著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

TOEICで絶対無視できない7つの時間配分

のべ104,813がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
toeic-time

あなたは、TOEICがどのように構成されているか知りたい、もしくはスコアアップにつながる時間配分の方法をお探しではないでしょうか?

「時間が足りなかった!」などで、実力を発揮できずに試験が終わったというTOEIC受験者は実に多いのです。

せっかく事前に対策したのにも関わらず、そのような事態になっては本当にもったいないですね。

しっかりとTOEICテストの内容を知ることも大事でありますが、そこには必ず点数が上がる時間配分が存在することも知っていただきたい。

  • 2016年5月から施行さている新TOEICについての形式などは現在編集中です。
  • 旧TOEICと新TOEICの違いは、『新TOEICと旧TOEICを比較|7つの違いを完全制覇!』の記事で確認できます。
  • 上記の記事の説明通り、Part毎の問題数や多少追加された項目などございますが、レベルや対策、勉強法については変わりありませんので、本記事を是非ご参考下さい。
よって、ここではテスト中に設けられた限られた時間を最大限有効に活用する方法をご紹介します。問題を解く以外で点数を落とさない時間の使い方です。

目次:
1.TOEICリスニング問題(Part1〜Part4)の時間配分
1-1.Part1(全10問-約5分間)
1-2.Part2(全30問-約10分間)
1-3.Part3(全30問-約14分間)
1-4.Part4(全30問-約16分間)
2.TOEICリーディング問題(Part5〜Part7)の時間配分

1.TOEICリスニング問題(Part1〜Part4)の時間配分

説明文とアナウンス(音声)を無視して、設問に目を通しておく事前準備がスコアアップにつながります。

全100問で45分間のリスニングパートでは、Direction(説明文)の音声が必ず各パートの前に流れてきます。

1-1.Part1(全10問-約5分間)

描写問題である10枚の写真を見ることで、設問へのスタンバイが出来ます。

Part1では次のような写真が10個あるので、約90秒間の説明アナウンスが流れた瞬間に、先ず全ての写真に目を通してください

※実際の問題では白黒の写真となります
timedistribution-1

事前にPart1の問題形式や答え方を知っていれば、聞く必要すらない。これを必死に聞いたところで、正解率は上がりません。

だから、この時間を有効に利用して、10枚の写真を見ながら、

  • 「その写真は人物か物についてなのか?」
  • 「どのような名詞や動詞が使われるだろうか?」

などの事前準備が可能となります。

1-2.Part2(全30問-約10分間)

応答問題であるPart2では、文字情報が全くなく、有効な時間配分での攻略はありません。

timedistribution-part2

ここでも、約90秒間の説明アナウンスが流れるのだが、聞く必要は全くありません。

1-3.Part3(全30問-約14分間)

とにかく、少しの時間でもあれば、設問を先読みすることがスコアアップにつながります。

会話問題であるPart3では設問が文字情報として記載されており、問題文が流れる前に「どのような問いがあるのか?」が事前に把握できます。

先ずは、約50秒間ある説明アナウンスを無視することで、最初の問題の3つの設問に目を通す時間ができます。

問題の選択肢は見なくていいので、設問だけを見て下さい。

また、1つの会話問題(各3問ずつ)が終わった後に、約8秒前後の無音の時間があります。その間に、最低でも次の会話問題の最初の1つの設問だけでも先読みできるようにしておきましょう。

timedistribution-part3

1-4.Part4(全30問-約16分間)

Part3と同様の対策で、設問の先読みが一番有効です。

説明文問題であるPart4でも、約50秒間の説明アナウンスと各説明文問題(各3問ずつ)の後に、約8秒間の無音の時間が流れるので、次の問題の先読みが可能となります。

2.TOEICリーディング問題(Part5〜Part7)の時間配分

とにかく、Part7に時間を残すことが最優先ですが、Part7の各問題も確実な時間配分が必要となります。

全100問(75分間)がありますが、リスニング(Part1〜Part4)との大きな違いは、各問題を解くペースが自分次第という点です。

よって、リスニングの時間配分よりもリーディング問題での時間配分が大変重要になります。

Part7が長文問題であり、受講者からは

  • 「時間が足りなかった」
  • 「パニックになった」
  • 「どのような時間配分がいいのか分からない」

という声が多いのが現状です。

よって、次の時間配分を目安に各問題を解くように心がけて下さい。

“問題を解く時間配分の目安”

  • Part5(全40問)→ 1問を30秒以内、全体で約20分以内
  • Part6(全12問)→ 1問を40秒以内、全体で約8分以内
  • Part7(全48問)→ 1問を60秒以内、全体で約48分以内
この時間配分を実践するためには、リーディング問題の各Partでスムーズに問題を解いていく必要があります。TOEICコツと直前対策|すぐスコアアップする7つの方法の記事も是非参考にして下さい。

まとめ:TOEICで実力を発揮するには時間配分がキーポイント

事前にTOEICの特徴や時間配分を知ることは決してマイナスになりません。

むしろ、おろそかにすることで、せっかく解ける問題も焦って答えてしまい、間違いという採点になる可能性が大きくなってしまいます。

特にリーディング問題に関しては、模試などを解く際に、自分自身で計ってみることで良い事前練習にもなり、時間配分のスピードが体感できる。是非、試験の前に一度は試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万1539人が体験中の無料勉強法 (2016年11月28日現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta