著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「ご確認ください」の英語|添付などビジネスメールでよく使う7表現・件名

のべ3,130がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「添付ファイルをご確認ください」、「スケジュールを再度ご確認ください」、「下記をご確認ください」など、特にビジネスメールで書くことは多いです。

確認する、という動詞の英語などは『6つの「確認(する)」の英語|使い方やフレーズを習得!』の記事で確認できますが、相手にお願いする場合はどのような表現になるのでしょうか?

また、確認をお願いする際の「メールの件名」はどのようなタイトルがいいのでしょうか?

よってここでは、相手に失礼にならないようなフォーマルな言い方を中心にビジネスシーンで使えるフレーズなどを、よく使う例文を使いながらご紹介します。

目次:

1.「ご確認ください」に使う動詞はどれがいい?
2.ビジネスの場面で欠かせない「~をご確認ください」のフレーズ集
・「添付ファイルをご確認ください」
・「下記をご確認ください」
・「資料を同封しますので確認ください」
・「問題ないかご確認ください」
・「お手数おかけしますがご確認ください」
・「確認の上、ご返信ください」
・「再度ご確認ください」
3.「ご確認ください」でベストなメールの件名は?

1.「ご確認ください」に使う動詞はどれがいい?

冒頭で「確認する」という英語の記事も紹介していますが、ビジネスメールなどで一番多く使われるのが、「confirm」(コンファーム)という動詞です。

日本語でもある「check(チェック)」ですが、少しカジュアルな表現となるので、「confirm」がいいでしょう。しかし、「Please check ~.」などとしてもOKです。

「confirm」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コンファーム
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2015/09/confirm-2.mp3
kənfˈɚːm

会話では「make sure」という熟語を使う場合もありますが、これもカジュアルで「確信しなさい」というニュアンスが強いので、ビジネスなどのフォーマルな時にはあまり使いません。

よって、フォーマルであれば「confirm」を基本的に使って、様々な「~をご確認ください」という表現にしていけばOKです。

次のフレーズでは「check」や「confirm」以外も出てくるので一つの言い方になるのではなく、様々な表現を使いこなせるようになるとネイティブらしくなります。

2.ビジネスの場面で欠かせない「~をご確認ください」のフレーズ集

さて、ここではそのままメールや打ち合わせ(会議)、プレゼンテーションなどに使える、ネイティブがよく使うフレーズをご紹介します。

「~してください(頂けますか?)」という場合は、「Please」「Kindly」(カインドリー)や「Could you ~?」を頭に付けるのが一般的です。

「~をご確認ください(ご確認いただけますようお願い致します)」の基本は「Please confirm ~.」や「Kindly confirm ~.」やミックスした「Please kindly confirm」、または「Could you confirm ~?」という表現をよく使います。

口頭でも使いますが、「確認して頂けますでしょうか?」という表現にもそのまま使えます。

勿論、それ以外の言い方や動詞もあるので、それぞれを使い分けるようにしましょう。

「添付ファイルをご確認ください」

この表現はビジネスメールで何かしら添付した時によく使いますね。

次のような表現全てが「添付ファイルをご確認ください」になります。

添付ファイルは「the attached file(s)」となります。複数のファイルの場合は「files」とします。

  • Please find the attached file.
  • Could you refer to the attached file? ※「refer to ~」は「~を参照する」という熟語です。

添付ファイルなどをご確認くださいという場合の動詞は「find」「refer to ~」をよく使います。

また、添付ファイルが何か明確なものであれば「file」以外の表現も使えます。

  • 見積書:the attached quotation
  • 請求書:the attached invoice
  • 議事録:the attched minute
  • 契約書:the attached contract
  • 資料:the attached document
  • データ:the attached data

「下記をご確認ください」

「下記のスケジュールをご確認ください」、「下記のデータをご確認ください」などと言う場合の「下記」ですが、様々な言い方があります。

下記がその例文です。「~は以下の通りです」という場合にも使えます。

  • 下記の住所をご確認ください:The address is as below. ※「住所は下記の通りです」となります。 ※「The address is listed below.」でも同様です。
  • 以下のスケジュールをご確認下さい:Please check the following schedule. ※「the following ~」で「次の~」という意味になります。「Please check the schedule as follows.」でも同様です。

どれでも同じようなニュアンスですので、一つの言い方に偏らないように使ってみましょう。

因みに、「上記の」という場合は、「as above」や「as stated above」と入れ替えるのみでOKです。

「資料を同封しますのでご確認ください」

メールではなく実際の郵便などで、「請求書を同封しますのでご確認下さい」などと言う場合もありますね。

その場合は、「同封される資料」ということで、「the enclosed documents」と「the enclosed ~」という表現をします。

「Please check the enclosed quotation.(見積書を同封しますのでご確認下さい)」などとなります。

「問題ないかご確認ください」

「~かどうか」という場合は「if」を使うことが多いです。

よって次のような言い方ができます。

  • Please confirm if there is no problem with the detail.(詳細に問題がないかご確認下さい)
  • Could you see if you have no problem with the contents?(内容に問題ないかご確認ください) ※「see if ~(~かどうか見る・確認する)」という場合に使う表現の一つです。

「お手数おかけしますがご確認ください」

「ご確認いただけますと幸いです」と少しへりくだった言い方になりますね。

例えば、ビジネス相手に「送金しましたのでご手数をおかけしますが(お忙しいところ恐縮ですが)ご確認ください」という場合は、基本的に謝罪する文面から入るといいでしょう。

  • I’m so sorry to disturb you, but please kindly confirm our payment. ※「disturb(ディスターブ)」は「邪魔をする」という動詞です。
  • I apologize for the inconvenience, but kindly check our payment. ※「apologize(アポロジャイズ)」は丁寧に謝罪する時のフォーマルな言い方です。

「確認の上、ご返信ください」

相手に確認した返信メールが欲しいときは、「reply(返答する・返信する)」という単語を使うといいでしょう。

「Please reply after you confirm the attached file.(添付ファイルを確認の上、ご返信ください)」などです。

「再度ご確認ください」

もう一度確認(再確認)の場合は、「double check」や「double confirm」という単語を使えます。

「Please double check the schedule listed below.(下記にありますスケジュールを再度ご確認ください)」などでOKです。

3.「ご確認ください」でベストなメールの件名は?

何かを確認してほしいメールを送信する際に適切なビジネスメールの件名は何がいいのでしょうか?

英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点』の記事でも解説していますが、次のようなタイトル(件名)がいいでしょう。

  • Meeting Confirmation for Tomorrow(明日の打ち合わせについての確認)
  • Request for Confrimation(確認のお願い)

件名でそれが何の目的なのか?を知らせる必要があり、簡潔に書くのがポイントです。

「ご確認ください」を英語でつ伝える時は、何を確認してほしいのかを明確にして、ここでご紹介したフレーズなどをそのまま使ってもらえれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta