著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「病院」の英語|2つある表現と病気の症状や診療科の英語

のべ15,019がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「病院」で使う英語を知りたいですか?

万が一のことを考えて、知っておきたい病院に関する英語ですが、内科、外科など科の名前や、病気の症状など意外と学校では習わないものも多いですよね。

普段の日常会話であれば、身ぶり手ぶりでなんとなく意味が伝わればよいということが多いですが、病気になってしまった時はそういうわけにはいきません。

特に旅行先ではトラブルがつきものです。環境の変化や食べ物の変化で、ちょっと体調を崩してしまうということはよくあります。そんな時に最低限押さえておきたい、病院に関する英語と海外(主にアメリカ)の病院についてご紹介します。

目次:
1.「病院」の英語
1-1.英語の「hospital」での病院とは?
1-2.英語の「clinic」での病院とは?
2.海外の「病院」に行く前に知っておくことと関連英語
2-1.病院の「予約(appointment)」
2-2.病院での「診察当日」
3.病院で使える「痛み」や「症状」の英語
3-1.「痛み」を英語で表現
3-2.「症状」を英語で表現
4.病院で使う「治療」や「薬」などの英語
5.病院の「診療科」の英語
5-1.「内科」
5-2.「外科」
5-3.「歯科」
5-4.その他の「診療科」

1.「病院」の英語

英語で病院を意味する英単語は「hospital」と「clinic」の2つあります。

日本語に訳してしまうと、どちらも病院ですが英語では少し意味が違います。

1-1.英語の「hospital」での病院とは?

「hospital」は、診療する科を複数持っている、比較的大きな病院を意味します。

市民病院、大学病院など主要な診療科が揃っていて、設備もしっかりして詳しい検査ができるのが「hospital」です。

1-2.英語の「clinic」での病院とは?

「clinic」は、一般的に診療所や専門分野が絞られていてそれほど大きくない個人経営の病院のことを指します。

医師の数も1人~多くても数人の規模が一般的です。

風邪、腹痛など軽い症状の場合は、「clinic」で診てもらい、精密検査が必要な場合、深刻な症状の場合は大学病院を紹介してもらいます。

2.海外の「病院」に行く前に知っておくことと関連英語

ここでは、海外、特にアメリカの病院へかかる前に事前情報として知っておいた方がいい事項をご紹介ます。

2-1.病院の「予約(appointment)」

アメリカで病院に行く場合はドクターの予約(appointment)が必要です。

基本的には予約制で、時間ごとに受信する患者さんが決まっているので予約せずに直接行っても見てもらえない可能性が高いです。

緊急の場合は、基本的には救急車を使いますが救急車は日本とは違い有料です。それも、かなり高額です。様々な条件によって代金は異なるので一概には言えませんが、5~6万円かかるケースもよくあります。もちろん、治療費は別ですので、そのことを考慮に入れておく必要があります。それでも、緊急の場合は、命の方が大切ですから救急車に乗ることをオススメします。

救急車に乗らずに、緊急で大病院にいった場合は、救急車の患者さんが優先される場合が多く、数時間放置されるということもざらにあります。救急車に乗るほどではないが、緊急の場合は一度病院に電話して確認してから行くことをオススメします。

予約の方法は、『「予約」の英語|レストランやホテルなどで使えるフレーズ集』でご紹介していますので、確認してみてください。

2-2.病院での「診察当日」

予約当日は必ず早めに病院に行きましょう。

当日はじめての予約の場合は、病歴など書類を記入しますのでその時間を見て15分前くらいには到着したほうがよいでしょう。

また、時間を過ぎて到着してしまった場合、キャンセルをされて別の人の診察が入れられている可能性があります。早めに出たが、当日ハプニングが起こって、どうしても遅れてしまう場合は先に電話連絡しましょう。

最低限持って行くものは下記です。

  • パスポートなど身分証明書
  • 保険証
  • 持病の説明や、飲んでいる薬を英語で書いたもの

英語が得意じゃ無い方、または病気についての専門用語に自信が無い方は、病院へ行く場合は電子辞書を必ず持って行きましょう。

また、お医者さんに聞かれるのは、病歴や、現在の症状です。何が原因で、いつからその症状があるのか、どれくらいの痛み、症状なのかを受診前に英語で紙に書いて持って行くと安心です。

受診の後、検査の必要があれば必要に応じて検査を受けます。結果は、後日電話で伝えられるのが一般的です。日本のように、検査の結果を聞くために病院へ再度行き、何時間も待たされるということはありません。

薬は処方箋(prescription)をもらい、薬を処方してくれる薬局やドラッグストアーに行き処方してもらいます。

アメリカの医療費はケタ違い!

アメリカの医療費はとても高いです。地域や病院によってかなり差がありますが、2泊3日で盲腸の手術を受けると200万円くらいします。これが基本的な金額ですが、その他にも様々な検査を受けるとさらに高額になります。

普段健康な人も、環境や食事が変わると体調を崩してしまうことがあるので、海外に行く時は医療費を確認して、保険に加入しておきましょう。

3.病院で使える「痛み」や「症状」の英語

症状を伝える英語をご紹介します。まずは一番多い「痛み」について。そして、痛み以外の起こりうる基本的な症状をご紹介します。

3-1.「痛み」を英語で表現

英語で痛みを表わす英単語は3つあり、「pain」、「ache」、「sore」です。

3つの単語は同じ痛みを意味しますが、微妙にニュアンスが違います。また、それぞれの痛みはさらに細かく表現することができます。

3-1-1.「pain」

「pain(ペイン)」はどちらかというと急性の痛み、鋭い痛み、耐えられない痛みのことを指します。

  • 鈍痛:dull pain
  • 激痛:severe pain
  • 急性とう痛、激痛:acute pain
  • 圧痛:pressing pain
  • 鋭い痛み、刺すような痛み、激痛:sharp pain
  • ずきずきするような痛み:throbbing pain

例文は下記となります。

  • 英語:I have a sharp pain in my back.
  • 和訳:背中に鋭い痛みを感じます。

3-1-2.「ache」

「ache(エイク)」は鈍痛、不快を感じる程度の痛みを表わします。

一瞬の痛みではなく、比較的長く続く痛みが「ache」です。ただ、「ache」の場合、stomachache(腹痛)など部分の痛みを表わす単語になると、鈍痛だけではなく様々な種類の痛みを表わす言葉になります。

  • 腹痛:stomachache ※胃の痛みだけでなくお腹の痛み全般に使えます。
  • 頭痛:headache
  • 背中の痛み:backache
  • 歯の痛み:toothache

下記が例文です。

  • 英語:I have a ache in my arm.
  • 和訳:腕に鈍い痛みを感じます。

3-1-3.「sore」

「sore(ソアー)」は喉の痛みなど、炎症を伴う痛みや、筋肉痛などのヒリヒリしたりずきずきする痛みのことを表わします。

  • 筋肉痛:sore
  • のどの痛み:sore throat
  • 肩の筋肉痛:sore shoulder

次が例文です。

  • 英語:I have a sore throat.
  • 和訳:喉が痛いです。

3-2.「症状」を英語で表現

症状は英語で「symptom(シンプトム)」です。

ここでは痛み以外の基本の症状の英語をご紹介します。

  • 発熱:fever
  • かぜ:cold
  • インフルエンザ:influenza, flu
  • 咳:cough
  • 鼻水:runny nose
  • 発汗:sweat
  • 傷:wound, injury
  • 便秘:constipation
  • 下痢:diarrhea
  • しゃっくり:hiccup
  • かゆみ:itch
  • 吐き気:nausea
  • 貧血:anemia
  • めまい:dizziness
  • 耳鳴り:ringing in the ear
  • むくみ:puffiness
  • 食中毒:food poisoning
  • 偏頭痛:migraine
  • 血便:bloody stool
  • 鼻血:nasal bleeding
  • 食欲不振:poor apatite
  • 冷え:feeling cold
  • 動悸:palpitation
  • 高血圧:high blood pressure
  • 低血圧:hypotension
  • 喘息:asthma
  • 息切れ:shortness of breath
  • 蕁麻疹:nettle rash
  • 不眠:insomnia
  • 不整脈:irregular pulse
  • 切り傷:cut
  • 引っかき傷:scratch
  • やけど:a scald
  • ねんざ:sprain
  • 刺し傷:puncture
  • 骨折:fracture
  • たんこぶ:bump
  • 脱臼:dislocation
  • 打撲:bruise
  • 突き指:sprained finger

基本の症状の英単語がわかれば、緊急の場合単語だけで伝えても大よそは伝わりますが、より細かく正確に症状を伝えるためのフレーズを確認しましょう。

下記がその例です。

  • 具合が悪いです。/I feel sick.
  • 熱があります。/I have a fever.
  • 咳がでます。/I have a cough.
  • 咳がとまりません。/I keep coughing.
  • めまいがします。/I feel dizzy.
  • 寒気がします。/I feel chilly.
  • 下痢をしています。/I have diarrhea.
  • 吐き気がしています。/I feel like vomiting.
  • 偏頭痛がします。/I have a migraine.
  • 耳鳴りがします。/My ears are ringing.
  • アレルギーがあります。/I have allergies. ※発音はアレルギーではなくアレジーです。
  • 壁に足をぶつけてしまいました。/I hit my leg on the wall.

4.病院で使う「治療」や「薬」などの英語

ここでは、症状以外の「治療」や「薬」関連の知っておくと役立つ英語表現をご紹介します。

  • 医者:doctor
  • 看護師:nurse
  • 患者:patient
  • 検査:examination
  • 診断:diagnosis
  • 治療:treatment
  • 入院:hospitalization
  • 手術:operation
  • リハビリ:rehabilitation
  • 注射:injection
  • 消毒:sterilization
  • 血圧:blood pressure
  • 脈拍数:pulsation
  • 副作用:side effect
  • 病歴:clinical history
  • 体温計:thermometer
  • 薬(飲み薬):medicine
  • 座薬:suppository
  • 抗生剤:antibiotics
  • 鎮痛剤:pain killer
  • 解熱剤:antipyretic
  • 軟膏:ointment
  • 薬局:pharmacy

薬の英語については、『「薬」の英語|海外で通じる薬の種類や英語の違いをマスター!』の記事で詳しく説明しています。

5.病院の「診療科」の英語

診療科は英語で、「Specialty」と言いますが、内科や外科などに分類されます。

5-1.「内科」

内科は英語で「internal medicine」です。

  • 胃腸科:gastrointestinal department
  • 消化器科:department of digestive organs
  • 腎臓内科:nephrology
  • 人工透析科:artificial dialysis
  • 呼吸器科:respiratory department
  • 循環器科:cardiovascular department, cardiology
  • 心療内科:psychosomatic internal medicine
  • 皮膚科:dermatology
  • 泌尿器科:urology

5-2.「外科」

外科は英語で「surgery」です。手術という意味もあります。

  • 整形外科:orthopedic surgery, orthopedics
  • 脳外科:cerebral surgery
  • 神経外科:neurosurgery
  • 脳神経外科:cranial nerve surgery
  • 呼吸器外科:thoracic surgery
  • 心臓外科:heart surgery
  • 心臓血管外科:cardiovascular surgery
  • 形成外科:plastic and reconstructive surgery
  • 美容外科:aesthetic plastic surgery
  • 肛門科: colorectal surgery
  • 小児外科:pediatric surgery

5-3.「歯科」

歯科は英語で「dentistry」です。

  • 矯正歯科:orthodontic dentistry
  • 口腔外科:dental surgery
  • 小児歯科:pediatric dentistry

5-4.その他の「診療科」

その他にも症状に応じた「診療科」があります。

  • 眼科:ophthalmology, eye clinic
  • 耳鼻咽喉科:otorhinolaryngology(ORL)
  • 産科:gynecology
  • 婦人科:obstetrics
  • 小児科:pediatrics
  • 精神神経科:neuropsychiatry
  • 神経科:neurology
  • 精神科:psychiatry
  • アレルギー科:allergy
  • リウマチ科:rheumatology
  • リハビリテーション科:rehabilitation
  • ペインクリニック:pain clinic
  • 放射線科:radiology
  • 麻酔科:anesthesiology
  • 救命救急センター:accidents and emergencies
  • ER(緊急治療室):emergency room

まとめ:「病院」関連の英語は基本を押さえておこう!

病院に関する英語はできることなら使う機会がないほうがよいですよね。でも、万が一のことも考えられるので、その時に慌てないように確認しておいたほうが安心です。

「熱が出た」「お腹が痛い」などの簡単な症状はとっさの時に言えるように、覚えておくと良いでしょう。日本で生活している時も、これは英語で何?などとして学習するのもいいですね。

また、海外に行くことがないという人も、日本でも外国人の方が具合が悪くなる場面に遭遇する可能性もあるので、基本的な症状の表現は覚えておくとよいでしょう。英語での適切なやり取りが、正しい治療につながるので重要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万2884人が体験中の無料勉強法
(2017年11月5日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta