著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

新TOEICと旧TOEICを比較|7つの違いを完全制覇!

のべ87,193がこの記事を参考にしています!

2016年5月から新TOEICテストが実施されましたが、それ以前のTOEICとは何が違うのでしょうか?

  • 難易度は?
  • 形式は?
  • 時間は?

など、疑問に思っていることが多いのではないでしょうか?

しかし、その勉強法は基本的には全く変わりません。スコアアップの勉強法については、【TOEIC満点者が教える!目標スコア達成の勉強法】の記事で、Part別での対応などコツも多くご紹介しています。

よって今回は、新TOEICと旧TOEICのテストを徹底比較することで、対策や心構えなど余裕が生まれますので、是非参考にしてみて下さい。

いつから「新TOEIC」に変わった?

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

新TOEICには、2016年5月29日に変わっています。TOEICの問題数や出題形式などが改訂され、新形式のTOEIC試験となっています。

新TOEICの難易度は?

先ず気になるのが新TOEICの難易度ではないでしょうか?

新TOEICテストの難易度自体は旧TOEICとは何ら変わりません

よって、2016年5月以前のスコアもこれまで同様に正式な点数として履歴書などに記載することは問題ございません。

新TOEICテストと旧TOEICテストの違いを比較

新TOEICテストでは、試験時間、リスニングセクションとリーディングセクションの配点にも変更はありません。

下記が、基本として変更が無いものです。

  • 解答方式:マークシート
  • 時間:リスニングセクション(約45分間)、リーディングセクション(75分間)
  • 問題数:リスニングセクション(100問)、リーディングセクション(100問)
  • 配点と満点:満点は990点(リスニングセクションの満点は495点、リーディングセクションも495点)

次に、リスニングセクションとリーディングセクションで細かなところの違いを比較してみましょう。

新TOEIC|リスニングセクションの違い・比較一覧

旧TOEICテスト同様にPart1〜Part4に分かれています。

Part1〜Part4のパート名や基礎内容は旧TOEICと変わりません。

  • Part1-写真描写問題
  • part2-応答問題
  • part3-会話問題
  • part4-説明文問題

それでは、下記の表で問題数の違いなどを見てみましょう。

Part
新TOEIC
旧TOEIC
Part1
問題数6問
問題数10問
Part2
問題数25問
問題数30問
Part3
問題数39問

(3名で会話する文と図などビジュアルと関連付ける設問が追加。※1)
問題数30問

(2名の会話のみでビジュアル無し)
Part4
問題数30問(※2)
問題数30問

※1.また、will notがwon’tやgoing toがgonnaなどで表現され、実際の会話により近くなります。
※2.Part3同様にビジュアルの図などを関連する設問があります。

新TOEIC|リーディングセクションの違い・比較一覧

リーディングセクションも、旧TOEICテスト同様にPart5〜Part7に分かれています。

Part5〜Part6のパート名や基礎内容は旧TOEICと変更はありませんが、part7に少し違いがあります。

  • Part5-短文穴埋め問題
  • part6-長文穴埋め問題
  • part7-1つの文書・複数の文書(旧TOEICでは、1つの文書・2つの文書)

次の表で問題数の違いなどを確認して下さい。

新TOEIC
旧TOEIC
Part5
問題数30問
問題数40問
Part6
問題数16問 ※3
問題数12問
Part7
問題数54問

(1つの文書-29問、複数の文書-25問 ※4)
問題数48問

(1つの文書-28問、2つの文書-20問)

※3.単語などではなく、1つの文丸々を埋める設問が追加されます
※4.関連する3つの文から解く問題が追加されます。しかし旧TOEICと同様に2つの文書も含まれます。

TOEIC対策ができるおすすめのオンライン英会話7選

社会人向けの英語資格として人気1位はなんといってもTOEIC(トーイック)です。多くの日本企業が採用基準として取り入れています。

昇格や海外赴任などの条件としてTOEICを取り入れている企業も数多くあります。

そんな中、最近のオンライン英会話スクールでは、TOEIC対策に特化した教材やカリキュラムが低料金で用意されています。

よって、リスニングやリーディングなど各パートごとの弱点も補強できて、短期間でスコアをアップしたい方には大変おすすめです。

ここでは、TOEIC対策ができるおすすめのオンライン英会話を厳選して7つ紹介します。

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。TOEICのコースには、

・TOEIC®L&R TEST 600点対策コース
・TOEIC®L&R TEST 800点対策コース

があります。

本レッスンでは、その学習過程で英文を音読することを意識して作成されていて、スコアアップを目指しながら、スピーキング力も同時に鍛えることができるので一石二鳥のコースです。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみてはいかがでしょうか。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmatesは、ビジネス特化型オンライン英会話でNo.1の実績を誇るオンライン英会話です。

「世界で活躍できるビジネス英会話スキル」を身に付けることが目的であり、独自カリキュラムと実際のビジネスシーンで使われる英語を網羅的に学ぶスタイルとなっています。

レッスン満足度は脅威の97.9%、上達実感は91.1%とこちらも圧倒的です。

なお、ビズメイツの教材・カリキュラムは「ビジネスで成果をあげるための英語」を修得することを目的としているため、TOEIC®テストのスコアアップを目的とした教材やカリキュラムはありません。

しかしながら、本来の英語力をアップした結果として、TOEICスコアを上げることが可能です。

初月が実質無料になるキャンペーンも用意されているので、Bizmatesが気になる方は公式サイトで情報をチェックしましょう。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

QQEnglish

QQEnglishは、カランメソッドが学べ、質の高いレッスンを安定的に提供している業界最安水準のオンライン英会話スクール(「カランメソッド」の正式認定校)です。

カランメソッドとは、徹底的に反復するよう設計された英語学習法で、他の学習方法と比べ、1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できることが実証されています。

そして、QQEnglishのTOEIC対策では、TOEIC満点講師とともに開発したTOEIC対策に特化したカリキュラムがあります。

  • TOEIC 目指せ!ハイスコアラーコース
  • TOEIC スピーキングコース
  • TOEIC ボキャブラリービルダーコース

これらの3コースからリーディング、リスニング、スピーキング、語彙力など、自分の弱点にあわせて対策できます。各コースはそれぞれ全40回で構成されていますが、オンライン講座は1コマから受講可能です。

気になる方は、日本人サポート付で受けられる「無料体験」があるので試してみてはいかがでしょうか。

QQ English 無料体験レッスンはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。レッスン教材も豊富にあり、

  • TOEIC ボキャブラリ(関正生 監修)
  • Building TOEIC Skills/Developing TOEIC Skills

など、TOEIC対策向けにhanasoメソッドに対応したオリジナル教材も用意されています。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusは、子供や家族とシェアできて評判がいいオンライン英会話スクールです。新聞、教育事業、IT、各分野のエキスパートなど大手3社がバックアップしているので、初心者の方も安心して受講できます。

目標とするTOEICの達成スコア別に設計されたeラーニングの通信講座や市販のテキスト・参考書を使ったレッスンを受けることができます。

  • TOEIC® L&R TEST 完全達成470コース
  • TOEIC® L&R TEST 完全達成650コース
  • TOEIC® L&R TEST 完全達成730コース
  • TOEICの市販テキスト・参考書を使ったレッスン

レッスン時間も朝5時~深夜25時まで可能ですので、自分のライフスタイルに合わせてリーズナブルな価格で学べます。

産経オンライン英会話Plusも無料体験が用意されているので、試してみてはいかがでしょうか。

産経オンライン英会話Plusの公式サイトはこちら

ベストティーチャー

ベストティーチャーは、実際の場面を想定したリアルなレッスンが受けられるオンライン英会話です。

ライティング、実践を想定したトレーニング、スピーキングの3つを中心に英語力を強化でき、外国人講師による英作文の添削や、24時間場所や時間を選ばずに回数無制限でレッスンを受けられます。

ベストティーチャーのTOEIC対策では、「TOEIC SW対策コース」が用意されていて、Jリサーチ出版の対策書とベストティーチャーの通常コースで4技能学習を行い学習します。

ベストティーチャーの無料体験はこちらから

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、世界の大企業でも採用されているカリキュラムを個人でも受講できるオンライン英会話です。

プライベート(1対1)レッスン、グループレッスンの好きなほうを選ぶことができ、12週間(3ヶ月間)でのレベルアップが約束されています。

TOEIC対策としては、グローバルキャリアを築くためのTOEICテスト対策コース(コミュニケーション式で実践的なレッスン)が用意されています。

EFイングリッシュライブも無料体験が用意されているので、下記の公式サイトから無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

EFイングリッシュライブの無料体験はこちらから

まとめ:新TOEIC対策は慣れるのみ!

TOEICの形式が変わったからといって決して慌てないことです。

これまで旧TOEICを受験された方は特に不安かもしれませんが、難易度や問題数など変更はなく、特別な対策は不要です。

模試に目を通すだけでも全然大丈夫です。これまで同様にTOEICだけの対策というよりは基本的な英語力があれば十分対応できます。

この機会だからこそ、受験対策やTOEIC対策といって振り回されるのではなく、根本的な英語力を身に付けることも同時に考えてみましょう!

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



TOEIC対策
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
onlineeikaiwa_ranking2
3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta