著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

TOEICリーディングで満点を取るには?2つのコツや勉強方法など

のべ308がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

別記事の『ミスをなくす!TOEICリスニングで満点を取る1つの対策とは?』でリスニングの満点の取り方を解説しましたが、今回はそのリーディングとなります。

ハッキリ言って、リスニングより満点を取るのが難しいのが、このリーディング・セクションです。

それは何故か?

それに対しての対策はあるのか?

などを今回は中心に解説していきたいと思っています。

とにかくミスをしないことは大前提ですが、リーディングで満点を取るにはある程度の練習量が必要になります。しかし、そこにはコツや効果が上がる勉強法があるので、それらを紹介していきます。

目次:

0.TOEICリーディングの問題構成と満点のすごさ
1.まず、「Part5」でシッカリと満点を取る!
2.「Part7」で満点を取るコツは読むスピードをUPすること!
3.TOEICリーディングで満点を取るためのおすすめ参考書と勉強法
・おすすめの参考書
・最低50時間の勉強時間を確保
まとめ:TOEICリーディングで満点は不可能じゃない!

0.TOEICリーディングの問題構成と満点のすごさ

TOEICリーディング・セクションの時間は、75分間です。

問題数は全100問で、下記は問題構成で大体の点数配分です。満点は495点です。

  • Part5:30問(短文穴埋め問題)- 150点 ※英文法が中心
  • Part6:16問(長文穴埋め問題)-  80点 ※語彙や長文読解力(Part5とPart7のミックス)
  • Part7:54問(長文読解問題) ー 270点 ※長文読解

満点を取るにはどれも落とせないのですが、見て分かるように「Part5」と「Part7」対策をシッカリしていると「Part6」はクリアーになるので、その2つのパートに絞って勉強することが大切となります。

また、TOEICリーディングの満点はどれくらい凄いのでしょうか?

TOEICのセクション別での満点の比率は出ていないのですが、TOEIC全体の満点については、『TOEICの満点はいくつ?難易度(レベル)やおすすめの単語や2つの勉強法』でも説明しているように、約0.3%前後だと言われています。

リスニング満点よりも、リーディングの満点が難しいので、リーディングセクションを対策できれば高得点は必然的ということです。

日系企業、外資系企業ともに、就職や転職で自慢できて、アピールできるのは800点以上です。

企業別でのTOEICスコア基準|9つの業種や職種別も紹介!』でも書いていますが、昇進・昇給にもTOEICスコアは欠かせません。

いくらリスニングセクションで満点を取ったらといって、リーディングセクション対策が疎かになってはその実現は不可能ということです。

それくらい、リーディングセクションでの高得点は必要不可欠で、そのためには「満点を狙う勉強」が必要になります。

1.まず、「Part5」でシッカリと満点を取る!

リーディングセクションの中で、比較的簡単に満点を取りやすいのが「Part5」です。

リーディングのスタートでもあるので、特にこのパートは落としたくありません。

後ほど詳しく解説しますが、時間配分がとても重要で、このPart5にはできるだけ時間をかけずに満点を狙いたいところです。

  • ひっかけ問題が顕著
  • 前後だけを見ての英文法問題
  • 前後だけを見ての語彙力問題

などが、Part5の特徴です。

文法問題でのひっかけなどが多いため、『TOEIC文法|初心者必見!絶対に出る6つのコツや勉強法・問題集』をシッカリ確認して把握するだけでも点数がUPします。

2.「Part7」で満点を取るコツは読むスピードをUPすること!

リスニングセクションとは違い、75分間という時間を自由に使えます。

それがかえって、ペースを遅くする原因となっています。

テストが終わった後に「時間が足らずに解けなかった」という受験者が多いのがその証拠です。

TOEICテストに限らず、長文問題でそのような経験をしたことがありませんか?

でも、どれらいの時間配分で問題を解いていけば理想なのでしょうか?

TOEICで時間が足りない悩みを解消する!テスト中の4つの対策』でも紹介しているのが下記です。

パート
一問
全体
Part5
30秒以内
15分以内
Part6
40秒以内
10分以内
Part7
55秒以内
50分以内

理想で難しいと思っても、リーディングセクションで満点を取るにはこの時間配分が厳守で、「Part7(長文読解)」に時間を割く作戦しかありません

これは絶対に避けては通れません。

でも、リーディングが遅い原因は何なのでしょうか?

英語を読むのが遅い本当の理由|スピードを上げる4つのコツ・練習』でも書いている次のようなのが主な原因です。

  • 2回以上同じ個所を読んでいる
  • 一語一句理解しようとしている(頭の中で完璧な和訳にしようとしている)

読むスピードの理想は、1分間当たり180単語前後だと言われています。

180wpm(words per minute)と表現します。

ネイティブも180wpm~200wpmと言われているので、頭の中で和訳をしたり、2回以上読み返していては、到底このスピードを維持することは不可能です。

読むスピードをUPしながら、長文読解するには、次に紹介する参考書などで、必ず時間を計りながらでも理解するということをしないといけません。

一見、ハードルが高そうですが、先ほどの悪い癖を取り除くことでさほど難しさを感じなくなるので大丈夫です!

3.TOEICリーディングで満点を取るためのおすすめ参考書と勉強法

満点を取るためのコツは、何度も言いますが時間配分がとても大きいです。

そのためには適切な問題集で、それを復習したり、時間配分を徹底的に体に染み込ませるしかありません。

小手先だけでは、リーディングセクションの満点は難しいので、その点は覚悟して下さい。これは満点だけでなく、800点以上の高得点でも同様です。

おすすめの参考書

TOEICリーディングで点数が伸びない?初心者もできる3つの勉強法』では一冊のみをおすすめしていますが、満点を取るとなるとそれだけでは足りません。

問題数が多く(コスパもいい)、信頼性、また人気の参考書をピックアップしました。是非、参考にしてみて下さい。

最低50時間の勉強時間を確保

偏差値40から独学でTOEIC満点を取得した英語勉強法』でも書いていますが、とにかく毎日英語に触れることがとても大切です。

これはTOEICだけに限らず、英語力をUPするには一番の近道です。

理想としては、2ヶ月前ぐららいから先ほど紹介した参考書などを元に、時間配分を守りながら問題を解き、それを復習するの積み重ねです。

英語を読むという行動に慣れるには、1日1時間程度の勉強時間が理想です。

しかし、どうしても時間が無い場合は、Part5の問題だけ解く、次の日はPart6という感じで構いませんが、毎日英語に触れて「読む」癖付けをしておきましょう!

まとめ:TOEICリーディングで満点は不可能じゃない!

リーディングで満点を取ることは本当に大変です。

でも、満点を取る勉強をしていないと、高得点は目指せません。例えば、結果が満点じゃなくても得るものがとても大きいです。

英語力のUPに繋がり、それがあなたの自信にもなります。それはすぐに剥がれてしまう簡単な実力ではありません。

目指すは満点!

是非、その気持ちでチャンレンジしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
sp-cta