著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の勉強|1ヶ月という短期間で集中的にやるべき勉強法

のべ196がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1ヶ月で英語はどれくらい上達するのでしょうか?

また、その勉強法は?

  • 海外旅行に行くけど1ヶ月ぐらい前から英語を勉強して準備しておきたい
  • 留学前の1ヶ月間である程度英語に慣れておきたい
  • とにか1ヶ月間は本気で集中することで英語力を身に付けたい

などなど、色んな目的があるでしょう。

海外出張前のビジネス英語、赤ちゃん・子供の1ヶ月間の英語の勉強のタイムスケジュールなどもありますね。

よってここでは、「1ヶ月」という短期間の単位で英語の勉強を見た時に、何が最適な方法なのかなどを見ていきたいと思います。

目次:

1.ビジネス英語に慣れる!1ヶ月前からやるべき英語の勉強とは?
・ビジネス英語での挨拶・自己紹介
・プレゼンでの英語
2.海外旅行前の1ヶ月間で集中すべき英語の勉強法
・「イメージ」で基本を押さえる!
・「言い換え」で柔軟力を鍛える!
3.英語の勉強で1ヶ月目に集中してやるべきこと
4.赤ちゃん・子供向けの英語の勉強で1ヶ月間のタイムスケジュール

1.ビジネス英語に慣れる!1ヶ月前からやるべき英語の勉強とは?

先ずは、仕事でどうしても英語を使わざるを得ない方の英語の勉強法をご紹介します。

海外出張前、または来日する外国人の対応、または英語でのプレゼンなど、1ヶ月前から何をすればいいのでしょうか?

一番大切なことは、ビジネス英語の基本を押さえておくことです。

日常英会話とは違うフォーマルな英語になります。もちろん、1ヶ月間という短期間で全てのビジネス英語をマスターすることは不可能です。

だからこそ、1ヶ月間では最低限の、恥をかかないビジネス英語に慣れておく必要があります。

会社を代表しての海外出張、新商品を紹介する大事な会議でのプレゼンなど、様々なシチュエーションがあるでしょう。

その中で一番押さえておく必要があるのが、「ビジネス英語での挨拶・自己紹介」です。基本中の基本です。

ビジネス英語での挨拶・自己紹介

「What’s up?」、「How’s it going?」という日常英会話での挨拶のフレーズは知っているけど、ビジネス英語を知らないという方は必ずフォーマルな言い方を押さえておいて下さい。

よろしくお願いします、お久しぶりですなどのビジネス英語に触れること、また、親近感が出てきた場合はあまり堅苦しいと相手も距離を置くので、その際はカジュアルな言い方も必要なので、両方使いこなせるのがベストです。

初めて相手と会うときは自己紹介も必要になるでしょう。

英語での挨拶|英会話やビジネスでも使える厳選10パターン』にて正しい英語に触れておくことで、1ヶ月後に恥をかかなくなります。

プレゼンでの英語

プレゼン(プレゼンテーション)で注意する点はありますでしょうか、という質問は多くあります。

日本の起承転結という話の流れでは、外国人は飽きてきます。

「早く結論を言ってくれ」という感じです。

1ヶ月前にやるべきことは、プレゼン資料の見直しと進行を想定した英語に触れておくことです。

あまり緊張せずに、じっくりと『英語でプレゼンテーション|3つのパートで使える例文集一覧』の記事などを参考にして準備を進めましょう!

2.海外旅行前の1ヶ月間で集中すべき英語の勉強法

長期のお休みが取れた時など、海外旅行に行く方も多いのではないでしょうか?

そのような方が「英語が必要」と感じて、1ヶ月前ぐらいから、「よく使う英語のフレーズ集」とかの本を買う光景をよく目にします。

基本を押さえるには必要なのですが、さてこれはどれくらい役立つのでしょうか?

でもこんな経験はございませんか?

  • フレーズを覚えたけど忘れて頭が真っ白になった
  • 想定していた質問と違うのを聞かれて慌てた

などなど。

せっかく買ったフレーズ集のほとんどを使うことなく旅行が終わり、自分の英語力の無さに失望した・・・

よく使うフレーズ集を覚えるのは正しい方法なのですが、何が悪いのでしょうか?

それは、「丸暗記」というので終わっていることです。

旅行の1ヶ月前に英語力がネイティブ並みになり、ペラペラ話せるようになることは難しいです。

だからこそ、正しい英語の勉強で、困らない程度に英語力を伸ばしておく必要があります。これも基本です。

そのトレーニング方法は、「イメージ」と「言い換え」です。

「イメージ」で基本を押さえる!

あなたが、海外旅行に行くことをイメージして下さい。

先ずは国内から飛行機で行く方が多いですね。で、あれば先ずは飛行機で使う英語。

その次に旅先に付いたらイミグレーションや通関、そしてホテル、レストラン、タクシー、道案内などなど、あなたが旅をしていることをイメージします。

妄想で構いません。

その都度使う英語を想定して下さい。色んな場面が想定されますね。

いきなり色々なパターンをイメージすることは難しいかと思うので、これも基本が大切です。旅行の1ヶ月前であれば時間も十分にあるので、最初は覚える感覚で英語フレーズに触れておいてください。

旅行でよく使う英会話|10ある場面別の例文とフレーズ一覧』の記事は、ビジネスマンも海外のレストランでの接待、ホテルのチェックインなど押さえておく最低限の英語に触れておくこともおススメしています。

これは留学前の方でも同様ですね。

「言い換え」で柔軟力を鍛える!

いくら基本の英語フレーズを覚えたと言っても100%同じ場面に出くわすとは限りません。

また、覚えた表現がなかなか出てこないということもものすごく多いです。

その時に「頭の中が真っ白になる」という現象を避けたいですね。

そのために最適な英語の勉強法が、「言い換えトレーニング」です。単語が出てこないという時には最適な方法です。

例えば、旅先の野球場に行きたいという時に現地の人に質問するとします。

「ballpark(野球場)」という言葉が出てこないとしましょう。

その時に、「a place where they play baseball」という言い換えができれば必ず通じます。そのようなトレーニングを旅行前の1ヶ月間癖付けしておくことで安心して旅行に行くことができます。

言い換えが不得意という方は、是非『英語の「言い換え」は会話力の上達に必要不可欠!コツと3つの練習方法』の記事を参考にして1ヶ月間みっちり練習しておきましょう!

これもビジネスの時にも役立つ勉強方法ですので、トライしてみましょう!

3.英語の勉強で1ヶ月目に集中してやるべきこと

1ヶ月後に英語を使う必要性はないけど、英語の勉強をしたい、でも何から始めていいのか分からないという方も少ない無いでしょう。

そのような方は、先ず計画を立てる必要があります。

何となく勉強をするというのは、1ヶ月も持たずに挫折する可能性が高いです。だからこそどのような流れと勉強がいいかを先ず確認します。

これはマイスキ英語でも何度でも繰り返して言っていることですが、最初の1ヶ月目は必ず「リスニング力」の強化です。意味を理解するリスニングではなく、英語の音を掴むということに集中します。

1ヶ月目はこれで大丈夫です。

1ヶ月目、またそれ以降の勉強の仕方については、『英語の勉強|独学の学習計画を立て短期間で上達する6つの勉強法』を参考にして下さい。

4.赤ちゃん・子供向けの英語の勉強で1ヶ月間のタイムスケジュール

お子さんがいる方は、英語の英才教育を受けさせたいと、英会話教室に通わせるというパターンが多いです。

しかし、それは1ヶ月間に数回の英語教室なので、それ以外の自宅での英語の勉強がキーとなります。

勉強というか、ネイティブの子供でも同様で、言語(ここでは英語)に楽しく触れることを優先します。

また、親御さんと一緒に英語を楽しむことでドンドン上手くなります。

しかし、それぞれの段階でのやり方が多少異なるので、下記の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ:短期間で出来ることは限られるが英語力を伸ばす方法はある!

ここでご紹介した方法などは、必ずあたなの英語力を伸ばしてくれます。

1ヶ月間勉強したから飛躍的ということは難しいですが、確実に英語は上達します。特に外国人と話す機会がある方は、自分自身の成長にビックリするでしょう。

この機会に正しい方法で少しでも英語力を伸ばすという習慣付けをすることで、楽しみながら英語をドンドン吸収していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta