峰のレッスンと教材に触れてみましょう。

EFイングリッシュライブのサイトを見る

医師が診断する時の病名(診断名)の英語

中耳炎や普通の風邪と診断する(診断された)など病名は欠かせません。

通常の風邪から特殊なものまでありますが、一般的によく使われる病気の名前は押さえておくと、病院の診断の時だけではなく、持病・病気(病名)を友達に説明したりと色々な場面で役立ちます。

英語で病名を説明する!

患者でも医師でも是非、『病気・病名の英語一覧|患者や医者にも役立つ100種類以上の表現』の記事を参考にしてみて下さい。

診断に関連した英語表現

そこまで多くはないのですが、下記の関連英語も押さえておくと会話に役立ちます。

  • 診断書:medical certificate ※「紹介状」は「letter of reference」と言います。
  • 診断名:diagnosis
  • 診断結果:result of checkup(medical examinationなど) ※「checkup(診察)」の結果(result)と表現しています。「diagnostic result」などでも同様です。
  • 健康診断:medical checkup ※「medical examination」でも同様です。「人間ドック」は「comprehensive medical checkup」で表現できます。「comprehensive(コンプリヘンシヴ)」は「包括的な、総合的な」という英語です。
  • カルテ:medical record ※「clinical record」、「patient chart」など
  • 診断テスト:diagnositc test

まとめ:診断の英語表現は会話でも使える!

診断の英語や持病などある場合はしっかりとその英語を知っておくと会話の幅が広がります。

また、診察との英語(上述で紹介)の違いも押さえておきましょう。

病院関連の英語だからそんなに使わないから関係ないというのではなく、相手が話してきた時も対応できる英語力を身に付けておきましょう。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント