著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

6つの「確認(する)」の英語|使い方やフレーズを習得!

のべ129,743がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語で「確認」「確認する」を英語で言えますか?

「OK(確認しました、いいよ」というのが一番カジュアルですが、それだけでは色んな状況の「確認」の表現をカバーできません。

また、「Isn’t it ~?」や「Aren’t you ~?」という付加疑問文(~ではないのですか?)もカジュアルに使えるものですが、確認の英語やフレーズは色々な場面で欠かせない表現の1つで、様々な表現があります。

  • ちょっと確認したいのですが。
  • 念のため確認して。(確認お願いします)
  • 確認中です。
  • 質問を確認します。
  • 詳細確認(内容確認)
  • 状況確認(進捗状況確認)
  • スケジュール確認
  • 出欠確認

など、日本語でも多く使いますよね。

最後には、どれくらい「確認(する)」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よって今回は、「確認」の英語でよく使う表現を中心に、「自分が確認する場合」や「相手に確認して欲しい場合」など、場面毎に例文と音声と一緒にご紹介します。

目次:

1.使い分ける!「確認(する)」の英語
・英語の「check」で「確認(する)」を表現
・英語の「confirm」で「確認(する)」を表現
・英語の「make sure」で「確認(する)」を表現

2.少しフォーマルな「確認(する)」の英語
・英語の「verify」で「確認(する)」を表現
・英語の「ascertain」で「確認(する)」を表現
・英語の「identify」で「確認(する)」を表現

3.その他の「確認する」の英語も押さえよう!
・英語の「look」を使った「確認する」
・英語の「review」を使った「確認する」
・英語の「validate」を使った「確認する」

4.気軽に自分が「確認(する)」場合の英語フレーズ
・「Just to check」を使って確認(する)
・「Let me check」を使って確認(する)
・「I would like to check」を使って確認(する)
・その他の「確認」のカジュアルな英語フレーズ

5.第三者に「確認」して欲しい場合の英語フレーズ:依頼編
6.ビジネスやメールなどでも使える!「確認(する)」の関連英語と略語
・SNSやメール内で気軽に使える表現
・ビジネスメールの「件名」でよく使われる表現

まとめクイズ:英語の「確認(する)」は基本を押さえるだけ!

1.使い分ける!「確認(する)」の英語

何かを「確認する」場合に、日常会話の中で使う単語とそれ以外と分かれます。

ここでは、友達や家族など身近な人に気軽(カジュアル)に使う「確認(する)」、レストランの予約の確認などにも使える英語を紹介します。

英語の「check」で「確認(する)」を表現

日本語でも多く使われている「check」(チェック)ですが、英語でもそのまま使えます。

「check」のニュアンスは?

「ちょっと確認する(調べる)」など、幅広く使える英語です。日常会話で一番使われる確認の英語です。

目で見て確認する、触って確認する、などの場合も「check」をよく使います。

  • I’m checking my e-mails now.(今、Eメールを確認しています)
  • Check your schedule.(スケジュールを確認してみて)

など。

動詞の「確認する」と名詞の「確認」は同じ「check」です。

「check」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
チェック
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/check.mp3
tʃék

英語の「confirm」で「確認(する)」を表現

ホテルやレストランなどの予約の「確認」でよく使う英語が、「confirm」です。

「confirm」のニュアンスは?

正しいのかどうかを確認する場合に使うのが、「confirm」です。

予約はすでにしており、それが正しく予約されているのかの確認になるので「confirm」を使います。

  • Can I confirm my appointment at 6 tonight?(今晩6時の予約を確認してもいいですか?)
  • I need to confirm my flight schedule.(飛行機のフライトスケジュールを確認しないといけません)
  • I would like to confirm if it’s safety.(それが安全かどうかを確認したいです)

など。

ホテルでもレストランでも予約した後日、その予約を「確認する」場合は、この「confirm」を使いましょう!

よって、空席があるかどうかを今、調べたいという場合の確認には、「check」を使うので、その使い分けに注意して下さい。

「I’d like to check if there are any vacant seats.(空席があるかどうか確認したいです)」など。

名詞の「確認」は、「confirmation(コンファメーション)」という単語です。

「confirm」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コンファーム
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/confirm-2.mp3
kənfˈɚːm

予約の際に使う英語については、【「予約」の英語|レストランやホテルなどで使えるフレーズ集】にて紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

英語の「make sure」で「確認(する)」を表現

「make sure」(確認する)の英熟語は、「check」と同様に、英会話の中でとてもよく使われる表現です。

「make sure」のニュアンスは?

「make sure」には、「念のため確認したいのですが」という意味も含まれ、少しネガティブ、または疑心暗鬼な意味合いが含まれる英語の表現です。「I’d like to make sure that(if) ~」の構文でよく使います。

「I’d like to make sure if we don’t forget anything before leaving.(出発前に何も忘れていないのか確認したいです)」など。

よって、軽くポジティブでもネガティブでもない「確認する」場合は、「check」を使うのがベターです。

「make sure」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
メイク・シュア
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/make-sure.mp3
meɪk ʃˈʊɚ

2.少しフォーマルな「確認(する)」の英語

会話ではそんなに使いませんが、ビジネスやニュースなどでも使われる英語の「確認(する)」です。

リスニングやリーディングの時など覚えているだけでも役立ちます。

英語の「verify」で「確認(する)」を表現

この「verify」は、単純に「確認(する)」という場合だけではなく、ビジネス社会などにて「証明(する)」という時にも使う単語です。

「verify」のニュアンスは?

既に正しいとされていること、または疑問のあることでも客観的に立証して確認する場合に使うのが「verify」です。

契約書の証明(確認)などに使えます。

「Just in case, Let us verify the contract.(念のため、その契約書を確認させて下さい)」など。

名詞の「確認(証明)」は、「verification(ヴェリフィケイション)」です。

「verify」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ヴェリファイ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/verify.mp3
vérəfὰɪ

英語の「ascertain」で「確認(する)」を表現

「ascertain」は文語的であり、口語ではあまり使わない表現ですが、知っておくとリーディングやライティングの時に使えます。

「ascertain」のニュアンスは?

調査などをして事実を突き止めて事実を確認する場合に使うのが「ascertain」です。

「We ascertained what happened the other day.(私たちはその日に何が起こったのか確認しました)」など。

名詞は「ascertainment(アサテインメント)」となります。

「ascertatin」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アサテイン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/ascertain.mp3
æsɚtéɪn

英語の「identify」で「確認(する)」を表現

「identify」もフォーマルな場面で使われる単語です。

「identify」のニュアンスは?

身元や本物かどうかを確認する場合に使う英語は「identify」です。

「I could’t identify the flying object.(その飛行物体を確認できませんでした)」など。

因みに、「U.F.O.」は「Unidentified Flying Object(未確認飛行物体)」の略で、それが宇宙船ということではありません。単純に何かが確認できない飛んでいる物体というのが直訳です。

名詞の「確認」は「identification(アイデンティフィケイション)」となります。

身分証明書は、略語の「ID」を使うのが一般的で、警察などが「ID」を確認する時は、「Let me check your ID.(IDを見せて)」という英文になります。

「identify」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アイデンティファイ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/identify.mp3
ɑɪdénṭəfὰɪ

3.その他の「確認する」の英語も押さえよう!

これまでの6つが押さえておきたい「確認する」の英語ですが、それ以外にもニュアンスが違う表現があります。

カジュアルでもフォーマルでも使えるものをご紹介します。

英語の「look」を使った「確認する」

「見る」という動詞の熟語を使って表現できます。

take a look (at)

見ての「check」というイメージです。

軽く見て確認するという場合に使います。

「Let me take a look at it.(少し確認させて下さい)」など。

look into

調べて確認するという場合に使うのが「look into ~ 」です。

「We should look into it.(それについて確認すべきです)」など。

軽く調べる/目を通すという場合は、「look over ~」を使います。「take a look (at)」と同じニュアンスになります。

「調べる」の英語|日常会話とビジネスで使い分ける厳選11類語・例文』の記事でも詳しく解説しています。

英語の「review」を使った「確認する」

内容を確認してコメントやフィードバックを出す時に使うのが「review(リヴュー)」です。

「復習する」という意味がある単語です。

「Mr.Tanaka, please review my report.(田中さん、私のレポートを確認して頂けますか?」など。

要するにこの場合は、単純に確認するだけではなく、批評してもらいたいという意味を含みます。

英語の「validate」を使った「確認する」

有効性を確認する場合に使うのが「validate(ヴァリデイト)」です。

海外で駐車券をお店で見せて有効(無料にするなど)にしてもらう時などに使う単語です。

「I want my parking ticket to be validated.(駐車券を有効にしてほしい)」など。

そしてそのチケットに「Validated(有効性を確認済み)」というスタンプがよく押されます。

他にも有効性を確認する必要がる、クレジットカード番号などの場合にも使えます。

4.気軽に自分が「確認(する)」場合の英語フレーズ

日常会話、ビジネスの場面、そして電話でのホテルやレストランの予約の確認などにも使える表現になります。

勿論、メールなどにてもそのまま使える英語をピックアップしましたので確認してみましょう。

「Just to check」を使って確認(する)

「ちょっと確認したい」という場合に使える表現です。

先ずは下記の例文を見てみましょう。

  • 英語:Just to check, can I come in now?
  • 日本語:ちょっと確認したいのですが、今入っていいですか?

※「check」のところを、「confirm」や「make sure」に変えることもできます。レイストラン、ホテルや航空券の予約確認については、「confirm」を使うのが一般的です。

「Just to confirm, do we have a reservation at 8?(ちょっと確認したいのですが、8時に予約はありますか?」など。

「Let me check」を使って確認(する)

「Let me check.」は、「確認させて(下さい)。」、「確認します」という意味でそのまま使えます。

「check」の部分を、「confirm」や「make sure」も同様の使い方です。何か質問されたて、確認する時によく使う表現です。

  • Let me confirm with my boss.(上司と確認させて下さい)
  • Let me make sure of it.(それを確認させて下さい)

または、下記の文のように「if」を付けても出来ます。

  • 英語:Let me check if the meeting room is available.
  • 日本語:会議室が空いているか確認します(確認させて下さい)。

「I would like to check」を使って確認(する)

この表現は少しフォーマルな言い方になります。ビジネスの場面でよく使われます。

上述の「ちょっと確認したい(Just to check)」の丁寧な言い方とお考え下さい。

例文を見てみましょう。

  • 英語:I would like to check if you have enough stocks.
  • 日本語:御社に十分な在庫があるのか確認したいのですが。

※「~かどうか」と聞きたい場合は、「check」の後ろに「if」を使います。または「whether」でも同様となります。『「whether」の発音・使い方や意味|ifとの違いや12個の例文』で使い方をマスターしましょう。

また、「check」の部分が、「confirm」や「make sure」でもOKです。

「double check」で「再確認」を表現

再確認(二重点検)をする場合に使う表現です。

日本語でも「ダブル・チェック」と言いますね。

「Please double check if you have received my e-mail yesterday.(昨日私のメールが届いているか再確認して下さい)」など。

予約などの再確認には「reconfirm(リーコンファーム)」を使います。

「I would like to reconfirm my flight ticket.(航空券の予約を再確認したいのですが)」など。

「I’m still checking.」で「確認中」を表現

只今確認している最中という場合に使います

「I’m still checking the inventory.(在庫の確認中です)」など。

これが「I’m still confirming the inventory.」となると、「すでに伝えている在庫数が正しいのかを確認している」というニュアンスになりますね。

その他の「確認」のカジュアルな英語フレーズ

他にも色んなフレーズがあるので下記を参考にしてみて下さい。

  • ~はどうですか?(状況確認・進捗状況確認):How is ~ going? ※主語は「it」や「your homework」など色々入れることができます。調子はどうですか?(How’s it going?)でスラング的な挨拶で使う場面も多いです。『「いかがでしょうか」の英語|進捗確認や提案など10以上の丁寧な表現』の記事もご参考下さい。
  • 確認したところ:I checked and ~. ※「I checked」と過去形にしてその後は「and +文」というのが一番カジュアルです。文語やフォーマルでは、「upon checking」や「as far as I have checked、~」というのもあります。
  • 確認ありがとうございます:Thank you for your confirmation. ※メールの返信などでのお礼の文としても使えます。『ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文』の記事もご確認ください。
  • 確認したところ大丈夫です:O.K. ※一番カジュアルな表現ですね。
  • ~ですよね?:基本は「isn’t it ~?(~ではないですか?)」という文を使います。また、相手に直接(電話相手など)聞く時は、「Aren’t you ~?(あなたは~ではないのですか?」という確認の文を使います。「Is it right?(それは正しいですか?)」などもあります。

5.第三者に「確認」して欲しい場合の英語フレーズ:依頼編

仕事の相手や友達の間でも、何かを確認して欲しくて依頼する場合は、英語の「Could you」や「would」などを使って、丁寧に聞く場合が多いです。

下記がいくつかの例文になります。

ここでは、全て基本の「check」を使っていますが、ニュアンスにより「confirm」や「make sure」、「verify」などに置き換えても使えます。

  • Please check if the meeting room is available./会議室が空いているか確認して頂けますか? ※「check」の後ろに「if」を入れて、「~かどうか」という表現にしています。
  • Could you check it?/(それを)確認して下さい。
  • Would you please check if the document is correct./その書類(内容)が正しいのか確認して下さい。

「依頼」の英語|メールでも使える!3つの言い方を習得』も参考にして下さい。

6.メールやビジネスなどでも使える!「確認(する)」の関連英語と略語

「確認(する)」に関連した表現がいくつかあるので、厳選してご紹介します。

ビジネスや友達とのやり取りでも使える表現です。

SNSやメール内で気軽に使える表現

同僚や友達とのやり取りで簡単に使える一例です。

  • Confirmed/確認済み ※他に「Checked(CHK/略語)」、「Verified」や「OK」でも同様の意味です。書類のスタンプでも見かける表現です。ちなみに、「Approved(アプルーヴドゥ)」は「承認済み」となります。
  • Just wanted to check./ちょっと確認したかっただけ ※「Just cheking」でも同様の意味です。軽い感じで使える表現です。
  • TBC/要確認 ※「To be confirmed」の頭文字を取って表現した略語です。

など。

ビジネスメールの「件名」でよく使われる表現

特に下記はビジネスメールの件名などでも使えるものです。

  • お振込みの確認:Confirmation of your Payment ※文中で書く場合は、「We confirmed your payment.」、または「Thank you for your payment.」などでOKです。「Confirmation of your Quoation(見積書の確認)」などえも使えます。
  • 要望を承りました:Received your request ※または、単純に「Thank you for your e-mail.」などでも問題ありません。
  • 納期の確認:Confirmation on delivery date ※時間を聞く場合はdateを「time」に代えるだけです。
  • 状況確認:Inquiry about ~ ※直訳は「~に関しての質問です」となります。~には、確認したいものを入れます。または、「Update on~」でもOKです。
  • 荷物の受け取りの確認:Thank you for your delivery. ※商品名などに変更しても構いません。
  • 至急の確認:Urgent Request ※または大文字で「REQ」としても緊急性がでます。

このような件名から書き出しの例には、『英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』の記事も参考にしてみて下さい。

色々なビジネスでの「確認」フレーズを習得!

先程も相手に確認を依頼する時に使うフレーズを見ましたが、ここでの件名なども含めて、『「ご確認ください」の英語|添付などビジネスメールでよく使う7表現・件名』の記事でマスターしましょう!

「Please find the attached document.(添付ファイルをご確認ください)」など。

まとめクイズ:英語の「確認(する)」は基本を押さえるだけ!

日常生活だけではなく、海外旅行や仕事などでも「確認(する)」は常に身近な行動ですね。

先ずは、日本人でも馴染みのある単語の「check」を使いながら慣れていきましょう。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. ホテルやレストランなどの予約の「確認(する)」の英語は?
  2. 「check」と同様に、英会話の中でとてもよく使われる「確認」の英語は?
  3. 「証明(する)」の意味が含まれるフォーマルな「確認(する)」の英語は?
  4. 「Just to check, 」の和訳は?
  5. メールなどで使える「TBC」は何の略?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「確認(する)」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. confirm
  2. make sure
  3. verify
  4. ちょっと確認したいのですが
  5. To be confirmed(要確認)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta