著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

confirmの発音と4つの意味|checkとの違いや活用法・例文など

のべ374がこの記事を参考にしています!

英語の「confirm」を正しく使えていますか?

「confirm」には色々な意味もあり、または他の表現との違いも把握しておく必要があります。

ビジネスメールなどフォーマルな場面でもよく使う「confirm」なのでシッカリと押さえておきたいですね。

よって今回は、「confirm」にフォーカスして習得できるように例文などを用いながら解説していきます。是非、会話やビジネスに活用して下さい。

目次:

1.「confirm」の発音と意味・例文
・確認する
・承認する(正式に認める)
・決意する
・堅信礼を施す
2.「confirm」と「check」や「make sure」との違い
・「confirm」と「check」との違い
・「confirm」と「make sure」との違い
3.「confirm」を使った色々なビジネス表現
・confirm with
・It’s confirmed that ~
・It’s to confirm that ~
・To be confirmed(TBC)

1.「confirm」の発音と意味・例文

先ずは発音の仕方から見ていきましょう。

「confirm」の音声と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コンファーム
kənfˈɚːm

発音のポイントはアクセントが後ろにあることです。また、シッカリと「f」の発音をするのも留意しましょう。『Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ』の記事を参考にして下さい。

名詞の「confirmation(コンファメーション)」もよく使う表現です。

また、「再確認する」という場合は「reconfirm(リコンファーム)」という単語もあります。航空券の再確認など「reconfirmation」などという言い方があります。

確認する

この意味で使うことがとても多いです。ビジネスでの会話でも両方で使えます。

下記がその例文です。

  • I’d like to confirm my reservation.(予約について確認したいのですが)
  • That’s what I wanted to confirm.(それが私が確認したかったことです)
  • I confirmed that she received our delivery.(彼女が私たちの宅配便を受け取ったと確認しました) ※「confirm that構文」は後ほど解説します。

など。

何故、「confirm about it」は間違いなの?

「それについて確認する」という表現は、「confirm about it」となりそうですが、それは間違いです。

自動詞と他動詞の違いと2つの正しい見分け方・両方使える動詞一覧』でも解説していますが、自動詞は目的語(~を、~が、など)を必要としない単語、例えば「walk(歩く)」や「talk(話す)」などの場合は他に情報を必要とせずに成り立ちますね。

しかし、「confirm(確認する)」にはその後ろに何か目的語が無いと、何を確認するのか分かりませんね? 

よって、「confirm」は他動詞で、後ろには何かしらの目的語(名詞・代名詞・that構文)が必要です。動詞の後ろに前置詞(talk about)で文が成り立つのは自動詞です。

これは「discuss(議論する)」もよく勘違いされ、「discuss about it」と書く方が多いのですが、「discuss」も他動詞なので前置詞は不要で「discuss it」となります。

よって、「それについて確認する」という正しい表現は「confirm it」となります。

承認する(正式に認める)

提案や決定事項などを承認する(正式に可決する、など)の場合にも使われる表現です。

下記がその例文です。

  • He has just confirmed a decision made by the committee.(彼は今、その委員会で決定された事項を承認しました)
  • The proposal is not yet confirmed by the government.(その提案はまだ政府によって承認されていません)

など。ビジネスシーンのみで使う表現ですね。

決意する

強く決意する、決心するという場合に使う表現ですが、日常会話では「decide(発音:ディサイド)」をよく使います。

下記がその例文です。

  • I confirmed to take the offer.(その申し出を受け入れることを決意しました)
  • Our boss confirmed that He would make her promoted.(上司は彼女を昇進させると決意しました)

など。

堅信礼を施す

これは宗教用語ですが、教会が信者に対して「完全なキリスト教徒になった」ということを認める儀式をする場合に使います。

しかし、あまり動詞で使われることは少なく、「堅信礼」としての名詞(confirmation)をよく使います。

下記がその例文です。

  • He received his own confirmation at the church.(彼は自分自身の堅信礼を受けました)
  • After the confirmation, we have been doing a lot of volunteer activities.(堅信礼の後、私たちは多くのボランティア活動をしています)

など。日常的には聞かない使い方ですが、知識として覚えておきましょう。

2.「confirm」と「check」や「make sure」との違い

さて、ここで気になるのが「check」との違いではないでしょうか?

「check」も確認するの動詞ですが、「confirm」との違いが明確にあり使い分ける必要があります。

また、日常会話でネイティブもよく使う「make sure」ですが、これも「check」や「confirm」とニュアンスが異なります。

他にも「確認する」の英語で、「verify」や「identify」などの類義語がありますが、それらについては『6つの「確認(する)」の英語|使い方やフレーズを習得!』でも確認しておきましょう。

ここでは、よく使う「check」と「make sure」に絞ってその違いや使い方を解説します。

「confirm」と「check」との違い

先ずは、2つの違いを見てみましょう。

  • confirm・・・間違えが無いか、正しいのか確認する場合に使います ※中身の詳細を確認する時にも使います。
  • check・・・ちょっと確認する、という場合で幅広く使える確認です ※正しいかなどは全く関係ありません。

下記が例文ですが、ニュアンスの違いを確認して下さい。

どちらも和訳では「あなたの贈り物を確認します」です。

  • I will confirm your delivery.・・・荷物が約束の日時で届いているのか、または中身が間違っていないか確認するという意味
    になります。
  • I will check your delivery.・・・単純に届いているのかを確認するニュアンスです。

全然ニュアンスが違いますよね。気軽に確認したいのに、「confirm」を使ってしまうととても堅苦しくなり、相手に失礼になるかもしれません。

状況で使い分けるようにしましょう。

「confirm」と「make sure」との違い

「make sure」はネイティブも会話で使うのですが、疑心暗鬼で「確認したいのですが」というニュアンスも含まれます。

下記はどちらとも「レストランでの予約を確認したい」という和訳になります。

  • I’d like to confirm my reservation at your restaurant. ※予約の再確認と言うニュアンスで、予約されているかどうかを疑ってはいない
  • I’d like to make sure of my reservation at your restaurant. ※少し不安で予約自体がされているどうかの確認となります。

単純に「check」のカジュアルな言い方ではないので、軽く確認したい場合は「check」を使うのがいいでしょう。

3.「confirm」を使った色々なビジネス表現

ビジネスメールなどでもよく使う表現の形をご紹介します。是非、フォーマルな文語などで活かしてみて下さい。

confirm with

「~(人)と確認する」という場合に使う形です。

下記がその例文です。

  • I confirmed the schedule with my colleague.(同僚と一緒にスケジュールを確認しました)
  • He confirmed with me that we would have to prepare some documents by 3.(彼は私と、3時までにいくつかの資料を準備しないといけないことを確認しました)

など。

It’s confirmed that ~

「~が確認されました」という場合に使う「that構文」です。「that」以降が確認されたとなり、必ず「主語+動詞」の形となります。

下記がその例文です。

  • It’s confirmed that our goods have arrived.(私たちの商品が到着したことが確認されました)
  • It is confirmed (that) they would like to have a deal with you.(彼らがあなたたちとビジネス商談を進めたいということが確認されました) ※口語の場合は「that」を省略することも多いです。

など。

現在完了形の「It has been confirmed that」という言い方もOKです。

It’s to confirm that ~

ビジネスメールで相手に何かを確認したい時によく使う形です。

「確認なのですが」という意味になります。

下記がその例文です。

  • It’s to confirm that we have a meeting today.(確認なのですが、今日打合せがあります)
  • It is to confirm that we ordered 10 sets of your product A.(確認なのですが、私たちは商品Aを10セット注文しました)

など。相手に対してのリマインダー(思い出させる)の意味合いもある表現です。

To be confirmed(TBC)

「確認中です」や「要確認」という場合に使う表現です。

下記がその例文です。

  • It is to be confirmed.(それは要確認です)
  • TBC ※「to be confirmed」の略で、ビジネスのチャットなどで気軽に使えます。

ビジネスでも気軽なやり取りの場合は略語を使うこともあります。『英語の略語一覧|メールやSNSで今すぐ使える厳選92個』の記事も参考にして下さい。

ネットで見かけるconfirmの表現

ネットでの買い物、会員登録などすることが多いですよね。

その場合によく見かける「confirm」があります。

下記がその例文です。

  • Confirm your e-mail address ※メールアドレスを再入力させる時の文言です。「Confirm e-mail」のみの場合も多いです。
  • Confirm your password ※パスワードを再入力させる場合の文言です。「Confirm password」のみもあります。

まとめ:「cofirm」は色んな場面で使える!

いかがでしたでしょうか?

「confirm」や「check」などは口語、文語でも頻繁に出てくる表現です。

ニュアンスの違いを把握して、シッカリと使い分けて役立てて下さい!

初心者の方はまだ難しいかもしれませんが、ここでご紹介した例文を何度も読み返して参考にして下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)