著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「すごい」の英語|ネイティブがビジネスでも使う11個の形容詞

のべ167がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「わー、すごい!」という感心したり、驚いたりした時の一瞬の感情表現として使う「すごい」。

また、「すごい料理」、「すごい筋肉」などと状態などを表現する時に使う「すごい」。

どちらも英会話には欠かせないですよね。基本的に英語の形容詞が主となります。

ここでご紹介するのは、「Good」や「Nice」、「Great」など日本人にも馴染みのある単語よりもさらに誇張した、最上級の誉め言葉(感情表現)や状態を表現する「すごい」の英語だと思って下さい。

また、カジュアルやスラングなどの他にもビジネスでも使える失礼のない表現にも触れておくと役立ちます。

よってここでは、今すぐ使える「すごい」の英語表現を解説していきますが、しっかりと使い分けれるようにしましょう!また、類語の「素晴らしい・いいね・驚いた・やばい・最高」などの表現も押させておくと英会話の幅が広がっていきます。

目次:

1.ネイティブが使う「すごい」の英語
・「Wow」
・「Awesome」
・「Fantastic」
・「Cool」
・「Amazing」
・その他のスラングでの「すごい」の英語
2.ビジネスでも使える「すごい」の英語
・「Wonderful」
・「Excellent」
・「Incredible」
・「Impressive」
・「Marvelous」
・「Splendid」
まとめ:その他の「すごい」の英語と類語一覧も一緒に押さえおこう!

1.ネイティブが使う「すごい」の英語

ここでは、カジュアルで友達同士でも使えるネイティブが頻繁に使っている「すごい」の表現を解説していきます。

スラングも含めた表現も確認してみましょう!

「Wow」

これは、一言で「わー、すごい!」という表現がこの「Wow!(ワオ)」です。

例えば、すごい筋肉を見た時、すごい景色を見た時、ダイエットして体形がよくなった親友を久しぶりに見た時などで驚いた表情で発声するのがポイントです。

この一言で表現できる一番カジュアルな表現ですが、日本人には大げさに感じるぐらいで英語ではちょうどいいくらいです。恥ずかしがらずに表情も同時に表現してみましょう!

「Awesome」

「awesome(オーサム)」は、直訳では「恐ろしいくらいすごい!」というスラング的な表現になります。

「Good」などを使うより、カッコいいです。

「That’s awesome!(それはすごいね)」などの文にしても構いません。

ネイティブもものすごく使う表現ですので、マイスキ英語では別で『「awesome」の意味や使い方|スラングの4つの例文や発音など』の記事でさらに詳しく解説していますのでご参考下さい。

「Fantastic」

空想的なとかの意味も別にある、形容詞の「fantastic(ファンタスティック)」。

これも「That’s fantastic!」などと表現できます。

「great」や「nice」などを多少誇張したニュアンスです。打ち合わせでのプレゼンが良かった時に相手に伝える場合、「Wow.That was fantastic!(わー、とてもすごかった)」など「WOW」と一緒に使うこともできます。これは他の形容詞も同じです。

「Cool」

かっこいい、いいね、というニュアンスを含んで、カジュアルに使えるのが「Cool!(クール)」です。

この「cool」ですが、「了解・いいよ」などの意味でもスラング的によく使われます。

このアイデアどう?と聞かれた時に、「cool」と「ok」の代わりに答えると、とてもネイティブらしいです。

発音のコツはほぼ「クー」というところです。日本語のように「ル」をハッキリ発音するとちょっと拍子抜けするので注意しましょう!

「Amazing」

「WOW」と同じように驚いたように「すごい」を表現する場合に使うのが、この「amazing(アメイジング)」です。

私は驚きました、という場合は「I’m amazed.」などの英文になります。

これも、「That’s amazing!」という文で使うことが多いですね。

その他のスラングでの「すごい」の英語

これまでは基本中の基本のカジュアルな「すごい」の英語でしたが、次のようなスラングも一言で使えるので覚えておきましょう。

  • Perfect!:完ぺきという意味なので、目上の人に使うのは避けましょう!
  • Crazy!:気が狂うという意味ですが、常識を逸脱するくらいすごい!という誇張表現です。
  • Rad!:radicalという単語の略語で、rad dress(いかしたドレス・素晴らしいドレス)などとしても使えます。
  • Super!:極上の、特大のという意味で、「Super cool!」などとしても使っている単語です。

2.ビジネスでも使える「すごい」の英語

ここでご紹介するのは、多少フォーマルで上品な表現となります。

勿論、カジュアルに使えるのですが、ビジネスの場面、また初対面の方などの時に使えます。

例文と一緒に確認していきましょう!

「Wonderful」

「wonderful(ワンダフル)」は、日本人にも馴染みがある単語だと思います。

素晴らしいという意味とニュアンスがあり、「cool」や「awesome」より落ち着いた、すごさを表現する単語となります。

また、文章の中でも使えるのでとても便利です。

下記がその例文です。

  • He has a wonderful experience.(彼はすごい・素晴らしい経験をお持ちです)
  • I had a wonderful time today.(今日はすごいいい一日でした)※「I had a good time today.」より丁寧です
  • He is such a wonderful person.(彼はすごい人です)※人間的に素晴らしい人の時によく使います

「Excellent」

「excellent(エクセレント)」は、優秀なという意味がある単語です。

「Excellent!」と一言で表現することも多いですが、下記のような例文のように使うことも多いです。

  • That’s an excellent idea!(それはすごいアイデアですね)
  • He is an excellent business person.(彼はすごい・優秀なビジネスマンです)

「Incredible」

「incredible(インクレディブル)」は、信じられないという意味がある「すごい」です。

「unbelievable(アンビリバボー)」の少しフォーマルな言い方です。

「That’s incredible!」などと表現することが多いです。

「Impressive」

強い感銘を受ける、感動的な・印象的なという意味があるのが「impressive(インプレッシヴ)」という単語です。

「I’m moved by its impressive performance.(私はそのすごい性能に感動した)」などの時に使えます。

勿論、一言で「Impressive!」と感銘を受けた時に使えます。

「Marvelous」

「marvelous(マーヴェラス)」は、とても素晴らしいというのを一つの単語で表現することができるフォーマルな英語です。

「marvelous food(すごい料理)」などとして使えます。

「Splendid」

壮麗な、見事なというニュアンスがあるのが「splendid(スプレンディド)」です。

「splendid view(すごい景色)」などと表現する時に使えるフォーマルな単語です。

まとめ:その他の「すごい」の英語と類語一覧も一緒に押さえおこう!

一言以上で表現する「すごい」の英語もありますが、基本的にスラング的なものとなります。

下記は日常会話や映画などでもよく使われるものも多いので、実際に使わないとしても知っておくと役立ちます。

意味的にはネガティブの場合にも使われるので、シチュエーションで使い分けるようにしましょう!

  • Oh my God!:「WOW」と同じように使うことができる表現です。※しかし、「神(God)」ということで宗教的な表現になるので、それを避ける意味でも「Oh my goodness.」の表現がベターです。
  • You must be kidding.:直訳では、「あなたは嘘をついているに違いない」となりますが、それで「すごい」を表現できます。また、「You must be joking.」でも同様です。
  • Shit!:「くそ!」という直訳ですが、「すごいね!」という意味でも使えるのですが、本当に仲がいい友達同士に表現は限定しましょう!
  • No way!:「まさか!」という驚きの場合に使える表現です。

また、ここまでご紹介した「すごい」は「最高・いいね・素晴らしい」などの類語表現にも置き換えることができます。

それぞれの記事も作成していますので参考にしてみて下さい。

また、「すごい!羨ましい」、「すごい!おめでとう!」など、と表現する時もありますね。

一つの例としてこのように後ろに色々な表現を付け加えることもできます。

「いいなあ、羨ましい」の英語|2つある表現の発音と例文』や『英語で「おめでとう」|絶対に外せない3つのフレーズと例文』の記事なども参考にしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta